LINEモバイル

【LINEモバイル】申し込み前に知っておきたい6つのデメリット

更新日:

この記事では「LINEモバイルのデメリット」ついて解説しています。

ひよこちゃん
テンさーん!LINEモバイルなら毎月のスマホ代が安くなるらしいからに乗り換えるとことにするよ!
テン
そうなんだね!けど、ほんとに乗り換えて大丈夫?デメリットもきちんと理解してる?
ひよこちゃん
うーん、いいところばっかりに目がいってたから、デメリットはあまり分からないかも。。。

LINEモバイルは大手キャリアと比較したときに多くのメリットがある反面、デメリットも存在します。

きちんとデメリットを理解したうえで乗り換えないと思わぬトラブルにつながってしまうこともあります。スマホ代が大幅に安くなるとはいえ、あなたがよく利用するサービスが利用できなくなったり、使い勝手が悪くなっては意味がありません。

それではLINEモバイルのデメリットをみていきましょう。

LINEモバイルのデメリットとは?

まず最初にLINEモバイルのデメリットをまとめます。

LINEモバイルのデメリット
  1. キャリアメール(docomo.ne.jpなど)が使えない
  2. かけ放題プランがない
  3. キャリア提供のサービスが使えない
  4. 通信速度が遅くなる可能性がる
  5. 初期設定を自身で行う必要がある
  6. 使用する端末によってテザリングが使えなくなる

ほとんどのデメリットは格安SIM全般に言えることでもあります。LINEモバイルへの乗り換えはこれらを十分理解したうえで行うようにしましょう。

LINEモバイルだからこそ克服できるデメリットもある

LINEモバイルだからこそ克服できる格安SIMのデメリット
  1. LINEアプリのID検索ができる
  2. 即日MNP(乗り換え)対応
  3. クレジットカード不要で契約できる
  4. LINEモバイルは速度が早い!?(後述)

ここにあげたものは「LINEモバイルだからこそ克服できる格安SIMのデメリット」です。言い換えればこれらはLINEモバイルの強みでもあります。

テン
これがLINEモバイルの人気の秘密だよ!

LINEモバイルのデメリットを解説していく

ここからはLINEモバイルのデメリットについて解説していきます。それらの対処法についてもあわせて紹介していますので、心配な人は参考にしてみてください。

1、キャリアメールが使えない

キャリアメールとは、「docomo.ne.jp」「ezweb.ne.jp」といったキャリアから付与されるメールのことです。格安SIMではこういったキャリアメールを利用することはできません。

しかしスマホユーザーであれば友達とのやりとりはLINEアプリを利用していることが多いですし、「gmail.com」などのフリーアドレスや、Appleから付与される「icloud.com」などは引き続き利用できるのであまり支障がない人がほとんどかと思います。

特にLINEモバイルでは通信量を消費しないカウントフリー対象であるLINEアプリを積極的に活用するようにしましょう。LINEトークに加えて無料通話、ビデオ通話も通信量を気にすることなく好きなだけ使うことができます。

それでもキャリアから乗り換えたときにキャリアメールが消えてしまいますので、メールアドレスを使ってショッピングサイトなどに登録している場合はメールアドレスの変更の手続きが必要ですので、面倒な点でもあります。

このデメリットの対処法
  • カウントフリー対象のLINEアプリを活用!
  • メールアドレスが必要な場合はフリーアドレスを利用する

2、通話し放題プランがない

注目!!2017年3月14日、LINEモバイルは通話し放題のプランを2017年夏頃をめどにリリースことを発表しました!LINEモバイルに通話し放題プランが登場することで通話料金がネックになっていた人も乗り換えやすくなることでしょう!また情報が出てくれば追記させていただきます。

大手キャリアでは通話し放題プランが主流になっていますが、LINEモバイルではかけ放題プランはありません。LINEモバイルの通話料は20円/30秒となっているので長電話してしまうと通話料がかさんでしまう可能性があります。

LINE無料通話を活用して通話料を節約!

LINE友だち同士の通話であれば無料通話を活用することで通話料を節約することができます。さらにLINEモバイルでは無料通話は通信量にカウントされないので好きなだけ通話することができます。

通話アプリを活用して節約

会社の上司など電話をかける先によっては「090」「080」で発信したい場面もあると思います。そういうときは、「楽天でんわ」などの通話アプリを利用することで通話料を削減できます。

楽天でんわという通話アプリ経由で通話すれば通話料が10円/30秒とLINEモバイルの半額程度になります。また楽天でんわは基本料金が0円なので通話した分だけ料金が発生するので無駄はありません。登録、基本料金0円なのでいざというときのために入れておいて損はないアプリです。

このデメリットの対処法
  • 楽天でんわといった通話アプリを活用する
  • LINE無料通話を積極的に利用する
  • 通話し放題プランが登場するまで我慢する!(2017年夏)

3、キャリア提供のサービスが使えない

LINEモバイルはドコモ回線を利用しているものの、あくまでもサービス提供元はLINEモバイルのため、今まで使っていたキャリア提供のサービスを引き続き利用することはできません。

また、毎月の料金に合算して支払いができるキャリア決済は非常に便利なサービスだけあって利用している人も多いかと思いますが、こちらもLINEモバイルでは利用できなくなります。

おすすめの決済サービスとして「LINE Payカード」があります。これは審査不要で誰でも持つことができるチャージ式プリペイドカードなのですが、ひとつ持っておくとLINEモバイルの支払いやネットショッピング、買い物などいろいろな場面で利用できるのでおすすめです。

他にも各キャリアから付与されているポイントも乗り換え完了時に消えてしまいますので注意が必要です。貯まっているポイントは乗り換え前にしっかり使い切っておきましょう。

このデメリットの対処法
  • キャリア決済が使えなくなるので「LINE Payカード」を活用しよう!
  • キャリアから付与されているポイントは乗り換え前に使い切っておく

4、通信速度が遅くなる場合がある

LINEモバイル含め格安SIMはドコモやauから借りた電波帯域を利用してサービスを提供しているため、どうしても通信速度が遅くなることがあります。

それが顕著なのは利用者が多くなるランチタイム(12時〜13時)の時間帯。こういった時間帯は回線が混み合うので、通信速度の低下を感じることがあります。

通信速度は使用する端末や格安SIM事業者によって異なるため、一概にそうだとは言えませんが、この部分はある程度理解しておく必要があります。

ここであくまでも参考ではありますが、ランチタイムの時間帯における各社の通信速度のデータを紹介します。

▶︎ランチタイム(12時〜13時)における各社の通信速度

主要な格安SIM事業者との速度比較(12時台)
IIJmio0.43MbpsWonderLink F1.75Mbps
DMM mobile0.48MbpsBIGLOBE LTE・3G0.62Mbps
mineo(Dプラン)0.57MbpsOCNモバイルONE0.85Mbps
楽天モバイル0.21MbpsSo-net0.13Mbps
FREETEL0.60Mbpsmineo(Aプラン)0.45Mbps
NifMo0.55MbpsUQ mobile5.87Mbps
Y!mobile17.00Mbpsイオンモバイル0.49Mbps
DTI0.31MbpsLINEモバイル12.35Mbps

上の表のとおり、各社がのきなみ速度を落としているのにも関わらずLINEモバイルの通信速度は非常に優秀です。LINEモバイルユーザー間でも速度が早いと評判になっており、LINEモバイルが評価されているところでもあります。

しかし通信速度はエリア、利用者数など様々な要因に左右されますので、あくまでも目安としてとらえ、大手キャリアよりも遅くなる可能性があるということは理解しておきましょう。

また今では多くの公衆無線LANサービスがあるのでそういったサービスを利用する方法もあります。Wi-Fiの活用はスマホをより快適に利用するポイントです。

このデメリットの対処法
  • LINEモバイルは速度が速いと評価されている
  • 公衆無線LANなどのWi-Fiを活用する

5、初期設定を自身で行う必要がある

格安SIMのデメリットのひとつとして、SIMカードが自宅に到着したのちに自身で端末の初期設定を行う必要があることがあげられます。

キャリアショップでは設定された状態で手渡ししてくれますが、LINEモバイルをはじめほとんどの格安SIMでは自分で設定することになります。ただしLINEモバイルのスマホセットを申し込んだ場合は設定された状態で送付してくれます。

ただ「初期設定」と聞くと少し難しそうに聞こえるかもしれませんが、その内容はそう難しいものではありません。早ければ3分かからずできてしまいますし、電話やチャットでサポートも受けることができますので心配いりません。

テン
実際にやってみると「こんなもんか」というような内容だよ!
このデメリットの対処法
  • そう難しい作業ではないのでまずはチャレンジ!
  • 分からなければ電話やチャットなどのサポートを活用

6、使用する端末によってテザリングが使えなくなる

テザリングとは、スマホを親機としてWi-Fiを飛ばし、パソコンやタブレットなどのWi-Fi機器でインターネットが利用できる機能です。外出先にインターネット環境がない場合、スマホのテザリング機能を使えばモバイルルーターのようにインターネットを使用することができます。

しかし、大手キャリアからスマホそのままにLINEモバイルに乗り換えた場合、今まで使えていたテザリングが使えなくなる可能性があります。

LINEモバイルでテザリングが利用できる端末は以下のとおり。

端末
テザリング可否
iPhone7/7 Plus(SIMフリー/docomo)
iPhoneSE(SIMフリー/docomo)
iPhone6s/6s Plus(SIMフリー/docomo)
iPhone6/6 Plus(SIMフリー/docomo)
iPhone5c(SIMフリー/docomo)
iPhone5s(SIMフリー/docomo)
iPhone5(SIMフリー/docomo)
Androidスマホ(キャリア版)
×
SIMロック解除しても不可
Androidスマホ(SIMフリー)

これらの条件に当てはまらない端末でも通話・ネットなどは利用はできてもテザリングを使用することはできないので注意です。

ひよこちゃん
ぼくはiPhoneだから大丈夫ってことだね!
このデメリットの対処法
  • Androidスマホの場合はSIMフリー端末を新たに用意する
  • iPhone(iOS8以降)はテザリングOK
  • 上の条件に当てはまらなくてもテザリング以外は普通に使える

まとめ

テン
LINEモバイルのデメリットは理解できたかい?
ひよこちゃん
うん!バッチリだよ!
テン
なんでもいいところだけじゃなく悪いところも見ておかなくちゃいけないからね!
ひよこちゃん
よーし、きちんとデメリットも確認できたし、LINEモバイルに乗り換えて通信費を節約するぞー!
■LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me
  • この記事を書いた人
テン

テン

携帯・家電業界で働きながらブログを運営。世界一かわいい娘を持つ一児の父。野球好き。

おすすめ記事

【保存版】本気で選んだiPhone・iPadおすすめアプリ55選|このアプリがなければ始まらない!? 1

[2017.9.2更新]情報を最新にしました。 いくらiPadという便利なツールを持っていても、便利 ...

2

僕は絵を描かない(描けない)のでApple Pencilの用途はもっぱらメモやノートです。 今までの ...

3

2017年6月に新型iPad Pro(10.5インチ、12.9インチ)が販売開始となりましたね。個人 ...

4

[2017.8.4更新] 最近ちまたを賑わせている漫画アプリ。無料で、しかもスマホで漫画が読めるなん ...

10.5インチiPad Proの外箱 5

自分でも無駄遣いだと思うのですが、この度9.7インチiPad Proからこの夏販売開始となった10. ...

-LINEモバイル

Copyright© リブウェル! , 2017 All Rights Reserved.