【一体型】コンセント付きモバイルバッテリーおすすめ4選|1台2役をこなす便利アイテム

【一体型】コンセント付きモバイルバッテリーおすすめ4選|1台2役をこなす便利アイテム

今回の記事では、コンセントに挿せばUSB充電器として、コンセントから抜けばモバイルバッテリーとして使える「コンセント付きモバイルバッテリー」をご紹介します。

このタイプのUSB充電器・モバイルバッテリーの最大のメリットは、やはり1台で2役をこなしてくれるところでしょう。利用シーンに応じて、USB充電器としてもモバイルバッテリーとしても活躍してくれます。

コンセント付きモバイルバッテリー
1台2役をこなしてくれるコンセント付きモバイルバッテリー

コンセント付きモバイルバッテリーは利用シーンがハマればこれ以上ないほど便利なアイテムなのですが、一方で「合わない人」がいるのも確かです。使い方によっては逆に不便に感じてしまうこともあります。

前半ではコンセント付きモバイルバッテリーのメリットとデメリット、そして後半でおすすめの製品をご紹介しています。コンセント付きモバイルバッテリーをお探しの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

目次

コンセント付きモバイルバッテリーのメリット

コンセント付きモバイルバッテリーのメリットは、なんといっても1台で2役をこなしてくれることでしょう。コンセントに挿せばUSB充電器として、コンセントから抜けばモバイルバッテリーとして使えるところにメリットがあります。

コンセント付きモバイルバッテリーをUSB充電器として使用
コンセントに挿せばUSB充電器として
コンセント付きモバイルバッテリーをモバイルバッテリーとして使用
コンセントから抜けばモバイルバッテリーとして

内蔵のバッテリーはコンセントから充電されます。普段からUSB充電器として使っていれば、コンセントから抜いたときにはバッテリー満タンの状態で持ち出せます。

コンセント付きモバイルバッテリーを充電
ケーブル要らずで内蔵バッテリーを充電できる

カフェや宿泊しているホテルなど、コンセントがあればケーブルいらずでバッテリーを充電できます。USB充電器とモバイルバッテリーを一緒に持ち出す機会が多い方にとっては非常に便利なアイテムでしょう。

【重要】コンセント付きモバイルバッテリーのデメリット

これは仕方のない部分ではあるのですが、コンセント付きモバイルバッテリーはUSB充電器として見ると大きく重く、モバイルバッテリーとしてみても大きく重くなってしまいます。

下は「Anker PowerCore Fusion 10000」というコンセント付きモバイルバッテリー。9700mAhバッテリー・最大20WのUSBポートを搭載します。

Anker PowerCore Fusion 10000
Anker PowerCore Fusion 10000

これをUSB充電器としてはほぼ同性能の「DIGIFORCE 20W Dual Port Fast Charger」とモバイルバッテリーとしてほぼ同性能の「Zendure SuperMini(10000mAh)」の組み合わせを比較してみるとこうなります。

Anker PowerCore Fusion 10000とサイズ比較
10000mAhモバイルバッテリー・最大20W USB-C充電器とのサイズ比較
Anker PowerCore Fusion 10000の重量
Anker PowerCore Fusion 10000の重量は約277 g
10000mAhモバイルバッテリー・最大20W USB-C充電器の合計重量
10000mAhモバイルバッテリー・最大20W USB-C充電器の合計重量は約219 g

こうやって比較してみると、必ずしもコンセント付きモバイルバッテリーがコンパクトで軽量とは言えないですよね。

「USB充電器として使うことがほとんどで、モバイルバッテリーとしてはたまにしか使わない」という場合は、それぞれ単体で用意したほうが便利でしょう。

バッテリーは「消耗品」

モバイルバッテリーに内蔵されるリチウムイオンバッテリーは「消耗品」です。充電と放電を繰り返すうちに劣化し、次第に蓄えられる電力が減っていきます。一般的にモバイルバッテリーのバッテリー交換サービスは行われておらず、劣化で寿命を迎えてしまえば買い換えとなります。

USB充電器も長い目で見れば消耗品ではあるのですが、どちらかというと 先にモバイルバッテリーの寿命が来る可能性が高いはず。コンセント付きモバイルバッテリーを購入するときは、この点を留意しておく必要があります。

「モバイルバッテリーを毎日充電して、毎日持ち出す」といったヘビーな使い方を考えている場合は、コンセント付きモバイルバッテリーではなく、モバイルバッテリー単体を購入することをおすすめします。

コンセント付きモバイルバッテリーおすすめ4選

ここでは、おすすめのコンセント付きモバイルバッテリーをご紹介しています。ここまで解説したようにメリットばかりではないものの、利用シーンがハマれば非常に便利なアイテムです。ぜひチェックしてみてください!

Anker PowerCore Fusion 10000
|9700mAhバッテリー & 最大20W充電器

Anker PowerCore Fusion 10000
出典:amazon.co.jp
【一体型】コンセント付きモバイルバッテリーおすすめ4選|1台2役をこなす便利アイテム

9700mAhの大容量のバッテリーを搭載!

Anker PowerCore Fusion 10000は、9700mAhバッテリーを内蔵し、最大20WのUSB-Cポート、最大12WのUSB-Aポートを搭載するコンセント付きモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Fusion 10000とiPhone 12 Pro Maxとのサイズ比較
iPhone 12 Pro Maxとのサイズ比較

サイズは約82 x 82 x 35 mm大きめ、重量も約278 gと重めではありますが、大容量の9700mAhバッテリーを搭載します。iPhone 14なら約2回フル充電することが可能ですので、1日もたせるには十分過ぎるバッテリー容量です。

Anker PowerCore Fusion 10000のUSB-Cポート
最大20WのUSB-Cポートを搭載

USB-Cポートは最大20Wに対応、USB PD充電に対応するiPhoneやAndroidスマホを急速充電できます。スマホメインの充電であれば必要十分な充電性能でしょう。

サイズ・重量が大きく、個人的には「毎日持ち運ぶにはしんどいサイズ感」という印象ですが、普段はUSB充電器メインでたまにモバイルバッテリーと考えれば許容範囲内。10000mAhクラスのコンセント付きモバイルバッテリーを検討されている方であればまっさきにチェックしてほしい製品です。

バッテリー容量9700 mAhサイズ約82 x 82 x 35 mm
搭載ポートUSB-C x 1
USB-A x 1
重量約278 g
USB-C出力最大20Wカラーブラック/ホワイト
Anker PowerCore Fusion 10000の製品情報

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
|コンパクトで軽量なコンセント付きモバイルバッテリー

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
出典:amazon.co.jp
【一体型】コンセント付きモバイルバッテリーおすすめ4選|1台2役をこなす便利アイテム

普段使いにぴったりなコンパクト & 軽量な製品です。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)は、5000mAhバッテリー・最大20WのUSB-Cポートを搭載するコンセント付きモバイルバッテリーです。

Anker 511 Power BankとiPhone 12 Pro Maxとのサイズ比較
iPhone 12 Pro Maxとのサイズ比較

最大の特徴がこのスティック状フォルムでしょう。細長い形状のおかげでバッグへの収まりもよく、持ち運びのしやすさでいえば間違いなくナンバーワンです。

Anker 511 Power Bank をコンセントに挿している様子
形状的に常用はしにくいが、最大20W充電器として活躍してくれる

こちらも最大20WのUSB-Cポートを搭載し十分な充電性能を備えます。このユニークな形状がゆえに、コンセント周りの環境によっては使いづらく感じてしまう可能性があることには注意。ですがほとんどの場合で問題になることはないでしょう。

搭載するバッテリー容量量が5000mAhと少なめではあるものの、そのぶんコンパクトで軽量という恩恵がありますし、スマホを1回以上フル充電するには十分なバッテリー容量です。そういう意味では、普段使いは5000mAhクラスがちょうどいいと感じます。

バッテリー容量5000 mAhサイズ約 113 x 30 x 30 mm
搭載ポートUSB-C x 1重量約170 g
USB-C出力最大20Wカラーブラック/ホワイト/ピンク/ブルー
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の製品情報

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)
|USB充電器として使用時は最大45Wとパワフル

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)
出典:amazon.co.jp

続いてご紹介するAnker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)は、コンセントに挿したときに最大45WのUSB-C充電器として活躍してくれるパワフルなコンセント付きモバイルバッテリーです。

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)でM2 MacBook Airを充電
M2 MacBook Airを充電

最大45Wもあれば、13インチクラスのノートPCも充電可能です。上ではM2 MacBook Airを充電しています。USB電流・電圧チェッカーで計測してみると、約42Wで充電できていました。

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)モバイルバッテリー使用時は最大20W
モバイルバッテリー使用時は最大20W(2ポート同時使用時は合計最大18W)

USB充電器として使用したときは最大45Wですが、モバイルバッテリーとして使用したときは最大20Wにパワーダウンします。モバイルバッテリー時はスマホの充電がメイン、USB充電器使用時は最大45WでスマホからノートPCまで充電できます。

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)を手のひらに乗せている様子
このサイズで最大45W充電器と5000mAhモバイルバッテリーの1台2役

最大45WのUSB充電器と5000mAhモバイルバッテリーがこのサイズ感で持ち運べると考えるとかなりコンパクト!重量は約200gとスマホ1台分とちょっと程度の重さがあるものの、持ち運びにはまず問題にならないレベルです。

バッテリー容量5000 mAhサイズ約71 x 60 x 31 mm
搭載ポートUSB-C x 2重量約200 g
USB-C出力USB充電器:最大45W
モバイルバッテリー:最大20W
カラーブラック/ホワイト/グリーン/ブルー
Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)の製品情報

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)
出典:amazon.co.jp

こちらのAnker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)は、最大65WのUSB-Cポートを搭載する超パワフルなコンセント付きモバイルバッテリーです。最新のAnker GaNPrimeシリーズにラインアップされる製品のひとつで、そのパワフルさは、同ジャンルにおいてはトップクラス。

Anker 733 Power Bank(USB充電器として使用時)
USB充電器として使用時(最大65W)

上ではUSB PD充電に対応したWindowsノートPCを充電しています。約60Wで充電されていますね。MacBookでいえばMacBook AirやMacBook Pro 13/14インチを十分な速度で充電できます。USB PD充電に対応するノートPCであれば、Anker 733 Power Bankで充電できる製品は多いかと思います。

Anker 733 Power Bankをモバイルバッテリーとして使用
モバイルバッテリーとして使用(最大30W)

モバイルバッテリーとして使用時は最大30Wに落ちますが、それでもスマホ・タブレットを充電するには十分なパワー。iPadといったタブレットはもちろん、MacBook Airなど13インチクラスのノートPCなら30Wで充電できるものもあります。

Anker 733 Power Bankをコンセントに挿している様子
デカいがパワフルで頼りになるコンセント付きモバイルバッテリー

はっきり言ってデカいですし価格も高いです。スペック的にも万人受けするものではないのですが、「スマホだけでなくノートPCも充電したい」といった理由でパワフルなコンセント付きモバイルバッテリーをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

バッテリー容量10000 mAhサイズ約111 x 63 x 31 mm
搭載ポートUSB-C x 2
USB-A x 1
重量約320 g
USB-C出力USB充電器:最大65
モバイルバッテリー:最大30W
カラーブラック/ホワイト/ゴールド
Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)の製品情報

コンセント付きモバイルバッテリーおすすめまとめ

本記事では、おすすめのコンセント付きモバイルバッテリーをご紹介させていただきました。前半で解説したようなデメリットがあり、すべての方にハマるものではありません。しかし、USB充電器とモバイルバッテリーを頻繁に持ち運んでいる方にとってはこれ以上ないほど便利なアイテムです。

記事内でご紹介したなかで、私が特に気に入っているのは、Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)です。

USB充電器として使用したときは最大45Wとパワフルで、私がよく持ち運ぶiPhone・iPad・MacBook Airすべての充電をこれでカバーできます。モバイルバッテリーとして使用したときは最大20Wに落ちますが、それでもiPhoneとiPadを充電するには十分過ぎるほどの出力です。

ぜひ本記事を参考にしていただき、お気に入りのコンセント付きモバイルバッテリーを見つけていただければ幸いです!

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次