iPhone 13とiPhone 12を比較!なにが違う?

【2021年版】MacBook Air/Proに必須の周辺機器アクセサリーおすすめ30選

【2021年版】MacBook Pro/Airに必須の周辺機器アクセサリーおすすめ31選

Apple M1チップの登場でMac界隈は盛り上がりをみせていますね!僕自身もそんな流れに乗っかりM1チップ搭載の13インチMacBook Proを購入、カスタマイズでマシマシの15インチMacBook Pro(2019)を超える性能に驚いているところです。

さて、今回の記事ではMacBook Air/MacBook Proを購入したなら必ずチェックしておきたいおすすめ周辺器機アクセサリーを一挙ご紹介!僕が実際に使ってみて良かったと感じたものを中心に、おすすめアクセサリーをご紹介していきます。

「これは絶対に用意しておきたい!」という必須アクセサリーから、必須ではないもののあれば幸せになれるアクセサリーまで、本記事では幅広くご紹介しています。ぜひ参考にしていただき、MacBook Air/Proの活用にお役立てください!

スポンサーリンク
  1. MacBook Air/Proにおすすめのケース・カバー
    1. AMOVO クリアシェルカバー│MacBook本来のデザインを楽しめる
    2. V.M PUレザースリーブケース│インナーケースにぴったり
    3. NATIVE UNION Stow Slim Sleeve│おしゃれなスリーブケース
    4. MOFT ラップトップケース│スタンド機能付きケース
    5. Digi-Tatoo キーボードカバー│キーボードのテカリや汚れを防止
  2. MacBook Air/Proにおすすめのスタンド
    1. Bestand アルミニウムスタンド│外部キーボード使いたい方に
    2. Satechi バーティカルラップトップスタンド│クラムシェルモード&収納に最適
    3. Bluelounge Kickflip│MacBookに貼り付けてどこでもスタンド
    4. MOFT 薄型ラップトップスタンド│2段階に角度調節できる
  3. MacBook Air/ProにおすすめのUSB-C充電器・モバイルバッテリー
    1. Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2) ケーブル│100W充電対応
    2. 付属のUSB-C充電器のW(ワット)数を目安にしよう
    3. Anker PowerPort Atom III Slim│超コンパクト&軽量
    4. Anker PowerPort III 65W Pod│楽に持ち運べる高出力充電器
    5. AUKEY 100W充電が可能なUSB充電器│充電速度を重視したい方に
    6. LinkOn 112W USBカーチャージャー│単一ポートで90W充電
    7. Anker PowerCore III 19200 60W│60W対応の大容量モバイルバッテリー
    8. Anker PowerCore III Elite 25600 87W│トップクラスの高出力
  4. Macbook Air/ProにおすすめのUSB-Cアダプタ・ハブ・ドック
    1. NIMASO USB-C to USB-A(USB 3.0)変換アダプタ│ひとつ持っておくと便利!
    2. Apple USB-C – SDカードリーダー│UHS-II SDカード対応
    3. Kingston Nucleum 7in1 USB-Cハブ│1台7役の多機能USB-Cハブ
    4. Beyeah 10in1 USBハブ│ビジネスシーンで活躍!
    5. CalDigit TS3 Plus│MacBookの心強い味方!Thunderbolt 3ドック
    6. OWC Thunderbolt 4 Dock│最大3つのThunderboltポートを同時使用できる
  5. MacBook Air/ProにおすすめのポータブルSSD/HDD
    1. LaCie Rugged USB type C│定番の大容量ポータブルHDD
    2. SanDisk エクストリーム ポータブルSSD│持ち運びが多いならコレ!
    3. LaCie Rugged SSD│IP67防水でタフな環境での使用も安心
    4. Samsung X5│爆速!Thunderbolt 3対応ポータブルSSD
  6. MacBook Air/Proにおすすめのマウス・キーボード
    1. Logicool MX Anywhere 3 for Mac│定番の多機能マウス
    2. Logicool M590 MULTI-DEVICE SILENT│出先で活躍!静音マウス
    3. Apple Magic Mouse 2│MacBookに似合うデザイン
    4. Apple Magic Keyboard│MacBookに近い感覚で使用できる
    5. 東プレ REALFORCE for Mac│Macに対応した定番の高級キーボード
  7. MacBook Air/ProにおすすめのUSB-C対応外部ディスプレイ
    1. iPadを外部ディスプレイとして使用できる「Sidecar」
    2. LG 27UP850-W│4KのUSB-Cディスプレイ
    3. LG 32UL750-W│DisplayHDR 600の高性能ディスプレイ
    4. エルゴトロン モニターアーム│デスク周りの環境が快適に!
  8. MacBook Air/Proにおすすめの音楽関連アクセサリー
    1. AirPods/AirPods Pro/AirPods Max│連携が便利
    2. Apple HomePod mini│ステレオペアがおすすめ!
    3. SONY WH-1000XM4│高性能ノイキャンワイヤレスヘッドフォン
  9. MacBook Air/Pro おすすめ周辺器機アクセサリーまとめ

MacBook Air/Proにおすすめのケース・カバー

まずご紹介するのはMacBookを保護してくれるケース・カバーです!

AMOVO クリアシェルカバー│MacBook本来のデザインを楽しめる

MacBookの筐体にはアルミニウム素材が使われています。金属でありながら軽量という特徴があるアルミは、デスクの角なんかにぶつけてしまうとかんたんに傷が付いてしまったり欠けてしまったりします。

「傷をつけたくない、でも出し入れする必要があるケースは面倒だし……」という方には、MacBook本体に装着して保護するシェルカバーがベスト。

AMOVO MacBook クリアシェルカバー
AMOVOのクリアシェルカバー

AMOVOのクリアシェルカバーは、ポリカーボネートのハード素材。装着することでつや感は出ますが、クリア色で本来のデザインを楽しめます。

このクリアシェルカバーはかんたんに取り付けられサイズ感もぴったりです。透明度も高く見た目の違和感もありません。選びやすい価格帯であることも魅力ですね!シェルカバーを選ぶなら、まずチェックしてほしいアイテムです。

V.M PUレザースリーブケース│インナーケースにぴったり

MacBookに傷をつけてしまうパターンとしていちばん多いのはひっかき傷。カバンに入れて持ち運ぶ際にも、インナーケースに収納しておけばひっかき傷を防止できます。

こちらはPUレザー(フェイクレザー)のスリーブケース。PUレザーといっても安っぽさはなく、その価格以上の高級感があります。

僕は過去にバックパックに収納したMacBookに傷つけてしまった経験があります。そのときはファスナーが傷の原因だったのですが、それからは必ずインナーケースを使用するようにしています。スリーブケースをひとつ持っておくと、移動時の収納だけでなく保管時などなにかと使いどころがありますよ!

NATIVE UNION Stow Slim Sleeve│おしゃれなスリーブケース

Apple StoreやApple公式サイトでお馴染みのNATIVE UNIONのスリーブケース。価格はお高めですが、洗練されたデザイン・高い質感でその価格に見合うおしゃれなスリーブケースです。

編み込まれたファブリック素材やケース内部のキルト生地など、細部を見るとよく作り込まれていることが分かります。僕は同ケースのiPad向けのものを愛用していますが、おしゃれで所有感を満たしてくれる製品。

NATIVE UNION Stow Slim Sleeve ファブリック素材
おしゃれなファブリック素材がいい感じ

「MacBookAir/Proのケースにはちょっと奮発してみてもいいかな」と思える方にチェックして欲しいスリーブケースです!

人気の「MacBook Pro/Air向けスリーブケース」をチェック!

MOFT ラップトップケース│スタンド機能付きケース

スマホ向けスタンドで有名なMOFT(モフト)のラップトップケース。保護のためのケースだけでなく、出先ではスタンドとしても使える便利なアイテムです。

ケースの一部とフタの部分でスタンドを展開。ストッパー付きで使い勝手は良好、安定性もよくがたつきもありません。角度は15°と25°の2段階に調節できます。

MOFTにMacBook Proを収納
スタンド機能に収納ポケットも

角度をつけることで格段にタイピングしやすくなります。あるのとないのとでは全然違いますね!あと大きいものは収納できませんが、ケーブルなどの小物類を収納しておけるポケットもあります。

シンプルでおしゃれで、スタンド機能に収納ポケット、ケース表面の防水加工と、デザイン性と機能性を兼ね備えたケース。個人的にも愛用しているおすすめアイテムです!

Digi-Tatoo キーボードカバー│キーボードのテカリや汚れを防止

普段からMacBookを使っていて「キーボードに付着してしまう皮脂汚れが気になっている」という方は多いのではないでしょうか。僕自身がそうで、だんだんとテカってくるキーボードが気になって仕方がありませんでした。

目立ちやすいバタフライキーボードの皮脂汚れ
目立ちやすいキーボードの皮脂汚れ

汚れはクロスで拭けば取れるのですが、だんだんとこのテカリが取れなくなってくるんですよね……。僕のように「キーボードのテカリが気になる!」という方は、キーボードカバーで対策しましょう。

TOWOOZ キーボードカバー
テカリや汚れを防止するキーボードカバー

いくつかのキーボードカバーを試してみていちばん使い心地がよかったのがDigi-Tatooの製品。装着はキーボードに乗せるだけでかんたん、サイズ感もぴったりです。他の製品はタイピング時に指先がつっかかる感覚があったのですが、このキーボードカバーはさらさらで違和感なく打ち込んでいけます。

キーボードカバーを乗せると白っぽく見えるもののそれほどかっこ悪くはならないですし、なによりテカリや汚れを気にせずに済むので精神衛生上もいいですね!キーボードカバーが汚れれば食器用洗剤で丸洗いでき、常にキレイな状態を保てます。

人気の「MacBook Air/Pro向けキーボードカバー」をチェック!

↑目次に戻る

スポンサーリンク

MacBook Air/Proにおすすめのスタンド

続いてご紹介するのはおすすめスタンドです。利用シーンによっては、スタンドの有り無しで使い勝手の良さが大きく変わりますよ!

Bestand アルミニウムスタンド│外部キーボード使いたい方に

MacBookに外部キーボードを接続するときは、このようなスタンドがあればより快適に作業できます。

Spinido アルミニウムMacBookスタンド

MacBook Pro 15インチとMacBook Pro 13インチを置いてみました。体重量は30kgと堅牢なつくりのスタンドで、もうひとまわり大きいMacBook Pro 16インチを乗せても安定して使用できるはずです。

外部ディスプレイや外部キーボードを接続したいときは、上のようにスタンドを使用してあげたほうが快適に作業できるかと思います。地味ながら生産性アップに寄与してくれるアイテムです!

Satechi バーティカルラップトップスタンド│クラムシェルモード&収納に最適

MacBookアクセサリーではお馴染みのSatechi(サテチ)の縦置きタイプのスタンドです。

Satechi 縦置きラップトップスタンド 調節ねじ
黒いネジを回して幅を調整

スタンドを上から見たところ。右側面にある黒いネジを回して幅を調節できます(幅1.2cm〜3.1cmまで)。MacBookと接触する部分にはゴムが貼り付けられており傷の心配はありません。

Satechi 縦置きラップトップスタンド クラムシェルモード
クラムシェルモードに最適!

縦置きタイプのスタンドはクラムシェルモードに最適です。デスクの省スペース化にも一役買ってくれますし、クラムシェルモード時の熱対策にもなります。デザインだけでなく機能的にも優秀なアイテム。個人的にも気に入って使っているアイテムのひとつです。

Bluelounge Kickflip│MacBookに貼り付けてどこでもスタンド

「Bluelounge Kickflip」はMacBookの底面に貼り付けて使うキックスタンド。

Bluelounge Kickflip 16インチMacBook Pro
スタンドを展開

スタンドはかんたんに展開できます。普段使いはもちろんのこと、ちょっとカフェで作業なんてときにも活躍してくれるでしょう。

Bluelounge Kickflip MacBook背面に貼り付ける
強力で何度も貼り直しできる両面テープ

両面テープで貼り付ける吸着式。吸着力は強力で勝手に外れてしまうことはありません。何度も貼り直しが可能で、外してもあとに残らない吸着素材が使われています。

MacBookに少し角度をつけてあげることで、数字キーといった奥側(ディスプレイ側)に配置されたキーに指が届きやすくなり、タイプミスが減ると感じています。ちょっとしたアイテムですが、一度使うと手放せなくなりますよ!

MOFT 薄型ラップトップスタンド│2段階に角度調節できる

こちらもKickflipと同じようにMacBookの底面に貼り付けて使用するスタンド。

角度は15°と25°の2段階。利用シーンや好みに応じて調節できます。スタンド未使用時のの厚さはたったの3mmとスタンドを使わないときでも邪魔になりません。

ただ安定性はKickflipのほうが上ですね。MOFTの薄さとKickflipの安定性どちらを重視するかという点がどちらを選ぶかの分かれ目になりそうです。

↑目次に戻る

スポンサーリンク

MacBook Air/ProにおすすめのUSB-C充電器・モバイルバッテリー

続いてはMacBookに欠かせない、USB-C充電器やモバイルバッテリーなどの電源関連アクセサリーをご紹介!

Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2) ケーブル│100W充電対応

MacBookにおすすめのUSB充電器とモバイルバッテリーをご紹介する前に、1本持っておけば間違いないAnkerのUSB-Cケーブルをご紹介します。

見た目は同じUSB-Cケーブルでも、充電性能や転送速度などに違いがあります。MacBookを充電すること踏まえると、以下の2点をクリアしたUSB-Cケーブルを用意する必要があります。

  • 急速充電規格「USB PD」に対応
  • 60Wを超える充電を行う場合は「5Aに対応したケーブル」
    → 60W未満の充電であれば3AケーブルでOK

盲点になりやすいのは60Wを超える充電には5Aケーブルが必要になる点ですね。3Aケーブルだと60W(20V/3A)での充電が最大となります。5Aケーブルを使えば、最大100W(20V/5A)で充電できます。

このAnkerのUSB-Cケーブルは5Aに対応。60Wを超える充電も行えます。オルタネートモードにも対応し、USB-Cディスプレイ接続時のケーブルとしても使用OK。

MacBook付属のUSB-Cケーブルも5Aに対応するのでそれを使用してもOKですが、もう1本高性能なUSB-Cケーブルを持っておくとなにかと便利ですよ!

付属のUSB-C充電器のW(ワット)数を目安にしよう

MacBookに最適な充電ワット数は、MacBook付属のUSB-C充電器のワット数が目安になります。

MacBook付属のUSB充電器の出力を目安に
MacBook Pro 13インチ付属の61W充電器

上はMacBook Pro 13インチ付属の61W充電器です。ということは、同モデルの場合、だいたい60W以上のUSB-C充電器を用意すれば付属充電器と同じくらいの速度、あるいはそれ以上の速度で充電できる、ということになりますね。

それ以下のワット数でも充電できないわけではないのですが、充電速度が極端に遅かったり、そもそも充電できないこともあります。基本的には付属充電器のワット数以上のものを選ぶようにしてください。

Anker PowerPort Atom III Slim│超コンパクト&軽量

AnkerのUSB-C充電器「PowerPort Atom III Slim(30W)」は超コンパクト(約76 × 45 × 16mm)で超軽量(約57g)。その平べったいフォルムが特徴的です。

Anker PowerPort Atom III Slim コンパクトな30W USB-C充電器
超コンパクト&軽量なUSB-C充電器

このサイズで30Wで充電できるのですから凄い!プラグは折りたたみ式で持ち運びにも便利です。旅行や出張に出掛けるときは、これ1台持っていけばスマホもタブレットもパソコンも充電できてしまいます。

Anker PowerPort Atom III Slimの干渉
コンセント周りの環境によっては使いにくいかも

超コンパクトなPowerPort Atom III Slimですが、その特徴的な形状がゆえにコンセント周りの環境によっては隣の充電器やコンセント差し込み口と干渉してしまう可能性があります。この点だけ注意してください。

MacBook Air 13インチなら30W充電器で付属充電器と同等の速度で充電できます。MacBook Pro 13インチには下の45Wモデルがおすすめです。

Anker PowerPort III 65W Pod│楽に持ち運べる高出力充電器

僕自身、MacBookとともに持ち運ぶことがいちばん多いUSB充電器がAnkerの「PowerPort III 65W Pod」です。65WとMacBookを充電できる十分なパワーと、コンパクト・軽量で持ち運びに便利です。

nker PowerPort III 65W PodとApple 61W充電のサイズ比較
サイズはApple 61W充電器の約半分!

このように、ほぼ同じ性能のAppleの61W充電器と並べて見るとそのコンパクトさが分かります。折りたたみ式プラグもポイントですね。

MacBook Air/Pro 13インチのお供に選ぶなら、もうこれでいいのではと思うほど。Appleの充電器は自宅や職場などで使い、持ち運び用としていかがでしょうか!

AUKEY 100W充電が可能なUSB充電器│充電速度を重視したい方に

「とにかく充電速度を重視したい!」という方には、AUKEY(オーキー)の100W充電が可能なUSB-C充電器をチェックしてみてください。USB-CとUSB-Aポートをそれぞれ2つずつ搭載し、USB-Cポート単一使用時には最大100Wの超高速充電が可能です。

AUKEY 100W充電器
MacBookをフルスピード充電!サイズはApple 61W充電器と同じくらい

100Wという出力はPD規格最大の数値。つまり、100W充電に対応するこの充電器を使えば、MacBookを最大の速度で充電できるわけです。

100W充電が可能なのはUSB-Cポート単一使用時のみ。2つのUSB-Cポートを同時に使用したときは、各ポートそれぞれ最大45Wとなります。それでも十分パワフルですね!

MacBookの充電に限らず、iPadやニンテンドースイッチなど、PD充電に対応したデバイスを同時に充電したい方にもおすすめです。

LinkOn 112W USBカーチャージャー│単一ポートで90W充電

「車内でもMacBookを充電したい!」という方には、LinkOnの高出力なUSBカーチャージャーがおすすめです。

LinkOn 112W USBカーチャージャー
90W充電が可能なパワフルなUSBカーチャージャー

最大90WのUSB-Cポートと最大18WのUSB-Aポートを搭載、数あるUSBカーチャージャーのなかでも超パワフル。90WですからMacBook Pro 15インチ/16インチもなんなく充電できてしまいます。

充電時間が限られる車内だからこそ、急速充電が活きます。MacBookをよく車内に持ち込む方は要チェックです!

人気の「PD対応USBカーチャージャー」をチェック!

Anker PowerCore III 19200 60W│60W対応の大容量モバイルバッテリー

コンセントのない環境でもMacBookを充電できるモバイルバッテリー。大きいバッテリーを内蔵するMacBookを充電するなら、少なくとも30W以上、できれば60W以上の出力のあるモバイルバッテリーが必要です。

Ankerの「PowerCore III 19200 60W」なら、60W対応でMacBook Air/Pro 13インチなら付属USB-C充電器もしくはそれ以上の速度で充電できます。

もちろんスマホやタブレット、ニンテンドースイッチへのPD充電も可能です。普段使いだけでなく、旅行時や災害時などにも大容量モバイルバッテリーは活躍してくれますよ!

PD充電対応のモバイルバッテリーは、本体への充電もPD充電に対応していることがほとんどです。本体への充電時間も使い勝手の良さに関わってくるところですので、あわせてPD充電対応のUSB-C充電器も用意しておくことをおすすめします。

Anker PowerCore III Elite 25600 87W│トップクラスの高出力

Ankerの「PowerCore III Elite 25600 87W」は25600mAhの超大容量バッテリーを搭載、USB-Cポートは最大87Wの出力に対応するパワフルなモバイルバッテリー。MacBookのお供に最適です。

87WとパワフルなのでMacBook Pro 15インチ/16インチの充電も楽ラク行えますし、13インチでも付属USB-C充電器を超える速度で充電できます。

超大容量だけあって重量は約573g、サイズも約183.5 × 82.4 × 24.0mmと大きいですが、これだけの容量と性能のモバイルバッテリーを持っているだけで安心感があります。

出先でもガシガシMacBookを使うという方はぜひチェックしてみてください!

人気の「PD対応モバイルバッテリー」をチェック!

↑目次に戻る

Macbook Air/ProにおすすめのUSB-Cアダプタ・ハブ・ドック

USB-Cアダプタやハブは、MacBookユーザーにとっては必須アイテムといっていいでしょう。特にM1 MacBookはUSB/Thunderboltポートが2つのみと拡張性に乏しく、どうしてもUSB-Cハブに頼らなくてはいけない場面が出てきます。それにUSB-Aもまだまだ使う機会も多くあります。

ここでは、MacBook Air/ProにおすすめのUSB-Cアダプタやハブ、ドックをご紹介します!

NIMASO USB-C to USB-A(USB 3.0)変換アダプタ│ひとつ持っておくと便利!

ひとつ持っておけば活躍してくれること間違いなしのUSB-C to USB-Aアダプタです。

「一時的に有線マウスや有線キーボードを使用したい」
「たまにUSBメモリを使用することがある」

このようなときに大活躍してくれます。価格も安く、MacBookだけでなくUSB-Cポートを搭載するiPadやAndroidスマホでも使えるので、持っておくとなにかと使いどころのあるアイテムです。

Apple USB-C – SDカードリーダー│UHS-II SDカード対応

デジカメやアクションカムでSDカードを扱うことの多い僕にとっては、AppleのUSB-C – SDカードリーダーが欠かせません。

Apple USB-C - SDカードリーダー
Apple USB-C – SDカードリーダー

見てのとおりシンプルなSDカードリーダー。「SDカードリーダーならUSB-Cハブでかばーできるんじゃ?」という声が聞こえてきそうですが、AppleのSDカードリーダーのポイントはUHS-IIに対応している点です。

Apple USB-C - SDカードリーダー UHS-II SDカードに対応
UHS II SDカードに対応

UHS-IIに対応するUSB-C – SDカードリーダーは、実はそう多くないんです。僕は一度に何十枚、何百枚ものRAW画像や4Kビデオを一気に取り込むことが多いので、UHS-IIへの対応は必須。

UHS-IIへの対応にこだわりがなければ一般的なUSB-CハブなどでOKです。ただ対応製品を持っているならUHS-II対応のカードリーダーを選ばないともったいないですよ!

Kingston Nucleum 7in1 USB-Cハブ│1台7役の多機能USB-Cハブ

MacBook用にUSB-Cハブをお探しなら、Kingston(キングストン)のNucleumがおすすめです。

Kingston Nucleum 7in1 USB-Cハブ
Kingston Nucleum 7in1 USB-Cハブ

Kingstonは信頼性のある有名メーカーですし、実際に動作も安定しています。「普通に使える」ということが、特にUSB-Cハブは大事!

Kingston Nucleum 7 in 1 USB-Cハブ 2
必要なポートがひととおり揃う

SD/microSDカードスロットから4K出力が可能なHDMIポートまで、給電用USB-Cポートを含め7つのポートを搭載。給電用USB-Cポートを通してMacBookを本体を充電できるのは地味に便利です。

Beyeah 10in1 USBハブ│ビジネスシーンで活躍!

まさしく「全部入り」と言っていい10 in 1の多機能USB-Cハブです。

Beyeah 10 in 1 USB-Cハブ
Beyeah 10 in 1 USB-Cハブ

搭載ポートは以下のとおり。

  • USB-Aポート(USB 3.0)× 3
  • パススルー充電用USB-Cポート(最大100Wまで)
  • SDカードスロット
  • microSDカードスロット
  • 3.5mmオーディオジャック
  • LANポート(1000Mbps対応)
  • HDMIポート(最大3840×2160、4k/30Hz)
  • VGA(D-sub 15ピン)ポート(最大1080p/60Hz)
Beyeah 10 in 1 USB-Cハブ 搭載ポート
まさに全部入りのUSB-Cハブ

このUSB-Cハブひとつ持っておけば、出先で困ることはまずないかと思います。MacBookひとつであちこち動き回るビジネスマンにとっては、このUSB-Cハブが頼れる相棒になってくれるのではないでしょうか。

サイズは115 x 62 x 16.5mmとUSB-Cハブとしては少し大きめではあるものの、カバンには難なく収まってくれるレベルでしょう。重量は約98gと軽量です。

CalDigit TS3 Plus│MacBookの心強い味方!Thunderbolt 3ドック

メインPCとしてMacBookを使うとき。パワー面では申し分なくても、拡張性の部分では頼りない印象を受けます。そMacBookの弱点を補ってくれるアイテムとして「Thunderboltドック」があります。

CalDigit TS3 Plus Thunderbolt 3ドック
MacBookの強い味方のThunderboltドック!

CalDigit TS3 Plusは、Thunderbolt 3に対応するドック(ドッキングステーション)。MacBookとの接続は付属のThunderbolt 3ケーブル1本、さまざまな外部デバイスにアクセスできるようになります。

CalDigit TS3 Plusのインターフェース
CalDigit TS3 Plusのインターフェース

細かい仕様は長くなるので製品ページでご確認いただくとして、Thunderbolt 3ポートやDisplayPort 1.2ポート、最大10Gb/sのUSB 3.1 Gen 2ポート、UHS-II SDカード対応のカードスロットなどを搭載。個人的にはHDMIポートが欲しかったなとは思うものの、これだけのポートが搭載されていれば困ることはないでしょう。

ホストPC接続用のThunderboltポートは最大87Wの充電が可能です。ケーブル1本でドックを使用しながら同時にMacBookを充電できるので、クラムシェルモードにぴったりです!

なお、CalDigit TS3 Plusを使用できるのはThunderbolt 3を搭載したMacBookモデルのみです。また、M1 MacBookで外部ディスプレイ出力できるのは1台までとなっていますので注意してください。

OWC Thunderbolt 4 Dock│最大3つのThunderboltポートを同時使用できる

「複数のThunderboltアクセサリーを同時使用したい」という場合、Thunderbolt 3ドックではなく「Thunderbolt 4ドック」という選択肢になります。Thunderbolt 4という規格は、複数の独立したデイジーチェーンを構築できます。

OWC Thunderbolt 4 DockとMacBookを接続
OWC Thunderbolt 4ドックなら3つのThunderboltアクセサリーを同時使用できる

上では、OWCのThunderbolt 4ドックを使って、MacBookのひとつのポートから1台のThunderboltディスプレイ、そして2台のThuderbolt対応ポータブルSSDに同時に接続しています。これはThunderbolt 3ドックでは実現できません。

最新規格であるThunderbolt 4に対応するドックだけあって高価なのですが、思い切って購入してよかったと感じています。ポート不足とは無縁ですし、最新規格に対応するので少なくとも数年先まで最前線で活躍してくれるはずです。

レビュー記事を書いていますので、興味のある方は方はぜひのぞいてみて下さい!

↑目次に戻る

MacBook Air/ProにおすすめのポータブルSSD/HDD

いまではスマホやデジカメ、アクションカムなどでより気軽に高画質ビデオを撮影できるようになりました。それらをただ単に保存しておく場所としては、クラウドストレージが便利ですが、編集するなどの理由でローカルで管理したい場合もあります。

ここでは、MacBookにおすすめの外部ストレージ、なかでもMacBookと相性のいいおすすめのポータブルSSD/HDDをご紹介します!

LaCie Rugged USB type C│定番の大容量ポータブルHDD

まずご紹介するのはLaCie(ラシー)のポータブルHDD「Rugged USB type C」です。USB-Cポート搭載&外部電源が要らないバスパワー仕様でMacBookとの相性は抜群。USB 3.2 Gen 1×1規格に対応し、最大転送速度は5Gbps(理論値)と高速です。

LaCie Rugged USB type C
LaCieの大容量ポータブルHDD

このオレンジの分厚いバンパーが特徴的ですね!約1.2mの高さからの耐落下性能があり、アクティブなシーンでも使えます。

ラインアップには1TB/2TB/4TB/5TBがあります。サイズが135.1 × 86 × 18.7mm、重量が約100gと目立って小さく軽いとは言えませんが、このサイズ感で最大5TBを選べるのですから十分でしょう。

SanDisk エクストリーム ポータブルSSD│持ち運びが多いならコレ!

小さく軽量で、かつ耐衝撃性に優れるポータブルSSDは、持ち運びすることが多い人におすすめです。

SanDisk エクストリーム ポータブルSSD
超コンパクトな高速ポータブルSSD

SanDiskのポータブルSSDは、コンパクトで重量はたったの約52gと超軽量。持ち運びに困ることはまずありません。

USB 3.2 Gen 2×1規格対応で最大読み出し1050MB/s、最大書き込みが1000MB/sと高速。これくらいの速度があればポータブルSSD上で動画編集することだって可能です。

MacBookで動画編集するときには、必ずといっていいほどストレージ不足の問題にぶち当たります。高速なポータブルSSDを用意することで、編集環境がぐっと快適になりますよ!

LaCie Rugged SSD│IP67防水でタフな環境での使用も安心

上でもご紹介したLaCieの製品。こちらはUSB 3.2 Gen 2×1規格対応(実測950MB/s)で高速なポータブルSSDです。そしてIP67防水にも対応、屋外使用などタフな環境でも使いやすいでしょう。

ポータブルSSDをスポーツやアウトドアシーンに持ち込みたいという方は要チェックのポータブルSSDです!

Samsung X5│爆速!Thunderbolt 3対応ポータブルSSD

「とにかく転送速度を重視したい」という方は、SamsungのThunderbolt 3対応ポータブルSSD「X5」をチェックしてみてください。

Samsung X5 超高速なThunderboltポータブルSSD
Thunderbolt 3対応の爆速ポータブルSSD

その速度は爆速。31GBの4KビデオをMacBookからX5にコピーするのにかかった時間はたったの13秒でした。数GB程度のデータならほんの数秒で完了します。もちろんポータブルSSD上での動画編集も快適に行えます。

Thunderbolt 3対応ということで価格はそれなりにするのですが、プロユースの場面ではパフォーマンスを底上げしてくれる相棒として大活躍してくれるでしょう!

↑目次に戻る

MacBook Air/Proにおすすめのマウス・キーボード

MacBookのトラックパッドは非常に優秀なのですが、長時間の操作や細かい操作が続くときにはやはりマウスが恋しくなります。

ここでは、MacBookにおすすめのマウス・キーボードをご紹介します。

Logicool MX Anywhere 3 for Mac│定番の多機能マウス

まっさきにご紹介したいのは、僕が現在愛用しているマウス、Logicoolの「MX Anywhere 3」です。

Logicool MX Anywhere 3 for Mac
Logicool MX Anywhere 3

以前は同じMXシリーズの「MX Master 3」を使ってい他のですが、僕の手には大きすぎて逆に疲れを感じてしまうことが多くなったので、MX Master 3の性能そのままコンパクトなMX Anywhere 3に乗り換えました。

MX Anywhere 3最大の魅力はなんといっても「ジェスチャー操作」でしょう。各ボタンを押しながらの上下左右の操作に機能やショートカットを割り当てられます。

Logicool Optionsのジェスチャー機能
上下左右へのジェスチャー機能が便利!

ジェスチャー機能を含む設定は「Logicool Options」アプリから行えます。詳しくは以下のレビュー記事でご紹介しています。

またマウスの接続先をシームレスに切り替えられる「FLOW機能」にも注目です。コンパクトで持ち運びも容易にでき、フラッグシップモデルと同等の高機能さを持つMX Anywhere 3、おすすめです!

Logicool M590 MULTI-DEVICE SILENT│出先で活躍!静音マウス

MacBookとともにマウスを持ち運ぶ機会が多いなら、同じLogicoolのM590がおすすめです。

Logicool M590(静音モデル)
Logicool M590(静音モデル)

M590は「人気マウスM585を静音化したモデル」ということで、左右クリックはかなり静かです。ただスクロールホイールとサイドボタンは普通に音がするのですが……まぁ許容範囲内ですね。

静音性もそうですが、この価格帯のマウスでLogicool Optionsによるボタンカスタマイズや「FLOW機能」が使える点も大きい!M590なら出先でもパフォーマンスを落とさず作業できます。

Apple Magic Mouse 2│MacBookに似合うデザイン

Apple純正マウス「Magic Mouse 2」です。

Apple Magic Mouse 2
Apple Magic Mouse 2

価格は税込8,800円(Apple公式サイト)とコスパがいいマウスとは言えませんが、シンプルと機能性が融合したAppleならではのデザインが光ります。

Apple Magic Mouse 2 充電用のLightningポート
充電は裏側のLightningポートから

Magic Mouse 2はバッテリー充電式です。マウス裏側に充電用のLightningポートがあり、Lightningケーブルを挿し込んで充電します。

充電中はマウスをひっくり返す必要があり「充電中の姿がかっこ悪い」という声もありますが、充電が必要になるのは1、2か月に1回ほどなのでそれほど気になりません。

直感的に操作できるジェスチャー機能も便利です。Magic Mouse 2はデザインも機能性どちらも重視したい!という方におすすめです。

Mac向けのおすすめマウスについては以下の記事でもご紹介しています。

人気の「ワイヤレス(Bluetooth対応)マウス」をチェック!

Apple Magic Keyboard│MacBookに近い感覚で使用できる

スタンドやクラムシェルモードの使用などで外部キーボードを検討している方もいらっしゃるかと思います。そんな方がまずチェックすべきは間違いなくAppleのMagic Keyboardです。

Apple Magic Keyboard
Apple純正キーボードの「Magic Keyboard」

Magic Keyboardを推す大きい理由は2つ。

  • MacBookのキーボードのキー配置・キーピッチがほぼ同じで、MacBookとMagic Keyboardを行ったり来たりしても違和感なく使用できる
  • 服飾キーやキー配列がmacOSに最適化されている

MacBook単体で作業していて、次の瞬間にクラムシェルモードなどので外部キーボードに接続して作業、とういことがよくある方にはMagic Keyboardはぴったりです。

なお、Magic KeyboardはJIS(日本語)配列だけでなくUS(英語)配列やUK配列も選択できます。お好みのキー配列を選ぶこともポイントです!

↓ テンキー付きもあります。

東プレ REALFORCE for Mac│Macに対応した定番の高級キーボード

高級キーボードでお馴染みの東プレ「REALFORCE(リアルフォース)」。長らくWindows向けの製品しかありませんでしたが、いまではMac向けの「REALFORCE for Mac」がラインナップに並んでいます。

東プレ REALFORCE for MacをMacBookに接続
Macに最適化された 「REALFORCE For Mac」

Mac向けということもありキー配列やキー配列などすべてがMacに最適化されています。MacBookのキーボードと若干の違いはありますが、すぐに慣れるレベルの違いですね。

そして軽やかに、リズミカルに打ち込んでいけるREALFORCEならではの「フェザータッチ」が最大の魅力。打鍵感は好みによるところが大きいですが、REALFORCEをはじめとする静電容量無接点方式のキータッチが好きだという方は多いはずです。

「キーボードを操作している時間が長く、導入コストがかかってもこだわりたい」という方にチェックして欲しいキーボードです!

僕はテンキーレスの等荷重(30g)を選択しましたが、ほかにテンキーありタイプや変荷重、US配列も選択できます。

⇒ AmazonでほかのREALFORCE for Macモデルをみる

Macで使う高級キーボードといえば、PFUの「HHKB Professional HYBRID Type-S」も要チェックです。

MacBook Air/ProにおすすめのUSB-C対応外部ディスプレイ

MacBookに外部ディスプレイを接続することで作業領域が広がり、効率アップに期待できます。WEBページを参照しながら文書を作成するといった「ながら作業」やドラッグ&ドラッグを多用するような作業では、広い作業領域が活きます。

ここでは、MacBookと相性のいい「USB-Cディスプレイ」に絞っておすすめをご紹介します。

iPadを外部ディスプレイとして使用できる「Sidecar」

MacBook × iPadでSidecar機能
iPadを外部ディスプレイとして使える「Sidecar機能」

Sidecarはかんたんに使い始められます。コントロールセンターにある「ディスプレイ」をタップし、さらに外部ディスプレイとして使用したいiPadを選択するだけ。

iPadとMacBookの「Sidecar」
「ディスプレイ」からiPadを選択

Sidecarがすごいのは「遅延の少なさ」です。MacBookとiPad間はワイヤレス接続にかかわらず、ほぼ遅延を感じません。ちらつきもなく使用感は上々です。

Sidecar機能はWi-Fi環境がなくても使えるので、カフェでも出張先のホテルでも車内でもどこでもデュアルディスプレイ環境を作れます。普段使いのなかでも「一時的に外部ディスプレイを使いたい」なんてときのも使えますね。

Sidecarのシステム条件は以下をご確認ください。

ここ数年以内のMacBookモデル、iPadモデルであればSidecarを使用できます。iPadをお持ちの方はぜひお試しください!

LG 27UP850-W│4KのUSB-Cディスプレイ

MacBookとの相性を重視するなら、USB-C接続&給電に対応したディスプレイがおすすめです。映像出力もMacBookの充電もUSB-Cケーブル1本で済むので見た目もスマート。

LGの「27UP850-W」は、USB-C接続&給電に対応した4K(3840×2160)ディスプレイです。MacBookからの4K出力と最大96Wの充電をケーブル1本で行えます。

MacBookを併用してデュアルディスプレイ環境で使用するのもいいですし、クラムシェルモードで使用するのもいいでしょう。LGの27UP850-Wは、サイズ・性能・価格のバランスがとれた製品だと感じています。DisplayHDR 400に対応、DCI-P3カバー率は95%と、エンタメ用途だけでなくクリエイティブ用途でも十分対応できるディスプレイです。

LG 32UL750-W│DisplayHDR 600の高性能ディスプレイ

HDRビデオを最大限に楽しむなら、「DisplayHDR 600」以上に対応したディスプレイがおすすめです。

HDRに関しては上のページが参考になります。DisplayHDR 400とDisplayHDR 600の体感差は大きく、HDRコンテンツをよく視聴するなら断然DisplayHDR 600対応のディスプレイですね!

2018年以降のMacBookモデルなら、外部ディスプレイへのHDR出力に対応します。HDR対応のディスプレイに接続すると、「システム環境設定」>「ディスプレイ」>「ディスプレイ設定」に「ハイダイナミックレンジ」の項目が現れます。

「ディスプレイ設定」からハイダイナミックレンジにチェック

ハイダイナミックレンジ(HDR)をオンにすると、ディスプレイの色合いが若干変化するため常用は厳しいですが、HDRの表現の豊かさには感動を覚えるレベルです!

エルゴトロン モニターアーム│デスク周りの環境が快適に!

MacBookと直接的には関係ありませんが、外部ディスプレイ使用時にあると捗るモニターアームをご紹介します。モニターアームといえば、やはりエルゴトロンの製品を選んでおけば間違いありません。

エルゴトロンのモニターアーム
モニターアームでデスクがスッキリ!

このようにモニターアームを使用することでデスク周りがスッキリ。見た目もかっこいいですが、デスクを広く使え生産性アップにも繋がります。

VESA100×100mmと75×75mmサイズに対応します。エルゴトロンのモニターアームにはディスプレイを2台固定できるタイプもあるので、興味のある方はチェックしてみてください!

MacBook Air/Proにおすすめの音楽関連アクセサリー

続いてはおすすめの音楽関連アクセサリーをご紹介していきます。MacBookには有線ヘッドフォン・Bluetoothヘッドフォンを接続できますが、ここでは特にMacBookとの相性のいい製品をご紹介します。

AirPods/AirPods Pro/AirPods Max│連携が便利

Appleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods(エアーポッズ)」は、iPhoneだけでなくMacBookでも活躍してくれます。

AirPodsとAirPods Pro
AirPodsとAirPods Pro(Incaseのケースを装着)

すでにiPhoneなどでAirPodsを使っている場合なら、AirPodsのペアリング情報はiCloud経由でMacBookにも同期されます。ペアリング作業をせずとも、コントロールセンターのサウンドにある「AirPlayアイコンAirPlayアイコン」をクリックしたところにAirPodsが表示されているはずです。

MacコントロールセンターからAirPodsを選択

AirPodsの接続先を切り替えいときは、ここからAirPodsを選択してあげるだけ。

ただ一点残念なのは、AirPodsの「自動切り替え機能」がうまく動作してくれないこと。自動切り替え機能とは、AirPodsのAppleデバイス間の接続先切り替えをシームレスに行ってくれる機能なのですが、現時点では動作が不安定な印象を受けます。iPhoneとiPad間ではうまく動作してくれるものの、macOSでも安定して使えるようになればもっと便利になるかと思います。

AirPodsはMacBookとの連携だけでなく、純粋にヘッドフォンとしても非常に優秀です。無印AirPodsは着けていることを忘れてしまうほどの装着感で周囲の音が自然に耳に入ってくるのでどんな環境でも使いやすいヘッドフォン。AirPods Proのノイズキャンセリングのレベルは非常に高いですし、装着感も快適です。

AirPods Maxは価格的に選びにくいですが、無印AirPods・AirPods Proは間違いなく買いです!

Apple HomePod mini│ステレオペアがおすすめ!

最近はAppleのスマートスピーカー「HomePod mini」がお気に入りです。ソフトボール大の小ぶりなスピーカーなのですが、そのサイズ以上の音を出してくれます。おすすめはHomePod miniを2台用意してのステレオペア。

Apple HomePod mini ステレオペア
ステレオペアがおすすめ!

音が360度に広がるHomePod miniを2台用意してステレオペアを組むと、さらにその音が広がる感覚が増します。どこから音が聞こえてきているのか分からない、音に包み込まれているような感覚ですね。

HomePod miniのステレオペアをMacBookに接続
コントロールセンターの「サウンド」からHomePod miniを選択

MacBookへの接続は、AirPodsと同じようにコントロールセンターから行えます。

HomePod miniは音の遅延も少なく動画視聴にも向いています。MacBookにはBluetoothスピーカーを接続できますが、その選択肢のひとつとしてHomePod miniは大いに有りです!

SONY WH-1000XM4│高性能ノイキャンワイヤレスヘッドフォン

高いノイズキャンセリング性能と音質に定評のあるSONYのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM4」。そのノイキャン性能AppleのAirPods Maxと比較しても、明らかにWH-1000XM4のほうが上です。WH-1000XM4のノイキャン性能があまりに優秀なので、僕は耳栓代わりに使用することも多いですね。

MacBookなどのApple製品との連携はAirPods Maxには勝てませんが、WH-1000XM4の「マルチポイント機能」のおかげでさほど差を感じません。

マルチポイント機能とは、最大2台までのデバイスに同時接続できる機能。MacBookとiPhoneの2台に同時接続しておけば、MacBookで動画再生していたとしてその再生を停止、次の瞬間にiPhoneで音楽を再生し始めれば音声が自動的に切り替わる便利機能です(2台同時再生はできない)。

WH-1000XM4の価格は約36,000円(記事執筆時点)、一方でAirPods Maxの価格は67,980円。AirPods Maxは確かにヘッドフォンではあるのですが、いくらんなんでも高過ぎ……という印象を受けてしまいます。

ノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスヘッドフォンなら、SONYのWH-1000XM4で間違いありません!

MacBook Air/Pro おすすめ周辺器機アクセサリーまとめ

本記事ではMacBook Air/Proには欠かせない必須アクセサリーから、必須ではないもののあれば便利なアクセサリーまで幅広くご紹介させていただきました。

最後に、ご紹介したアクセサリーのなかで「使用頻度が高いアクセサリーベスト3」は以下のとおりです。

● 3位:MOFT ラップトップケース

ケースとスタンドの1つで2役の便利アイテム。僕はMacBookを持ち運びすることが多く、さらにスタンド使用時の打ちやすさにメリットを感じているので重宝しています。

● 2位:Anker PowerPort III 65W Pod

Appleの61W充電器の約半分のサイズで、65W充電ができるなんてステキ過ぎます。MacBookを持ち出す際は必ずこのUSB-C充電器を携帯しています。

● 1位:OWC Thunderbolt 4 Dock

M1 MacBook Air/ProにはThunderbolt(USB-C)ポートが2つしかありません。拡張性に難ありなんですが、MacBookをこのドックに接続することで拡張性に困ることはありません。最大4つのThuderboltアクセサリーを同時使用することも可能。価格は高いですが、買ってよかったと思っているアイテムです!

また使ってみて良かった、おすすめできるMacBook関連アクセサリーがあれば追記していきます。本記事が参考になれば幸いです!

コメント