※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

UGREEN DigiNest Proレビュー|100W Type-Cポートを搭載するUSB充電器 & 電源タップ

UGREEN DigiNest Proレビュー|100W Type-Cポートを搭載するUSB充電器 & 電源タップ

今回ご紹介するのは、最大100WのUSB充電器と電源タップが合体した2-in-1充電器、「UGREEN DigiNest Pro」です。

最大100WのType-Cポートを含む4つのUSBポート3個口のコンセントを搭載。USBポートでスマホからノートPCを充電しながら、コンセントにモニターやスピーカー、プリンターなどの家電を接続できるパワフルな仕様を持ちます。

充電が必要になるものは何かと多いですよね。UGREEN DigiNest Proは、充電のためのUSBポート不足とコンセント不足を一気に解消してくれる便利な製品。デスクの上に置いておくのにぴったりです。興味のある方はぜひチェックしてみてください!


この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

UGREEN DigiNest Proの仕様と特徴

UGREEN(ユーグリーン)はいわゆる中華メーカーなのですが、USB充電器など電源関連の製品を多く出していて、高いコストパフォーマンスで有名です。

まずは、UGEEN DigiNest Proの仕様をご紹介しましょう。

UGREEN DigiNest Proの仕様

製品の仕様は以下のとおりです。

製品名UGREEN DigiNest Pro 充電器 100W PD 7in1 電源タップ
UGREEN DigiNest Pro
入力100-125V ~ 50 / 60Hz
搭載ポートUSB Type-C x 3
USB Type-A x 1
ACコンセント x 3
USB Type-C1/C2出力5V=3A / 9V=3A / 12V=3A / 15V=3A / 20V=5A (最大100W)
【PPS】3.3-21V=3A
USB Type-C3出力5V=3A / 9V=2.5A / 12V=1.88A(最大22.5W)
【PPS】3.3-5.9V=3A、3.3-11V=2A
USB Type-A出力4.5V=5A / 5V=4.5A / 5V=3A / 9V=2A / 12V=1.5A(最大22.5W)
AC出力定格電力1250W
サイズ約125 x 73 x 52 mm
重量約600 g
AC電源ケーブル長約1.8 m
パッケージ内容UGREEN DigiNest Pro本体
取扱説明書
価格(税込)12,980円
UGREEN DigiNest Proの仕様

仕様についてポイントをまとめると、

  • Type-C1/C2ポートは最大100W
  • Type-C3ポートは最大22.5W
  • 3つのACコンセントを搭載(定格電力1250W)
  • 約1.8mのAC電源ケーブル

この4点になりますね。

UGREEN DigiNest Proのパッケージ内容
UGREEN DigiNest Proのパッケージ内容

パッケージ内容は本体と取扱説明書のみです。USBケーブルは別売で別途用意する必要があります。

USBポート同時使用時の振り分け

UGREEN DigiNest Proは、3つのType-Cポート1つのType-Aポートの合計4つのUSBポートを搭載します。

UGREEN DigiNest ProのUSBポート
Type-Cポート x 3、Type-A x 1を搭載

それぞれのUSBポートの最大ワット数は同時使用数によって異なります。

ポート使用数Type-C1Type-C2Type-C3Type-A
1ポート100W (PD)
100W (PD)
22.5W (PD)
22.5W (SCP)
2ポート65W / 30W (PD)30W / 65W (PD)
65W (PD)22.5W (SCP)
65W (PD)22.5W (PD)
65W (PD)22.5W (SCP)
5V/2.1A5V/2.1A
3ポート45W / 30W (PD)30W / 45W (PD)22.5W (PD)
45W / 30W (PD)30W / 45W (PD)22.5W (SCP)
65W5V/2.1A5V/2.1A
65W (PD)5V/2.1A5V/2.1A
4ポート45W / 30W (PD)30W / 45W (PD)5V/2.1A5V/2.1A
複数ポート同時使用時のW数(UGREEN DigiNest Pro)

単ポート使用時は最大100Wするので、USB PD充電に対応するあらゆるデバイスを急速充電できます。

UGEEN DigiNest Proの2ポート同時使用時のワット数

2つのType-Cポートを同時に使用したときは最大65W + 最大30Wという振り分けになります。最大65Wあれば13インチクラスのノートPCを充電できるので、「ノートPCに加えてスマホあるいはタブレットを同時充電したい」という方にも対応できる充電性能です。

対応する急速充電規格

UGREEN DigiNest Proの対応する急速充電は以下のとおりです。

USBポート対応する急速充電規格
Type-C1/2USB PD 3.0 / PPS
Fast Charge Protocol
Smart Charge Protocol
Adaptive Fast Charging
Quick Charge 3.0
Apple 2.4A
Type-C3
Type-AFast Charge Protocol
Smart Charge Protocol
Quick Charge 3.0
Pump Express+ 2.0
Apple 2.4
UGREEN DigiNest Proが対応する急速充電規格(筆者調べ)

スマホベンダー系の急速充電規格を含め、主要どころの急速充電規格に対応していますね。

UGREEN DigiNest Proが対応する急速充電規格
UGREEN DigiNest Proが対応する急速充電規格(Type-C)

本来USB PDに対応する充電器は、USB PDの規格上、他の急速充電器規格に対応していてはいけないことになっています。そうではないUSB PD充電器はザラにありますし、特に使用には問題ないため個人的には気にしていませんが、気になる方はご注意ください。

一緒にUSB PDのPDOについてもチェックしてみました。

UGREEN DigiNest Proレビュー|100W Type-Cポートを搭載するUSB充電器 & 電源タップ
USB PDのPDO

このとおり、20V/5Aの最大100Wに対応します。USB PDのオプションである「PPS」にも対応します。

UGREEN DigiNest Proレビュー

それでは本題のレビューに入っていきます。外観から充電性能、実際に使ってみて気になったことなどについて書いていきます。

UGREEN DigiNest Proの外箱
UGREEN DigiNest Proをレビュー!

外観・サイズ・重量

USBポートと電源ボタン(正面)

▲ USBポートの左に並ぶボタンはUSBとコンセントの電源ボタン。電源供給のオン/オフを切り替えられます。「節電ボタン」とも言われますが、一般的な電源タップにもよく付いているやつですね。

背面のコンセント挿し込み口

▲ 背面側にコンセント挿し込み口が2つ配置されています。3ピンタイプに対応した挿し込み口ですが、一般的によく見る2ピンタイプも使用できます。

3ピンタイプの挿し込み口に、よく使われている2ピンコンセントを挿しても問題ありません。

上部に配置されたコンセント挿し込み口

▲ さらに上部にひとつコンセント挿し込み口が配置されています。こちらは2ピンタイプですね。

UGREEN DigiNest Proの側面のデザイン

▲ 側面に大きく「100」と描かれています。

UGEEN DigiNest Proの底面

▲ 底面に製品の仕様、PSEマークなどが表示されています。両脇にあるのは滑り止めようのゴム足ですね。

UGREEN DigiNest ProのAC電源ケーブル

▲ AC電源ケーブルは直付けで抜き差しはできません。負荷がかかる箇所ですが、かなり頑丈そうなつくりです。

UGREEN DigiNest ProのAC電源ケーブル2

▲ AC電源ケーブルの長さは約1.8mと長め。太く硬さもあり頑丈という意味では安心ですが、扱いづらいと感じてしまう可能性があります。といっても100WのUSB充電器と電源タップですから、個人的にはこれくらいしっかりしたケーブルのほうが安心感がありますね。

UGREEN DigiNest Proの重量

▲ 重量を量ってみると約600gでした。重量的にもサイズ的にも持ち運びには不向きです。

UGREEN DigiNest Proをデスクの

▲ サイズは約125 x 73 x 52 mmと大きく、設置場所の環境によっては使いづらく感じ手しまう可能性がありますね。ただ、なんとなく佇まいがかっこいい。

外観やデザインで気になったのは、サイズが大きいという点と、AC電源ケーブルが横側面から伸びているという点。大きめのサイズはパワフルな性能から仕方ないのかなと思いますが、AC電源ケーブルは背面に配置して欲しかったですね。

UGREEN DigiNest ProのAC電源ケーブル

▲ 上のように置いたとき、AC電源ケーブルの位置的にまっすぐおけないなんですよね。ケーブルが硬めなこともあり、どうしても引っ張られてななめになってしまいます。細かいところですが、個人的にちょっと気になります。

頼もしい100W Type-Cポート

UGREEN DigiNest Proが搭載するType-Cポートは最大100Wに対応。

UGREEN DigiNest ProでMacBook Pro 16インチを充電

▲ 上ではMacBook Pro 16インチを充電しています。

UGREEN DigiNest ProでMacBook Pro 16インチを充電(ワット数)

▲ USB電流・電圧チェッカーで確認してみると、約90Wで充電できていました。MacBook Pro 16インチは最大140W充電が可能なのですが、最大100Wあれば十分な速度で充電できます。

UGREEN DigiNest ProでノートPCを充電

▲ こちらではUSB PD充電に対応するASUSのゲーミングノートPCを充電しています。

UGREEN DigiNest ProでノートPCを充電(ワット数)

▲ 約92Wで充電できています。このノートPCには200Wの電源アダプタが付属されています。そのアダプタを使わなくても、ゲームのプレイ中など高負荷な状態でなければ最大100WのUSB給電で十分な速度で充電できます。

UGREEN DigiNest Proレビュー|100W Type-Cポートを搭載するUSB充電器 & 電源タップ

▲ 電源アダプタが付属されているノートPCであれば、もちろんのことコンセントから電源をとることもできます。背面の挿し込み口は3ピンに対応、変換アダプタをかまさずとも直接接続できます。

大型・中型デバイスを同時に急速充電できる

続いて、複数ポート同時使用時におけるワット数や挙動をチェックしてみます。上でもご紹介しましたが、複数ポート同時使用時は以下のような振り分けになります。

ポート使用数Type-C1Type-C2Type-C3Type-A
1ポート100W (PD)
100W (PD)
22.5W (PD)
22.5W (SCP)
2ポート65W / 30W (PD)30W / 65W (PD)
65W (PD)22.5W (SCP)
65W (PD)22.5W (PD)
65W (PD)22.5W (SCP)
5V/2.1A5V/2.1A
3ポート45W / 30W (PD)30W / 45W (PD)22.5W (PD)
45W / 30W (PD)30W / 45W (PD)22.5W (SCP)
65W5V/2.1A5V/2.1A
65W (PD)5V/2.1A5V/2.1A
4ポート45W / 30W (PD)30W / 45W (PD)5V/2.1A5V/2.1A
【再掲】複数ポート同時使用時のW数(UGREEN DigiNest Pro)
UGREEN DigiNest ProでMacBook ProとiPad Proを同時充電

▲ 上ではM2 MacBook AirとiPad Pro 12.9インチを充電しています。

▲ それぞれ約62W・約28Wで充電されていました。最大65W + 最大30Wの仕様とどおりですね。大型・中型デバイスを同時に急速充電できるわけですから心強い!

そこにさらにiPhone 12 Pro Maxを接続してみました。

iPhoneを充電(約21W)

▲ すると約21Wで充電されていました。フルスピード充電できています。3ポート同時使用時は最大45W + 最大30W + 最大22.5Wという振り分けですので、ノートPC + タブレット + スマホを一気に同時に充電できてしまいます。

複数ポート同時使用するときに知っておきたいのは、ケーブルの抜き差しによって充電の瞬断が発生すること。これは電力を再分配されるためなのですが、充電が一瞬止まったあと瞬時に充電が再開されるため使用には支障ありません。

コンセント不足を解消できる

UGREEN DigiNest Proには3つの挿し込み口が用意されています。

UGREEN DigiNest Proでカメラのバッテリーを充電

▲ 定格電力は1250Wで一般的に販売されている電源タップと同じくらい。ドライヤーや電気ポットなど使用電力の大きいものでない限り、ほとんどの家電を接続できます。モニターやプリンター、ライトなど、デスク周りで使う電化製品であればほぼカバーできるかと思います。

UGREEN DigiNest ProにUSB充電器を接続

▲ このように別のUSB充電器を接続して拡張させることも。これならUGREEN DigiNest Pro本体のUSBポートが埋まってしまっても対処できますね。

UGREEN DigiNest ProにUSB充電器を接続2
UGREEN DigiNest ProにUSB充電器を接続3

▲ 手元にある大きめのUSB充電器「Appler 140W USB-C電源アダプタ」「Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)」「Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)」の3つを接続しています。

かなり不格好ですが、よほど大きい充電器でない限り干渉して挿せない、なんてことはないかと思います。

UGREEN DigiNest Proのコンセントにはほぼ文句はありませんが、できることならAC電源ケーブルの反対側のサイド部分に挿し込み口が欲しかったな、と思いますね。ただこれはどこにどのように設置するか、というところにもよるかもしれません。

UGREEN DigiNest Proレビューまとめ

本記事ではUGREEN DigiNest Proをご紹介させていただきました。最大100WのType-Cポートを含む4つのUSBポート、3つのコンセントを搭載する非常にパワフルな2-in-1充電器です。

デスクの上に置いておけば、USBポート不足とコンセント不足を一気に解消してくれます。別のUSB充電器を接続してUSBポートを拡張させることもでき、充電に関しては困ることはほぼないのではないでしょうか。

メリット
デメリット
  • 最大100Wに対応するType-Cポート
  • 合計4ポート搭載で複数デバイスを同時に急速充電できる
  • 3つのコンセント挿し込み口を搭載
  • サイズが約125 x 73 x 52 mmと大きい
  • AC電源ケーブルが太く硬めで若干扱いづらい
  • 複数ポート同時使用時、ケーブルの抜き出しで充電の瞬断が発生する

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメント一覧 (7件)

  • いろいろ詳しくてとても参考になります。

    (1) 複数ポート同時使用時、ケーブルの抜き出しで充電の瞬断が発生するようですが、3つのコンセントはどうなるのかわかりますか?

    (2) 電流電圧チェッカーは何を使っているか、差し支えなければ教えてもらえませんでしょうか。いろんな種類を使い分けているようですが、どれが一番いいですか?

    よろしくお願い申し上げます。

    • コメントありがとうございます!

      (1) コンセントの抜き差しで瞬断はありません。
      (2) チェッカーは、POWER-Z km003cというものと、AVHzY C3という製品を使っています。
      特に使い分けているわけではないのですが、POWER-Z km003cはUSB 3.1に対応するUSB充電器をレビューするときに使っています。
      AVHzY C3はAmazonで買えますが、POWER-Z km003cは取扱いがないようですね。
      私はアリエクスプレスで購入しました。

  • ありがとうございました(たくさん見たのでどこにコメントしたかわかんなくなってしまっていました。。。)。

    別のページでも質問しようと思っているので、またご回答をよろしくお願い申し上げます。

  • すみません、やはり同じページのほうがいいかと思い、ここに質問させていただきます。
    他の製品でもデメリットとして挙げられている、「ケーブルを抜き差ししたときに接続の瞬断が発生する」について、ケーブルは充電器に差したまま、いわゆる本体(iPhone, iPad, MacBook Pro)を抜き差ししたときも瞬断は起こりますか?。

    できれば瞬断のない製品を選びたいと思っています。

    • コメントありがとうございます。
      実際のところ、複数ポートを搭載する充電器はほぼ瞬断が発生します。
      100Wクラスの充電器で瞬断が発生しないのは、私が知っている限り以下のBelkinの充電くらいでしょうか。
      https://livewell-m.com/entry/wch010dqwhjp/
      電力が再度振り分けられることによって起こるので、この現象は仕方のないことかもしれません。

  • お返事ありがとうございます。

    私は自宅でSatechi 108W Pro USB-C PD デスクトップ チャージャーを使っています。
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B082TL2J9D/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

    90Wは基本的にMacBook Pro 13 (2017)に繋げっぱなしで、18Wは iPad mini 5, USB-A はiPhone SE2やワイヤレスイヤホンを充電しています。iPadとiPhoneは残量5%くらいになったら充電する感じで、4つ同時に使うことはあまりありません。

    最近購入した MacBook Pro 13 (2020 intel)を90Wに繋いだところ、給電が不安定で(充電されたり切れたりが1-2分おきに繰り返される)、Macにとって良くなさそうだなと思っています(ケーブルはApple純正を使っていて、2本試して、2本とも不安定。一度安定したことがありましたが、結局その後は不安定)。

    18Wのほうは安定しているのですが、それだとどんどんバッテリーが減っていってしまうことがあるので(当たり前ですが)、この際買い換えようかなといろいろ探しているところです。

    瞬断のストレスがないBelkinが良さそうですね。

    • 充電が不安定なのはMacBookにとっていいことはなさそうですよね。
      Belkinの108W 充電器はApple公式サイトでも販売されていものですし、
      実際に使っていて不安定さを感じたことはありません。
      最大96WのUSB-Cポートが搭載されているので性能的にも十分だと思いますよ!

コメントする

目次