Spigen「ウルトラ・ハイブリッド」レビュー!耐衝撃に優れるiPhone 11 Proクリアケース

Spigen(シュピゲン)は人気のスマホケースメーカーです。過去に愛用したことがあるという人も多いと思いますが、今回レビューするのはSpigenの「ウルトラ・ハイブリッド」というケースです。

ウルトラ・ハイブリッドは高い耐衝撃性能を持つクリアケースで、iPhone本体をしっかり保護しながら、デザイン・カラーを隠しません。

「せっかく選んだカラーを隠しなたくない」という理由でクリアケースを選ぶ人は多いでしょう。クリアケースを検討しているなら、Spigenのウルトラ・ハイブリッドはチェック必須。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Apple純正クリアケースってどうなの?

Apple公式サイトでは、iPhone 11 Pro/11 Pro Max向け純正ケースとして「クリアケース」が販売されています。

実は前フラッグシップモデルiPhone XS/XS Maxには、クリアケースはラインアップにはありませんでした。今回新しくクリアケースが選べるモデルが追加されたというわけです。

ただ「純正」ということもあり、その価格は4,500円(税別)と高め。シンプルなクリアケースとうことも考えると、余計に割高感を感じてしまいます。

僕自身Apple Storeで実物を触ってみましたが…「超普通のクリアケース」という感想。Appleならではの品質の高さは魅力ですが、それでも価格を見ると高い。

Spigenのクリアケース「ウルトラ・ハイブリッド」をレビューしていくわけですが、クリアケースを検討しているならApple純正より断然こっちのほうがおすすめです。純正に見劣りしないサイズ感、耐衝撃性も高いですし、何より価格が純正クリアケースの3分の1で安い!

SpigenのiPhone 11 Proクリアケース「ウルトラ・ハイブリッド」レビュー

それではSpigen「ウルトラ・ハイブリッド(クリスタル・クリア)」をレビューしていきます。

Spigen ウルトラ・ハイブリッド iPhone 11 Pro 外箱
ウルトラ・ハイブリッドをレビュー!

さすがSpigen!サイズ感はバッチリ

Spigen ウルトラ・ハイブリッド IPhone 11 Pro ケースのフィルム
ケース背面と内側がフィルムで保護されていた

早速開封してみると、ケース背面と内側にそれぞれフィルムが貼られていました。

ウルトラ・ハイブリッドはTPUとPC(ハード素材)2つの素材が採用されています。フィルムが貼られている部分がPC素材で、バンパー部分を含むそれ以外がTPU素材。

Spigen ウルトラ・ハイブリッド iPhone 11 Pro フィルムを剥がす
フィルムを剥がす

ということでフィルムを剥がしていきます。ちょっとフィルムが剥がしにくいですが、フィルムの角をカリカリとすればOK。

ウルトラ・ハイブリッドをiPhone 11 Proに装着!
ウルトラ・ハイブリッドをiPhone 11 Proに装着!

Spigenケースの素晴らしいところは、この抜群のフィット感なんですよね!

Spigen ウルトラ・ハイブリッド Lightningコネクタ、スピーカーホール付近
Lightningコネクタ、スピーカーホール付近
ウルトラ・ハイブリッド iPhone 11 Pro サイレントスイッチと音量ボタン
サイレントスイッチと音量ボタン
ウルトラ・ハイブリッド iPhone 11 Pro 電源ボタン
電源ボタン

Lightningコネクタや各ボタンへのアクセスもバッチリです。ボタンも押しやすく、細部のサイズ感もさすがSpigenといったところ。

米軍MIL規格に準拠した耐衝撃性能

ウルトラ・ハイブリッドは米軍MIL規格に準拠、いわゆる「ミルスペック」のクリアケースです。

ウルトラ・ハイブリッド iPhone 11 Pro 厚手のバンパー
厚手のバンパー

どこぞのYouTuberのように故意に落としたりはさすがにできませんが、ミルスペックのケースということで、その耐衝撃性能の高さは触るだけで分かります。いかにも頑丈そうな厚手のバンパーです。

ウルトラ・ハイブリッド iPhone 11 Pro ケース四隅に「エアークション」を搭載
ケース四隅に「エアークション」を搭載

ケースの四隅にはSpigenおなじみの「エアークッション」が搭載されています。角は落下させたときに一番衝撃が加わるところ。エアークッションが衝撃を吸収してくれるとのこと。

ウルトラ・ハイブリッド iPhone 11 Pro 背面カメラもしっかり保護!
背面カメラもしっかり保護!

iPhone11 Proはカメラレンズ部分が出っ張っています。ケース背面のカメラホールの縁には高さが設けられており、iPhoneの背面を下にして机に置いてもカメラレンズが接触しない設計になっています。

ウルトラ・ハイブリッド iPhone 11 Pro ディスプレイを保護
ディスプレイ側も高さがつけられている

ディスプレイ側もカメラホールと同じように高さがつけられています。ディスプレイ側を下に置いても接触しません。

このように、ウルトラ・ハイブリッドは細かいところまで考えられた設計になっています。ウルトラ・ハイブリッドを装着、あとはiPhone 11 Pro向けフィルムを装着すればバッチリでしょう!

使ってみて気になった点

ウルトラ・ハイブリッドは高いレベルの保護性能、素晴らしいフィット感と満足度の高いクリアケースに仕上がっていると感じます。

それでもあえて気になった点を挙げると、

  • 背面の指紋が目立つ
  • 内部に入ったホコリが目立つ
  • 厚手なバンパー

この3点でしょうか。

クリアケースなので、多少はしょうがないところはあります。厚手なバンパーも、厚手だからこそ耐衝撃性能に優れるわけですから、デメリットだけではありません。

きになる部分はなくはないものの、クリアケースとしては非常に完成度が高く、クリアケースを選ぶならこれが正解でしょう。

衝撃に強いクリアケースならウルトラ・ハイブリッドで間違いなし!

スバリ、ウルトラ・ハイブリッドをおすすめしたいのは、「クリアケースがいい、衝撃に強ければなお良し!」というパターン。

  • クリアケース
  • 衝撃に強い

この2点がウルトラ・ハイブリッドを選ぶ理由になります。サイズ感もばっちりで、さらには選びやすい価格がであることもポイントです。ぜひお試しあれ!

ウルトラ・ハイブリッドには、背面がクリアでバンパー部分がブラックになったパターンもあります。

Spigenのケースをお探しの方は以下からチェックしてみてください!

【iPhone11Pro/11ProMax】Spigenのケースをチェック!
Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

こちらの記事もおすすめです!

コメント