[2022年版]MacBook Air/Proを出先で充電!モバイルバッテリーおすすめ6選

[2021年版]MacBook Air/Proを出先で充電!モバイルバッテリーおすすめ6選

どこへでも持ち出せるMacBook Air/Proだからこそ、電源のない環境でも充電できるモバイルバッテリーが大活躍してくれます

本記事では「MacBook Air/Proにおすすめのモバイルバッテリー」をご紹介!

M1 Pro/Maxチップの登場でMacBook界隈が賑わっているところ。このタイミングで買い換えられた方も多いかと思いますが、環境を選ばずにMacBook Air/Proを充電できるモバイルバッテリーをひとつ持っておけば便利です。

この記事で分かること
  • MacBook Air/Pro向けモバイルバッテリーの選び方
  • MacBook Air/Proにおすすめのモバイルバッテリー
  • 充電のためのおすすめUSB-Cケーブル
目次

MacBook Air/Pro向けモバイルバッテリーの選び方

どのようなモバイルバッテリーでもMacBookを充電できるわけではありません。まずはチェックしておきたいポイント・注意点について解説しておきましょう。

【MacBook向け】モバイルバッテリー選びのポイント
  1. PDに対応したモバイルバッテリー
  2. モバイルバッテリーの充電性能をチェック
  3. 60Wを超える充電には「5Aケーブル」が必要
  4. MacBookの充電に必要なバッテリー容量

「MacBook Air/Proにおすすめのモバイルバッテリー」にジャンプする

1. PDに対応したモバイルバッテリーを選ぼう

USB-Cポートを搭載するMacBook Air/Proは、「USB Power Delivery(PD)」という急速充電規格に対応しています。

PDによる急速充電は高速で、MacBookだけでなくiPhoneやiPad、Androidスマホ、ニンテンドースイッチなど幅広いデバイスで採用されています。

MacBookをPD充電するには、以下の2つが必要です。

MacBookをPD充電するのに必要なもの
  • PD対応のモバイルバッテリーもしくはUSB-C充電器
  • PD対応のUSB-Cケーブル

MacBookを充電するモバイルバッテリーは、PDに対応したものを選ぶ。これが前提になるので覚えておきましょう!

ここがポイント!
  • MacBookを充電するなら、急速充電規格「PD」に対応するモバイルバッテリーを選ぼう
  • PDに対応するUSB-Cケーブルも忘れずに!

2. モバイルバッテリーの充電性能をチェック

PDの最新の仕様では、規格上、最大240Wの充電が可能です(USB PD 3.1)。ただこれはあくまでも規格上の話で、現在流通しているモバイルバッテリー・USB-C充電器はだいたい最大100Wまで。

では「どのくらいのワット数に対応するモバイルバッテリーを選べばいいのか」ということですが、その目安をまとめました。

上のワット数を下回るモバイルバッテリーでも充電できるのですが、充電速度が極端に遅かったり、動画書き出しなど負荷がかかっている状況では充電しているのにもかかわらずバッテリー残量が減ってしまったり、ということが起こる可能性があります。

もちろん、高いワット数をもつモバイルバッテリーほど価格・重量も上がってきます。充電性能に加えて、価格や重量もチェックしておきましょう。

ここがポイント!
  • モバイルバッテリーの充電性能は上の表を目安に
  • 充電性能が高いモバイルバッテリーほど、価格・重量も上がる

3. 60Wを超える充電には「5Aケーブル」が必要

PD対応のUSB-Cケーブルには、「3Aケーブル」と「5Aケーブル」の2種類あり、3Aケーブルが対応する充電は60W(20V/3A)まで。60Wを超えるPD充電を行うには5Aケーブルが必要です。

60Wを超えるPD充電には5A対応のUSB-Cケーブルが必要
60Wを超えるPD充電には、5Aに対応したUSB-Cケーブルが必要

せっかく60W以上のPD充電に対応するモバイルバッテリーを用意しても、3Aケーブルを使ってしまうとケーブルの性能がボトルネックとなり60Wに抑えられてしまいます。これではもったいないですよね。

このポイントは盲点になりやすいところ。記事後半でおすすめのケーブルをご紹介していますので、そちら参考にしてください。

ちなみに、M1 Pro/Maxチップ搭載モデルに付属されている「MagSafe 3 ケーブル」もモバイルバッテリでの充電に使えます。

MagSafe 3 ケーブルもモバイルバッテリーでの充電に使える
MagSafe 3 ケーブルも使える

ただ高価なケーブルであることと、現時点では2mの長さしかないためモバイルバッテリーでは使いにくいでしょう。この先、0.5mや1mなどの長さが出てくれば選択肢に入ってくるかもしれません。

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cケーブルは「3Aケーブル」と「5Aケーブル」の2種類ある
  • 60Wを超えるPD充電には5Aケーブルが必要
  • MagSafe 3 ケーブルも使える

5Aケーブルには、接続されたデバイスに応じて適切に電力制御してくれる「eMarkerチップ」が内蔵されています。eMarkerチップは平たくいうと安全装置のようなもの。粗悪ケーブルのなかには、eMarkerチップの仕組みを偽造しているものもあるので、有名メーカ・ブランドのケーブルを選ぶようにしてください。

4. MacBookの充電に必要なバッテリー容量は?

スマホの充電だけなら10000mAhクラスのモバイルバッテリーで必要十分です。しかし、MacBook Air/Proを充電するとなると10000mAhクラスでは物足りません。

MacBook Air/Proでは、20000mAhクラス以上のモバイルバッテリーがおすすめです。

目安にしていただけるように、記事内でもご紹介しているAnker(アンカー)のモバイルバッテリー「PowerCore III Elite 25600 87W」でM1 MacBook Pro 13とM1 Max MacBook Pro 16をどれくらい充電できるのかを計測してみました。

25,600mAhのモバイルバッテリーで計測してみましたが、これだけ充電できれば十分過ぎるほどですね!M1 Max MacBook Pro 16では78%でモバイルバッテリーが力尽きてしまいましたが、M1 MacBook Pro 13では97%まで充電した時点でモバイルバッテリーの残量が約半分も残っていました。

20000mAhクラス以上、もうちょっと大きくなっていいのなら25000mAh以上のモバイルバッテリーが安心です。

ここがポイント!
  • 20000mAhクラス以上のモバイルバッテリーがおすすめ
  • 25600mAhのモバイルバッテリーで、M1 Max MacBook Pro 16のバッテリー残量を71%回復できた

そのほか確認しておきたいポイント

そのほか確認しておきたいポイントは以下のとおり。

そのほか確認しておきたいポイント
  • モバイルバッテリーのサイズ・重量
  • 入力(モバイルバッテリー本体への充電)の最大ワット数
  • メーカーの信頼性

特に気にしておきたいのは「入力の最大ワット数」。20000mAhを超えるモバイルバッテリーとなると、モバイルバッテリー本体への充電時間もそれなりにかかります。

基本的にPD充電に対応しているモバイルバッテリーであれば、入力もPD充電に対応しているはず。「どれだけ高速にモバイルバッテリーを充電できるか」は使い勝手に関わってくるところなので、しっかり確認しておきましょう。

モバイルバッテリー本体をPD充電
入力の最大ワット数もチェック

あと無視できないのがメーカーの信頼性です。電源周りのアクセサリーにとって、特に「安心して使える」ということが重要。知名度が高く、広く選ばれているメーカー・ブランドであれば安心ですね。本記事ではUSB充電器やモバイルバッテリーで実績のある「Anker(アンカー)」の製品を中心にご紹介しています。

ここがポイント!
  • 入力(モバイルバッテリー本体への充電)の最大ワット数もチェック
  • モバイルバッテリーは特に「メーカー・ブランドの信頼性」が大事

MacBook Air/Proにおすすめのモバイルバッテリー6選

前置きが長くなってしまいましたが、ここからはMacBook Air/Proにおすすめのモバイルバッテリーをご紹介していきましょう!

後半で「おすすめの充電USB-Cケーブル」もご紹介しています。そちらもぜひ参考にしてください。

Anker PowerCore III 19200 45W

ここがポイント!
  • 19200mAh搭載の大容量モバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大45W
  • USB-Aポート × 2(最大12W)
  • 合計最大60W
  • PD対応USB-Cケーブル、USB-C to Aケーブル付属
  • 約169 × 79 × 22mm、約422g
  • MacBook Air、MacBook Pro 13/14おすすめ

まずご紹介するモバイルバッテリーは、Ankerの「PowerCore III 19200 45W」です。19200mAhの大容量モバイルバッテリーで、最大45WのUSB-Cポートを搭載します。

最大45WということはMacBook Airなら付属USB充電器(30W)以上の速度で充電できることになりますね。MacBook Pro 13インチの場合は付属USB充電器(61W)よりも充電速度は落ちますが、未操作状態での充電なら不満なく使えるレベルでしょう。

65WのUSB充電器セットもあります。

Zendure X5(15000mAh搭載 & 45W & ハブ機能)

ここがポイント!
  • 15000mAh搭載の大容量モバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大45W
  • USB-Aポート × 2(各最大18W)
  • 合計最大48W
  • パススルー充電対応
  • USBハブ機能搭載(USB 3.0)
  • 約115 × 72.5 × 26.5mm、約295g
  • MacBook Air、MacBook Pro 13/14におすすめ

Zendure(ゼンデュア)の「X5」は、15000mAh搭載の最大45Wのモバイルバッテリー。このモバイルバッテリー、あらゆる面でMacBookとの相性が抜群なんです。

サイズが約115 × 72.5 × 26.5mm、重量が約295gと、同クラスのモバイルバッテリーと比べてもコンパクトで軽量。まず持ち運びしやすいという点です。

そして、X5にはUSBハブ機能が搭載されておりモバイルバッテリーとして使用しながら、マウスや外部ストレージなどを接続してUSBハブとして使用することもできます(充電&ハブ機能が使える2つのUSB-Aポート)。

持ち運びしやすく、MacBookを充電しながらUSBハブとしても使えるわけです。気軽に持ち出せて、環境を選ばず使用できるMacBookと相性抜群でしょう!

Zendureは電源関連アクセサリーで有名な米発のブランド。この独特なデザインもZendureの特徴だったりします。X5は高機能でおしゃれなモバイルバッテリー。イチ押しです!

Anker PowerCore III 19200 60W

ここがポイント!
  • 19200mAh搭載の大容量モバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大60W
  • USB-Aポート × 2(各最大12W)
  • 合計最大60W
  • PD対応USB-Cケーブル付属
  • 約169 × 79 × 22mm、約422g
  • MacBook Air、MacBook Pro 13/14におすすめ

上でご紹介した「PowerCore III 19200 45W」と同じサイズ・重量のモバイルバッテリーなのですが、こちらは最大65Wに対応。

ほぼ同じスペックのモバイルバッテリーなのですが、こちらは45Wではなく最大60Wに対応したUSB-Cポートを搭載します。

MacBook Pro 15インチ/16インチの充電だと、45Wでは厳しくなってきますね。60Wが最低ラインでしょう。もちろんMacBook AirやMacBook Pro 13インチを充電する場合でも、充電速度が速いほうがいいということならこっちです。

Anker PowerCore III Elite 25600 60W

ここがポイント!
  • 25600mAh搭載の大容量モバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大60W
  • USB-Aポート × 2(各最大18W)
  • 合計最大78W
  • PD対応USB-Cケーブル付属
  • 約183 × 82 × 24mm、約568g
  • MacBook Air、MacBook Pro 13/14におすすめ

Ankerの「PowerCore III Elite 25600 60W」は25600mAhを搭載するモバイルバッテリー。最大60WのUSB-Cポートを搭載します。

25600mAhという容量はモバイルバッテリーでは最大クラス。約183 × 82 × 24mmで568gとサイズ・重量も最大クラスですが、MacBookを充電することを考えると大容量であればあるほど安心感がありますね!

Anker PowerCore III Elite 25600 87W

ここがポイント!
  • 25600mAh搭載の大容量モバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 2(単一ポート使用時は最大87W、2ポート同時使用時は最大60W & 最大18W)
  • USB-Aポート × 2(最大18W、2ポート同時使用時は合計最大15W)
  • PD対応USB-Cケーブル(3Aなので注意!)付属
  • 約183.5 × 82.4 × 24.0mm 、約573g
  • MacBook Air、MacBook Pro 13/14/15/16におすすめ

Ankerの「PowerCore III Elite 25600 87W」は、256000mAh搭載で最大87W出力なモバイルバッテリーです。現時点では、Anker製品のなかではもっとも大きい出力を持ちます。

87WもあればMacBook Pro 15インチ/16インチでもしっかり充電着るレベル。出先でも付属USB充電器に近い速度で充電できるわけですから、なんとも心強いモバイルバッテリーです。

一点注意したいことがあって、それは付属のUSB-Cケーブルが3Aケーブルであること。つまり、このこのケーブルだと60Wまでの充電しかできません。モバイルバッテリーの充電性能をフルに発揮するには、5Aケーブルを別途用意する必要があることには注意してください。

HYPER HyperJuice 27000mAhモバイルバッテリー

ここがポイント!
  • 27000mAh搭載の大容量モバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 2(最大100W & 最大60W、2ポート同時使用時は最大60W & 最大
  • 45W)
  • USB-Aポート × 1(最大18W)
  • 合計最大130W
  • パススルー充電に対応
  • 100W充電が可能な5Aケーブル付属
  • 約650g
  • MacBook Air、MacBook Pro 13/14/15/16におすすめ

最後にご紹介するのは、最大100WのUSB-Cポートを搭載するHyperJuiceのモバイルバッテリーです。100WといえばPD規格の最大値。MacBook Air/Proを最大の速度で充電することが可能です。

27000mAhと超大容量ということもあり、サイズ・重量ともにそこそこあります。このクラスのモバイルバッテリーになると、多少のサイズ・重量は仕方ないところかもしれません。

最大100Wに対応する数少ないモバイルバッテリー。高価なこともあり、個人的には上でご紹介したAnker PowerCore III Elite 25600 87Wのほうがおすすめではあるのですが、充電速度にこだわりたい方はチェックしてみてください!

MacBook Air/Proにおすすめの充電USB-Cケーブル3選

MacBook Air、MacBook Proの充電におすすめのUSB-Cケーブルを3本ご紹介します。ここでご紹介しているUSB-Cケーブルは、モバイルバッテリーの充電だけでなく普段使いでも活躍してくれるはずです!

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cケーブル(3A)
  • ナイロン編み込み式ケーブルで高耐久
  • 専用収納ポーチ付き
  • 0.9m/1.8m
  • レッド/グレー

60W以下のPD充電なら、こちらのUSB-Cケーブルがおすすめです。使っていて感じるのはケーブルの扱いやすさ。ナイロン編み込み式で高耐久という点もそうなのですが、ケーブルがほどほどに柔らかく、かつ巻きグセかせつきにくいので、使用していてストレスがありません。

PD充電のためのケーブルであればこれで必要十分。規格はUSB 2.0(理論値の最大転送速度は480Mbps)と転送速度が特別速いというわけではありませんが、ちょっとしたデータ転送なら不満なく行えるでしょう。

そして買いやすい価格であることもポイント!編み込み式で高耐久、PD対応ということを考えれば、コスパは抜群です。

Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2) ケーブル

ここがポイント!
  • USB 3.1(Gen2)規格対応USB-C to USB-Cケーブル
  • 5A対応で最大100WのPD充電が可能
  • Alternate Modeに対応
  • USB-IF認証あり
  • 0.9m

60Wを超えるPD充電を行い、データ転送にも使いたいということなら、このケーブルがおすすめです。こちらのコスパも抜群です。

Anker USB 3.1(Gen2)対応USB-Cケーブル
5A対応で最大100Wの充電に対応

5A対応で最大100WのPD充電が可能、さらにUSB 3.1(Gen2)規格対応で最大10Gbpsでのデータ転送も可能です。PD充電以外にも、ポータブルSSDなどとの接続ケーブルとしてバリバリ使うことができる性能ですね。

ちょっと細かい話になりますが、このケーブルはAlternate Modeにも対応するので、例えばUSB-Cディスプレイへの接続ケーブルとしても使用できます。PD充電できAlternate Modeに対応。USB-IF認証もあり、価格も安い。文句なしです!

Anker Thunderbolt 3対応USB-Cケーブル

ここがポイント!
  • Thunderbolt 3対応USB-Cケーブル
  • 5A対応で最大100WのPD充電が可能
  • 最大40Gbpsの高速データ転送
  • 0.5m/0.7m

同じくAnkerのThuderbolt 3対応のUSB-Cケーブルです。最大100WのPD充電に対応します。

Anker Thunderbolt 3対応USB-Cケーブル
100W充電&最大40Gbpsの高速データ転送に対応するThunderbolt 3ケーブル

充電だけの用途であれば、はっきり言ってオーバースペックです。ただThunderbolt 3対応ポータプルSSDや外部ディスプレイを使用しているのなら、このケーブルが活躍してくれるはずです。

Thuderbolt 3ケーブルを充電に使う、というのはちょっと贅沢なような気もしますが、充電&データ転送用の兼用ケーブルとしてこれを選ぶのもありです。

\ ほかのPD対応USB-Cケーブルをみる /

MacBook Air/Proにおすすめのモバイルバッテリーまとめ

どんなモバイルバッテリーでもMacBookを充電できる、というわけではありません。PDへの対応や一定以上の出力をもつものなど、クリアすべきいくつかのポイントがあります。

  • 急速充電規格「USB PD」に対応
  • MacBook付属のUSB充電器の出力に近いもの、あるいはそれ以上の出力をもったもの
  • USB PD対応のUSB-Cケーブル(もしくはMagSafe 3ケーブル)

基本的には上の3つを押さえておけばOKです。あと、信頼できるメーカーやブランドから選ぶこと。これも大事ですね!

本記事でご紹介したモバイルバッテリーのなかでも、おすすめは「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」です。

ペットボトル越えの重量は、バックパックの底に入れておくのであれば我慢できるレベルです。大きいサイズと重量は我慢するとして、ハイパワーな87W出力と大容量な25600mAhバッテリーはやはり心強い!安くない価格ではありますが、すべてのMacBookユーザーにおすすめしたモバイルバッテリーです。

そしてガチなときはコレです。

最近は行けていませんが、僕は年に数回のソロキャンを楽しみにしています。そのときはMacBookを持っていくのですが、あわせてポータブル電源も持っていきます。ポータブル電源にUSB充電器を挿せばスマホやタブレットの充電はもちろん、MacBookの充電も可能。防災目的も兼ねて購入したポータブル電源が、MacBookの充電にも活躍してくれています。

環境を選ばずにどこへでも持っていけるMacBook。モバイルバッテリーがあれば、場所に縛られなくなりMacBook活用の幅がもっともっと広がりますよ!

\ 人気のPD対応モバイルバッテリーをチェック! /

MacBookユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる