【保存版】これで決まり!MacBook/Air/Proにおすすめの充電器・モバイルバッテリー9選

【保存版】これで決まり!MacBook/Air/Proにおすすめの充電器・モバイルバッテリー9選家電・ガジェット

この記事では、MacBook/MacBook Air/ MacBook Pro向けのおすすめUSB-C充電器(USB電源アダプタ)・モバイルバッテリーを紹介しています。

自宅や職場だけでなく車内やカフェ、旅行先など、どこへでも持って行きたくなるMacBook。実際に薄く軽量なMacBookは、場所や環境関係なく活躍してくれます。

そこで欲しくなるのはUSB充電器やモバイルバッテリーといった「電源まわりのアクセサリー」です。MacBook付属のUSB充電器は多くて重く、よく言っても便利だとは言えません。

MacBook Air 13、MacBook Pro 15ユーザーである僕が実際に使用しているアイテムを含め、おすすめを紹介していきます。MacBookユーザーのあなたにきっと役立つはず!ぜひ参考にしてみてください!

MacBook/Air/ProのUSB-C充電器の選び方

MacBookを充電するためのUSB充電器を選ぶ際には、いくつかの押さえておきたいポイントがあります。

少し細かくなってしまいますが、誤ったものを選んでしまうと最悪充電できないといことも考えられます。自分が持っているMacBookモデルに最適なUSB充電器を見つけるためにもチェックしておいてください!

MacBookは急速充電規格「USB PD」に対応

現行のMacBookモデルは、ほぼ「USB PD(Power Delivery/パワーデリバリー)」という急速充電規格に対応しています(MacBook Air 13 非Retinaモデルを除く)。USB PDによる急速充電は非常に高速。そしてUSB-Cポートから給電できるという特徴があります。

急速充電規格「USB PD」

急速充電規格「USB PD」

以前はマグネット式の「MagSafe/MagSafe 2」が採用されていましたが、汎用性の低さから現在はラインアップからほぼ消え、USB-Cポートを使用してのUSB PD充電に統一されています。

USB PDに対応しているモデルかどうかの判別はかんたんで、基本USB-Cポートから給電するMacBookモデルであればUSB PDに対応しています。

USB PDはMacBookに限らずiPhoneやiPadなどさまざまなデバイスに採用されている急速充電規格。MacBookのUSB充電器を選ぶときの目印となる規格ですので覚えておきましょう。

  • MacBook/Air/ProのUSB充電器は「USB PD」を目印にしよう

MacBookの充電に必要なW(ワット)数を確認しよう

MacBookモデルによって、必要になるW数が異なります。目安のW数を知るには、MacBookモデルに付属されているUSB充電器を確認する方法がかんたんです。

MacBook Air 13付属の30W充電器

MacBook Air 13付属の30W充電器

上はMacBook Air 13(2018)付属のUSB充電器です。よーく見てみると「30W」と書かれていますね。この充電器は30W出力が可能で、つまりMacBook Air 13を充電するためには30Wの出力があればよいという目安になります。

MacBook Pro 15付属の87W充電器

MacBook Pro 15付属の87W充電器

こちらのアダプタはMacBook Pro 15付属のUSB充電器です。MacBook Air 13の30Wに対し、こちらは87Wとより多くの出力が必要になります。仮にMacBook Pro 15に30W充電器を接続してみると、充電はできなくはないものの充電速度が極端に遅くなります。使用しながらだと充電しているにもかかわらずバッテリー残量が減っていく…という現象が起きます。

USB充電器を選ぶ際には、付属USB充電器に記載されている数値以上のもの、あるいは出力が足りなくてもそれに近いものを選びましょう。

参考に各MacBookモデルの付属USB充電器のワット数をまとめておきます。

  • 付属USB充電器のW数を目安に充電器を選ぼう

サイズ・重さも重要ポイント

意外と見落としやすい点がUSB充電器のサイズ・重量です。製品が届いてから「でかっ!失敗したかも」「持ち運びたいのにこの重さだと厳しいかも」とならないためにも、サイズ・重量もしっかり確認しておきましょう。

PowerPort Atom PD 1 と純正30W充電器の大きさ比較

PowerPort Atom PD 1
と純正30W充電器の大きさ比較

例えば上の2つのUSB充電器。右がMacBook Air 13に付属していたもので、左がAnker(アンカー)の「PowerPort Atom PD 1」なのですが、同じ30Wという出力でもこれだけサイズが違います。重量もしかり。

あと盲点になりやすいのが「隣のコンセントへの干渉」です。充電器が大きすぎて隣のコンセントが使えない!というのはあるあるです。この点も考慮してUSB充電器を選びましょう。

  • 持ち運びの際の使い勝手、コンセントの干渉を確認するためにサイズ・重量もチェックしておこう

出先での充電にはモバイルバッテリーという選択肢も

MacBookがUSB PDに対応している、ということは、USB PDに対応したモバイルバイルバッテリーも使えるということです。

モバイルバッテリーはスマホやタブレットではおなじみのアイテムですが、これをMacBookで使えれば活用の幅も広がります。電源のある場所を探し回る必要もなくなります。

ただUSB充電器と同様に、モバイルバッテリーの出力をチェックしておく必要があります。後半でおすすめモバイルバッテリーを紹介していますので、そちらを参考にしてください。

充電ケーブルについての確認事項

MacBookをUSB PDで充電するには、「USB PDに対応した充電ケーブル」が必要になります。基本的にUSB PDに対応していればどのケーブルを選択しても問題ありませんが、同じUSB PD対応ケーブルでも「3A」「5A」の2種類ある点には注意しましょう。

USB PDは規格上100W(20V/5A)での給電が可能です。しかし3Aケーブルだと60W(20V/3A)が上限。60Wを超える充電には5Aケーブルが必要になってきます。MacBookでいうとMacBook Pro 15がそれに当てはまります。

参考に僕が使用している充電ケーブルを紹介しておきます。

これは5Aに対応するエレコムのUSB-Cケーブルです。価格的にもお手頃で高性能。

これは3Aに対応。MacBook Pro 13までであればこれで十分です。

ただ上の2製品の価格差はさほどないので、大は小を兼ねるという考えで5Aケーブルを購入しておくというのもありです。

MacBook/Air/ProにおすすめのUSB-C充電器(電源アダプタ)

ここからおすすめのUSB充電器を紹介していきます。後半でおすすめモバイルバッテリーも紹介していますので、そちらもどうぞ!

【Anker】PowerPort Speed 1 PD 30

・USB PD対応USB-Cポート × 1(最大30W)
・折りたたみ式プラグ
・約61 × 58 × 28mm、約101g

30Wアダプタとしては最安クラス

まず紹介したいのはAnker(アンカー)の「PowerPort Speed 1 PD 30」です。

Ankerは電源周りのアクセサリーでは非常に信頼できるメーカー。最近一部の製品で不具合がありましたが、速やかに周知、回収してくれました。「問題があればしっかり対応してくれる」ということも信頼をおける理由のひとつです。

さて、この製品は最大30WのUSB-Cポートを搭載した充電器です。MacBook、MacBook Airに同梱されている充電器と同等の性能。付属充電器(30W USB-C電源アダプタ)は4,800円(税別)と安くない価格ですが、それと比べるとこの製品はお手頃価格です。

自宅の他に、職場や持ち運び用に充電器が欲しい!という場合にぴったりな製品です。

【Anker】PowerPort Atom PD 1

・USB PD対応USB-Cポート × 1(最大30W)
・GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト&軽量
・約35 × 41 × 55 mm、約53g

コンパクトで軽量な次世代USB-C充電器

こちらも同じくAnker、最大30Wの充電器ですが、この特徴は「とにかくコンパクトで軽量」だということ。手のひらに収まるほどのサイズで、重量はわずか53g。

この大きさで30W出力が可能!

この大きさで30W出力が可能!(MacBook Air 13との比較)

隣接するコンセントにも干渉しづらいですし、軽いので持ち運び時にも便利です。GaN(窒化ガリウム)という新素材が採用されているとのことで、まさに次世代の充電器。コンパクトさ、軽量さを求めるならこれです。

【cheero】CHE-326 USB PD対応45W充電器

・USB PD対応USB-Cポート × 1(最大45W)
・折りたたみ式プラグ
・コストパフォーマンス〇
・約63 × 60 × 30 mm、 約120g

45Wでこの価格!コストパフォーマンス重視ならこれ!

最大45W出力に対応するUSB-Cポートを搭載するcheero(チーロ)の充電器。MacBook Pro 13に付属の61W充電器には出力は及ばず充電速度は落ちますが、問題なく使用できます。

45Wクラスの充電器のなかではかなりお買い得。安いけどしっかり使える充電器を探しているのならこれです。

【Anker】PowerPort Speed 1 PD 60

・USB PD対応USB-Cポート × 1(最大60W)
・折りたたみ式プラグ
・コストパフォーマンス○
・約6.4 x 6.4 x 2.9 mm、約157g

MacBook Pro 13ユーザーにおすすめ!純正61W充電器よりコンパクト

Ankerの「PowerPort Speed 1 PD 60」は最大60WのUSB-Cポートを搭載、MacBook Pro 13付属の60W充電器と同等のパワーがあります。「純正の充電器だと高いな、でも充電速度は落としたくない」という人におすすめです。

また60WあればMacBook Pro 15でも十分に充電できます。87W充電器と比べると充電速度は落ちますが、純正の87W充電器は8,700(税別)とかなり高価。サブとして持っておくには60Wで必要十分でしょう。

【AUKEY】PA-Y12 60WのUSB-CポートとUSB-Aポート2つを搭載

・USB PD対応USB-Cポート × 1(最大60W)
・USB-Aポート × 2(各最大12W)
・合計最大72W
・約100 x 78 x 31 mm、約218g

60W対応のUSB-Cポートに加えUSB-Aポートを搭載するパワフルな充電器

MacBookユーザーであるあなたは、きっとスマホやタブレット、Bluetoothイヤホンなど充電が必要なガジェットがたくさんあるはず。であるなら充電のためのUSBポートはたくさんあったほうが便利です。

AUEKY(オーキー)のPA-Y12は最大60WのUSB-Cポートを搭載、さらにUSB-Aポートを2つ搭載します。合計72Wまで対応と複数台を同時に充電しても余力があります。デスクの卓上に置いておけばきっと活躍してくれるでしょう。

【Less is More】100W出力が可能なUSB-Cポートを搭載 ハイスペック充電器

・USB PD対応USB-Cポート × 2(最大100W/60W)
・QC 3.0対応USB-Aポート × 2
・合計最大100W
・約970 x 20 x 110 mm、約299g

現時点で最強クラスの100WのハイスペックUSB PD充電器

現時点で最強クラスと言っていいハイスペックなUSB PD対応充電器。USB-Cポートを2つ搭載し、それぞれ最大60W、最大100Wの出力に対応します(合計最大100W)。

MacBook Air 13やMacBook Proへの100W充電が可能で、充電速度は超高速。

単一ポートでの100W出力は、特にMacBook Pro 15ユーザーにはハマるはず。MacBookモデルはそれぞれ100Wまでの入力を受け付けてくれるので、MacBook Pro 15ユーザーだけでなく他のMacBookユーザーにもおすすめです!

ハイスペックながら価格は良心的なので、充電速度を求める人にぜひチェックしてほしい製品です!

「USB PD対応の充電器をもっとみたい」という方は以下からどうぞ!

人気の「USB PD対応USB-C充電器」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

MacBook/Air/Proにおすすめのモバイルバッテリー

MacBookの充電に最適な大容量でパワフルなおすすめモバイルバッテリーをご紹介!「出先で電源を探し回ることがよくある」という言う人は要チェックです。

【Anker】PowerCore+ 26800 PD

・26800mAhの超大容量モバイルバッテリー
・USB PD対応USB-Cポート × 1(最大30W)
・USB-Aポート × 2(最大15W)
・USB PD対応充電器(最大30W)付属
・約180 x 80 x 24 mm、約580g

MacBook、MacBook AirならこれでOK!USB PD充電器付きモバイルバッテリー

MacBook、MacBook Airなら30Wの出力があれば、付属充電器と同等の速度で充電できます。最大30W出力に対応するUSB-Cポートを搭載するモバイルバッテリー、といえばこのAnker「PowerCore+ 26800 PD」でしょう。268000mAhと超大容量で、MacBook、MacBook Airなら1回以上のフル充電が可能です。

PowerCore+ 26800 PDとMacBook Air 13

PowerCore+ 26800 PDとMacBook Air 13

モバイルバッテリーひとつで、さらにもう1回フル充電できるとなればとても心強いですよね!超大容量ということもあり、サイズと重量は大きいですが、電源を心配する必要がないという安心感には変えられません。

なおこのモバイルバッテリーには最大30WのUSB-C充電器が付属しています。モバイルバッテリー本体を充電できるだけでなく、直接MacBookの充電に使用することもできます。価格はそれなりにしますが、それを考えると納得の価格。

詳細レビューを書いています。もっと詳しく知りたい!という方は以下をどうぞ。

【RAVPower】RP-PB159 最大45WのUSB PDモバイルバッテリー

・20100mAhの大容量モバイルバッテリー
・USB PD対応USB-Cポート ×1 (最大45W)
・USB-Aポート × 1(最大12W)
・入力用Micro USBポート × 1
・合計最大45W
・約160 x 78.5 x 23 mm、約400g

MacBook Pro 13にも使える!パワフルなモバイルバッテリー

MacBook Pro 13の場合、30Wの出力があれば充電できなくはありません。しかし付属の60W充電器と比べると数値は半分。体感的には充電速度はかなり遅いと感じるはずです。

そこで紹介するのはRAVPower(ラブパワー)のモバイルバッテリーです。45Wと60Wには及びませんが、45Wあれば充電しているのにバッテリー残量が減っていくということはほぼないでしょう。価格面でもバランスが取れたモバイルバッテリーです。

ただUSB-C充電器は付属されていないので、持っていない場合は別途用意しておくことをおすすめします。付属のMicroUSBケーブルで充電はできるのですが、満充電までに相当時間がかかります。その点には注意です。

【Less is More】Mighty 100 100W出力が可能なUSB-Cモバイルバッテリー

・27000mAhの超大容量モバイルバッテリー
・USB PD対応USB-Cポート × 2(最大100W/60W)
・QC 3.0対応USB-Aポート × 1(最大18W)
・最大100W
・最大100W入力でたった1時間で充電完了
・パススルー充電対応(本体を充電しながらの給電が可能)
・約183 x 85 x 21 mm、約620g

こんなモバイルバッテリー見たことない!あらゆる機器をフルスピード充電

最後に紹介するのは、100Wの出力を可能とするUSB-Cポートを搭載したモンスターモバイルバッテリー。充電器でも紹介したLess is Moreブランドで、日本製でサポートも日本人が行うという日本品質をうたい文句としています。

100WのUSB-Cポートのほかに60WのUSB-Cポート、QC 3.0に対応したUSB-Aポートを2つ搭載。あらゆる機器をフルスピードで同時に充電できます(合計最大105W)。

単一ポートで100W出力が可能なモンスター級のモバイルバッテリー(Mighty 100)

単一ポートで100W出力が可能なモンスター級のモバイルバッテリー

MacBook Pro 15ユーザーにとっては「これを待ってた!」という人は多いでしょう。僕もそう。

しっかり100Wで充電できている(MacBook Pro 15)

しっかり100Wで充電できている(MacBook Pro 15)

しっかり100W入力で認識されています。MacBook Pro 15ユーザーでなくても、MacBook Pro 13やMacBook Airでも100W入力が可能なので、高速に充電できます。

モバイルバッテリーとしては高価でサイズも大きいですが、これだけのパワーを持つモバイルバッテリーであることを考えると許容範囲内。必要となる方は一部にはなると思いますが、なかなかロマンがあるモバイルバッテリーです。

以下で詳細レビューを書いています。モバイルバッテリーとは思えないほどのパワーでした!

人気の「USB PD対応モバイルバッテリー」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

MacBook/Air/Proモデルに合ったの充電器・モバイルバッテリーを選ぼう

MacBookで使用する充電器・モバイルバッテリーを選ぶ際のポイントをおさらいしておくと、以下の2点。

  • USB PDに対応した製品を選ぶ
  • 充電したいMacBookモデルに適切な出力の製品を選ぶ

基本上の2点を押さえておけばOKなのですが、電源まわりのアクセサリーの場合、それに加え「信頼性」も重要なポイントになります。実際に「動作が不安定」「スペック通りに充電できない」ということはしばしばあります。基本的にこの記事内で紹介したメーカー・製品であれば問題ありません。安心して選んでいただけます。

この記事は随時追記・更新していく予定です。ぜひまたチェックしていただければと思います!

こちらの記事もおすすめです!

コメント