iPhone 13とiPhone 12を比較!なにが違う?

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W レビュー!iPhone 12を急速充電できるスリムなモバイルバッテリー

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W レビュー!iPhone 12を急速充電できるスリムなモバイルバッテリー

今回は、普段使いにぴったりなAnker(アンカー)のモバイルバッテリー「PowerCore Slim 10000 PD 20W」をご紹介します。モバイルバッテリー搭載のUSB充電器「PowerCore Fusion 10000」とともに発表された新製品で、iPhone 12シリーズの充電に最適な20W出力に対応します。

PowerCore Slim 10000 PD 20Wは、10000mAhバッテリーを搭載。10000mAhともなればiPhone 12を2回以上フル充電できるほどの容量で普段使いには十分ですし、毎日の持ち運びにも便利です。いろんな意味で「ちょうどいいクラスのモバイルバッテリー」と言えます。

iPhone 12シリーズのモデルをお持ちで、普段使い用のモバイルバッテリーをお探しなら、PowerCore Slim 10000 PD 20Wがイチ押しです!ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20Wの特徴

「どんなモバイルバッテリーなの?」ということで、PowerCore Slim 10000 20Wの特徴をまとめました。

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20Wの特徴

  • 持ち運びしやすいスリムなフォルム
  • 10000mAhバッテリー搭載
  • USB-Cポート(最大20W)とUSB-Aポート(最大18W)を搭載

特徴的なスリムなフォルム

特徴的なのは、なんといってもスリムなフォルム。

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W iPhone 12 Proと重ねて
iPhone 12 Pro(iPhone 12)と同じくらいのサイズ感

サイズは「約150 x 69 x 15 mm」とスリムで、ちょうどiPhone 12/12 Proと同じサイズ感です。

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20Wのサイズと重量

10000mAhバッテリー搭載

スリムなフォルムながら、10000mAhの大容量バッテリーを搭載します。これはiPhone 12/12 Proを約2回以上フル充電できるほどの容量です。

PowerCore Slim 10000 PD 20Wで充電てできる回数
※充電ロスを考慮し6掛けで計算

充電時のロスを考慮し、バッテリー容量の6割程度の充電が可能と仮定すると、iPhone 12/12 Proなら約2.1回、iPhone 12 miniなら約2.6回、iPhone 12 Pro Maxなら約1.6回のフル充電が可能(実際使ってみた感じもこの数値に近いです)。朝出かけるときに持ち出して、夜持って帰ってくるという使い方なら十分な容量でしょう。

20W対応でiPhone 12シリーズを急速充電

iPhone 12シリーズのモデルは、20Wの急速充電に対応します。PowerCore Slim 10000 PD 20WはiPhone 12シリーズに最適化されており、20Wのフルスピードで充電できます。

iPhone 12シリーズは20W充電に対応
iPhone 12シリーズは20W充電に対応(上は12 mini)

ちなみに、iPhone 8からiPhone 11シリーズのモデルは、18Wでフルスピード充電になります。記事内の「充電性能のチェック」で検証していますので、そちらを参考にしてください。

PowerCore Slim 10000 PD 20Wの仕様

PowerCore Slim 10000 PD 20Wは、最大20WのUSB-Cポートと最大12WのUSB-Aポートを搭載します。

詳しい仕様は以下のとおり。

スポンサーリンク

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W レビュー

ということで、PowerCore Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W 10000 PD 20Wを使ってみた感想をご紹介していきます。

持ち運びしやすい形状でバッテリー容量や充電性能も十分。一軍のモバイルバッテリーに決定です!

なお、パッケージ内容は以下のとおりです。

PowerCore Slim 10000 PD 20Wのパッケージ内容
PowerCore Slim 10000 PD 20Wのパッケージ内容

扱いやすいスリムな形状がグッド!

このスリムな形状、めちゃくちゃいいです!

PowerCore Slim 10000 PD 20Wのスリムな形状
このスリムな形状が扱いやすく便利!

めちゃくちゃいい……のですが、実は同じ10000mAhクラスのモバイルバッテリーと比較してみると、特別コンパクトなわけではありません。

PowerCore Slim 10000 PD 20WとRAVPower RP-PB186のサイズ比較
RAVPower RP-PB186とのサイズ比較

例えば、RAVPower(ラブパワー)の「RP-PB186(10000mAh搭載モバイルバッテリー)」と比較すると、体積としてはRP-PB186のほうが小さいんですよね。

PowerCore Slim 10000 PD 20W ポケットに収まりやすい
それでもポケットにも収まりやすい形状がいい!

それでもPowerCore Slim 10000 PD 20Wがいいと感じるのは、「薄いから」でしょう。薄いことでiPhoneと重ね持ちしても気にならないですし、カバン内のポケットにも収まりやすいんです。このスリムな形状が気に入りました!

充電性能をチェック

続いては肝心の「充電性能」をチェックしてみます。

iPhone 12 Proを充電

iPhone 12 Proをフル充電するのにかかる時間は?
iPhone 12 Proをフル充電するのにかかる時間は?

iPhone 12 Proをフル充電するのにどれくらいの時間がかかるか
iPhone 12 Proのフル充電後に、バッテリー残量はどれくらい残っているか

この2点を確認してみました。

● PowerCore Slim 10000 PD 20WでiPhone 12 Proを充電

バッテリー残量は、本体のボタンを押しLEDランプを光らせることで確認できます。

iPhone 12 Proをフル充電後も残量は半分以上残っていた(PowerCore Slim 10000 PD 20W)
12 Proをフル充電後も残量は半分以上残っていた

iPhone 12 Proのフル充電後のLEDランプは4つの3つ点灯(50%~75%)と、半分以上のバッテリーが残っていました。

iPhone SE(第2世代)を充電

iPhone SE(第2世代)フル充電するのにかかる時間は?
iPhone SE(第2世代)でも検証

続いては、同じようにiPhone SE(第2世代)を充電、どれくらいの時間でフル充電できるかを確認してみます。

● PowerCore Slim 10000 PD 20WでiPhone SEを充電

結果は上のとおりです。iPhone SE(第2世代)はiPhone 12 Proよりも充電時に電力を受け入れられる最大値が小さいので(最大18W)、iPhone 12 Proよりもフル充電にかかる時間が長くなったと推測されます。

といっても、30分の充電で約50%、60分で80%も充電できるわけですから十分高速です。

なお、PowerCore Slim 10000 PD 20Wのバッテリー残量表示は、iPhone SE(第2世代)をフル充電したあともLEDランプ4つが点灯(75%~100%)していました。

iPad Air(第4世代)を充電

iPad Air(第4世代)をフル充電するのにかかる時間は?
iPad Air(第4世代)を充電してみる

最後に、iPad Air(第4世代)も同じように充電、計測してみました。

● PowerCore Slim 10000 PD 20WでiPad Air(第4世代)を充電

結果は上のようになりました。最終的に125分経過でPowerCore Slim 10000 PD 20Wのバッテリーがゼロになりました。iPadの充電をメインに考えると、ちょっとPowerCore Slim 10000 PD 20Wではしんどいかな、という印象です。

ただ「メインはiPhoneの充電、ときどきiPad」という使い方ならありですね。このサイズでiPad Airを8割以上充電できるわけですから、日帰りの用途なら十分です。

ちなみに、さらに高速にiPadを充電するなら、30W出力に対応したモバイルバッテリーがいいでしょう。

使ってみて気になった点

サイズや充電性能には一切の不満はありません。ただ、一点使ってみて気になったのは、PowerCore Slim 10000 PD 20W本体の充電に時間がかかってしまうこと。

PowerCore Slim 10000 PD 20W本体の充電に時間がかかる
本体の充電に時間がかかることが気になった

PowerCore Slim 10000 PD 20WはPD充電器による充電に対応しています。それでも、フル充電には約4.5時間もかかってしまいます(PD非対応の充電器だと約9時間かかる)。

10000mAhクラスのモバイルバッテリーですから、多少の時間がかかってしまうことは仕方ありません。とはいえ、せめて3時間程度で済めばな、と思います。特に毎日持ち運ぶなら、本体への充電時間も使い勝手に大きく関わってきます。

ただこの辺はジレンマですね。入力が高速なモバイルバッテリーは、同時に出力も上がり、サイズや価格も上がってきます。

先日レビューしたZendure(ゼンデュア)の27000mAh搭載モバイルバッテリー「SuperTank」は、入出力ともに100Wに対応するもの、サイズが大きく普段使いには向きません。それに価格もお高めです。

モバイルバッテリー本体の充電にどれくらいの時間がかかるかは盲点になりやすいところ。購入する際は頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ:普段使いに最適!コンパクトなPDモバイルバッテリー

本体の充電に時間がかかってしまうことは、PowerCore Slim 10000 PD 20Wに限った話ではないので「まぁ仕方ないかな」と思えます。全てが完璧とは言えないものの、PowerCore Slim 10000 PD 20Wは、普段使いにこれ以上ないほど完成度が高いモバイルバッテリーだと思います。

僕はこのように製品レビューしていることもあってたくさんのモバイルバッテリーを所有していますが、PowerCore Slim 10000 PD 20Wは一軍モバイルバッテリーとして活躍してくれています。

最後に、「 PowerCore Slim 10000 PD 20Wはこんな人におすすめ」というところをまとめておきましょう。

PowerCore Slim 10000 PD 20Wはこんな人におすすめ!

  • 普段使い用のモバイルバッテリーを検討している
  • 軽量でコンパクトなモバイルバッテリーがいい
  • iPhone 12シリーズのモデルを充電したい
  • iPhoneだけでなくiPadも充電したい

このモバイルバッテリーは「買ってよし」です!

AnkerのUSB PD対応モバイルバッテリーをチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる
ビックカメラでみる

人気のUSB PD対応モバイルバッテリーをチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる
ビックカメラでみる

こちらの記事もおすすめです!

コメント