Spigen「ArcField」Qiワイヤレス充電器をレビュー!最大15Wのワイヤレス充電に対応

Spigen「ArcField」Qiワイヤレス充電器をレビュー!最大15Wのワイヤレス充電に対応

今回ご紹介するのは、スマホ関連アクセサリーではお馴染みSpigen(シュピゲン)のQi(チー)規格に対応したワイヤレス充電器です。最大15Wのワイヤレス充電に対応し、iPhoneへの7.5W充電にも対応。スマホだけでなく、AirPodsなどのQi規格のワイヤレス充電に対応したデバイスも充電できます。

高性能で使い勝手も良く、価格を考えるとコストパフォーマンスに優れるQiワイヤレス充電器だと感じました。Qiワイヤレス充電器をお探しの方はぜひチェックしてみてください!

目次

Spigen「ArtField」Qiワイヤレス充電器をレビュー

今回レビューするのは、Spigenの「PowerArc ArcField Wireless Charger」という製品です。

Spigen iPhone ワイヤレス充電器, 15w Type-C
Spigen

パッド型(平置き型)のワイヤレス充電器で、Qi規格に対応するあらゆるデバイスを充電できます。

Spigen「ArtField」Qiワイヤレス充電器をレビュー
SpigenのQiワイヤレス充電器をレビュー

【外観】コンパクトでシンプルなデザインなワイヤレス充電器

まずはパッケージ内容を見てみましょう。

Spgien Qiワイヤレス充電器のパッケージ内容
Spigen「ArtField」のパッケージ内容
  • Spigen ArcField本体
  • USB Type – Cケーブル(2m)
  • 取扱説明書

両端がUSB – Cのケーブルが付属。USB – C充電器は別売です。メーカーの推奨は「20W以上のUSB PD対応USB-C充電器」です。お持ちでなければ別途用意する必要があるので注意してください。

Spigen Qiワイヤレス充電器のサイズ(iPhone 12 Proとの比較)

iPhone 12 Proと並べて見ると、とてもコンパクトなワイヤレス充電器であることが分かります。iPhone 12 Proの横幅が71.5mmなので、ArcFieldとほぼ同じ横幅サイズですね。

Spigen ArcFieldの表面と裏面
表面と底面には滑り止めためにゴムが使われている

スマホを置く面と底面には、滑り止めのためにゴム素材が使われています。

Spigen Qiワイヤレス充電器のデザイン
シンプルだが高級感のあるデザイン

シンプルなデザインは、ひとつ間違うと安っぽさを感じさせてしまいますが、ArcFieldには安っぽさはなく、むしろ高級感があります。ゴムの角を面取りしたデザインがおしゃれです。

デスクの上のSpigen ArcFieldワイヤレス充電器
Spigen ArcFieldワイヤレス充電器のデザイン2

シンプルなデザインなので、どんな環境・インテリアにも合うかと思います。

【充電性能】最大15Wの充電性能をチェック

ArcFieldは、5W / 7.5W / 10W / 15Wのワイヤレス充電に対応します。ただし、デバイスによって対応するワット数が異なります。

  • 5Wに対応 → Pixel 3 / 3XL / AirPods / AirPods Pro / Galaxy Buds / Buds Plus / Buds 2
  • 7.5Wに対応 → iPhone 8移行のモデル
  • 10Wに対応 → Pixel 6 / Galaxy S21/ S21 Plus / S21 Ultra / S20 / S20 FE / Z Fold 3 / Z Flip 3 / Z Flip / Z Flip 5G / Z Fold 2 / S10 / S10 Plus / S10E / S9 / S9 Plus / Note 20 / Note 20 Ultra / Note 10 / 10 Plus / 9 / 8
  • 15Wに対応 → Pixel 5 / 4XL / 4, LG V50 / V40 / V30 / G8, Sony Xperia XZ3 / XZ2

ArcFieldとMagSafe充電器の充電速度を比較

「実際にどれくらいの速度で充電できるのか」は気になるポイントです。iPhone 12シリーズ・iPhone 13シリーズが対応するMagSafe充電器と比較して、充電速度にどれくらいの差が出るのか(30分間の充電でどれくらいバッテリー残量が増加するか)をチェックしてみました。

結果は上のようになりました。思ったより差はないですね。就寝時に充電するような、急ぎではない場面では必要十分の充電速度です。

Spigen ArcField ケースを装着したままワイヤレス充電
厚さ5mm以内のケースなら装着したまま充電OK

なお、厚さ5mm以内のケースであれば、装着したままワイヤレス充電することができます(金属製のケースは不可)。MagSafe対応ケースを装着した状態でも問題なく充電できました。

Androidスマホをワイヤレス充電

続いては、「Galaxy S9」と「Xperia 1 III」をワイヤレス充電してみました。

Spigen ArcFieldでGalaxyとXperiaをワイヤレス充電

上はArcFieldの手前にテスターを挟んでいます。ワイヤレス充電ではロスが生じるため、上の数値で実際に充電できているわけではありませんが、Galaxy S9は8W前後、Xperia 1 IIIは15W前後の電力がArcFieldに送り込まれていることが分かります。

AirPodsをワイヤレス充電

Spigen「ArcField」でAirPodsをワイヤレス充電
AirPodsをワイヤレス充電

ArcFieldはパッド型のワイヤレス充電器です。スタンド型だと、スマホ以外のものをうまく充電できないことがありますが、パッド型ならデバイスを選びません。

【使い勝手】色で状態を教えてくれるLEDが便利!

ArcFieldには、充電状態を教えてくれるLEDインジケーターが搭載されています。

Spigen ArcFieldのLEDインジケーター
色と点滅で充電状態を教えてくれるLEDインジケーター

このLEDインジケーターを見ると、問題なく充電できているかどうかが一目瞭然です。

  • 無点灯:充電準備完了
  • 緑:充電中
  • 緑の点滅:異質の検出(金属)
  • 黄の点滅:入力電源異常(低電圧や過電圧)

充電中は緑色のLEDインジケーターが付きっぱなしとなります。枕元など目に入る場所に置いておくとLEDの光がうっとうしいと感じてしまう可能性がありますが、私としてはしっかり充電できていると確認できるほうが安心感があります。

特にQiワイヤレス充電の場合、位置ズレなどが原因で、実は充電できていなかった、ということがよく起こるもの。こうやってLEDインジケーターで分かりやすく充電の状態を教えてくれるのは便利です。

Spigen「ArtField」はサブの充電器にぴったり

Spigenの「ArtField」Qiワイヤレス充電器を使ってみて、「サブの充電器にぴったり」だと感じました。デスクの上やベッド脇に置いておけば、いつでも気軽に充電できます。

充電速度は有線・MagSafe充電に負けるものの、使い勝手とコストパフォーマンスは負けていません。選びやすい価格なので、はじめてのワイヤレス充電器としてもいいでしょう。Qiワイヤレス充電器をお探しの方は、ぜひSpigen「ArtField」Qiワイヤレス充電器をチェックしてみてください!

Spigen iPhone ワイヤレス充電器, 15w Type-C
Spigen

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる