【2019年版】Mac対応マウスおすすめ7選!現役Macユーザーが厳選

MacBook/Proアクセサリー

現行モデルのMacBook/Pro/Airには、従来と比較して約2倍大きくなったトラックパッドが搭載されています。実際により大きくなったトラックパッドは快適で、トラックパッドこそMacBookの魅力のひとつと言っていいでしょう。もともとWindowsユーザーだった僕は、MacBookのトラックパッドを初めて触ったとき、その使いやすさに感動すら覚えたことを覚えています。一方でバタフライキーボードには賛否両論ありますが。。。

とは言うものの、それでもやはりマウスが恋しくなることだってあります。

ネットサーフィンといったライトな操作であればトラックパッドで十分なのですが、細かいカーソルの動きを要求される画像編集といった作業では、明らかにトラックパッドよりマウスのほうが楽です。

僕はカフェや移動中などスペースが確保できないときはトラックパッドを使用しますが、自宅や落ち着いたスペースで操作する際は基本マウスを使用します。

Apple Magic Mouse 2とMacBook Air

Magic Mouse 2とMacBook Air

こんな感じですね!やはりこのスタイルが一番しっくりきます。

今回の記事では、Macユーザーに使ってほしいおすすめのMac対応マウスをご紹介します。

「トラックパッドは便利だけど、長時間使用すると指が疲れてくる」
「トラックパッドでの細かい操作はつらい」
「クラムシェルモード時に使うマウスを探している」

このような方は、この記事を参考にお気に入りのマウスを見付けてください!

Macには無線対応マウスがおすすめ

マウスの接続方法として、USBで接続する「有線接続」「無線(ワイヤレス/Bluetooth)接続」の2通りの方法があります。

メリットデメリット
有線マウス・充電の必要がない
・Bluetoothが不安定なときでも使用可能
・遅延がない
・ケーブルが邪魔になる
・見た目が悪い
無線(ワイヤレス)マウス・ケーブルが邪魔になることがない
・見た目がすっきり
・充電(電池交換)が必要になる
・Bluetoothが不安定なときに使えないことがある

このようにどちらの方法にもメリット・デメリットが存在するのですが、基本的にはマウスは無線接続がおすすめです。ケーブルがないため絡まったり邪魔になったりすることはなく、見た目もすっきり。有線マウスと比べてもメリットのほうがはるかに大きいので、有線マウスにこだわりがないのであれば無線対応のマウスを選びましょう。

ただ僕も遭遇したことがあるのですが、MacのBluetooth接続が不安定になり、有線マウスが必要になる場合もまれにあります。そういう意味では保険として有線マウスをひとつ持っておいてもいいかもしれません。

【無線】Macで使って欲しいおすすめマウス

それではまずは無線対応のおすすめマウスを紹介していきます。後半で有線マウスも紹介していますので、そちらも参考にしてください。

【Apple】Magic Mouse 2

MacBookやiMacで使うマウス・・・と言えば、まっさきにおすすめしなければいけないマウスは「Magic Mouse 2」でしょう!僕自身も愛用していて、僕にとってはなくてはならない存在です。

なぜ「Magic Mouse 2」を押すのか?というところですが、その理由はトラックパッドのように「ジェスチャー操作」が使えるからです。

Magic Mouse 2で行えるジェスチャー操作は以下のようなものがあります。

ジェスチャー行える操作
1本指でタブルタップズーム
1本指で左右にスクロールページ間をスワイプ
(ブラウザの戻る・進むなど)
1本指で上下にスクロールページを上下にスワイプ
2本指で左右にスクロールフルスクリーンアプリケーション・仮想デスクトップ間をスワイプ
2本指でタブルタップMission Controlの呼び出し

このようにトラックパッドで行える操作はMagic Mouse 2でも同じように行なえます。

トラックパッドと同じように直感的なジェスチャー操作を行えることが、Apple純正マウスであるMagic Mouse 2を選ぶ最大の理由になります。

充電中のMagic Mouse 2

充電用Lightningポートは裏側にある

Magic Mouse 2はバッテリー式。一度フル充電すれば、感覚的に少なくとも1ヶ月以上は使えますね!充電は裏面にあるLightningポートを使います。「充電中の姿がかっこ悪い、不便」という意見もありますが、なにせ数ヶ月に一度の話ですし、寝る前や出かける前に充電しておけばいいので僕は気になりません。その他操作感はもちろんのこと、手への収まりや操作精度、重量など不満がある点はありません。

唯一ネックになりそうなのは、その価格です。Apple純正アクセサリーはどれもそうなのですが、価格帯としてはお高め。もうちょっと安くなれば・・・とは思いますが、ジェスチャー操作などMacとの相性を考えたときに、やはりMagic Mouse 2は非常に魅力的です。

なおMagic Mouse 2には「スペースグレイ」バージョンがあります。カラーが違うだけなのに価格が高くなる意味が分かりませんが!デスクのカラーにマッチするようだったら検討してもいいかもしれませんね!

【BLENCK】コスパ抜群!人気のMac対応ワイヤレスマウス

コスパ重視のワイヤレスマウスを探しているなら、このマウスがおすすめです。多くのユーザーから評価されており、機能的にも必要十分。800/1200/1600の3段階に調節できるDPI、充電式でフル充電から最大1ヶ月使用可能。価格を考えれば十分でしょう。

デザインは一見Magic Mouseっぽいですが、デザインはなかなかいい感じです。グレー/ブラック/ホワイトの3色展開で、好きなカラーを
選べるのは嬉しいポイント。そしてなんと言っても安い!

【Logicool】M336 ロジクールの定番ワイヤレスマウス

続いて紹介するのはLogicool(ロジクール)の定番ワイヤレスマウス「M336」です。選びやすい価格帯のワイヤレスマウスでありながら非常に高機能。

手のひらに収まる形状、単三電池たった1本で最大10ヶ月使用できる省電力性能、2年間のメーカー保証付きなど、価格を考えれば申し分ない性能です。そしてLogicool製品のためのMacアプリ「Logicool Options」を使えば、Mission Controlの呼び出しなどのジェスチャー機能を行うことも可能

「直感的に操作できる」という点においてはMagic Mouse 2に軍配が上がりそうですが、同じジェスチャー機能が使えること、選びやすい価格を考えると選択肢としてはありかと。なおカラーはグレー/ブラック/レッドの3色から選択可能です。好きなカラーを選べるというのは意外とポイントだったりします。

【Logicool】MX MASTER 2S 神マウスと名高い高級ワイヤレスマウス

このマウス、なかなかすごいです。マウスには左・右クリックを除き6箇所のスクロールホイール・ボタンが搭載されており、公式Macアプリ「Logicool Options」で各ボタンのクリック操作のカスタマイズができます。

MX MASTER 2S アプリ「Logicool Options」

Macアプリ「Logicool Options」

Mission ControlやLaunchpadといったMacならではの操作に加え、特定のアプリを開いたり、キー操作を各ボタンに割り当てられます。さらにジェスチャーボタンを押しながらマウスを「上」「下」「左」「右」に操作することで設定した操作を行える「ジェスチャー機能」も搭載。よく行う操作を設定しておけば時短につながります。

さらにすごいのは、最大のPC(Mac/Win)をまたいでシームレスにマウス操作できる「FLOW機能」。FLOW機能をオンにしておけば、カーソルを画面の端にもっていくだけで接続先のPCを切り替えられます。

この「MX MASTER 2S」は実際に使用したユーザーから神マウスと言われるほど評判がいいワイヤレスマウスです。僕自身、実際に使ってみて「これは確かに神マウス」だ思いました。Macユーザーである僕が「MX MASTER 2S」を使ってみた感想を以下の記事にまとめています。参考にしてください。

Logicoolの最上位モデルのマウスということもあり価格はそれなりにします。しかしあらゆる操作・作業を効率化できるこのマウスは検討する価値ありです。

【エレコム】CAPCLIP 超小型クリップ型ワイヤレスマウス

「これはなに?マウス?」と言いたくなるほど超小型のワイヤレスマウス。キャップが付いており、使用時はキャップをマウントしてマウスとして使え(W41×D87×H30.3mm)、未使用時はマウスをキャップ内に収納できる(W41×D52×H30.3mm)という代物。キャップにはクリップが付いていてバッグ内のポケットなどに挟んで固定しておくことができます。

充電式でフル充電の状態から約1ヶ月使用できるとのこと。そのサイズを考えれば十分でしょう。その小さいサイズゆえ長時間の使用は逆に疲れてしまいそうですが、出先でちょっと、という場面ではこのマウスが活躍してくれるはずです。

カラーは4色から選択できます。カラフルで小さい見た目はなんだか可愛い印象を与えてくれます。

Macに対応したワイヤレスマウスは多く販売されています。「もっと見たい!」という方は以下から人気のワイヤレスマウスをチェックしてみてください。

【有線】Macで使って欲しいおすすめマウス

続いてはUSBケーブルを接続して使う有線タイプのMac対応マウスを紹介していきます。充電の必要がなくワイヤレスのようにBluetooth設定も必要ないためかんたん。シンプルに使えることが有線マウスのメリットです。

なおUSB-Cポートのみ搭載されたMacBookの場合、別途USB-Cアダプタを用意する必要があります。

現状、USB-Cマウスはほとんどないため、アダプタが必要になることは注意しておきましょう。

【Amazonベーシック】コスパ抜群!有線マウス

「Amazonベーシック」とはAmazonが展開するプライベートブランド。マウスだけでなくBluetoothスピーカーなど、さまざまな製品が展開されています。Amazonベーシックはその優れたコストパフォーマンスから人気があり、価格だけでなくしっかり使えるという品質も評価されています。

Amazonベーシックの有線マウス

保険として持っておくと安心の有線マウス

実はこのマウスは僕も所有しています。常用しているわけではなく、もしもの時のために予備として置いています。一時期iMacのBluetooth接続が不安定になり、その際にこのマウスが活躍してくれました。コードのないワイヤレスマウスのほうが便利なのは間違いないのですが、どうしても電池切れや故障などで緊急的に必要なる場面があったりします。予備としてひとつ安心ですよ!

Amazonベーシック マウス USB MSU0939
Amazonベーシック(AmazonBasics)

【サンワサプライ】USB-C対応巻取り式有線マウス

非常に数は少ないのですが、USB-Cポートに対応した有線マウスもあります。こちらはサンワサプライのUSB-C対応マウスで、有線コードは巻取り式。未使用時はマウス裏側部分にコードを収納しておけます。

USB-Cに対応することで別途アダプタを用意する必要もないですし、MacだけでなくAndroidスマホなども直接接続できるようになります。有線マウスにメリットを感じているMacBookユーザーは割り切ってUSB-Cマウスを買ってしまうのもありですね!

(おまけ)おすすめマウスパッド

最後におすすめのマウスパッドをご紹介!マウスパッドはマウスの使い心地にかなり影響してきます。接地面の素材や形状によってはカーソルが飛んでしまうことも。中にはリストレスト付きで手や腕の疲労を軽減してくれるマウスパッドもあります。

僕自身も長時間のマウス操作による疲労に困っていたのですが、このマウスパッドを使うようになってから疲労が溜まりにくくなりました。

このマウスパッドがなかなかよくて、とにかく手首が楽。形状記憶の低反発ウレタンフォームが売りのマウスパッドですが、これがあるのとないのとでは疲労度が全然違います。マウスの操作性はもちろん、優れたコスパと文句なし。

基本上のエレコムのマウスパッドなのですが、iMacで常時置いているのは、安く評判の良かった以下のマスパッド。

まぁ普通のマウスパッドなのですが、滑りも悪くないですし不満もありません。マウスとあわせてマウスパッドも検討している人はチェックしてみてください。

まとめ

「で、結局どのマウスがおすすめなの?」と聞かれれば、「Magic Mouse 2」もしくはLogicoolの「MX MASTER 2S」がおすすめだと答えます。お高めなのがネックですが、Macを操作する時間が長いのであれば、少しでも効率化できるようにマウスに投資するのは間違いではありません。お手頃でそこそこ使える、というところでいうと同じLogicoolの「placeholder」でしょうか。お手頃価格ながらジェスチャー機能を使えるのは大きいですね!

AmazonといったECサイトを見ていると、安いワイヤレスマウスがたくさんあります。ただバッテリーや電池持ちといった盲点もあるので注意が必要です。Macで使うマウスとしてどれを選ぼうか迷ったなら、ぜひこの記事を参考に選んでいただければと思います。

コメント