LINEモバイル

【LINEモバイル】特徴から速度比較まで徹底解剖!

投稿日:

こんにちは、テンです。

ここ最近選ぶ人が増えてきている人気格安SIMの「LINEモバイル」
僕もスマホとSIMフリー版のiPadでお世話になっていますが、誰もが知るあの「LINE」が運営する格安SIMということで検討している人も多いんじゃないでしょうか。

関連記事10.5インチiPad ProをLINEモバイルで運用してみた!キャリア版との料金比較と通信速度レビュー

この記事ではLINEモバイルの特徴や通信速度の他社比較まで徹底解説したいと思います。

特に現在ドコモを使っている人であればスマホそのままにLINEモバイルに乗り換えることが可能ですので、ぜひ参考にしてください!

テン
僕がLINEモバイルを分かりやすく説明するよ!
ひよこさん
よろしくー!

LINEモバイルの特徴を解説!

まず最初にLINEモバイル特徴について解説していきます。LINEモバイルの人気の秘密はどこにあるのでしょう。

ひよこさん
ワクワク♩

1、対象のSNSのデータ通信量が使い放題

LINEモバイルのプランは大きく分けて「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」の2つがあり、LINEフリープランではLINE、コミュニケーションフリープランではLINEに加えてTwitter、Facebookのデータ通信量がカウントされず、使い放題となります。

ひよこさん
テンさん!LINEとかTwitterはもともと無料で使い放題だよ?
テン
そうだね、サービス自体は無料なんだけど、ここで言う使い放題というのは、対象のSNSサービスを利用するときにかかるデータ通信量が契約しているプランの容量の消費に"カウントされない"ってこと。
例えばいくらLINEやFacebook、Twitterで画像や動画を閲覧してもデータ通信量無制限で使えるんだよ。
ひよこさん
なるほど!LINE通話を使ってもデータ通信量が消費されないってことだね!
カウントフリー対象SNS
LINEフリープラン
コニュニケーションフリープラン
MUSIC+プラン
LINE
FaceBook
Twitter
Instagram
LINE MUSIC

ちなみにLINEアプリは無料通話、ビデオ通話もカウントフリー対象です。仮に速度制限がかかってしまってもカウントフリー対象サービスは無制限に利用することができます。

参考これは対象?対象外?LINEモバイルのカウントフリーの詳細まとめ

2、LINEの年齢認証ができる

LINEのID検索はLINEアプリ内で「年齢認証」しなければ使うことができません。大手携帯キャリアの場合は年齢認証をすることができるのですが、格安SIMの場合は基本できません。LINEモバイルはこの格安SIMのデメリットのひとつをクリアできるわけです。

ひよこさん
格安SIMへの乗り換えでネックになりやすいLINEの年齢認証ができるのは便利!

3、月額料金500円から使用できる手軽さ

LINEモバイルは月額料金500円から利用できる手軽さも大きな特徴です。ここではLINEモバイルで発生するお金についてまとめています。

LINEモバイルの月額料金

LINEモバイルの月額料金
LINEフリープラン
データ通信専用プラン
音声通話付きプラン
1GB
500円
1200円
SMS機能
+120円
無料
カウントフリー対象
LINE
コミュニケーションフリープラン
データ通信専用プラン(SMS付き)
音声通話付きプラン
3GB
1110円
1690円
5GB
1640円
2220円
7GB
2300円
2880円
10GB
2640円
3220円
カウントフリー対象
LINE、Twitter、Facebook
MUSIC+プラン
データ通信専用プラン(SMS付き)
音声通話付きプラン
3GB
1800円
2390円
5GB
2140円
2720円
7GB
2700円
3280円
10GB
2940円
3520円
カウントフリー対象
LINE、Twitter、Facebook、LINE MUSIC

LINEモバイルのオプションサービス

参考としてオプションサービスについてもまとめてみました。やはり嬉しいのは10分電話かけ放題オプションの登場です。10分以内の通話し放題で月額880円という安さはすごい!

オプションサービス
内容
月額料金
パケット関連オプション
データ容量追加データ容量を追加で購入できる。500円/0.5GB
1,000円/1GB
3,000円/3GB
※購入は月3回まで
通話関連オプション
10分電話かけ放題オプション10分以内の国内通話が何度電話しても定額で使える880円
留守番電話留守番電話サービス300円
割込通話通話中でも別の人からの電話にでられる。200円
転送電話電話がかかってきたときに、登録した別の電話に転送できる。無料
※別途通話料が発生
セキュリティ関連
フィルタリングアプリ i-フィルター子供から有害コンテンツをブロック。無料
端末関連
端末保証
(LINEモバイルで端末購入した端末)
端末がトラブルにあった時に特別料金で修理、もしくは端末交換してくれる。450円
1回目 5,000円
2回目 8,000円
持込端末保証
(自身で用意した端末)
端末がトラブルにあった時に特別料金で修理、もしくは端末交換してくれる。
※修理費用の上限は50,000円まで。iOS端末は修理のみの対応
500円
1回目 4,000円
2回目 8,000円
ひよこさん
この価格で10分通話し放題はいいかも!

4、あなたのドコモ端末がそのまま使える!

LINEモバイルはドコモ回線を利用しています。つまりもしあなたがすでにドコモスマホを持っているなら、スマホそのままにLINEモバイルに乗り換えることができます。

ただ使用するスマホ端末によってはテザリングができなかったり一部機能が制限される可能性があるので、乗り換える前に確実に動作確認済み端末を確認しておきましょう。

■LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me
テン
わざわざスマホを買い換えなくても乗り換えられるってことだね!

5、LINE公式アカウントと連携でデータ残量もらくらく確認

LINEモバイル公式アカウントアプリデータ残量の確認やチャットでの問い合わせなど様々な情報をLINEモバイル公式アカウントと連携してかんたんにLINEアプリ上で確認することができます。

ちなみに、LINEモバイルは「契約者連携」と「利用者連携」の2つの連携を設定することができ(それぞれにLINEアカウントを紐づける)、子供にスマホを使用させるときなどに便利です。子供に契約変更や設定変更をさせたくない場合などに有効です。

テン
いつも使っているLINEアプリでデータ残量をチェックできるのはイイね!

6、LINE友達にパケットシェアできる

上記LINEモバイル公式アカウントと連携をとるこでアプリ上でLINEモバイルを使っている友だちに自分のデータ容量をプレゼントすることができます。

「今月ピンチだからデータ分けて〜!ちゃんと来月返すから!」ということもできちゃうのは便利!家族、友達とLINEアプリ経由でパケットシェアできるのはLINEモバイルの強みです。

7、LINEで使えるポイントが貯まる!

月額基本料の1%分のLINEポイントが毎月たまります。貯まったポイントはLINEスタンプやLINE内のコンテンツを購入する際に使うことができます。(契約者連携が必要)

テン
LINEポイントはAmazonギフト券などの金券や電子マネー(LINE Pay)にも交換できるから、LINEスタンプを購入しない人でも有効利用できるよ!

LINEモバイルの注意点(デメリット)

LINEモバイルには便利な点もあればデメリットも存在します。LINEモバイルに乗り換える際はデメリットについてもきっちり理解しておくようにしましょう!

そもそもSNSに使うデータ量はそんなに多くない?

LINEモバイルはLINEはもちろん、TwitterやFacebookの使用がデータ通信カウントフリー対象になる独自のサービスが売りではありますが、そもそもあまり使わない人にとってはメリットにならないかもしれません。

テン
LINEのトークやTwitterやFacebookのタイムラインを確認する程度ならそんなにデータ量は消費しないしね。
ひよこさん
実際にLINEだとどれぐらいのデータ量を消費するんだろ?
テン
ちょっと計算してみよう!
LINEアプリの通信量の目安
LINEトーク(テキストのみ)
約1kB~2kB/通
※1kB=0.001MB
LINEトーク(画像)
約200kB~
LINE無料通話
約0.9MB/3分
約18MB/1時間
LINEビデオ通話
約15.5MB/3分
約300MB/1時間

※数値は目安として参考にしてください。

ひよこさん
LINEトークならほぼ気にならない通信量だね。
ただビデオ通話はやっぱり通信量が桁違いだ!
テン
うん、そうだね!
この数値を参考にしてLINEの通信量カウントフリーが自分にメリットがあるかどうか考えてみよう。

データ通信プランが3GB以上は割高に

毎月500円から使える手軽さはあるものの、3GB以上のプランになると格安SIM事業者と比較すると少し割高になります。

例えば5GBプランで比較してみると・・・

LINEモバイルコミュニケーションフリープラン5GB(音声付き)2220円 /月
DMMモバイル5GBプラン(音声付き)1910円 /月

その差はわずかではあるものの、格安SIM最安値レベルを売りにしているDMMモバイルと比較すると割高になっています。

テン
コスパにこだわるならDMMモバイルがおすすめ。
ひよこさん
やっぱりカウントフリー対象になるSNSサービスをどれぐらい使うかがポイントになりそうだね!

乗り換える前にスマホ端末の動作確認を!

必ず事前に動作確認済み端末を確認するようにしましょう。

もちろんSIMフリー端末であれば問題なく利用できます。しかしドコモ以外の通信会社から購入した端末であればテザリングなどの一部の機能が使えなかったり、SIMロック解除が必要になったりします。動作確認済みの端末はLINEモバイル公式サイトから確認できます。

関連記事LINEモバイルでテザリングができるスマホとは?注意点まとめ【iPhone&Android】

LINEモバイルの速度比較

テン
次は気になるLINEモバイルの通信速度について掘り下げていこう。
ひよこさん
やっぱり速度は遅いより速いほうがいいに決まってるよ!
テン
ただ通信速度は使用する端末性能、エリア、時間帯などいろいろな要因に左右されるから比較するのは非常に難しいんだけどね。

ランチタイム時(12時台)の通信速度

主要な格安SIM事業者との速度比較(12時台)
IIJmio0.43MbpsWonderLink F1.75Mbps
DMM mobile0.48MbpsBIGLOBE LTE・3G0.62Mbps
mineo(Dプラン)0.57MbpsOCNモバイルONE0.85Mbps
楽天モバイル0.21MbpsSo-net0.13Mbps
FREETEL0.60Mbpsmineo(Aプラン)0.45Mbps
NifMo0.55MbpsUQ mobile5.87Mbps
Y!mobile17.00Mbpsイオンモバイル0.49Mbps
DTI0.31MbpsLINEモバイル12.35Mbps

※通信速度はエリア、周囲の利用環境に左右されます。あくまでも参考程度にしてください。

ひよこさん
やっぱりランチタイムの混雑時だけあって全社とも速度が落ち込んでるね。
けどLINEモバイルが際立って速度が出てる!

夕方(17時台)の通信速度比較

主要な格安SIM事業者との速度比較(17時台)
IIJmio11.80MbpsWonderLink F11.25Mbps
DMM mobile10.02MbpsBIGLOBE LTE・3G11.20Mbps
mineo(Dプラン)17.52MbpsOCNモバイルONE9.80Mbps
楽天モバイル8.75MbpsSo-net1.95Mbps
FREETEL14.56Mbpsmineo(Aプラン)10.37Mbps
NifMo17.20MbpsUQ mobile8.86Mbps
Y!mobile17.70Mbpsイオンモバイル12.05Mbps
DTI3.15MbpsLINEモバイル16.52Mbps

※通信速度はエリア、周囲の利用環境に左右されます。あくまでも参考程度にしてください。

ひよこさん
ここでもLINEモバイルがダントツに速度が出てる!
テン
比較的空いている時間だから、LINEモバイルの他にも軒並み通信速度が上がってるね。
これぐらい速度があれば動画だって高画質で見れるよ!
ひよこさん
けど、通信速度が普段使いでどれぐらい影響するのかよくわからないな。
テン
うーん。難しい疑問だけど、使用する内容によって必要になる通信速度はこんな感じ。
必要になる通信速度の目安
最低余裕
LINEやメール0.1mbps1mbps
Webサイトの閲覧0.2mbps2mbps
動画0.5mbps3mbps
高画質の動画2mbps5mbps
アプリのダウンロード5mbps30mbps
ひよこさん
これぐらいなら格安SIMでも全然大丈夫だね!
テン
そう。格安SIMも意外に使えるってことを分かってほしかったんだ。
大容量のアプリなんかをダウンロードする時はデータ通信量も消費するし厳しいかもだけど、そういう時はフリーWi-Fiや家のWi-Fiを併用するといいね。
ひよこさん
テンさんありがとう!
これで安心して格安SIMに乗り換えられるよ!

LINEモバイルの評判はいかに!?

テン
調べてみたらやっぱり料金的に満足している人が多いね!
ひよこさん
やっぱり通信速度が心配。。。
テン
確かにLINEモバイルを選ぶ人が増えたことで当初の爆速振りは落ち着いた感はあるね。
ひよこさん
まぁけど極端には遅くならないみたいだし、スマホの利用料金が半額以下になることを考えると検討してみる価値ありだね!SNSをよく使うからカウントフリーも魅力的だし!

LINEモバイルこんな人におすすめ!

ずばり、LINEモバイルはこんな人におすすめです!

LINE、Twitter、Facebookをよく利用する人

LINEモバイルの売りはなんといってもこれです。普段から対象SNSをよく利用する人にとっては非常に便利ですね。

実際LINEモバイルを契約した人もやはりこのポイントに満足しているようです。

LINEのID検索(年齢認証)が必須な人

LINEモバイルはLINEのID検索ができる唯一の格安SIMです。ID検索が必須ならLINEモバイル一択になります。

ドコモのスマホ端末を利用している人

現在ドコモのスマホ端末を利用している人であれば端末そのままでLINEモバイルに乗り換え可能です。

ただし、事前にLINEモバイル公式サイト動作確認済み端末を確認しておきましょう。

まとめ

やはりLINEモバイルを選択するかどうかは「どれだけカウントフリー対象になるSNSを使っているか」というところになりそうです。

カウントフリーになるのは同サービス内の画像や動画の閲覧する際のデータ通信も対象になるので、そういったデータ量の多いものを観る人にとっては大きなメリットとなります。

テン
LINEモバイルはまだまだサービス開始したばかり。これからどう進化していくかが楽しみだな。
[label color="#83CE11" title="あわせて読みたい" icon="icon-bookmark"]【超まとめ】LINEモバイルにMNPする前に確認すべき注意点と即日MNP手順|実際に乗り換えてみた評価は?

■LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me
  • この記事を書いた人
テン

テン

携帯・家電業界で働きながらブログを運営。世界一かわいい娘を持つ一児の父。野球好き。

おすすめ記事

【保存版】本気で選んだiPhone・iPadおすすめアプリ55選|このアプリがなければ始まらない!? 1

[2017.9.2更新]情報を最新にしました。 いくらiPadという便利なツールを持っていても、便利 ...

2

僕は絵を描かない(描けない)のでApple Pencilの用途はもっぱらメモやノートです。 今までの ...

3

2017年6月に新型iPad Pro(10.5インチ、12.9インチ)が販売開始となりましたね。個人 ...

4

[2017.8.4更新] 最近ちまたを賑わせている漫画アプリ。無料で、しかもスマホで漫画が読めるなん ...

10.5インチiPad Proの外箱 5

自分でも無駄遣いだと思うのですが、この度9.7インチiPad Proからこの夏販売開始となった10. ...

-LINEモバイル
-,

Copyright© リブウェル! , 2017 All Rights Reserved.