PSVRの感想・レビュー!体験したことのない没入感

PSVRの感想・レビュー!体験したことのない没入感

2018年3月29日、「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」が44,980円(税別)から34,980円(税別)に1万円値下げされました。

かつては在庫切れがあいつぎ、転売対象になっていたこともあって、定価より高値がつくこともありましたが、現在では供給も安定しておりほぼ定価で購入できます。

PSVRの値下げをきっかけに、購入を検討している人が多いと思います。まさに僕がその一人でした。1万円の価格差は大きいですからね。PSVRを購入すると、どうせゲームソフトも欲しくなってきますから、この値下げは嬉しい。

そういった背景もあり、思い切ってPS VRを購入してみました!
今回はPSVRの機能、プレイしてみた感想・レビューを紹介いたします。

Advertisement

PlayStation VR(PS VR)とは?

僕が購入したのは、もちろん値下げされた「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」。PSVRをプレイするためにはカメラが必要になります。持っていない方は間違いのないように同梱版を購入しましょう。

「PSVRでいったい何ができるの?」という方のために説明しておくと、PSVRはPS4/PS4 Proに接続して使用するSONY純正アクセサリーのひとつ。

PSVRの装着感
出典:PSVRハードウェア

ヘッドセットを頭に装着、視界を覆うことによって、VR(ヴァーチャルリアリティ/仮想現実)の世界を楽しめます。PS VRに対応するゲームをプレイすると、まるでゲームの世界に飛び込んだような没入感を得られるのが特徴です。

現行で販売されているPSVRは2世代目。前モデルと性能はほぼ変わりませんが、音量調節ボタンがヘッドセットに統合されたり、HDRパススルーに対応したりと、使い勝手の面で進化しています。

Amazonで見てみると、現行モデルと前モデルが混在していたりするので、間違って購入しないように注意しましょう。現行モデルの型番は「CUH-ZVR2」です。

PS VRを使ってみた感想・レビュー

ここからは実際にPSVRを使ってみた感想・レビューを紹介していきます。概ね満足していますが、「ちょっとイマイチだな」と思う点がいくつかありました。

ただこの次に詳しく紹介しますが、初プレイ時の衝撃はすごいです。「これがPS VRか」となること間違いありません。この感覚を正確に伝えるのは難しいですが、この記事をぜひPS VR購入の検討材料にしていただければと思います。

PSVRの感想・レビュー!体験したことのない没入感

これまでに体験したことのない没入感

やはりPSVRの魅力は、ゲームの世界に入り込んだような、圧倒的な没入感を体感できるところにあります。「没入感」という言葉はあちこちで聞くと思いますが、PS VRはまるで別次元。すごいです。

ヘッドセット内部には1980×1080のOLED(有機EL)ディスプレイを搭載(左右の目に960×1080)。リフレッシュレートは最大120fpsまで対応しています。

そしてすごいのは、およそ100°の広い視野角。人間の両目の視野角でおよそ120°と言われているので、ほぼ視界全体がカバーされています。スマホVRを何度か使ったことがありますが、それとは比較になりません。PSVRは現実世界で見ている同じ感覚です。

PSVRを購入したら、まずデフォルトでインストールされている「THE PLAYROOM VR」をプレイしてみてください。これをプレイすればPSVRのすごさをひととおり体験できます。

THE PLAYROOM VR
出典:THE PLAYROOM VR

無料でプレイできるのですが、クオリティとして非常に高いんです。動き回るVRボットがまるでそこにいるかのよう。

あと1本目にプレイしたいゲームソフトとしてはこちらもおすすめです。

テイストの異なるゲームが5本入った詰め合わせなのですが、サメに襲われるゲームはテレビ番組でもよく実演されていて有名ですよね。

松本人志さんも絶叫しています笑
いい大人が、と思うかもしれませんが、初プレイ時はほんとにこんなリアクションになるんですよ。家族や友人にプレイさせて絶叫しているところを見るのも面白いですよ!

YouTubeにもVRに対応した動画は結構アップされていて、YouTubeだけでも十分楽しめます。「VR」や「VR 3D」と検索すればさまざまなVR対応動画が出てくるので、ぜひ試してみてください。

これらのVR対応動画はPS4のYouTubeアプリから再生可能です。ナショジオが配信しているVR動画なんてすごいですよ。ぜひ一度みてほしいですね!

シネマティックモードがイイ!最大226インチ相当の巨大スクリーン

PS4はNetflixAmazonプライム・ビデオDAZNといったさまざまな動画サービスに対応しています。PS4から映像を大画面のテレビに映し出して海外ドラマを楽しむ、というのもいいですが、PSVRの「シネマティックモード」を使えば、もっとドラマや映画を楽しめます。

シネマティックモードとは、VR(仮想現実)内の巨大スクリーンで動画を楽しめる機能のこと。まるで映画館のスクリーンを独り占めしているかのように、誰にも邪魔されずに自分だけのスクリーンで、大好きな動画を楽しめます。

PSVR シネマティックモード
まるで映画館にいるようなシネマティックモード(画像はイメージ)

考えてみてください。226インチの巨大スクリーンを独り占めですよ?そのスクリーンでDAZNの野球やサッカーのライブ映像を楽しむ。最高じゃないですか!シネマティックモードはPSVRを手に取ったらぜひとも活用してほしい機能です。

ちなみにVR内のスクリーンの大きさは、設定から小(117インチ相当)・中(163インチ相当・)大(226インチ相当)の3つから変更できるようになっています。

PS4 スクリーンサイズ
スクリーンのサイズは小・中・大から選択できる

226インチ相当を選択すれば大迫力のスクリーンで楽しめますが、ここまで大きいと視界に収まらないので、実際のところは163インチ相当の中サイズがちょうど良かったりします。かんたんに設定変更できるので、自分に合ったサイズを選びましょう。

ちなみにシネマティックモードでゲームをプレイすることも可能。巨大スクリーンでプレイするゲームは格別です。

VR(3D)酔い問題について

続いてはPSVRのVR(3D)酔い問題について。もちろん個人差はありますが、ほとんどの人がVR酔いを経験するのではと思っています。

実際に僕もひどいVR酔いを経験しました。購入してからしばらくは、せいぜい30分ほどの連続プレイで限界。感覚としては乗り物酔いと同じ感じです。気分が悪くなりふわふわした感じ。

僕は乗り物酔いしやすいほうではありません。VR酔いが結構あるということは前情報で分かっていましたが、まさか自分がここまでひどく酔ってしまうと思っていませんでした。

動かない状態で周りを見渡すようなゲームであれば、比較的楽にプレイできるのですが、キャラクターを動かしながらプレイするものは特に酔いやすい。人気ソフト「バイオハザード7」なんかはそうです。初プレイ時は15分も経たないうちに中断してしまいました。

PSVRをこれから手にする人は、VR酔いある程度あるものだと考えておいたほうがいいですね。何人かに試してもらいましたが、ほぼ全員が気持ち悪さを感じていましたので。

Advertisement

僕もその例外ではなかったのですが、約1週間、毎日30分ほどプレイし続けていたタイミングで、だんだん慣れてきていることに気付きました。ちょっとずつ酔いが始まるまでの時間が長くなってきます。

VR酔いを心配される人は多いと思います。VR酔いを経験した僕からのアドバイス。「VRをプレイ→ちょっとでも酔いを感じたら中断→VRをプレイ」を繰り返すこと慣れてくるのを待つ。対処法としてはこれがベストでしょう。

VR酔いは「仮想現実と現実の感覚の差異」が原因で発生すると言われています。体は正面を向いたままだが、視界はぐるぐる回っているわけですからね。しかしプレイを続けていくとその状態に慣れてきます。「こういう操作をすると映像はこう動く」と予測できるようになってくるためです。

車を運転している人より、助手席に乗っている人のほうが酔いやすいですよね。それと同じ理由があるからでしょう。

「だんだんと慣れてくる」ことは経験的に確かなことなので、無理のない範囲で、継続的にプレイしてみましょう。慣れてしまえばこちらの勝ち。最高のプレイ体験ができますよ!

ピントを合わせるのにコツがいる

初プレイ時に少しピント合わせに苦労しました。「これだ!」と思える位置を見つけてしまえばなんてことはないのですが、その自分に合った位置を見つけるのに少しコツが必要です。

「ピントが合っていない」
「映像がぼやけている」

という人は、まず以下の設定を確認してみてください。

まず「設定」>「周辺機器」>「PlayStation VR」の順に進みます。

PSVR ピントが合わない場合の設定
ピントがが合わない場合は「目と目の距離」をチェックしてみよう

この画面でヘッドセットの正しい装着方法を確認したり、目と目の距離を測定して3D映像を最適化できます。目と目の距離は初期値として63mmが設定されていますが、実際に測定してみると、63mmという数値からはかなり離れていたということもよくあります。

ヘッドセットを正しく装着し、3D映像を最適化するための目と目の距離を測定すれば、ピントずれはほぼ解消するでしょう

僕の場合、ヘッドセットの重みで装着後に少し下がってしまい映像がぼやけてしまうことが合ったので、持ち上げるようにしてセットする必要がありました。実際に装着してみるとこの辺の微調整はクリアできるかと思います。

汚れが付着しやすい・収納場所に困る

PSVRのヘッドセットは顔に密着させて使用します。そいういうこともあり、どうしても皮脂がヘッドセットに付着してしまったり、レンズが汚れてしまいます。本来レンズとは接触しないはずですが、無意識にまつ毛やまぶたが当たっているのでしょう。

PSVR 皮脂汚れ
どうしても皮脂汚れが付着してしまう

皮脂が付着しているヘッドセットは気持ちいいものではありませんよね。プレイに熱中すれば汗もかきます。汚れに対する対策としては、小まめに掃除しておくしかないですが、気になる方はこんなアイテムを使うのもいいでしょう。

布枝製のVR用マスクも売られていますが、個人的には使い捨てできるタイプがおすすめ。使い捨てタイプなら洗う必要もないですし、とにかくラク。PSVRを家族や友人と共有して使いたいなら、みなが気持ちよく使えるようにアイマスクを用意しておきましょう。

ヘッドセット内側のゴム製のシールドは取り外して水洗いすることが可能なのですが、取り外して洗って、乾燥させて、というのは面倒。VR用アイマスクを買ってしまうほうがラクですね。

画像:ヘッドセット、ゴム(ゴム製のシールドは取り外して水洗いすることもできる。

あと困るのが、ヘッドセットの収納場所です。コードが長い上に、その独特のフォルムなので、本当に収納場所に困ります。

100円均一でやすいクリアケースを買ってきて、ヘッドセットをまるまるそこに放り込んでおく。これがおすすめの収納方法です。プレイするたびに取り出すのは面倒ですが、ホコリ対策にもなりますし、未使用時はどこかにしまっておけます。

それは面倒すぎる!という人は、こんなスタンドが便利かもしれません。

PS4本体とDUALSHOCK 4、PSVRをひとまとめにできるので便利。置いておける場所が限定されているなら、ぜひ導入を検討してみてください。

ちょっと値が張りますが、専用ケースもあればいいですね!まぁ見た目を気にしないのであれば100円均一の収納ケースで十分な気もしますが。

総括:PSVRの評価

PSVRには満足しています。特にPSVRだからこそ実現できるVR体験は最高です。

一方で「これからまだまだ進化する感」はあります。ヘッドセットのさらなる画質の向上や、コードのワイヤレス化、ヘッドセットの小型化など、遅かれ早かれ実現していくのだろうと思います。

ただ現状で経験できるVR体験としては、間違いなくPSVRがトップレベル。

PSVRの初プレイ時は、誰しもが衝撃を受けるはずです。まるでそこに存在しているかのような3D立体視、迫力あるサウンド。思わず「これすごいな」と声が出てしまうでしょう。

PSVR対応のコンテンツが充実してきているとは言え、コンテンツはまだまだ限られています。ただYouTubeのVR動画や各動画サービスのVR対応など、着実に増えてはきていると感じます。これからに期待ですね。

好きなアーティストの生ライブにVRで参加したり、VRで観光地をまわったり、思い出に残しておきたい場所をその空間ごと3Dで記録して楽しむ、というようなことが、実際にできるほどになってきました。

「VRって最近聞くけど、別に興味はないかな」

そんな人にこそぜひ体験してみてほしいですね!

PS VRを使用するなら、一部の対応ゲームの画質が向上するPS4 Proがおすすめ。

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

PS4/PS4 Proカテゴリの最新記事