【2019】MacBook/Pro/Airにおすすめの周辺機器アクセサリー30選【USB-C関連など】

MacBook/MacBook Air/MacBook Proを購入したそこのあなた!今回の記事では、Macノートブックを購入したなら必ずチェックしておきたい「MacBook/MacBook Air/MacBook Pro向けおすすめ周辺機器・アクセサリー」を一挙ご紹介!

現在僕はMacBook Air 13(2018)とMacBook Pro 15(2019)を愛用しています。ここで紹介しているのは僕が実際に使ってみてよかったと感じたものが中心です。

MacBook ProとMacBook Air 13

MacBook Pro 15とMacBook Air 13

「これは絶対に用意しておいたい!」という必須アイテムから、必須ではないもののあれば幸せになれるアイテムまで幅広く紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク
  1. USB-Cハブ/USB-C充電器編【MacBook/Pro/Airおすすめアクセサリー】
    1. USB-Cハブ 欠かせない必須アイテム
      1. 【AUKEY】USB-C – USB-A変換アダプタ
      2. 【Apple】USB-C Digital AV Multiportアダプタ
      3. 【Apple】USB-C – SDカードリーダー
      4. 【Kingston】Nucleum 7in1USB-Cハブ
    2. USB-C充電器 失敗すると充電できないことも
      1. 【Anker】PowerPort Atom PD 1
      2. 【Anker】PowerPort Speed 1 PD 60
      3. 【AUKEY】PA-Y12 60W USB-Cポートと2つのUSB-Aポートを搭載
      4. 【RAVPower】USB PD対応61W USB-C充電器 RP-PC112
      5. 【Anker】PowerDrive Speed+
    3. MacBook/Pro/Airをモバイルバッテリーで充電
      1. 【Anker】PowerCore+ 26800 PD
      2. 【Less is More】Mighty 100 100Wモバイルバッテリー
    4. 見落としがちなUSB-Cケーブル
      1. 【Anker】PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル
      2. 【エレコム】5A USB-Cケーブル
      3. 【Anker】Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル
  2. 保護ケース・カバー編【MacBook/Pro/Airおすすめアクセサリー】
    1. キーボードカバー テカリや故障を防ぐ
      1. 【Digi-Tatoo】0.18mmの薄型クリアキーボードカバー
    2. スリーブケース 保管用やインナーケースに
      1. 【Amazonベーシック】シンプルだが必要十分 ひとつ持っておきたいスリーブケース
      2. 【ALPHA INDUSTRIES】ミリタリーデザインがかっこいいPCケース
      3. 【Kasper Maison】スウェーデン発の高級本革スリーブケース
    3. シェルカバー デザインを楽しめ全面をしっかり保護
      1. 【Incase】Textured Hardshell Case in Woolene
      2. 【UAG】米軍MIL規格をクリア 本格耐衝撃ケース
  3. 必ずチェックしておきたいその他アクセサリー編【MacBook/Pro/Airおすすめアクセサリー】
    1. いる人にはいるマウス・キーボード
      1. 【Apple】Magic Mouse 2
      2. 【Logicool】MX Master 2S
      3. 【PFU】Happy Hacking Keyboard Professional BT
    2. MacBookスタンド 目線を上げたりクラムシェルモードに
      1. 【Bluelounge】Kickflip キーボードに角度を付けられる装着式スタンド
      2. 【Spinido】アルミニウムMacBookスタンド
      3. 【Satechi】アルミニウム縦置きスタンド
    3. 外付けHDD/SSDストレージ・DVD/BRドライブ
      1. 【WD】Mac向けポータブルHDD
      2. 【トランセンド】JetFlash 850 コンパクトなUSB-Cメモリ
      3. 【Samsung】X5 Thunderbolt 3対応ポータブルSSD
      4. 【BAFFALO】USB-C変換ケーブル付き外付けDVD/ブルーレイドライブ
    4. サブディスプレイで仕事やコンテンツ消費が捗る
      1. 【LG】24UD58-B
      2. 【LG】UltraFine 4K Display
      3. 【LG】27UK850-W
  4. あれば幸せになれるアクセサリー編【MacBook/Pro/Airおすすめアクセサリー】
    1. Bluetoothイヤホン/スピーカー
      1. 【Apple】AirPods(第2世代)
      2. 【SONY】WH-1000XM3
      3. 【Tronsmart】Tronsmart Force Bluetoothスピーカー
      4. 【Amazon】Echo(第2世代)
    2. Apple関連デバイス
      1. 【Apple】Apple TV 4K
      2. 【Apple】iPad
      3. 【Apple】Apple Watch
    3. MacBookの清掃グッズ
  5. MacBook/Pro/Airおすすめ周辺機器アクセサリーまとめ

USB-Cハブ/USB-C充電器編【MacBook/Pro/Airおすすめアクセサリー】

まずはチェックしてきたいのは、なんといってもUSB-C関連アクセサリーでしょう。USB-Cポート(Thunderbolt 3ポート)は裏表の区別がなく、充電から映像の出力まで1本のケーブルでこなしてくれ非常に便利です。

ここでは「USB-Cハブ/USB-C充電器編」ということで、USB-C関連アクセサリーを紹介していきます。

USB-Cハブ 欠かせない必須アイテム

MacBookユーザーにとって、USB-Cハブは必須と言っていいアイテムです。

USB-Cに統一されていく流れはあるものの、有線マウスやUSBメモリ、SDカードの読み書きやLightningケーブルとの接続など、USB-Aポートが必要になる場面はまだまだたくさんあります。

【AUKEY】USB-C – USB-A変換アダプタ

【AUKEY】USB-C – USB-A変換アダプタ

・USB-C – USB-A変換アダプタ
・小型で軽量

ひとつ持っておけば役立つ変換アダプタ

「一時的に有線マウスやキーボードを接続したい」「たまにUSBメモリを使用することがある」

コンパクトで持ち運びに便利な変換アダプタは、このように「毎日使うことはないけどたまに必要になる」という人におすすめです。一時的に必要になる場面って結構あったりするんですよね。そんなときに簡単に取り出せる小さなアダプタが便利です。

価格も安く、USB-Cポート搭載のスマホ・タブレットにも使えるので、とりあえず持っておいて損はありません。

【Apple】USB-C Digital AV Multiportアダプタ

【Apple】USB-C Digital AV Multiportアダプタ

・Apple純正USB-Cハブ
・USB-C × 1、USB-A × 1、4K HDMI出力
・充電しながらの使用が可能(パススルー充電)

USB-Aポート、4K HDMIポート搭載Apple純正アダプタ

Apple純正アクセサリーは若干の割高感は否めないものの、やはり純正という安心感があります。

USB-C Digital AV MultiportアダプタはUSB-Aポート、4K HDMIポート、アダプタを使用しながらMacBookを充電できるパススルー充電に対応します。

高機能とは言えないですが使用環境と搭載ポートが合致すればチェックしておきたいアイテムです。

【Apple】USB-C – SDカードリーダー

【Apple】USB-C - SDカードリーダー

・Apple純正USB-C – SDカードリーダー
・UHS-IIまでのSDカードに対応(下位互換性あり)

Apple純正USB-C – SDカードリーダー

SDカードから画像・映像をMacBookに取り込み編集する。このような使い方はきっと多いはずです。

現行のMacBookモデルにはSDカードリーダーは搭載されおらず、SDカードの読み書きにはカードリーダーが必要です。こだわりがなければ安価なサードパーティ製カードリーダーでも問題ありません。純正品のほうが安心できるというのであればこれです。

【Kingston】Nucleum 7in1USB-Cハブ

【Kingston】Nucleum 7in1USB-Cハブ

・7in1 多機能USB-Cハブ
・(充電用)USB-A × 1、USB-C × 1
・(データ転送用)USB-A × 1、USB-C × 1
・4K HDMI出力、microSD/SDカードスロット
・充電しながらの使用が可能(パススルー充電)

これひとつでOK!多機能USB-Cハブ

どんな利用シーンにも対応できる、Kingston(キングストン)の7in1 USB-Cハブ。microSD/SDカードスロットや4K HDMIポート、USB-Aポート、パススルー充電に対応するUSB-Cポートまでひととおり対応しています。

軽量で持ち運びも苦にならず、デザインもMacBookによく合います。価格的にも他社製品と比べて良心的ですので、機能性・信頼性の高さを考えるとコストパフォーマンスは抜群。

今までいくつかのUSB-Cハブを使ってきましたが、KingstonのUSB-Cハブは機能・価格・安定性とどの面を見ても申し分ありません。実際に使ってみて一番おすすめしやすいと感じるUSB-Cハブです。

USB-C充電器 失敗すると充電できないことも

MacBook/Air/Proを充電するためのUSB-C充電器選びのポイントは以下のとおり。

  • USB PD(Power Delivery)に対応しているものを選ぶ
  • MacBook付属のUSB-C充電器のW数を目安にする

USB PDとは急速充電規格のことで、USB-Cポートを搭載するMacBookモデルであれば対応しています。

上はMacBook付属のUSB-C充電器のW数です。基本的には、MacBook付属のUSB-C充電器のW数を目安に充電器を選びましょう。これを間違うと「充電しているのにパワーが足りずバッテリー残量が増えない」ということも起こり得るので注意してください。

【Anker】PowerPort Atom PD 1

【Anker】PowerPort Atom PD 1

※iPhone XSとの大きさ比較

・PD対応USB-C × 1(最大30W)
・GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト・軽量
・約35 × 41 × 55 mm、約53g

30Wクラスならこれを選ばない理由がない!

まさにMacBook 12/MacBook Air 13ユーザーにおすすめしたい、コンパクトで軽量なUSB-C充電器。30Wと付属充電器と同等のパワーがあり、なおかつ持ち運びに最適なサイズ感。そして価格もApple純正「30Wアダプタ」より割安となると、これを選ばない理由はありません。

僕自身いちばん持ち出すことが多い充電器です。これひつとでiPhoneやiPadだけでなくMacBook Air 13まで充電できるので、荷物にならず重さも気にならないので重宝しています。

【Anker】PowerPort Speed 1 PD 60

・PD対応USB-Cポート × 1(最大60W)
・折りたたみ式プラグ
・約6.4 x 6.4 x 2.9 mm、約157g

MacBook Proユーザーにおすすめの60W充電器

充電器を選びにくくなってくるのが、特にMacBook Proユーザー。それは充電にある程度の出力が必要になってくるからで、出力が低すぎると充電速度が極端に遅かったり、充電すらできないこともあります。

この充電器は60Wとパワフル。MacBook Pro 13であれば付属充電器(61W)と同等の速度で充電でき、充電速度が落ちるもののMacBook Pro 15でも充電可能です。

Apple純正61Wアダプタの価格が6,800円(税別)であることを考えると、PowerPort Speed 1 PD 60のコストパフォーマンスは抜群です。

【AUKEY】PA-Y12 60W USB-Cポートと2つのUSB-Aポートを搭載

・PD対応USB-Cポート × 1(最大60W)
・USB-Aポート × 2(各ポート最大12W)
・合計最大72W
・約100 x 78 x 31 mm、約218g

60WのUSB-Cポートを搭載、合計72Wのパワフルな充電器

このAUKEY(オーキー)の充電器もMacBook Proユーザーにおすすめです。60WをカバーするUSB-Cポートに加え、USB-Aポートを2つ搭載します。

モバイルバッテリーやBluetoothイヤホンなど、充電が必要になるデバイスはMacBookだけでなくたくさんあります。複数ポートを搭載するこの充電器なら、それらを同時に充電できます。

【RAVPower】USB PD対応61W USB-C充電器 RP-PC112

RAVPower 61W USB-C充電器レビュー!GaN採用の最小・最軽量クラスのUSB-Cアダプタ

・PD対応USB-Cポート × 1(最大61W)
・GaN(窒化ガリウム)コンパクト、軽量
・折りたたみ式プラグ
・約49 × 49 × 32 mm、約105 g

60Wクラスとしては最小・最軽量クラス!その小ささに驚いた

RAVPowerのRP-PC112は僕自身、いま一番気に入っているUSB-C充電器です。GaN(窒化ガリウム)を採用したコンパクト・軽量タイプで、小さいといっても61WとMacBook Proを充電できるほどのパワー。

このUSB-C充電器を初めて見たときは「え、これで60Wなのか!」と、大げさではなく驚きました。一見スマホ用のUSB充電器レベルのサイズながら、パソコンの中でも充電に大きい電力を必要とするMacBook Proを充電できてしまうのですからすごい!

地味なポイントですが折りたたみ式プラグも嬉しいですし、とにかく小さく軽いので持ち運びがまったく苦になりません。旅行時はとりあえずこれひとつ持っていけば、iPhoneからiPad、MacBookまで対応できるので、「これひとつで済む、しかも小さい」という理由で気に入っています。

【Anker】PowerDrive Speed+

LEDランプが付き、通電していることが分かる

・USB PD対応カーチャージャー
・PD対応USB-Cポート × 1(最大30W)
・Power IQ 2.0対応USB-Aポート × 1(最大18W)

車内でも充電!30Wカーチャージャー

車載のシガーソケットを利用してスマホなどを充電できるカーチャージャー。すでに持っているよ、という人も多いかと思いますが、そんなカーチャージャーにもUSB PDに対応したものが出てきています。

Power Drive Speed+は30WのUSB-Cポートを搭載。MacBook Proだとちょっとしんどいですが、MacBook 12やMacBook Air 13なら付属充電器並みの速度で充電できます。USB-Aポートは接続した機器を自動検知し、最適なパワーで充電してくれるPower IQ 2.0に対応。スマホやタブレットを高速に充電できます。

こちらも詳細レビューを書いています。どうぞ!

MacBook/Pro/Airをモバイルバッテリーで充電

モバイルバッテリーもUSB-C充電器同様、W数を目安に選ぶことがポイントになります。

MacBookを手にしたあなたは、きっと外に持ち出すことも多いでしょう。モバイルバッテリーを活用することで電源の心配からは解放されます。

【Anker】PowerCore+ 26800 PD

【Anker】PowerCore+ 26800 PD

・26800mAhの超大容量モバイルバッテリー
・PD対応USB-Cポート × 1(最大30W)
・USB-Aポート × 2(最大15W)
・PD対応充電器(最大30W)付属
・約180 x 80 x 24 mm、約580g

AnkerのPowerCore+ 26800 PDは、26800mAhと超大容量バッテリーを搭載、MacBook 12/MacBook Air 13なら約1回以上のフル充電が可能です。USB-Cポートは30WでMacBook Proには力不足ではあるものの、MacBook 12/MacBook Air 13であれば必要十分のパワー。必要十分でしょう。

また30W充電器が付属として付いてきます。これほどの大容量モバイルバッテリーだと、本体の充電に半日以上かかってしまうこともざらですが、高速充電でわずか4.5時間でフル充電可能です。

価格帯は高めですが、多くの人に選ばれるAnkerのベストセラーモバイルバッテリー。MacBookユーザーならチェックしておいて損はありません。

【Less is More】Mighty 100 100Wモバイルバッテリー

【Less is More】Mighty 100 100Wモバイルバッテリー

・27000mAh搭載の超大容量モバイルバッテリー
・PD対応USB-Cポート × 2(最大100W/最大60W)
・QC 3.0対応USB-Aポート × 1(最大18W)
・最大100W入力でたった1時間でフル充電
・約183 x 85 x 21 mm、約620g

MacBook Proを充電するならこれ!最大100Wモバイルバッテリー

同メーカーの製品を充電器のところでも紹介しましたが、この製品もすごい!Mighty 100は27000mAhと超大容量バッテリーを搭載、モバイルバッテリーにもかかわらず「単一のUSB-Cポートで100W出力」が可能。モバイルバッテリーもついにここまできたか!と思わせてくれる一品。

これだけのスペックがあれば、ある程度の電力が必要になるMacBook Proの充電も余裕です。100Wポートはバッテリー残量によって60Wに下がってしまうようですが、それでも十分過ぎるスペックです。

サイズ・重量はそれなりにあり、毎日持ち運ぶにはちょっとつらいですが、MacBook Proのバッテリー残量を気にせずに済むという安心感には変えられません。MacBook Proで使用するモバイルバッテリーを探しているなら、間違いなくこれです!

Less is More モバイルバッテリー 【最大100W出力】27000mAh PD USB-Cポート Mighty-100
Less is More

こちらもレビューを書いています。MacBook Proをフルスピード充電できるパワーも魅力ですが、Mighty 100本体の充電をたった1時間で完了させられたり、Mighty 100を充電しながらデバイスを充電できるパススルー充電など便利な機能が盛りだくさんです。

見落としがちなUSB-Cケーブル

MacBookを充電するのに使用するUSB-Cケーブルは、USB-Cケーブルならなんでもいいというわけではありません。

  • USB PDに対応したUSB-Cケーブル
  • 3Aケーブルと5Aケーブルの2種類ある(60Wを超える充電には5Aケーブルを選ぶ)
  • 特に60Wを超える出力でMacBookを充電したい場合、3Aではなく5Aケーブルを使用する必要がある点には注意しましょう。

    ここでは僕が実際に使用している、3Aと5Aケーブルのおすすめのそれぞれひとつずつ紹介します。「どれを選んでいいか分からない」という方はこれを選んでおけば間違いありません。

    【Anker】PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

    【Anker】PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

    ・USB PD対応USB-Cケーブル(2.0)
    ・編み込まれた高耐久ナイロン
    ・フェルト製ポーチ付属
    ・0.9m/1.8m
    ・レッド/グレー/ブラック

    純正より丈夫!PD対応のUSB-Cケーブル

    AnkerのPowerLine+はApple純正の「USB-C充電ケーブル」より頑丈で気を遣わずに使えるので重宝しています。細かい高耐久ナイロンが編み込まれており、耐久性もさることながら絡みにくく扱いやすい。

    そして付属のフェルト製ポーチがなかなかおしゃれ。このポーチもお気に入りポイントのひとつです。

    【エレコム】5A USB-Cケーブル

    【エレコム】5A USB-Cケーブル

    ・USB PD対応USB-Cケーブル
    ・5Aで60Wを超える充電でもOK
    ・0.5m/1m

    安心して選べる5A USB-Cケーブル

    60Wを超え最大100Wの充電を行う場合、3Aではなく5Aケーブルが必要になります。そして5A充電する際にはケーブル情報が記録された「eMarker」というチップがケーブルに内蔵されていることがUSB PDのルール。

    eMarkerが内蔵されてないケーブルが意外とたくさんあったりしますが、厳密に言えばそれらはルールを守っていないケーブルということになります。おそらく製造コストをケチっているのでしょう。このエレコムのUSB-Cケーブルは5Aに対応、eMarkerもしっかり内蔵されています。誰もが知る大手メーカーなので安心して選べます。

    最大10Gbps(規格値)の転送速度を誇るUSB-C 3.1(Gen2)にも対応し、MacBookユーザーなら1本持っておきたいケーブルです。

    【Anker】Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

    【Anker】Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

    ・PD対応USB-C – Lightningケーブル
    ・MFi認証済み
    ・0.9m/1.8m
    ・ホワイト/ブラック

    充電ケーブルというわけではありませんが、MacBookユーザーなら高確率でiPhoneユーザーだろうということでご紹介。

    上でも紹介した変換アダプタを使えば、付属のLightningケーブルでiPhoneとMacBookを接続することは可能です。しかし都度アダプタを使用するのは手間ですし、iPhoneの急速充電時にも使えるこのケーブルを持っておけば便利です。

    Apple純正「USB-C – Lightningケーブル」という選択肢もありますが、強度・価格を見てみてもサードパーティー製ケーブルのほうが有利。サードパーティ製と言えどもMFi認証(Appleによる認証)取得済みで安心して選べます。

    MacBook向けのおすすめの充電器・モバイルバッテリーは以下の記事でまとめています。若干被る製品もありますが、どうぞチェックしてください!

    保護ケース・カバー編【MacBook/Pro/Airおすすめアクセサリー】

    続いては「保護ケース・カバー編」 ということで、MacBookを保護するアイテムを中心におすすめしていきます。

    特にチェックしてほしいアイテムが、最初に紹介している「キーボードカバー」。キーボードのテカリを防止し、さらには埃の侵入によるバタフライキーボードの不具合も防止してくれます。

    キーボードカバー テカリや故障を防ぐ

    【Digi-Tatoo】0.18mmの薄型クリアキーボードカバー

    【Digi-Tatoo】0.18mmの薄型クリアキーボードカバー

    ・厚さ0.18mmと薄型のクリアキーボードカバー
    ・MacBook Pro 13/15、MacBook Air 13(2018)対応
    ・指滑りよし、汚れても水洗いOK
    ・カチャカチャ音を軽減

    MacBook向けキーボードカバーならこれで決まり!

    これ、超おすすめです。MacBook向けのキーボードカバーはたくさん試しましたが、このDigi-Tatooは「やっと正解に出会えた」と思えるキーボードカバー。

    まずクリア色なので装着しても違和感がなく、バックライトにも影響しません。クリアといっても白く曇るような色合いですが、使っているうちに違和感もほぼなくなり、全く気にならなくなるレベルです。

    そして最大のお気に入りポイントが、「指滑りがいい」ということ。もともとMacBook搭載のバタフライキーボードは、指を滑らすようにして入力できりる特徴があります。他のキーボードカバーだと指先がつっかかりカバーがズレたり、入力しにくいと感じてしまうことがありました。このカバーは快適も快適!いい感じです。

    そしてバタフライキーボードは皮脂汚れによるテカリがかなり目立ちます。小まめに掃除しないとテカリが沈着しとれなくなってしまうこともあります。そして埃の侵入で不具合を起こしてしまうことも。それらを解決してくれるこのキーボードはまさに救世主。

    バタフライキーボードを叩いたときの音も軽減されるので、MacBookユーザーにはぜひチェックしてほしいイチ押しアイテムです。

    スリーブケース 保管用やインナーケースに

    【Amazonベーシック】シンプルだが必要十分 ひとつ持っておきたいスリーブケース

    ・Amazonベーシックブランド
    ・MacBook各モデル対応(13.3/15.6インチ)
    ・ブラック/グレー/ネイビー/パープル/ブルー

    コスパ抜群!安定のAmazonベーシックブランド

    Amazonベーシックは選びやすい価格ながら安定した品質に定評があります。コスパがいいというところで、僕自身も同ブランドを好んで選ぶことが多いですね。

    このスリーブケースは超シンプルながら、「MacBookを保護する」という点においては十分な機能を持っています。自宅での保管用としてやインナケースとして。十分にその役割を果たしてくれます。

    【ALPHA INDUSTRIES】ミリタリーデザインがかっこいいPCケース

    ・MA-1ジャケットと同じ記事を使用したPCケース
    ・特徴的なミリタリーデザイン
    ・小物用ポケットやペンホルダーなど高機能
    ・13.3インチ/15.6インチ対応
    ・カーキ/ネイビー/ブラック

    ALPHAとは言えばMA-1やM-65といったミリタリージャケットが有名です。このPCケースはそのミニタリーデザインを受け継ぐPCケース。MA-1ジャケットに実際に使われている記事を使用しているとのことで、非常に本格的なデザインに仕上がっています。

    複数の収納ポケットを搭載し、充電ケーブルやUSB充電器、マウスといった周辺機器を収納しておけます。さらに未使用時は隠された取っ手も便利。非常に高機能かつ実用的です。

    【Kasper Maison】スウェーデン発の高級本革スリーブケース

    【Kasper Maison】スウェーデン発の高級本革スリーブケース

    植物タンニンなめしの高級本革スリーブケース

    ちょっとお高いのですが、「いいものを長く使いたい」という人にご紹介したい高級本革スリーブケース。

    このKasper Maisonの本革ケースは多く採用されている化学薬品を使用するクロムなめしとは違い、植物性の素材を使用した植物タンニンなめしを採用。植物タンニンなめしは環境や人に優しく、本革らしいエイジングが楽しめるという魅力があります。手入れが必要になるという手間がかかるものの、その手間を含め革を育てていくという感覚が楽しめるのも植物タンニンなめしの魅力です。

    MacBook各モデルに対応するケースがあり、カラーも4色から選べます。「ケースにこだわりたい」という人におすすめしたい一品です。

    シェルカバー デザインを楽しめ全面をしっかり保護

    【Incase】Textured Hardshell Case in Woolene

    【Incase】Textured Hardshell Case in Woolene

    ・MacBook本体に装着するシェルカバータイプ
    ・おなじみのApple認定メーカーの「Incase(インケース)」
    ・ファブリックの優しい質感が特徴
    ・各モデル対応あり

    サイズ感と質感が秀逸!Apple限定シェルカバー

    Apple限定のシェルカバーなのですが、現在愛用しているカバーということでご紹介。

    こちらはIncase(インケース)の「Textured Hardshell Case in Woolene」というシェルカバーで、細かく編み込まれたような、ファブリックの質感が特徴です。IncaseはApple認定のアクセサリーメーカー。Apple公式サイトをよくチェックしているという人であればおなじみにメーカーかと思います。

    以前はMacBook本体に装着するシェルカバータイプではなく、スリーブケースタイプを好んで使っていましたが、都度出し入れが必要になることを手間に感じシェルカバーに乗り換えました。

    MacBook本体に直接装着するシェルカバーならサイズ感は超重要だな、ということでApple認定メーカーのIncaseのシェルカバーを購入。結果大正解でした。このぴったりなサイズ感、優しい肌触り。かなり気に入って使っています。

    取り扱いがあるのはApple Store、もしくはApple公式サイトのみ。なかなかいいですよ!

    Apple公式サイトでIncase「Textured Hardshell Case in Woolene」

    For MacBook 12
    For MacBook Air 13
    For MacBook Pro 13
    For MacBook Pro 15

    レビュー記事を書いています。よろしければどうぞ!

    【UAG】米軍MIL規格をクリア 本格耐衝撃ケース

    ・URBAN ARMOR GEARの耐衝撃シェルカバー
    ・MIL規格をクリアした高い耐衝撃性能
    ・堅牢なごつめのデザイン
    ・MacBook各モデル対応

    URABAN AROMOR GEAR(UAG)は堅牢なごついデザインが特徴のケースメーカー。スマホケースが有名ですね。なかにはずっと同メーカーのスマホケースを選び続けているという人もいるほどです。

    MacBook本体に装着するシェルカバータイプで、見るからに守ってくれそうなデザイン。見た目だけでなく米軍MIL規格をクリアし、実際に高い耐衝撃性能は実証済みです。

    四隅設置されたエアークッション。手に持ったときの落下を防ぐグリップなど、まさに機能美と言える完成度。価格帯は高めですが、UAGのファンなら必ずチェックしておきたいシェルカバーです。

    MacBook向けケース・カバーは多くのメーカーから販売されています。使い勝手やデザインなど製品によって異なるので、「もっと見たい!」とう方は以下からどうぞ!

    必ずチェックしておきたいその他アクセサリー編【MacBook/Pro/Airおすすめアクセサリー】

    ここではUSB-C関連アクセサリーや保護ケースの他に、必ずチェックしておきたいという優先度の高い周辺機器・アクセサリーをご紹介。

    いる人にはいるマウス・キーボード

    MacBookには非常に優秀なトラックパッドがある!マウスなんて必要ない!それはそうなのですが、いる人にはいるんですよね。僕がまさにそうで、長時間トラックパッドで操作していると指が疲れてきてしまいます。特にドラッグ&ドロップを多用するようなシーンなら、トラックパッドよりマウスがあったほうが楽ちんです。

    キーボードもそうで、バタフライキーボードを長時間叩いていると指先が痛くなってきてしまうことも。結局のところ使い手の好みや慣れだったりしますが、トラックパッドやバタフライキーボードにしっくりきていないという人は、別途マウス・キーボードを用意する方法も検討してみてください。

    【Apple】Magic Mouse 2

    【Apple】Magic Mouse 2

    ・Apple純正マウス
    ・充電式(毎日使用で1ヶ月以上もつ)
    ・便利なジェスチャー機能

    Apple純正の鉄板マウス

    MacBookで使うマウス…といえばまずこれでしょう。Apple純正マウス「Magic Mouse 2」の特徴はジェスチャ機能。一本指で左右にスワイプでブラウザの戻る・進む操作が行えたり、2本指でスワイプするとデスクトップを切り替えるといった操作が行えます。

    Magic Mouse 2はその名のとおり第2世代目で、乾電池式から充電式に変更されています。充電時はマウス裏側のLightningポートを使用するので充電中は不格好になってしまいますが、1回の充電で1ヶ月以上持ち(毎日数時間の使用)、スピーディーに充電を行えるのであまり気になりません。

    ワイヤレスマウスとしては安くない価格ですが、機能とおしゃれなデザインを考えるとそう高すぎるわけではないかと。MacBookユーザーがマウスを選ぶ際には必ずチェックしておきたいマウスです。

    【Logicool】MX Master 2S

    【Logicool】MX Master 2S

    ・豊富なカスタマイズ性(各ボタンへの操作割当・ジェスチャー機能)
    ・マウスの接続先を最大3台のPC(Mac/Windows)間でシームレスに切り替え

    Logicoolの最強マウス!MacBookでも活躍

    Logicoolの最強マウスとうたわれる「MX MASTER 2S」。MacBookに合うスタイリッシュなデザイン、という面ではMagic Mouseに負けますが、機能面ではこのマウスが一歩上をいっています。

    とても高機能なので、詳しくは以下の記事をご覧ください。

    内容は被っていますが以下の記事でもおすすめを紹介しています。

    【PFU】Happy Hacking Keyboard Professional BT

    【PFU】Happy Hacking Keyboard Professional BT

    ・PFU社の高級キーボード
    ・ワイヤレスで快適!Bluetooth接続
    ・静電容量無接点方式の快適な打鍵感
    ・JIS/US配列、US配列は無刻印モデルあり

    愛用者が多いワイヤレス高級キーボード

    僕自身高級キーボードというジャンルに興味があるわけではなかったのですが、知人に勧められ買ってみるとその快適な打鍵感にびっくり。スコココ・・・という打っていて気持ちがいい感触とはこういうことなんだ、と感動しました。それ以来愛用しています。

    PFU社の「HHKB BT」はBluetooth接続に対応。ワイヤレスでMacBookと繋がります。Bluetooth対応なのでMacBookだけでなく他のパソコンやiPhone/iPadにも接続可能です。環境に応じて接続先を切り替えることができます。

    MacBookをプロユースに使用しているのなら、キーボードにこだわってみるのもありです。値は張りますが、プロとして使うならプロ野球選手でいうグローブやバットと同じ。いい仕事にいい道具が必要です!

    なお、上の画像は以下のオプション品を使用しています。うん、自己満足。

    ]

    ちょっと価格が…という方はHHK Lite2をチェックしてみてください。あなたをキーボード沼へと導いてくれるキーボードです。

    MacBookスタンド 目線を上げたりクラムシェルモードに

    【Bluelounge】Kickflip キーボードに角度を付けられる装着式スタンド

    ・MacBook背面に固定して角度調節が可能
    ・熱対策にも有効
    ・MacBook各モデル対応

    いつでも好みに合わせて角度調節!熱対策としても

    MacBookスタンドとしてまず紹介しておきたいアイテムが、BlueloungeのKickflip。MacBook底面に吸着させ固定、スタンドを開くことで角度を調節することができます。

    キーボードの角度については各説ありますが、一番重要なのは「自分にとって合っているか」ということ。このスタンドを装着することで自分好みの角度に調節できます。

    またスタンドを使用することでMacBook底面にスペースができ、熱対策にも有効です。熱がこもるとパフォーマンスの低下にも繋がってしまいます。フラットなキーボードにしっくりきていない、熱も気になっている。それならこのスタンドで万事解決です!

    【Spinido】アルミニウムMacBookスタンド

    【Spinido】アルミニウムMacBookスタンド

    ・アルミニウム製MacBookスタンド
    ・重量があり安定感がある
    ・目線を上げ姿勢改善、熱対策に
    ・グレー/シルバー

    MacBookスタンドで外部キーボード・マウススタイル

    Spinidoのアルミニウムスタンドはあまりにも定番。MacBook Pro 15を乗せてもびくともしない安定感と、MacBookとマッチするアルミニウムがいい感じです。

    スタンドを使用することで目線が上がり、前屈みではなく自然な姿勢で操作を行えます。スタンドには排熱のための穴が空けられており、熱対策としても有効です。

    おすすめはこのスタンドと外部キーボード・マウスの組み合わせ。ある程度のスペースがあるデスクの上では、この組み合わせが超快適です。デスクでの作業環境をさらに快適にしたい!という人は要チェックです!

    【Satechi】アルミニウム縦置きスタンド

    【Satechi】アルミニウム縦置きスタンド

    ・MacBookと相性抜群の縦置きスタンド
    ・挟み込み部分の幅を調節可能(1.2〜3.1cm)
    ・省スペース化やクラムシェルモードに
    ・シルバー/ジェットブラック/スペースグレイ

    MacBookをおしゃれに縦置きできるスタンド

    Satechiの縦置きスタンドの魅力は、「とりあえずかっこいい!」ということ。デスクの上の省スペース化に一役買ってくれたり、挟み込む部分の幅を調節できたりという機能性も魅力ではあるのですが…とりあえずかっこいい!デスクの上に置いておけば、それだけで様になります。

    ほどよい重量感がありMacBook Pro 15を縦置きしても安心感があります。外部ディスプレイやキーボードを用意すれば、クラムシェルモードでがしがし使えるでしょう。

    外付けHDD/SSDストレージ・DVD/BRドライブ

    MacBookを使っていると必ず直面する問題が「ストレージ容量」です。カスタマイズ注文で内蔵ストレージ容量が大きいモデルを選べばいい話ですが、それだと本体価格が跳ね上がってしまいます。予算を考えて「最低これぐらいあればいいか」と妥協して選んだという人も多いかもしれません。

    「動画が増えすぎてストレージ容量が足りない!」そんなときに活躍してくれるのが、外付けHDD/SSDストレージ。画像や動画など大きいデータを逃がしておいたり、データが大きくなりがちなバックアップデータを保存しておけます。

    【WD】Mac向けポータブルHDD

    ・Mac向けに最適化されたポータブルHDD
    ・USB-Cケーブル付属
    ・コストパフォーマンスがいい
    ・1TB/2TB/3TB/4TB

    Macで使うポータブルHDDならこれ

    Timemachine(Macのバックアップ)や大量の動画・画像のバックアップ用として大容量HDDをお探しなら、このWDのポータブルHDDは必ずチェックしておくべき。

    まずMacに最適化されているのと(HFS+J形式にフォーマット済み)、USB-Cケーブルも付属されているので購入後すぐに使い始められます。

    そして2TBで約1万円、4TBでも約1.6万円(記事執筆時点の価格)とコストパフォーマンスも抜群。Timemachineでバックアップをとるとなると、それなりの容量が必要になるのでコスパの良さは嬉しいポイントになります。

    【トランセンド】JetFlash 850 コンパクトなUSB-Cメモリ

    【トランセンド】JetFlash 850 コンパクトなUSB-Cメモリ

    ・コンパクトなUSB-Cメモリ(USB 3.1 Gen1)
    ・最大130MB/s(読み取り)
    ・16GB/32GB/64GB

    MacBookに直接差し込めるUSB-Cメモリ

    iCloudを始めDropboxなどクラウドストレージサービスが充実しているいまでは、USBメモリの活躍の場はあまりないかもしれません。それでもちょっとしたデータを保存しておいたり、データの移動のために使用したりと、USBメモリがあれば助かる場面もあったりします。

    トランセンドのJetFlash 850はUSB-Cコネクタを搭載したUSBメモリで、MacBookのUSB-Cポートに直接差し込むことができます。そして紛失が心配になるほどコンパクト。小さいので紛失が心配な方はストラップかなにかを付けておいたほうがいいかもしれませんね。容量は16GB/32GB/64GBから選べます。

    実際に使ってみて気になるのは熱を持つことですが(素材に金属が使われているので特に熱を感じる)、特に動作に問題なく使えています。

    【Samsung】X5 Thunderbolt 3対応ポータブルSSD

    【Samsung】X5 Thunderbolt 3対応ポータブルSSD

    ・Thunderbolt 3接続が可能な高速ポータブルSSD
    ・高速な読み取り(最大2800MB/s)、書き込み速度(最大2100MB/s)
    ・500GB/1TB/2TB
    ・Thunderbolt 3対応ケーブル付属

    超高速!Thunderbolt 3対応ポータブルSSD

    X5はThunderbolt 3に対応したポータブルSSDで、その読み書きは超高速。撮影した4K動画をローカル再生したいという目的で使用していますが、一切のストレスを感じないほど高速です。

    X5をおすすめできるのは、例えば仕事で大量の動画や画像といった大きいデータを扱う場合。ポータブルSSDへの読み書きの速度は作業効率に直結してくる問題です。少々コストがかかっても転送速度を求めるという人にはぴったりな製品。

    転送速度だけでなく2mの高さからの落下にも耐えられる堅牢性、セキュリティの高さなど、まさにプロ向けのポータブルSSDと言っていいでしょう。僕の場合その高い性能を持て余している部分はありますが、プロユースで考えているなら投資する価値ありです。

    比較的選びやすい価格で、かつコンパクトな「T5」も人気があります。USB 3.1 Gen2対応で転送速度は最大500MB/s。

    【BAFFALO】USB-C変換ケーブル付き外付けDVD/ブルーレイドライブ

    ・外付けDVD/ブルーレイドライブ(USB 3.1 Gen1)
    ・USB-C変換ケーブル付きですぐに使える
    ・電力供給用Boostケーブル搭載
    ・Mac標準搭載ソフトウェアで使用可能(BD/DVD/CD
    の読み込み・保存)
    ・厚さ14.4mm/重さ300gとコンパクトで軽量

    ケーブル・ソフトが付属。届いてすぐに使えるBD/DVDドライブ

    以前と比べると出番が少なくなった外付けBD/DVDドライブ。それでも溜まりに溜まった画像や動画のバックアップや配布用DVDの作成、プリンタなどの周辺機器に付属のディスクの読み取りなど、まだまだ活躍してくれる場面が多々あります。

    こちらはPC周辺機器メーカーとしてはおなじみBAFFALO(バッファロー)の外付けBD/DVDドライブです。USB-C変換ケーブルが付属されており、USB-Cポートしか搭載されていないMacBookでも、別途ケーブルを用意することなく使い始められます。

    もちろんMacOS対応で、Macに標準搭載されたソフトウェアでBD/DVD/CDの読み込み、データ保存が可能です。MacでBDを扱いたい場合、別途BD対応アプリを用意しなければいけなかったりと少々面倒だったりするのですが、これだと大丈夫。楽ちんですし別途有料アプリを購入する必要もなく経済的です。

    サブディスプレイで仕事やコンテンツ消費が捗る

    デュアルディスプレイと聞くとハードルを感じてしまいがち。ですが実際に挑戦してみると、意外とかんたんにできちゃいますし、その便利さに「もっと早くこうしておけばよかった」となるはず。

    ここではMacBookでデュアルディスプレイ環境を構築するのにおすすめのディスプレイをご紹介します。

    なお4Kディスプレイに4K出力できるMacBookモデルは以下のとおりです。

    • MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 以降
    • MacBook Air (Early 2015) 以降
    • MacBook Pro (Retina, Late 2013) 以降

    詳しくは以下のAppleサポートページを参照してください。

    Mac で 4K ディスプレイ、5K ディスプレイ、Ultra HD TV を使う
    Mac での 4K ディスプレイ、5K ディスプレイ、Ultra HD TV の対応状況について説明します。また、システム条件や、ディスプレイまたはテレビの設定方法や調整方法についてもご案内します。

    【LG】24UD58-B

    ・23.8インチ4Kディスプレイ(3840×2160)
    ・IPSパネル/ノングレア(非光沢)
    ・入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort×1/出力端子:ヘッドホン(ステレオミニジャック)
    ・スピーカー未搭載

    お手軽に4Kを体験!4Kディスプレイエントリーモデル

    「4Kディスプレイは高い」というイメージを持っている人は多いかもしれません。しかしここ最近ではずいぶんお手頃価格のものが増えており、ディスプレイに予算をかけたくないという人でも選びやすくなってきています。

    LGの24UD58-Bは23.8インチの4Kディスプレイエントリーモデル。さすがにこの価格帯ではケーブル1本で映像出力・充電が可能なUSB-Cには対応していません。しかし安価ながらも視野角が広く見やすいIPSパネルを搭載、入力端子も豊富で基本性能はしっかり押さえられています。

    せっかく4K出力できるのならその性能を活かさない手はないでしょう!24UD58-Bはまずチェックしてみてほしいディスプレイです。

    23.8インチという大きさは、解像度設定によって文字が小さくなってしまいます(設定で文字を大きくできるが、その分表示領域が狭くなってしまう)。表示領域を広く使いたいという人は27インチクラス以上がおすすめです。

    USB-Cハブなどを使用しHDMIケーブルで4KディスプレイとMacBookを接続してしまう方法が一番かんたんなのですが、それだとリフレッシュレートが30Hzとなってしまいます。上記のディスプレイで60Hzで使用するには、「USB-C – DisplayPortケーブル」を用意する必要があるのでチェックしておきましょう。以下は僕が使っているケーブルで、動作も安定し問題なく使えています。

    【LG】UltraFine 4K Display

    ・23.7インチ4Kディスプレイ(3,840 x 2,160)
    ・入力端子:Thunderbolt 3 × 2/USB-C(USB 3.1 Gen1)× 3
    ・USB PD対応(最大85Wまでの電力供給)
    ・IPSパネル/P3の広色域
    ・スピーカー搭載
    ・Thunderbolt 3ケーブル/USB-Cケーブル付属

    ケーブル1本で映像/音声/データ/給電が可能なThunderbolt 3ディスプレイ

    Apple公式サイトでも取り扱いが開始されているUltraFine 4K DisplayはThunderbolt 3に対応、付属のケーブル1本で映像から給電までこなしてくれる高性能4Kディスプレイ。P3広色域で給電は 最大87WとMacBook Pro 15でも楽々充電できるレベルです。

    その他MacBookと連動しディスプレイの音量や明るさも自動調節してくれます。ディスプレイの電源コードをコンセントに挿し、MacBookとはケーブル1本でセッティング完了なので、ややこしいのはイヤという人にもいいでしょう。

    こちらの上位機種として5Kに対応した27インチディスプレイ「UltraFine 5K Display」があります。5,120 x 2,880という超高解像度を持ち、UltraFine 4K Displayと同様Macとの相性も抜群。どちらかというとプロ向けで、ここまで必要だという人は限られるでしょう。価格的にも僕は手が出ませんが、写真編集や映像制作などプロユースでの使用も考えいているならチェックしておきましょう。

    【LG】27UK850-W

    ・27インチ4Kディスプレイ(3,840×2,160)
    ・IPSパネル/ノングレア(非光沢)
    ・sRGB99%以上カバー
    ・入力端子:HDMI(Ver2.0)×2、DisplayPort(Ver1.2)×1、USB Type-C×1
    ・USB PD対応(最大60Wまでの電力供給)
    ・HDR 10対応
    ・スピーカー搭載

    27インチクラスのおすすめ4Kディスプレイ

    僕のように「UltraFine 5K Displayには手がでないけど、27インチクラスでしっかり使えるやつが欲しい」という人におすすめできるのは、この27UK850-Wです。
    USB-Cを搭載しMacBookとの接続はケーブル1本でOK。最大60Wの電力供給が可能でMacBook Pro 15も充電可能です。

    HDRに対応しているので、「Apple TV 4K」や「Fire TV Stick 4K」を接続して高画質で海外ドラマを楽しむのも捗りそうです。

    あれば幸せになれるアクセサリー編【MacBook/Pro/Airおすすめアクセサリー】

    ここでは「あれば幸せになれるアクセサリー編」ということで、必須ではないけど、あればMacBookをさらに便利に、快適に使えるアイテムを紹介していきます。

    MacBook専用のアクセサリーではありませんが、どれもおすすめできるものばかりです!

    Bluetoothイヤホン/スピーカー

    MacBook内蔵のスピーカーは悪くないものの、音楽や映画をしっかり楽しみたいという人にとってはやはり物足りなさがあります。そういうときはBluetoothイヤホンやヘッドホン、スピーカーをMacBookに接続、内蔵スピーカーでは出せない迫力ある音を楽しみましょう!

    【Apple】AirPods(第2世代)

    【Apple】AirPods(第2世代)

    ・Appleの完全ワイヤレスイヤホン
    ・iPhoneだけでなくMacBookでも活躍してくれる
    ・音の遅延が少なく動画視聴におすすめ
    ・Qiワイヤレス充電対応ケースあり(Wireless Charging Case)

    低遅延で動画視聴と相性がいいAirPods

    AirPods(エアーポッズ)はAppleの完全ワイヤレスイヤホン。左右分離型イヤホンとも言いますが、煩わしいコードが一切なくストレスフリーで音楽や動画を楽しめます。

    第2世代目となり音質がアップ、H1チップで接続もさらに速くなりました。さらに充電パットに置くだけで充電できるワイヤレス充電に対応したケースも登場(Wireless Charging Case)。

    【Apple】AirPods(第2世代)のワイヤレス充電

    Wireless Charging CaseはQiワイヤレス充電が可能

    僕自身AirPodsのお気に入りポイントは主に2つあって、「音の遅延が少なく動画視聴でもしっかり使える」ということと、「Appleデバイス間の接続先切り替えがかんたん」ということ。
    音楽を聴くだけであれば遅延は気になりませんが、動画視聴となると致命的な問題。完全ワイヤレスイヤホンはその構造上、多少の遅延は仕方がないものなのですが、AirPodsは他のイヤホンと比べても非常に優秀で遅延を感じることなく使用できます。

    そして2点目の接続先切り替えがかんたんということですが、例えばAirPodsがiPhoneに接続されている状態から、接続先をMacBookに切り替えたい場合。他のイヤホンならiPhoneの設定画面からBluetooth接続を解除→MacBook側から接続という流れになりますが、AirPoidsの場合はMacBook側で接続してあげるだけ。特に僕はiPhone/iPad/MacBookと接続先を頻繁に切り替えるので、解除するひと手間がないのは非常にありがたい。

    AirPodsは大人気で一時期は大幅に納期が遅れたこともありましたが、記事執筆時点ではそう待たなくてもよさそうです。MacBookだけのために買うのは少しもったいないような気がするので、iPhoneやiPadなど複数のAppleデバイスを持っている人におすすめです。もう一度言いますが、動画視聴するならこれです!

    Apple公式サイトで「AirPods with Wireless Charging Case」をみる

    Qiワイヤレス充電が必要なければこっち。ワイヤレス充電に未対応だけの違いなので、コストパフォーマンスはこっちのほうが高いですね。

    レビュー記事を書いていますのでこちらもどうぞ。

    【SONY】WH-1000XM3

    【SONY】WH-1000XM3

    ・SONYのノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホン
    ・高いノイキャン性能
    ・AACコーデック対応
    ・ブラック/プラチナシルバー

    別次元のノイキャン性能が魅力のワイヤレスヘッドホン

    ワイヤレスイヤホンつながりでぜひ紹介しておきたいものがこれです。SONYのWH-1000XM3の特徴は、なんといっても凄まじいと感じるほどのノイキャン性能。装着した瞬間、騒がしいカフェや人の話声、道路を走る車の音といったノイズを高いレベルで除去してくれます。

    ノイズを除去してくれるので、音量を上げすぎなくても済むので耳にも優しい。音の遅延も少なく動画視聴もばっちりです。

    あまり書くと長くなるので詳しくは以下のレビュー記事をご覧いただきたいのですが、ノイズキャンセリングを求めるなら強くおすすめしたいヘッドホンです。

    SONYからはノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」が出ていますが、ノイキャン性能としては断然WH-1000XM3のほうが上。それなりに値が張りますが、ノイキャン性能を求めるならWH-1000XM3を選んだほうが幸せになれますよ。

    【Tronsmart】Tronsmart Force Bluetoothスピーカー

    【Tronsmart】Tronsmart Force Bluetoothスピーカー

    ・20W × 2スピーカーを搭載
    ・最大15時間の連続再生
    ・IPX7防水
    ・NFC接続対応/EQ調整/Bluetooth 5.0

    コスパ最強!てんこ盛りのBluetoothスピーカー

    Tronsmart Forceはそのコスパに定評があるBluetoothスピーカー。中華製ですが動作も安定しており、購入ユーザーからも評価が高いスピーカーです。

    機能・性能はまさにてんこ盛りといった感じで、まず40Wと小型スピーカーとは思えない高出力。IPX7防水対応で環境を選ばず使え、NFC接続やBluetooth 5.0、NFC接続と価格を考えると出来過ぎと思うほど。

    MacBookに接続するワイヤレススピーカーをお探しなら、コスパのいいこつがおすすめです。音楽だけでなく映画やドラマも大迫力の音で楽しめますよ!

    【Amazon】Echo(第2世代)

    【Amazon】Echo(第2世代)

    ・Amazonのスマートスピーカー
    ・音声アシスタント(Alexa)を搭載
    ・Echoシリーズの高音質モデル

    上で紹介したスピーカーは防水対応でどちらかというとアウトドアに持って行きたいスピーカーですが、MacBookに接続するワイヤレススピーカーとして音声アシスタントを搭載したスマートスピーカーを選んでしまうのもありです。

    音声アシスタント搭載で独立して使えるだけでなく、Bluetoothスピーカーとして使うこも可能。僕自身は自宅ではEchoで音楽を聴くことが多く、単純にスピーカーとしてもなかなか高性能です。

    Echoシリーズはコンパクトでお手軽な価格で選べるものや、ディスプレイを搭載したものまで幅広く展開されています。スマートスピーカーに興味がある方は以下からラインアップをチェックしてみてください。

    おすすめBluetoothスピーカーはこちらの記事でもまとめています。

    Apple関連デバイス

    続いては親和性が高く連携機能が充実したApple関連デバイスをご紹介。

    紹介するまでもないかもしれませんが、「MacBookを使う」という視点ではまた違った便利な点も見えてきます。

    【Apple】Apple TV 4K

    Apple TV 4K

    ・手持ちのテレビやモニターに接続
    ・iPhoneだけでなくMacBookとの連携もできる
    ・4K対応「Apple TV 4K」と未対応の「Apple TV HD」

    MacBookでストリーミング再生することで高画質ビデオを楽しめる

    まずはぜひおすすめしたいApple TV。Apple TVをテレビやモニターにWi-Fi経由で接続することで、できることの幅が大きく広がります。

    MacBookとの連携では、以下のようなことができるようになります。

    • AirPlayで写真やビデオをストリーミング再生
    • Macの画面をそのままテレビに映す(ミラーリング)
    • Macのサブディスプレイとして映像を映す

    僕が個人的によく使っているのは、ストリーミング再生。iPhoneで撮影した画像や動画をApple TVと接続したリビングのテレビに映しだし家族と楽しんでいます。

    「わざわざMacBookからでなくiPhoneでストリーミング再生すればいいのでは?」という疑問ですが、わざわざMacBookから再生するには理由があります。それは特にビデオ再生において、「iPhoneからだと画質が落ちてしまう」から。MacBookから再生することで、元データと同じフルサイズの画像や動画をApple TVで楽しめるというわけです。

    またApple TVを接続したテレビをMacのサブディスプレイとして使用することもできます。ワイヤレス接続なので若干の遅延はありますが、ネット閲覧やYouTubeを流しておく、というような使い方であれば十分実用レベル。

    詳しくは下の記事を参考にしていただきたいと思いますが、MacBookを含むMacとApple TVの連携は非常に便利です。Apple TVは単体でも楽しめるアイテムではありますが、他のApple製品と連携させることでさらに便利に使えます。

    いま4Kテレビ・4Kモニターは驚くほど値段が下がっています。Apple TVを購入するなら、絶対に「Apple TV 4K」です!

    【Apple】iPad

    iPad mini 5

    ・iPadをMacBookのサブディスプレイとして使える(Sidecar)
    ・Apple Pencilで液タブのような使い方できるようになる

    2019年秋に登場する「macOS Catalina」と「iPadOS 13」でさらに便利に!

    iPadをMacのサブディスプレイとして使用するには、「Duet Display」といった有料アプリが必要です。

    しかし、2019年秋に登場する予定の「macOS Catalina」と「iPadOS 13」では標準機能としてiPadをサブディスプレイ化する機能が備えられています。これは嬉しいニュース!

    正式リリースはまだですが、一足先にパブリックベータ版を触ってみました。

    iPad がMacBookのサブディスプレイに!(iOS 13パブリックベータ版)

    iPad がMacBookのサブディスプレイに!(iOS 13場ブリックベータ版)

    これ、かなり便利です。出先でもデュアルディスプレイ環境を得られるとなると仕事効率化に役立ちます。Apple Pencilを使って液タブのようにも使用できるとのことで、正式リリースが待ち遠しいところです。ちなみに、上の画像はWi-Fi経由のワイヤレスで接続しています。非常に少ない遅延で快適です。

    macOS、iPadOSの進化でMacとiPadの結びつきがこれまで以上に強くなるでしょう。

    【Apple】Apple Watch

    Apple Watch Series 4

    ・Apple WatchでMacのロックを自動解除
    ・Apple WatchがiTunesのリモコンに

    Apple WatchがMacBookの鍵になる

    一見関係なさそうにみえるApple WatchとMacBookですが、さすがAppleと言いますか、便利な連携機能が使えます。

    その便利な連携機能とは、「自動ロック解除機能」と「Apple WatchをiTunesのリモコンとして使える」という内容。Apple Watchを身につけている状態で、MacBookをスリープから復帰させると、自動的にロック解除、都度パスワードを手入力する必要はありません。iTunesでの曲送りや音量調整はApple Watchから行えます。

    自動ロック解除のためにApple Watchを用意する必要はありませんが、あなたがiPhoneユーザーなら多くの場面で活躍してくれるはずです。以下でApple Watchの魅力を解説しています。

    こちらの記事も参考にしてください!

    MacBookの清掃グッズ

    MacBookの清掃グッズ

    MacBookを毎日のように使っていると、道具としての愛着が湧いてきます。相棒として働いてくれるMacBook。長く使い続けるためにも、定期的に手垢・ホコリなどの汚れを取ってあげましょう。

    最後に、僕が使っている清掃グッズを紹介しておきます。

    ↑イオンの力で汚れを拭き取ってくれるウェットティッシュ。MacBookの外側の汚れやデスクの上の汚れを拭き取るのに使っています。

    ↑ディスプレイの清掃に使えるリキッド。僕はこれを次に紹介するクロスに吹き付けて、皮脂でテカりやすいキーボードの清掃に使用することが多いですねMacBookのディスプレイにも使用していますが、特にディスプレイのコーティングを傷付けることなく使えています。

    ↑このクロスは超おすすめです。価格が安いのと、MacBookのキーボードの皮脂汚れにはもちろん、ディスプレイやiPhoneやiPadのディスプレイにも効果てきめんです。

    ↑ホコリを飛ばすエアーダスターもMacBookユーザーの必須アイテムですね!特に僕の家には3匹の猫がいるので毛が舞いやすく、エアーダスターは欠かせません。

    MacBook/Pro/Airおすすめ周辺機器アクセサリーまとめ

    MacBookユーザーには欠かせない、チェック必須のアクセサリーからMacBookに直接的に関係ないながらもあれば便利なアクセサリーまで、幅広く紹介させていただきました。

    ここでは紹介したアイテムは僕自身が実際に使ってみて良かったと感じたものが中心。その便利さは僕のお墨付きです。他に気になるアクセサリー、購入したアイテムのレビューなどを随時アップしていきますので、またチェックしていただければ幸いです!

    コメント