iPhone 13とiPhone 12を比較!なにが違う?

【2021年】MacBook Air/ProにおすすめのUSB充電器10選

【2021年】MacBook Air/ProにおすすめのUSB充電器10選

MacBook Air、MacBook Proを愛用されているあなたは、普段どのようなUSB充電器を使っていますか?

おそらくほとんどの方が、MacBook Air/Pro付属のUSB充電器を使われているかと思いますが、その付属のUSB充電器に以下のような不満はないでしょうか?

  • 大きく重く、持ち運びに不便
  • その大きさゆえに隣のコンセント挿し込み口に干渉してしまう
  • 充電に時間がかかる

Apple純正のUSB充電器は、信頼性という点においては間違いありません。しかし、小さく持ち運びに便利なUSB充電器やさらに高速に充電できるUSB充電器を用意することで、MacBookの充電環境がより快適になります。

本記事では「MacBook Air/ProにおすすめのUSB充電器」をご紹介しています。持ち運びに便利なものからMacBookをフルスピード充電できるものまで、おすすめのUSB充電器を幅広くピックアップ。

USB充電器の選び方についても解説していますので、ぜひそちらも参考にしていただければと思います。本記事がよりMacBookを快適に活用するためのヒントになれば幸いです!

スポンサーリンク

ここが重要!MacBook Air/Pro USB充電器の選び方

USB充電器ならどんなものでもMacBookを充電できる、というわけではありません。押さえておきたいいくつかのポイントがあります。まずはそれらについて解説しましょう。

⇒ 「MacBook Air/ProにおすすめのUSB充電器10選」にジャンプする

「USB PD」規格に対応したものを選ぼう

USB-Cポートを搭載するMacBook Air/Proは、「USB Power Delivery(USB PD)」という急速充電規格に対応しています。

MacBook Air/Pro搭載のUSB-Cポート
MacBook Air/Pro搭載のUSB-Cポートは「USB PD」に対応

PD充電はMacBookに限らずiPhoneやiPad、Androidデバイス、Windowsパソコンなど幅広く対応する急速充電規格。MacBookのUSB充電器を選ぶ際にはPDに対応したUSB充電器とUSB-Cケーブルを選ぶようにしましょう。

  • MacBook Air/Pro(USB-Cポート搭載モデル)は、急速充電規格「USB PD」に対応
  • MacBookを充電するためのUSB充電器はUSB PDに対応するものを選ぼう

MacBookの充電に必要なW(ワット)数を確認する

充電時に必要になるワット(W)数は、MacBookモデルによって異なります。「どれくらいのワット数のUSB充電器を選べばいいの?」ということは、充電したいMacBookに付属されえているUSB充電器のワット数を確認することで目安を知ることができます。

MacBook付属充電器のワット数をチェック
付属USB充電器のワット数を目安にしよう

上はMacBook Pro 13インチ付属のUSB充電器です。小さく「61W」と書かれていますね。つまり、MacBook Pro 13インチの場合はだいたい60W以上のUSB充電器を用意すれば付属充電器と同等以上の速度で充電できる、ということになります。

参考に各MacBookモデルに付属されているUSB充電器のワット数をまとめておきます。

付属充電器のワット数以下であっても充電できなくはないのですが、充電速度が極端に遅くなってしまいます。使用しながらだと充電しているのにも関わらずバッテリー残量が減っていく……という現象が起こることも。

基本的にはMacBook付属のUSB充電器に記載されているワット数以上のもの、あるいはそれに近いものを選ぶようにしてください。

なお、PD充電は規格上、最大100Wの充電に対応しています。MacBook側も最大100Wの充電に対応するので、フルスピードで充電したいということなら「最大100Wに対応するPD充電対応USB充電器」を用意すればOK、ということになります。

  • MacBook付属のUSB充電器のワット数を目安にしよう
  • ワット数が大きいUSB充電器ほど、MacBookを高速に充電できる(最大100W)

使用シーンで選ぶUSB充電器のタイプ

USB充電器を購入する際は、「どのようなシーン・環境でMacBookを充電するのか」という点を事前にイメージしておきましょう。

自宅や職場での充電がメインなら、高速に充電できるワット数の高い「高出力タイプ」がおすすめです。MacBookとともにUSB充電器を持ち運ぶことが多いなら、コンパクトで軽量タイプが最適です。

  • 購入後に後悔しないためにも、MacBookをどのようなシーン・環境で充電するかを事前にイメージしておく

メーカーの信頼性は超重要!

USB充電器やモバイルバッテリーなどの電源周りのアクセサリーにおいては、「そのメーカーは信頼できるメーカーか」という点が超重要です。

PDという急速充電規格には、仕様に細かな決まりがあります。その決まりを遵守するかどうかはメーカー次第。なかには規格に準拠していないPD充電器も存在します。ただ購入時にそれらを細かく確認することは難しいので、やはりメーカーの信頼性が大事になってくる、というわけです。

製品の性能や価格も重要ですが、「安全に普通に使える」ということは大前提。本記事でご紹介しているUSB充電器は、筆者自身が実際に購入し愛用しているものが中心です。安心して選んでいただければと思います!

  • 電源周りのアクセサリーは、特にメーカーの信頼性が超重要!

盲点になりやすいUSB-Cケーブルの充電性能の違い

MacBookをPD充電するとき、PDに対応したUSB充電器と、PDに対応したUSB-Cケーブルを使用する必要があります。

さらにPD充電に対応したUSB-Cケーブルでも、「3Aケーブル」と「5Aケーブル」の2種類あり、それぞれ充電性能が異なります。

  • 60Wを超えるPD充電の場合は、5Aケーブル(最大20V/5A)が必要
  • 60W以下のPD充電の場合は、3Aケーブル(最大20V/3A)でも5AケーブルどちらでもOK

この2点に注意してください。

せっかく100Wに対応したUSB充電器を用意したとしても、3Aケーブルを使ってしまえばケーブルの充電性能がボトルネックとなり60Wに抑えられることになってしまいます。5Aケーブルを用意することで100W充電が可能になります。

参考に僕がよく使っている5Aに対応したUSB-Cケーブルをご紹介しておきましょう。

↑ 最大100WのPD充電に対応するUSB-Cケーブルです。USB 3.1(Gen2)に対応し高速なデータ転送にも対応、オルタネートモードにも対応するのでUSB-Cディスプレイへの接続ケーブルとしても使えます。

↑ Thunderbolt 3ケーブルも規格の仕様上、100WのPD充電に対応します。

↑ こちらは3A対応。60W以下のPD充電であればこれでOKです。もちろん大は小を兼ねるで5Aケーブルを購入しておくのもありです。

  • PD充電するには、PDに対応したUSB充電器と「PDに対応したUSB-Cケーブル」が必要
  • 60Wを超えるPD充電を行うには、「5AのPD対応USB-Cケーブル」が必要
スポンサーリンク

MacBook Air/ProにおすすめのUSB充電器10選

それではここからおすすめのUSB充電器をご紹介していきましょう!後半でMacBookを車内で充電できるUSBカーチャージャーやモバイルバッテリーもご紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてください!

Anker PowerPort Atom III Slim(30W)

まずご紹介するのは、Anker(アンカー)の超コンパクトで軽量なUSB-C充電器「 PowerPort Atom III Slim」です。Ankerはいわゆる中華メーカーなのですが、電源周りのアクセサリーでは非常に信頼のおけるメーカー。僕自身も好んで選ぶメーカーでもあります。

Anker PowerPort Atom III Slim(30W) MacBook USB充電器
厚さ約1.6cmの超コンパクトUSB充電器

PowerPort Atom III Slimは最大30WのUSB-Cポートを搭載するUSB充電器で、最大の特徴はその名のとおりスリムなフォルム。厚さはたった約1.6cmで小さめのポケットにも収まってくれます。折りたたみ式プラグであることもポイント。携帯性は抜群ですね!

PowerPort Atom III Slimには、「シリコンより小さくパワフルに」を実現できるGaN(窒化ガリウム)という素材が採用されています。このサイズ感で30W充電できるのですからすごい!携帯性を重視したい方におすすめしたいUSB充電器です。

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大30W)
  • GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト&軽量なUSB充電器
  • 折りたたみ式プラグ
  • 約76 × 45 × 16 mm、約57 g
  • ブラック/ホワイト
  • MacBook Airにおすすめ

Anker Nano II 30W

30Wに対応するUSB充電器では、Ankerの「Nano II 30W」が最小・最軽量クラス。そのサイズはなんと約38 × 32 × 30 mm(プラグ部を含まず)、重量はたったの約47gです。

Nano II 30WにはAnkerの独自技術「GaN II」が採用されています。前世代よりも熱やノイズを抑えつつ小型化されているとのこと。折りたたみ式プラグでないことは残念ですが、30Wでこのサイズは驚異的です!

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大30W)
  • Ankerの独自技術「GaN II」採用
  • 約38 × 32 × 30 mm(プラグ部を含まず)、約47 g
  • MacBook Airにおすすめ

Anker PowrPort Atom III 45W Slim

一発目にご紹介した「PowrPort Atom III」の45W版。サイズは約84 x 50 x 20 mmと30W版の約76 × 45 × 16 mmと比較するとひとまわり大きくなるものの、そのパワーを考えると十分コンパクトです。

カバンの小さいポケットにもスルッと収まってくれる薄型フォルムが最大の特徴であり、PowrPort Atom IIIを選ぶ最大の理由にもなります。

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大45W)
  • GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト&軽量なUSB充電器
  • 折りたたみ式プラグ
  • 約84 x 50 x 20 mm、約85 g
  • MacBook Airにおすすめ

Anker Nano II 45W

続いてご紹介するのは、Anker Nano IIの45W版。45Wというパワーにもかかわらず、サイズは約35 x 38 x 41 mmと超コンパクトなUSB充電器です。30W版ではプラグは折りたためませんでしたが、こちらの45W版は折りたたみ式プラグで持ち運びにも便利です。

Anker Nano IIの30W版と45W版には大きい価格差はありません。当然ワット数が大きいぶん45W版のほうが高速に充電できますし、折りたたみ式プラグであることを考えるとサイズも大きな差はないでしょう。30W版の購入を検討されている方は、ぜひ45W版もあわせて検討してみてください!

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大45W)
  • Ankerの独自技術「GaN II」採用
  • 折りたたみ式プラグ
  • 約35 x 38 x 41 mm、約68 g
  • MacBook Airにおすすめ

Anker PowerPort Atom III 63W Slim

MacBookに加えてスマホやタブレット、ワイヤレスマウスやキーボード、カメラなど。充電が必要になるものはなにかと多いですよね。このような複数ポートを搭載するUSB充電器をひとつ持っておくと便利です。

Ankerの「PowerPort Atom III 63W Slim」は、最大45WのUSB-Cポートを含む複数ポートを搭載するUSB充電器です。USB-Cポート × 2(45W & 18W)、USB-Aポート × 2(各12W)を搭載。
※USB-Cポート同時使用時は30W & 18W

Anekr PowerPort Atom III 63W Slimを設置
複数ポートを搭載するコンパクトなUSB充電器(上はMBP 13インチとiPhone 12 miniを充電)

こちらもGaN(窒化ガリウム)が採用されており、複数ポートを搭載するUSB充電器ながらコンパクト。ケーブル付きの据え置きタイプ(ケーブル長は1.5m)ということもあり置き場所に困ることはないはずです。

PowerPort Atom III 63W Slimには両面テープが付属されています。デスクの上に置いてもいいですし、デスクの裏側に貼り付けてしまうのもありでしょう。MacBookの充電だけでなくあればなにかと役に立ってくれるアイテムです!

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 2(最大45W & 最大18W、同時使用時は最大30W & 最大18W)
  • USB-Aポート × 2(各最大12W、合計最大15W)
  • 合計最大63W
  • GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト&軽量な複数ポート搭載充電器
  • 約 88 × 86 × 18mm、約156g(ケーブル除く)
  • MacBook Airにおすすめ

Anker PowerPort III 65W Pod

MacBook Pro 13インチを充電するなら、60W以上に対応したUSB充電器が最適です。45W前後のものでも充電できるものの、充電速度を考えるとやはり60W以上が最低限のライン。

Ankerの「PowerPort III 65W Pod」は、最大65Wの出力を誇るパワフルなUSB充電器です。しかもサイズが約66 × 29 × 45 mmとコンパクトです。

Anker PowerPort III 65W PodとMacBook Pro 13インチ
Anker PowerPort III 65W PodとMacBook Pro 13インチ

65Wでこのサイズ。折りたたみ式プラグもいいですね!少し細長いフォルムなので、コンセントの差し込み口が連なっている電源タップでも使いやすいのではないでしょうか。

PowerPort III 65W Podはコスパという点でも魅力的なUSB充電器です。価格が約3,000円と65WクラスのUSB充電器のなかでも比較的選びやすい価格。Appleの「61W 電源アダプタ」が7,480円ですから、そのコスパの良さが分かります。

PowerPort III 65W Pod65WクラスのUSB充電器なら、まずチェックしたい製品です!

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大65W)
  • 折りたたみ式プラグ
  • 約66 × 29 × 45 mm、約121 g
  • MacBook Air、MacBook Pro 13インチにおすすめ

Anker Nano II 65W

上でご紹介したPowerPort III 65W Podよりも1,000円ほどアップしますが、コンパクトさにこだわるのなら同じくAnkerの「Nano II 65W」がおすすめです。

Anker Nano II 65Wのサイズ感
65Wに対応するとはにわかに信じがたいサイズ感

サイズは約44 x 42 x 36 mmと超コンパクト。ひと昔前の感覚だと5Wとか10Wのサイズ感。65Wということを考えると驚異的なサイズです。

Nano II 65WとPowerPort III 65W Pod
Nano II 65WとPowerPort III 65W Pod

Nano II 65WとPowerPort III 65Wを並べて見るとこんな感じ。PowerPort III 65Wも相当小さいはずなんですが、Nano II 65Wをそれを上回る小ささ。びっくりです。

Nano II 65WはPowerPort III 65W Podよりも少し価格が上がりますが、持ち運びすることが多いのなら要チェックのUSB充電器です!この小ささは衝撃ですよ!

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大65W)
  • Ankerの独自技術「GaN II」採用
  • 折りたたみ式プラグ
  • 約44 x 42 x 36 mm、約112 g
  • MacBook Air、MacBook Pro 13インチにおすすめ

AUKEY 100 USB-C充電器

MacBook Pro 15インチや16インチの充電となると、90W前後のUSB充電器が必要になってきます。

こちらはAUKEY(オーキー)のMacBookを最大100Wで充電できるパワフルなUSB充電器です。

AUKEY 100 USB-C充電器 MacBookを充電
MacBook Air/Proをフルスピード充電!

USB-Cポートの単一使用時は最大100Wに対応、MacBook各モデルをフルスピード充電できます。2つのUSB-Cポートを同時使用した場合でも各ポート最大45Wと、MacBook Airなら2台同時に充電できるパワー。性能面では最強のUSB充電器でしょう!充電速度にこだわるならコレでOKです!

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 2(単一ポート使用時は最大100W、2ポート同時使用時は最大45W & 最大45W)
  • USB-Aポート × 2(各最大12W、合計最大15W)
  • 合計最大102W
  • 約69.8 x 69.3 x 33mm、約223g
  • MacBook Air、MacBook Pro 13インチ、15インチ、16インチにおすすめ

LinkOn 84W USBカーチャージャー(60W対応USB-Cポート搭載)

移動などでMacBookを車内に持ち込むことが多いのなら、USBカーチャージャーを持っておくと便利です。

LinkOnの84W USBカーチャージャーは、最大60WのUSB-Cポートを搭載。さらに最大18WのUSB-Aポートを2つ搭載します。

最大60WのUSB-Cポートを搭載するUSBカーチャージャーはそう多くありません。しかもこれは60W充電しながらさらにスマホやタブレットを充電できるのですから、なかでもパワフルなUSBカーチャージャー。

MacBook Pro 15インチ、16インチを充電したい方は次にご紹介するUSBカーチャージャーをチェックしてみてください!

ここがポイント!
  • PD対応USBカーチャージャー
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大60W)
  • QC 3.0対応USB-Aポート × 2(各ポート最大18W、2ポート同時使用時は各最大12W)
  • 合計最大84W(60W + 12W + 12W)
  • MacBook Air、MacBook Pro 13インチにおすすめ

LinkOn 112W USBカーチャージャー(90W対応USB-Cポート搭載)

同じくLinkOnのハイパワーなUSBカーチャージャー。こちらはなんと最大90Wに対応するUSB-Cポートを搭載します。

LinkOn 112W USBカーチャージャー MacBook USB充電器
最大90WのUSB-Cポートを搭載するUSBカーチャージャ-!

最初見かけたときは「ほんまかいな」と思わず疑ってしまいましたが、MacBookに接続してみると確かに90W充電できています。心配していた熱も問題なさそうなので、僕はこれを車内に常備して愛用しています。

詳しくは上のレビュー記事でご紹介しています。USBカーチャージャーとしてはお高めではありますが、限られた時間内で充電することになる車内でこそ活躍してくれるUSBカーチャージャーです!

ここがポイント!
  • PD対応USBカーチャージャー
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大90W)
  • QC 3.0対応USB-Aポート × 1(最大18W、Huawei SuperCharger 22.5W対応)
  • MacBook Air、MacBook Pro 13インチ/15インチ/16インチにおすすめ

人気の「PD対応USBカーチャージャー」をチェック!

Anker PowerCore III Elite 25600 87W

最後にご紹介するのは、Ankerのモバイルバッテリー「PowerCore III Elite 25600」です。25600mAhを搭載する超大容量モバイルバッテリーで、最大87WのUSB-Cポートを搭載します。

Anker PowerCore III Elite 25600 87WでMacBookを充電
でかいがあれば心強い!MacBookを充電できるモバイルバッテリー

超大容量モバイルバッテリーだけあってサイズは約183.5 × 82.4 × 24.0 mmと巨大。重量も約573gと500mlのペットボトルを超える重さ。

大きく重いモバイルバッテリーとはいえ、電源のない環境でMacBookを充電できる心強いアイテム。僕が普段持ち歩いているMacBook Pro 13インチなら1回以上フル充電できるので、モバイルバッテリーひとつで3日以上はもつでしょうか。これを持っているか持っていないかで安心感が違います。

Anker PowerCore III Elite 25600 87WでMacBook Pro 13インチを充電

問題なく87W充電できていますね。MacBook Pro 15インチ/16インチの充電も問題ありません。MacBookでも使えるモバイルバッテリーならこれで間違いありません!

ここがポイント!
  • 25600mAh搭載の超大容量モバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 2(単一ポート使用時は最大87W、2ポート同時使用時は最大60W + 最大18W)
  • USB-Aポート × 2(最大18W、2ポート同時使用時は合計最大15W)
  • 約183.5 × 82.4 × 24.0 mm、約573 g
  • PD対応USB-Cケーブル(3A)付属
  • MacBook Air、MacBook Pro 13インチ/15インチ/16インチにおすすめ

人気の「PD対応モバイルバッテリー」をチェック!

スポンサーリンク

MacBook Air/ProにおすすめのUSB充電器まとめ

最後に、MacBookを充電するためのUSB充電器を選ぶ際のポイントをおさらいしておきます。

  1. 急速充電規格「PD」に対応した充電器を選ぶ
  2. MacBook付属の充電器のW数を目安にする
  3. 60Wを超える充電には5Aケーブルが必要
  4. 利用シーンに適したサイズ、重量の充電器を選ぶ
  5. 信頼できるメーカーの充電器を選ぶ

この5点を押さえておけばOKです!

MacBookは、デスクの上でもソファに座っているときでも、移動中でも、環境を選ばずそのパフォーマンスを発揮してくれます。自宅や職場では高速に充電できる「高出力タイプのUSB充電器」、持ち出し時には「コンパクトで軽量なUSB充電器」や「モバイルバッテリー」、車内では「USBカーチャージャー」といったように、シーンや環境に応じて複数のUSB充電器を用意しておくことで、MacBookがさらに便利になります。ないより、バッテリー残量に関するストレスが減ります。

ぜひ本記事を参考に、あなたの使い方や環境に合ったUSB充電器を選んでいただければと思います!

コメント