スマートウォッチで通話したい!便利な使い方と選び方

スマートウォッチでできることのひとつに、「電話通話」があります。手首に巻き付けた時計で通話できるという、なかなか未来感ある機能。

しかしどのようなスマートウォッチでも通話できるわけではありません。今回は「スマートウォッチで通話したい!どんなものを選んだらいいの?」という人のために、便利な使い方と選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

スマートウォッチでの通話が便利!使い方と活用例

「スマートウォッチで通話」と聞いてあまりピンとこない人もいるかもしれません。まずは「スマートウォッチでの通話がどう便利なの?どうやって使うの?」というところをご紹介します。

着信通知はスマートウォッチで確実に

スマートウォッチの最大のメリットは「通知を確実に知らせてくれる」ということ。スマートウォッチのほとんどにはバイブレーションが搭載されており、音だけでなく振動でも通知を知らせてくれます。スマートウォッチは肌に密着させていることもあり、まず通知を見逃すことがありません。「よく着信を見逃してしまう」という人もいるかもしれません。スマートウォッチがあれば、大事な連絡・通知に確実に気付くことができます。

スマートウォッチで電話を受ける・かける

※ここでは「TicWatch Pro」というWear OSスマートウォッチをを使用しています。Apple Watchでも同様のことができます。

まず前提として、スマートウォッチで通話するにはスマホとペアリングされている状態である必要があります。一部スマートウォッチ単体でも通話できるものもありますが(SIMフリースマートウォッチなど)、スマホへの着信をスマートウォッチで取るにはペアリングが必要です。イメージとしてはスマホとペアリングしているBluetoothイヤホンのような感じ。イヤホンの操作ボタンでスマホにかかってきた電話を受けイヤホンマイクで通話するように、スマートウォッチで電話を受け、搭載マイクで通話します。

スマートウォッチで応答ボタンを押すことでそのまま通話できる

スマートウォッチで応答ボタンを押すことでそのまま通話できる

スマホにかかってきた電話をスマートウォッチで応答するには、通知画面に表示される「応答ボタン」を押します。スマホの応答ボタンを押すと通常のスマホでの通話に、スマートウォッチの応答ボタンを押すと、スマートウォッチのスピーカーとマイクがオンになり、スピーカーホンのように通話できるようになります。

スマートウォッチから電話をかける方法は以下の3つです。

  1. 番号をダイヤルする
  2. 電話帳から選択してかける
  3. 音声アシスタントからかける

楽ちんで便利なのは「○○に電話をかけて」と音声アシスタントにお願いする方法です。音声アシスタントはスマートウォッチと非常に相性がいい機能。音声アシスタントをうまく使うことがスマートウォッチをうまく使うコツです。

スマートウォッチでの通話はどういったときに便利?

スマートウォッチでの通話は、いったいどういったときに便利なのでしょうか。僕のよく使うシチュエーションで紹介します。

一番使う機会が多いのは、自宅にいるとき(単純に自宅にいる時間が長いのもある)。着信があればスマートウォッチに通知されるわけですから、「誰からだろう?」とスマートウォッチで確認したそのままの流れで応答ボタンを押し、スピーカーホンで通話することが多いですね。自宅なのでスピーカーホン状態でも遠慮する必要はないですし、自宅のどこでなにをしていてもハンズフリーで「ながら通話」ができ便利です。

スマートウォッチでの「ながら通話」が便利

スマートウォッチでの「ながら通話」が便利

あと便利なのは車に乗っているとき。例えスマートウォッチでも運転中に操作することは「交通違反」になるので厳禁です。しかし停車時や停車時にスピーカーホンにした状態で走り出し通話するのはルール上OKです(ただし運転に必要な周囲の音がしっかり聞こえる状態である必要がある)。そして「○○に電話をかけて」と音声アシスタントで発信して通話するのは、操作をしているわけではないので問題ないかと思われます。言うまでもありませんが安全が第一。ルールー上OKでも危険を感じれば使用をやめましょう。

一部注意点がありますが、スマートウォッチでのハンズフリー通話は非常に便利です。いわば「スマホが手首にある」という状態ですので、どんなシチュエーションでも活用できる場面はあるでしょう。

スポンサーリンク

ちなみにマイク付きBluetoothイヤホンをスマートウォッチに接続して通話することもできます。これだと会話を周囲に聞かれずにすみます。ただ「スマートウォッチにイヤホンを接続している」というシーンは限られるのであまり使う場面はないかもしれませんが。一応そういうこともできるということで。

スマートウォッチで通話するならスマホを軸に選ぼう

スマートウォッチならどんなものでも通話できるのか。と言うとそうではありません。通話したいなら、スマホを軸にスマートウォッチを選ぶのがポイントです。

Apple WatchとWear OSスマートウォッチ

例えばあなたがiPhoneユーザーなのであれば、おすすめなのは「Apple Watch」。Androidスマホユーザーなら同じGoogleのWear OS by Googleを搭載したWear OSスマートウォッチがおすすめです。

Apple WatchとWear OSスマートウォッチ

Apple WatchとWear OSスマートウォッチ

その理由は、この組み合わせがスマートウォッチの機能をフルに活かせるからです。Apple WatchはAppleが開発している「Watch OS」、Wear OSスマートウォッチがGoogleが開発している「Wear OS by Google」を搭載しています。当然使用するスマホをそれぞれに合わせたほうが機能や連携など、単純にできることが多いです。

「できることが多い」というものの中にはスマートウォッチでの通話が含まれています。例えばWear OSスマートウォッチをiPhoneとペアリングして使うとき。この場合は着信時に通知があり応答できても、スマートウォッチでそのまま通話することはできません。やはりスマホとスマートウォッチをiPhoneならApple Watch、AndroidスマホならWear OSスマートウォッチ、というように合わせてあげるのがベストです。なおApple Watchに関しては、Androidスマホでは一切使えずiPhoneが必須です。

単体で通話したいならApple Watch

スマートウォッチのなかには、スマホとペアリングせずとも単体で通話・通信できるものがあります。それらはいわゆる「SIMフリースマットウォッチ」と言われるもので、一般的にスマホと同じようにSIMカードを挿して使用します(通信事業者との契約が必要)。

しかしその場合、スマホとスマートウォッチが異なる電話番号を持つことになるため、正直なところあまり便利ではありません。スマホとスマートウォッチとも同じ番号を共有し、スマートウォッチ単体からでも同じ電話番号から発信・着信したい場合は、「Apple Watchのセルラーモデル」という選択肢になります。

ただしメインが大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のいずれかである必要があり(格安SIMはNG)、指定のオプションサービスに加入する必要があります。

これらはiPhoneユーザー、Apple Watch(セルラーモデル)のために用意されている専用のオプションサービスです。iPhoneとセルラーモデルのApple Watch、加えて上記のオプションサービス を契約することによって、スマートウォッチ単体でもスマホと同じ電話番号で発信・着信できるようになります。

ちなみにセルラーモデルのApple WatchはApple公式サイトから、もしくは各キャリアで購入することができます。キャリアで購入する場合はオンラインショップが便利なのでどうぞ!

ぜひあなたに合うスマートウォッチを見付けて、便利なスマートウォッチライフを楽しんでください!

コメント