【期待外れ】AppleのMagSafe充電器が全然高速じゃなく、むしろ遅い件

【期待外れ】AppleのMagSafe充電器が全然高速じゃなく、むしろ遅い件

iPhone 12シリーズとともに登場したiPhoneアクセサリーのひとつに、「MagSafe充電器」があります。

iPhoneの背面にマグネットでくっつき、従来のQi(チー)ワイヤレス充電より高速に充電できるという充電器……のはずなのですが、実際に使ってみると、充電速度が遅く、正直に言ってまったくの期待外れでした。

MagSafe充電器の充電速度が遅い

僕がMagSafe充電器に期待したのは、「従来のQi(チー)ワイヤレス充電(最大7.5W)よりも速く充電できる」というところ。

MagSafe充電器(+20W USB-C電源アダプタ)を使えば、iPhone 12・iPhone 12 Proを最大15Wで高速にワイヤレス充電できる――このことはMagSafe充電器の製品ページに書かれていますし、実際に僕はそれを期待してMagSafe充電器を購入しました。

ところが、蓋を開けてみるとMagSafe充電器によるワイヤレス充電は全然高速ではありませんでした。

30分の充電でどれだけ充電できるかを検証

MagSafe充電器で最大15Wのワイヤレス充電を行うには、Appleの「20W USB-C電源アダプタ」が必要になります。

MagSafe充電器+20W USB-C電源アダプタを使って、「30分間の充電でiPhone 12 Proのバッテリー残量が何%増加するか」を確認してみました。その結果が以下です。

Qiワイヤレス充電(7.5W)とほぼ変わらない充電速度

7.5W充電対応の「Mophie Wireless Chargig Base」で検証

比較のために、iPhoneの7.5Wワイヤレス充電に対応する「Mophie Wireless Chargig Base」でも同じ内容で確認してみました。

MagSafe充電器を使用したときとほぼ変わりませんね……。MagSafe充電器の最大15W、Qi充電器の最大7.5W。ワイヤレス充電ではロスが発生するので、充電速度が単純に2倍ならないことは分かっていましたが、ここまで大差がないとすれば、5千円も出してMagSafe充電器を購入する理由がありません。

有線での充電は間違いなく高速

iPhone 12 Pro 有線での高速充電
有線での充電は高速だった!

これも比較のために、有線での充電速度も確認しておきます。

「20W以上のアダプタを使用時、約30分で最大50%充電」というのは、嘘ではないようです。確かに超高速。たった30分間でこれだけバッテリー残量が増えてくれれば十分でしょう。

有線の高速な充電速度に感心する一方で、そりよりも充電速度が半分で、Qiワイヤレス充電の充電速度ともさほど変わらないMagSafeの意味っていったい……という思いも出てきます。

MagSafe充電器は、USB充電器からiPhoneにケーブルが伸びるという点では有線による充電と同じです。「挿す」か「くっつける」かの違いだけ。それなら2倍以上高速に充電できる有線のほうが便利に決まってます。

充電速度の低下は熱が原因?

MagSafe充電器の充電速度が、充電時の発熱により抑えられてしまっている、という可能性もあります。

MagSafe充電器の発熱

計測は上の状態で行いました。確かに充電中は発熱がありましたが、異常を感じるほど熱くはなかったですし、室温も22℃前後、熱がこもるような環境ではありません。

MagSafe対応クリアケースのせいで熱がこもり、MagSafe充電器の充電速度が落ちている可能性もなくはないですが……もし仮にそうだとしても充電するたびにケースを脱着するなんてことは面倒でできません。

「魔法のように」とはいかないMagSafe

MagSafe充電器に関連して、一緒に購入した「MagSafe対応クリアケース」にも文句があります。

MagSafe対応クリアケースでは、その名のとおりケースを装着しながらMagSafe充電器やMagSafe対応レザーウォレットが使えるケースです。

「MagSafe充電器が微妙」と分かったいま、わざわざこのケースを選ぶ理由も薄れてきます。それに、MagSafe対応ケースの「マグネットでかんたんに脱着できる」というメリットも期待しないほうがいいですね。なぜなら、Appleが言うように「取り付けや取り外しは魔法のように簡単」――にはいかないからです。

iPhone 12 Pro MagSafe
出典:Apple公式サイト

Apple公式サイトのアニメーションのように、全然一瞬で引きつけられません。

MagSafe対応クリアケース
全然引きつけられないMagSafe対応ケース

一般的なiPhoneケースと同じくらいに「脱着しづらい」ですね。MagSafe対応クリアケースにはポリカーボネートという硬い素材が使われているのも脱着しづらさに影響しているでしょう。

まぁ見た目が良いので使い続けるつもりではありますが……。

MagSafe充電器を選ぶメリットはない

はっきり言ってしまうと、MagSafe充電器を選ぶメリットはありません。少なくとも僕のように、「高速なワイヤレス充電」に期待して購入すると、間違いなく後悔することになるでしょう。

MagSafe充電器は、充電速度だけではなく「使い勝手としても微妙」なんですよね。上でも書きましたが、有線での充電との違いは「挿す」か「くっつける」かだけ。結局ケーブルが伸びます。

それにMagSafe充電器はUSB-Cケーブルと一体型(1m)なので、ケーブルの長さは選べませんし、断線してしまえばMagSafe充電器ごと交換しなくてはいけません。

しかも、MagSafe充電器と一緒に使用するUSB-C充電器は、20W以上に対応するUSB-C充電器ならなんでもOK、というわけではなく、Appleの「20W USB-C電源アダプタ」でないと最大15Wの充電速度が得られないことが分かっています。例えば16インチMacBook Pro向けの96W充電器をMagSafe充電器に接続すると、20W充電器接続時よりも充電速度が遅くなるという検証結果が出てています。

20W USB-C電源アダプタを持っていなければ購入しなければいけない話になりますし、他のUSB-C充電器と共有できないとなれば、持ち運ぶにしても荷物も増えますよね。

本当に高速にワイヤレス充電できるのなら、これらのデメリットも許せるかもしれませんが……それほど速くないのなら、MagSafe充電器を選ぶ理由はありません。

コメント