【レビュー】ニンテンドースイッチにBluetoothイヤホンを接続できるアダプターが便利だった!

【レビュー】ニンテンドースイッチにBluetoothイヤホンを接続できるアダプターが便利だった!

この記事では、ニンテンドースイッチにBluetoothイヤホン・ヘッドホンを接続できるオーディオアダプター「Route Air」をご紹介しています。

ワイヤレスでケーブルが絡まることがなく、ケーブルに耳を引っ張られることもないBluetoothイヤホン。ケーブルがないというのは本当に快適で、Bluetoothイヤホンは僕自身も愛用しています。一応有線(ワイヤード)イヤホンも持っていますが、引き出しの奥にしまい込んでいてほぼ出番はありません。

話は変わりますが、いまさらながら「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を購入しました。購入前は知らなかったのですが、スイッチにはBluetoothイヤホンを接続できないことが発覚。

しばらくは有線イヤホンを使用していましたが、「ケーブルが邪魔だ!やっぱりいつも使っているBluetoothイヤホンを使いたい!」ということで、ニンテンドースイッチにBluetootthイヤホンやヘッドホンを接続できる「Route Air」という製品を購入、試してみました。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチにBluetoothイヤホンを接続

ニンテンドースイッチにBluetoothイヤホンを接続できるアダプタは、主に2つのタイプがあります。

  • オーディオジャックに挿入するタイプ
  • USB-Cコネクタに挿入するタイプ

オーディオジャックに挿入するタイプのメリットは、高い汎用性。であれば、ニンテンドースイッチだけでなく、テレビやパソコンなどオーディオジャックがある機器でも使えます。

その点USB-Cコネクタに挿入するタイプは、使用する場面が限られ、汎用性が高いとは言えません。

ただ、ニンテンドースイッチのオーディオジャックは、ディスプレイの上側にあります。そこにアダプタを差し込むとなると、アダプタの形状によっては邪魔になってしまいます。オーディオジャックの両隣にスピーカーホールとゲームカードスロットがあるので、必然的にケーブルが伸びアダプタが垂れ下がるようなかたちになるはず。

今回僕が選んだ「Route Air」はUSB-Cコネクタに挿入するタイプ。

Route AirはUSB-Cタイプで薄く、プレイ中も邪魔にならない
USB-Cタイプで薄く、プレイ中も邪魔にならない

どうでしょう、邪魔にならずスマートですよね!USB-Cコネクタに挿入できるタイプは、このように邪魔にならない製品を選べます。オーディオジャックのように汎用性は高くないですが、このスマートさが気に入って「Route Air」を選びました。

オーディオアダプタ「Route Air」の使用レビュー

Gulikit「Route Air」
Gulikit「Route Air」

それでは詳しく「Route Air」をレビューしていきましょう!

Route AirとBluetoothイヤホンの接続方法

Route Airの接続方法・使用方法はかんたんです。

  1. Bluetoothイヤホン(接続したいBluetoothデバイス)をペアリングモードにする
  2. Route Airをニンテンドースイッチに挿入し、ペアリングボタン(A/Bボタンどちらか)を4秒間長押(白色LEDが点滅)
  3. LEDライトが点滅から点灯に変わり、ペアリング終了

これで使用できる状態になります。

Route Air A/Bボタンそれぞれにイヤホンを接続できる(同時再生も可能)
A/Bボタンそれぞれにイヤホンを接続できる(同時再生も可能)

Route Airに搭載されているAボタン・Bボタンには、それぞれ異なるイヤホンを接続することが可能です。A/Bボタンにそれぞれ2台のイヤホンをペアリングすれば(接続中は各ボタンの白色LEDが点灯)、2台のイヤホンを同時に使用することもできます。

Bluetooth対応のデバイスならRoute Airと接続できる
Bluetooth対応のデバイスならRoute Airと接続できる

イヤホンやヘッドホン以外にも、Bluetoothに対応するピーカーなどにも接続できます。

Route Air使用中は充電ができない

Route Air使用中は、スイッチのUSB-Cコネクタが塞がってしまい、充電ができません。オーディオジャックに挿入するタイプだと、音をイヤホンに飛ばしながら充電することが可能です。

「オーディオジャックに挿入するタイプだと充電はできるけど、邪魔になるしな」といろいろと検討しましたが、プレイしながらの充電は諦めました。そもそも充電しながらの放電は、バッテリーにとっては好ましくありません。デメリットではあるものの、致命的ではないかと思います。

付属アダプタ使用でTVモードにも対応

Route Airは、付属の「USB-C – USB-A L字アダプタ」を使って、テレビモード時も使用できます。

Route Air 付属のL字アダプタでTVモードでも使用できる
付属のL字アダプタでTVモードでも使用できる

アダプタのUSB-A側をスイッチのTVドッグに挿入するだけ。TVモード時でもイヤホンを装着、音量を気にせずに澄みます。

気になる音の遅延

ここで気になるのは、「音の遅延がどの程度あるか」とということ。ワイヤレスイヤホンには、その性質上、少なからず遅延はあります。問題はその「程度」です。

音の遅延に関連してくるのは、「対応コーデック」です。Route Airは、「SBC/apt-X/apt-X LL(Low Latency)」の3つのコーデックに対応しています。AACには対応していません。音の遅延の程度は、「SBC>apt-X」「apt-X>apt-X LL」とコーデックによって異なります。apt-Xやapt-X LLに対応したBluetoothイヤホン・ヘッドホンと一緒に使ってあげれば、より低遅延で遊べるというわけです。

Route AirにAirPodsを接続
Route AirにAirPodsを接続

僕がよく使っているAppleのAirPodsをRoute Airに接続してみます。AirPodsが対応するコーデックはSBCとAAC。Route AirはAACには対応していないので、SBCで接続されることになります。

接続中のコーデックに対応したLEDランプ
接続中のコーデックに対応したLEDランプ

Route Airには「SBC」「apt-X」「LL(apt-X LL)」それぞれに対応したLEDランプがあります。上ではAirPodsを接続しているので、SBCのLEDランプが点灯しています。

Route Air 気になる音の遅延
気になる音の遅延

さて、肝心の音の遅延についてですが、「遅延があるな」と感じてしまう程度に遅延がありました。音の遅延がプレイに関わってくる、例えば音ゲーやアクションゲームは厳しいでしょう。遅延がプレイに関わってこないRPGやパズルゲームなんかは、慣れてしまえば問題ないでしょう。

文字では伝わりにくいかと思いますので、以下の動画内で、SBCで接続したときと、apt-Xで接続したときの遅延の程度を比較しています。

【ニンテンドースイッチ】Bluetoothイヤホンで楽しむ!ROUTE AIR開封レビュー

僕としては「思ったより使える」という感想。ワイヤレスで多少遅延があることを差し引けば、十分許容できる範囲内だと感じました。

お気に入りのBluetoothイヤホンをニンテンドースイッチでも!

Route Air最大のメリットは、「お気に入りのBluetoothイヤホン・ヘッドホンをニンテンドースイッチでも使える」ということ。日頃からBluetoothイヤホンを愛用している人は多いともいますが、それをニンテンドースイッチでも使えるのは嬉しいですよね!気になっていた音の遅延は許容範囲内ですし、 なによりワイヤレスが超快適です。

僕のように、普段使用しているBluetoothイヤホンを二ンテンドースイッチでも使いたいという人は多いはず。そんな方には邪魔にならず、低遅延のapt-X/apt-X LLに対応したRoute AIrがおすすめです!

この手のアダプタはたくさん販売されています。「もっと見てみたい」という方は、以下からチェックしてみみてください!

ニンテンドースイッチ対応のBluetoothアダプタをチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

YouTube「あるチャンネル」を開設しました!

iPhone/iPad/Apple Watch/Macなど、Apple製品のことを中心に動画配信していきたいと考えています!

撮影・編集に慣れず、動画数はまだまだ少ないですが、ご視聴&チャンネル登録していただければ励みになります!

家電・ガジェット
スポンサーリンク
リブウェル!

コメント