iPhone 13とiPhone 12を比較!なにが違う?

MagSafe対応「MOFTスマホスタンド」レビュー iPhone 12ユーザーは必ずチェックしたい便利アイテム

かねてから気になっていたスマホスタンド「MOFT(モフト)」にMagSafe対応版が出たと知り、便利そうだったので購入してみました。カラーはブラック/ブラウン/グレー/ブルーの4種類あり、購入したのはブラック色です。

MacSafeに対応するiPhone 12シリーズのモデルの背面にマグネットでくっつけて、スマホスタンドとして使えるアイテム。クレジットカードなどのカード類も収納できます。

個人的にスマホスタンドと言えば、ESRのキックスタンド付きケースがお気に入りだったのですが、このケースを装着したままだとスタンドが邪魔になりMagSafe充電器やQiワイヤレス充電を行えません。結局スタンド機能を諦め、MagSafeに対応したApple純正ケースを使っていました。

ESR キックスタンド付きiPhone 12 Proケース
ESRのキックスタンド付きiPhoneケース

マグネットでくっつけるMagSafe対応のMOFTならかんたんに取り外せるので、MagSafe充電もQiワイヤレス充電も問題なし。

  • スタンド機能を使いたい(デスクの上で縦向きに置きたい)
  • MagSafe充電やQiワイヤレス充電を行いたい
  • カード収納があれば便利だ
  • 粘着タイプはイヤだ(気軽にケースを交換したい)

MagSafe対応のMOFTは、まさに僕のニーズをすべて満たしてくれるアイテムです。「MOFTというスタンドが便利だ」ということをよく耳にしていましたが、これは確かに便利!僕と同じようにハマる人は多いのではと思います。

スポンサーリンク

かんたんに切り替えられる「3つのスタイル」

MagSafe対応のMOFTは、iPhone 12シリーズのモデルにマグネットでくっつけて使用します。サイズを測ってみると、約9.8 × 6.2 × 0.4 cm、重量は約40gでした。

MagSafe対応 MOFT サイズと重量
厚さ、重量ともに気にならないレベル

サイズ感的にはこんな感じです。

MagSafe対応MOFT iPhone 12モデルそれぞれのサイズ感

iPhone 12 miniでちょうどぴったり。Appleのシリコンケースのカメラホールに若干かかっているように見えますが、カメラへの写り込みはありませんでした。

スマホスタンドはかんたんに展開できます。

MagSafe対応 MOFTのスマホスタンドを展開

このように指でスタンドを持ち上げ、折り返すようにしてスタンドを起こします。1秒もかかりません。

MOFTは縦置きだけでなく横置き、掛け置きという3つのスタイルで使用できます。

MagSafe対応 MOFT 3つのスタイル
簡単に切り替えられる3つのスタイル

掛け置きはあまり使うことがないにしても、縦置きできるのが非常に便利なんです。動画視聴には横置きが最適ですが、WEB閲覧やSNSアプリの使用などの操作には縦置きが向いています。

ただし、iPhoneモデルによって縦置き時の角度が変わってくることには注意してください。サイズが大きいiPhone 12 Pro Maxだと、下のように少し寝てしまいます。

MOFT iPhone 12モデルによって角度が異なる
モデルによって縦置きしたときの角度が変わる

僕はiPhone 12 Pro MaxにMOFTをくっつけて使用しています。上のように角度が寝てしまうことになりますが、「デスクの上に縦置きしたい」という自分の使い方では気になりません。ただ微妙な角度調節はできないので、縦置きしたい場所によっては見づらいと感じてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

MagSafe対応だからこその利点

かんたんに取り外しできるという、MagSafe対応だからこその利点が大きいですね!MagSafe非対応のMOFTだと、粘着テープでiPhone本体あるいはケースに貼り付けなくてはいけません。iPhoneケースを気軽に交換したい僕は、MOFTの粘着式がネックで選んでこなかったということもあります。

MagSafe充電やQiワイヤレス充電を行う度にMOFTを外すことになるものの、そう手間になる話ではありません。

MOFTとMagSafe充電

MagSafe対応のMOFTなら気軽にケースを交換できますし、MagSafe充電時などにはかんたんに取り外せます。

あと気になっている人が多いであろう「マグネットの磁力の強さ」について。

Amazonのレビュー欄を見てみると、「磁力が弱い!」という内容のレビューを見かけます。これに関しては大丈夫。心配ありません。

使用に問題ないレベルの磁力がある

このように、iPhone 12シリーズのなかでもいちばん大きく重いiPhone 12 Pro Maxでも軽々と持ち上がるほどの磁力はあります。ちなみに上の12 Pro Maxには、Appleの「MagSafe対応レザーケース」を装着しています。磁力はケースを外した裸の状態と変わらないですね。

レビューないで磁力が弱いと書いている人は、おそらくMagSafeに対応していないケースを装着しているのだろうと思います。Apple純正ケースでも、サードパーティ製ケースでも、「MagSafe対応ケース」と合わせて使用しましょう。

ただし、スマホリングのように指をひっかけて使用するのは危険です。いくら十分な磁力があるといえども、その状態で振り回せばiPhoneが飛んでいきます。

「スマホリング代わりとしても使いたい」という方は、従来の粘着式のMOFTを選びましょう。

こっちならスマホリング代わりに使えるほどの十分な粘着力があります。ただこちらはMagSafe充電やQiワイヤレス充電との兼ね合いがありますが……。

スポンサーリンク

Apple「MagSafe対応レザーウォレット」との比較

MOFTにはスタンドを起こしたところに、カードを収納できるスペースがあります。

MagSafe対応MOFTのカード収納
カード収納は2枚までが快適

MOFTの製品ページには「カードを3枚まで収納できる」とありますが、運転免許証やクレジットカードの厚みだと2枚まで、ですね。薄くペラペラの磁気カードなら、余裕をもって3枚入れられるスペースがあります。ただしこの手のペラペラした薄い磁気カードは簡単に磁気が飛んでしまうのでおすすめはしません。

カードを収納できると聞いて思い出すのは、Appleの「MagSafe対応レザーウォレット」でしょう。

こちらもカード収納は3枚でギリギリ、2枚でちょうどいいのはMOFTと同じ。カードの出し入れは、レザーウォレットのほうが裏側の穴のおかげでしやすいですね。

Apple MagSafe対応レザーウォレットのカード収納
カードの出し入れはこっちのほうがしやすい

高級感もレザーウォレットが上ですね。PUレザー(フェイクレザー)のMOFTと比べても明らかに高級感があります。

そのぶん価格は7,480円とお高いのですが、使い方がカード収納メインで、かつ高級感ある革の質感が好みならAppleのレザーウォレットがおすすめです。

実際に僕もレザーウォレットを気に入って使っていました。愛着をもって使い続けられる本革ということもあり、所有感も満たしてくれます。

ただ、僕はスタンド機能を諦めきれなかったんですね。レザーウォレットを眠らせておくのは惜しい気もしますが、MOFTのスタンド機能が便利過ぎるのでMOFTを使い続けるつもりです。

まとめ:「いつでも縦置きできる」がポイント

やはり「いつでもどこでもiPhoneを縦置きできる」ことが非常に便利です。スタンド機能は手帳型ケースでは当たり前に使えます。しかし、手帳型ケースはかさばるので個人的には好きではないですし、そもそも縦置きできる手帳型ケースはほとんどありません。

そして僕のように「MOFTは気になってたけど、粘着式がネック」という人は結構多いのではと思います。MagSafe対応のMOFTならかんたんに取り外せます。

デメリットを挙げるとすれば、「MagSafe対応のiPhoneケースが必要になる」ことでしょうか。MagSafe非対応のサードパーティ製ケースで試してみましたが、やはり磁力は弱まり使えるレベルにありません。

もしあなたがiPhone 12ユーザーで、MagSafe対応ケースを装着しているのなら、MagSafe対応のMOFTをぜひ検討してみてください!捗りますよ!

「MagSafe非対応のケースを使ってるけど、MOFTを使ってみたい!」という方は粘着式のMOFTをどうぞ!

iPhoneユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント