【レビュー】Spigenのリキッド・エアーをiPhone 8 Plusに装着!薄くて手に馴染む耐衝撃ケース

【レビュー】Spigenのリキッド・エアーをiPhone 8 Plusに装着!薄くて手に馴染む耐衝撃ケース

iPhone 8 Plusを購入し「そろそろケースを装着しなくちゃな」と思っていたところ、人気ケースメーカーSpigenの「リキッド・エアー」を見つけたので自腹で購入、実際に使ってみたらめっちゃよかったので紹介!

詳しくは後述しますが、装着感を感じさせない薄さ、そしてほどよいグリップ感がもともとケース嫌いの僕にドンピシャ。かなり気に入ったのでしばらくこれでいこうと思っています。

Advertisement

そもそもiPhone8/8Plusにケースはいるのかという話

「普通にいるよ!」というのが僕の結論。僕がどちらかというとケースを使いたくない派なんですが、今回つけようと思った最大の理由が「グリップ感が欲しい」という理由です。

iPhone 8 Plusが届いてから1日1回のペースで落としていたので、「これはいつかやっちゃうだろうな」と思ってたんです。そのすべてが操作中の出来事で、手が滑り落ちてしまうようなかたちで落下させています。

幸いなことに落下させた先が柔らかめのフロアこともあり、傷がつかずに済みましたが、これがアスファルトだったら…と考えるとおそろしい。

さすがに買ったばっかりのiPhoneを裸で豪快に使えるほど僕は金持ちじゃないので、ケースを購入することにしたという流れです。

僕がケース嫌いである理由はかさばってしまうから。まぁ利便性、保護性どっちに重きに置くか、ということですが、僕のようなジレンマがある人って結構多いんじゃないでしょうか。

ケースは必要だよなと思いながら利便性の低下を心配している…まさしくそんな僕にこのケースはドンピシャでした。

Spigen「リキッド・エアー」の特徴

iPhone 8 Plus用 Spigen「リキッド・エアー」

Spigen「リキッド・エアー」はMIL規格(米軍軍事規格)を取得したソフトTPUケース。やわらかすぎず硬すぎずのTPUがしっかりiPhone本体を保護してくれます。

手帳型ケースではないので収納機能は皆無ですが、特徴はなんと言っても厚さ0.3cmと薄型となっているところ。僕がケースを選ぶ上で最重視しているものが薄さなんですが、これだけ薄ければ違和感なく使えそうです。

これ以上薄いケースも存在しますがこれ以上薄いと耐衝撃性能がどうしても下がってしまいますからね。この辺がちょうどいいところかと。

耐衝撃性能でいうとケース四隅に搭載された「エアークッション」も特徴的です。これが衝撃を効率よく逃してくれる…らしい。

あとSpigenのケースが評価されている理由のひとつとしてその「デザイン性の高さ」。個人の好みもあるところですが、これをかっこよくないと思う人は少数派でしょう!

開封・外観

Spigen「リキッド・エアー」外箱

まずはお決まりの外箱をパシャッと。なんの変哲もない外箱ですがかっこいい雰囲気が伝わってきます。

外箱からケースを取り出し早速装着!

Spigen「リキッド・エアー」装着したところ

うんうん。いい感じです。

Spigen「リキッド・エアー」背面

背面はこんな感じ。この独特な模様というかデザインがかっこいいですな!さりげない「Spigenマーク」もかっこいい。

マットな質感で指紋もほぼ目立ちません。iPhone 8 Plusは背面がガラスパネルなんで、裸の状態だとどうしても指紋が目立ちやすいのですが、これなら気にしなくて済みます。もちろん、背面ガラスやAppleロゴは隠れてしまいますが、3日も裸で使えば見飽きたので問題なし。

Spigen「リキッド・エアー」カメラレンズ周り

今となってはおなじみになってしまった「出っ張ったカメラレンズ」。このケースは出っ張り部分よりも少し高く設計されているため、平置きしてもレンズ部分が接触することはありません。しばらく裸で使っていた僕にとっては気にせず平置きできるのは嬉しいですね。逆に画面側を下にして置いたときも画面が接触することはありません。

というかすごいですよ、このぴったり過ぎるサイズ感!さすがSpigen!と言いたくなるところです。フラッシュやレンズのフチを見てもらえれば分かりますがピッタリです。

Spigen「リキッド・エアー」ケース裏面

ケース内側にはクモの巣状の衝撃吸収加工が施されているとのこと。内側にしておくのがもったいないと思うほど秀逸なデザインです。

Spigen「リキッド・エアー」側面

各ボタンへのアクセスは問題なし。サウンドオン/オフボタンのみ露出しています。しっかりとクリック感もありむしろこっちのほうが押しやすいかも。

Spigen「リキッド・エアー」Lightning端子まわり

下部のスピーカーホールに若干干渉してしまっていますが、まぁ許容範囲じゃないでしょうか。これが原因で音がこもってしまう…なんてことはありません。

Spigen「リキッド・エアー」でワイヤレス充電

僕にとっては割りと重要な「ケースを装着したままのワイヤレス充電」もバッチリ!特に充電しにくくなったとかはありません。

Spigen「リキッド・エアー」を使ってみての感想

ケースを装着することでほどよいグリップ感が生まれ、装着してからヒヤッとすることもなくなりました。

まだ落としたことがないので耐衝撃性能についてはレビューしかねますが、いかにも守ってくれそうな雰囲気なのでまぁ大丈夫でしょう!

あと満足している点でいうとケースの質感ですね。ガラスだとどうしても指紋が目立つんですが、このケースはマットな質感となっているため指紋はほぼと言っていいほど付きません。

指紋は気になりだすと止まらないですからねぇ。気にしなくて済むので気が楽です。

逆に不満に思っている点ですが…考えましたが今のところ見当たりません。いや、ほんとに!サイズ感もぴったりだし、それほど完璧に近いケースなんじゃないでしょうか。

iPhone 8、iPhone 8 Plusを購入されたあなた!候補リストにぜひSpigenの「リキッド・エアー」を加えてください!

ちなみにカラーはブラックとミッドナイト・ブルーの2色あります。僕が選んだのはミッドナイト・ブルー。お好みにあわせて選んでみてください。

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

iPhoneケース・カバーカテゴリの最新記事