MATECH Sonicharge 140W レビュー│USB PD 3.1対応で最大140W充電が可能なUSB充電器

MATECH Sonicharge 140W レビュー│USB PD 3.1対応で最大140W充電が可能なUSB充電器

今回ご紹介するのは、USB PD 3.1・単ポートで最大140Wに対応するUSB充電器、MATECH(マテック)「Sonicharge 140W」のレビューです。

USB PD 3.1による100Wを超える充電に対応するデバイスは限られるものの、MacBook Pro 16インチ(2021)やゲーミングノートPCの一部が最大140WのUSB PD充電に対応するなど徐々に増えつつあります。

充電性能や外観、「他のUSB PD 3.1対応充電器と比較してどうなの?」というところについてもご紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてくてみださい!

MATECH Sonicharge 140W
MATECH Sonicharge 140W レビュー│USB PD 3.1対応で最大140W充電が可能なUSB充電器
総合評価
( 3 )
目次

MATECH Sonicharge 140W レビュー

MATECH Sonicharge 140W レビュー
USB PD 3.1対応の充電器「MATECH Sonicharge 140W」をレビュー!

MATECH(マテック)は、USB充電器などを販売する京都発のブランドです。同ブランドのUSB充電器をいくつかレビューしましたが、どれも強みがはっきりしていて魅力的な製品ばかりでした。

MATECH Sonicharger 140Wの強みは、まさに最大140Wと超パワフルな充電性能です。MacBook Pro 16インチ(2021)など140W充電に対応するデバイスをお持ちの方は要チェックです!

MATECH Sonicharge 140Wの仕様

MATECH Sonicharge 140W(Amazon)
出典:amazon.co.jp
MATECH Sonicharge 140W レビュー│USB PD 3.1対応で最大140W充電が可能なUSB充電器

まず、MATECH Sonicharge 140Wの仕様をまとめました。

製品名MATECH Sonicharge 140W(MT-SC140)
搭載ポートUSB-C1 x 1(最大140W)
USB-C2 x 1(最大100W)
USB-A x 1(最大30W)
USB-C1出力5V=3A / 9V=3A / 12V=3A / 15V=3A / 20V=5A / 28V=5A(最大140W)
PPS出力:3.3V-21V=5A
USB-C2出力5V=3A / 9V=3A / 12V=3A / 15V=3A / 20V=5A(最大100W)
USB-A出力5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A / 20V=1.5A(最大30W)
合計出力最大140W
入力100-240V ~ 2.3A 50-60Hz
サイズ約73.2 x 73 x 29 mm
重量約257 g
折りたたみ式プラグ
パッケージ内容MATECH Sonicharge 140W
最大100W充電対応USB-C to Cケーブル(2m)
収納ポーチ
取扱説明書(日本語対応)
価格(税込)8,980円
UGREEN Nexode 140W充電器の仕様

パッケージ内容・付属USB-C to Cケーブルについて

パッケージ内容は以下のとおりです。

MATECH Sonicharge 140Wのパッケージ内容
パッケージ内容

USB-C to Cケーブル(2m)に加え、USB充電器には珍しく収納ポーチが付属します。

付属USB-C to Cケーブルの仕様ををUSB Cable Checker 2で確認してみたところ、eMarker内蔵で最大100Wまでの充電に対応しています。

付属USB-C to Cケーブルの仕様を確認
付属ケーブルはUSB 2.0対応、音声・映像出力は不可

USB 2.0対応でデータ通信は可能ですが、基本的には充電メインの性能ですね。ただし、USB PD 3.1には未対応で最大100W充電までという点にはご注意ください。

複数ポート同時使用時のワット数

MATECH Sonicharge 140Wには、2つのUSB-Cポート・1つのUSB-Aポートの合計3つのUSBポートが搭載されています。

複数ポートを同時使用したときは電力が振り分けられることになります。その際の「電力の振り分け方」についてまとめました。

MATECH Sonicharge 140WのUSBポート
同時使用ポート数ポートの組み合わせ出力
単ポートUSB-C1最大140W
USB-C2最大100W
USB-A最大30W
2ポートC1 + C2100W(C1) + 20W(C2)
C1 + A100W(C1) + 18W(A)
C2 + A10W(C2) + 10W(A)
3ポートC1 + C2 + A100W(C1) + 10W(C2) + 10W(A)

USB-C1とUSB-C2を同時に使用したとき、100W + 20Wという振り分けになります。ノートPC + スマホの同時充電なら十分使えますが、2台のノートPCを充電するのには向いていない仕様ですね。

また、USB-C2とUSB-Aの組み合わせにおいて最大20Wとなってしまう点に注意です。

対応する急速充電規格

続いて、MATECH Sonicharge 140Wが対応する急速充電規格をまとめました。

USBポート対応する急速充電規格
USB-C1USB PD 3.1 / PPS
Quick Charger 3.0/2.0
Fast Charge Protocol
Smart Charge Protocol
Adaptive Fast Charging
Samsung 2.0A
Apple 2.4A
USB-C2USB PD 3.0
Quick Charger 3.0/2.0
Fast Charge Protocol
Smart Charge Protocol
Adaptive Fast Charging
Samsung 2.0A
Apple 2.4A
USB-AQuick Charger 3.0/2.0
Fast Charge Protocol
Smart Charge Protocol
Adaptive Fast Charging
Samsung 2.0A
Apple 2.4A

USB電流・電圧チェッカーで取扱説明書にある内容と相違ないかどうか確認してみましたが、大丈夫ですね。相違ありません。

MATECH Sonicharge 140Wが対応する急速充電規格
対応する急速充電規格をチェックしてみた

USB-C1ポートはUSB PD 3.1に加えPPS充電にも対応します。GalaxyやXperia、Google Pixelの一部モデルといったPPS充電対応デバイスをお持ちの方は、その恩恵を受けられます。

PPS(Programmable Power Supply)充電とはUSB PDのオプション機能のことで、ロスが少なく効率的に充電でき、発熱しにくいであったり高速に充電できたりというメリットがあります。

外観・サイズ・重量をチェック

MATECH Sonicharge 140Wの外観

本体サイズは約73.2 x 73 x 29 mmです。

Apple 140W USB-C電源アダプタとのサイズ比較1
Apple 140W USB-C電源アダプタとのサイズ比較 ①
Apple 140W USB-C電源アダプタとのサイズ比較2
Apple 140W USB-C電源アダプタとのサイズ比較 ②

MATECH Sonicharge 140W単体で見るとそれなりのサイズなのですが、同じ最大140WのUSB-Cポートを搭載するApple 140W USB-C電源アダプタと比較してみると、実はコンパクトであることが分かります。

MATECH Sonicharge 140Wの折りたたみ式プラグ

プラグは持ち運びに便利な折りたたみ式です。

MATECH Sonicharge 140Wの

プラグがある面には充電に関する仕様とPSEマークなどが表示されています。

MATECH Sonicharge 140Wの重量

重量をスケールで量ってみると、270gと表示されました。公称では「約257 g」となっており、10gちょっとの差があります。これくらいの差であればほぼ公称値どおりと言っていいでしょう。

MATECH Sonicharge 140W レビュー│USB PD 3.1対応で最大140W充電が可能なUSB充電器

そこそこ重量はあるものの、特にコンセントから抜け落ちたりということはありません。Apple 140W USB-C電源アダプタと比べれば、コンセント差し込み口が連なる電源タップでも使いやすいかと思います。

MATECH Sonicharge 140Wのコンパクトなサイズ

単体で見るとそれなりに大きく感じますが、最大140Wという充電性能を持つ充電器と考えれば、コンパクト & 軽量にまとめられているかと思います。

MATECH Sonicharge 140Wをガジェットポーチに収納

これくらいなら持ち運びも容易にできますし、USB-Cポートに加えUSB-Aポートも搭載されているので、ワイヤレスイヤホンやワイヤレスマウスなどの小型デバイスの充電にも対応できます。

USB PD 3.1 & 最大140Wの高い充電性能

USB PD 3.1 & 最大140Wの充電性能を確かめるために、最大140W充電に対応するMacBook Pro 16インチ(2021)を充電、どれくらいのワット数で充電できているかを見てみます。

MATECH Sonicharge 140WでMacBook Pro 16インチを充電
MacBook Pro 16インチ(2021)を充電

すると、100Wを超える約115Wで充電できていました。140Wには届いていませんが、実際に充電されるワット数はこのあたりです。

MacBook Pro 16インチを140W充電時のワット数2
【参考】Apple 140W USB-C電源アダプタで充電

MacBook Pro 16インチをApple 140W USB-C電源アダプタで充電したときも、実際のワット数は110W前後となります。MATECH Sonicharge 140WはApple 140W USB-C電源アダプタと同等の速度で充電できると言っていいでしょう。

なお、MacBook Pro 16インチにおいて最大140W充電に対応するのは「MagSafe 3コネクタからの給電のみ」です。USB-Cポートでは最大100W充電までとなります。

次に、MATECH Sonicharge 140Wで、最大140Wの入出力に対応するモバイルバッテリー「Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)」を充電してみます。

MATECH Sonicharge 140WでAnker 737 Power Bankを充電

Anker 737 Power Bankには、各USBポートの入出力状況を確認できるスクリーンが搭載されています。MATECH Sonicharge 140Wで充電してみると、約118Wでモバイルバッテリー本体を充電できていることが分かります。

MATECH Sonicharge 140W レビュー│USB PD 3.1対応で最大140W充電が可能なUSB充電器

24000mAh搭載の大容量モバイルバッテリーにかかわらず、140W充電なら50分かからずにフル充電できちゃいます。

100Wを超える充電を行うには、USB PD 3.1・EPRに対応したUSB-C to Cケールが別途必要です。上では、最大240W充電に対応する「Anker 515 USB-C & USB-C ケーブル」を使用しています。MATECH Sonicharge 140Wに付属されているUSB-C to Cケーブルは最大100Wまでとなります。

MATECH Sonicharge 140WとAnker 737 Power Bank

Anker 737 Power Bankは、USB PD 3.1 & 最大140W充電に対応する超パワフルなモバイルバッテリー。興味のある方はこちらもチェックしてみてください。

ノートPCとスマホを同時に急速充電できる

2つのUSB-Cポートを同時に使用したとき、100W + 20Wという電力振り分けになります。ということは、USB PD充電に対応するノートPC + スマホを同時に急速充電できます。

ゲーミングノートPCとiPhoneを同時充電

最大100WのUSB PD充電に対応するASUSのゲーミングノートPCとiPhone 12 Pro Maxを同時充電しています。

ゲーミングノートPCを充電(約93W)
USB-C1に接続したノートPC

ノートPCでは約93Wで充電できています。仕様どおり20V/5A(100W)でネゴシエーションされていました。

iPhoneを充電(約19W)
USB-C2に接続したiPhone

iPhoneでは約19Wで充電できていますね。仕様では最大20Wですから、こちらも仕様どおりです。

複数ポートを搭載する100WクラスのUSB充電器のなかには、60W + 60Wというような振り分けになるものがあります。ノートPC + スマホという組み合わせだと、ノートPCの充電は60Wだとパワー不足ですし、スマホの充電は60Wだとオーバースペックとなってしまいます。

MATECH Sonicharge 140Wの場合は、100W + 20Wという振り分けになるので、ノートPCとスマホの同時充電にはちょどいいですね。複数デバイスを同時充電する方は、この同時充電時の電力の振り分けをチェックしておきましょう。

最大140Wクラスの他の充電器とサイズ・重量を比較

USB PD 3.1 & 単ポートで140W充電に対応するUSB充電器は、MATECH Sonicharge 140W以外にもあります(数は少ないですが)。

ここでは、MATECH Sonicharge 140Wを含む、最大140W充電に対応する4つのUSB充電器のサイズ・重量を比較してみます。

140Wクラスの充電器のサイズ・重量比較
左からMATECH、UGREEN、Apple、Anker
140W充電器搭載ポートサイズ重量価格(税込)
MATECH Sonicharge 140WUSB-C1:最大140W
USB-C2:最大100W
USB-A:最大30W
約73.2 x 73 x 29 mm約257 g8,980円
UGREEN Nexode 140W充電器USB-C1:最大140W
USB-C2:最大100W
USB-A:最大22.5W
約75.9 x 75.9 x 34.7 mm約294.5 g14,980円
Apple 140W USB-C電源アダプタUSB-C:最大140W約96 x 75 x 28 mm約278 g13,800円
Anker 717 ChargerUSB-C:最大140W約68 x 59 x 31 mm約235 g9,990円

MATECH Sonicharge 140Wと同じ3ポートを搭載し、充電性能も近い「UGREEN Nexode 140W充電器」と比較してみると、サイズ・重量はMATECH Sonicharge 140Wのほうが小さいですね。

MATECH Sonicharge 140WとUGREEN Nexode 140Wのサイズ比較
MATECH Sonicharge 140WとUGREEN Nexode 140Wのサイズ比較

サイズ・重量だけでなく価格もMATECH Sonicharge 140Wのほうが安いですし、両者で迷ったならMATECH Sonicharge 140Wでいいでしょう。

「よく持ち運ぶのでサイズ・重量を重視したい」という方であれば、「Anker 717 Chareger(最大140W)」がおすすめです。

MATECH Sonicharge 140WとAnker 717 Charger(140W)のサイズ比較
MATECH Sonicharge 140WとAnker 717 Charger(140W)のサイズ比較

1ポートのみとなりますが、140Wクラスでは最小・最軽量クラスです。持ち運ぶことが多いのならAnker 717 Charger(140W)がおすすめ。

ただ一緒に持ち歩くデバイスによってはUSB-Aポートが必要な場合もありますし、このへんは使い方次第といったところでしょうか。

MATECH Sonicharge 140W レビューまとめ

本記事では、USB PD 3.1 & 最大140Wに対応する「MATECH Sonicharge 140W」をご紹介させていただきました。USB PD 3.1のUSB PD充電に対応するデバイスは限られるものの、お持ち方であれば本製品が活躍してくれるはずです。

実際に使ってみて注意したほうがいいと感じたのは、複数ポート同時使用時の電力の振り分けられ方です。

【再掲】複数ポート同時使用時の電力振り分け
同時使用ポート数ポートの組み合わせ出力
単ポートUSB-C1最大140W
USB-C2最大100W
USB-A最大30W
2ポートC1 + C2100W(C1) + 20W(C2)
C1 + A100W(C1) + 18W(A)
C2 + A10W(C2) + 10W(A)
3ポートC1 + C2 + A100W(C1) + 10W(C2) + 10W(A)

先でもご紹介しましたが、2つのUSB-Cポートを同時に使用したときには100W + 20Wになります。ノートPC + スマホの同時充電には向いていますが、たとえばノートPC + ノートPCといった組み合わせには向いていません。

実際のところ2台のノートPCを同時充電することはほぼないかと思いますので、私としては100W + 20Wの振り分けのほうが便利ですね!ハマる人にはハマる超パワフルなUSB充電器。ぜひチェックしてみてください!

あわせて読みたい

あわせて読みたい

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次