iPhone XSレザーケースの外箱

【レビュー】Apple純正「iPhone XSレザーケース」を買ってみた

【追記2018.9.22】iPhone XSが到着したので、画像を追加しました。

ちょうどいま、Apple公式サイトで予約した「iPhone XS シルバー 256GB」を待っているタイミングです。楽しみすぎて夜も眠れない・・・というのは嘘ですが、今回は「Apple Watch Series 4」も一緒に予約したので2倍の楽しみですね!

そして一緒に注文したものがもうひとつ。そう、Apple純正の保護ケースの「iPhone XSレザーケース」です。これには全8種類のカラーラインナップがあり、選んだのはミッドナイトブルー。

もう数日すればiPhone XSが届くので、このまま待っていてもいいのですが、せっかく同じサイズのiPhone Xが手元にあるということもあって我慢できずに開けちゃいました。

iPhone XSが手元にない状態なので、「参考程度」に読んでいただければと思います。それでもApple純正のiPhone XS/XS Maxレザーケースを検討している人には参考になるかと!

広告

【追記】iPhone XSが到着したので画像を追加

iPhone XSが到着!改めてiPhone XSレザーケースの装着画像をアップします。

iPhone XSレザーケースの装着画像
かなりいい感じ!これは気に入りそう

▲Apple純正ケースなので、もちろんサイズ感・フィット感は問題なし。使い込んでみて革の変化を楽しみたいですね!

▲iPhone XSレザーケースをiPhone Xに装着したときと、iPhone XSに装着したときの比較画像。1mmから2mmないぐらいでしょうか。iPhone Xのほうはわずかな隙間があります。

カメラレンズの位置がずれているというよりか、iPhone XSのほうが大きくなっている感じですね。確かにこの程度なら、各ケースメーカーがiPhone XとiPhone XS兼用として売りたいのも少し分かるかも。

ここで追記おわり。

Apple純正「iPhone XSレザーケース」

まずは見てもらうほうが早いですよね!

外観をどうぞ!

iPhone XSレザーケースの外箱
iPhone XSレザーケースの外箱
iPhone XSレザーケース 開封
いざ、開封!
凹型のAppleロゴがお目見え
凹型のAppleロゴがお目見え

▲さりげないAppleロゴがいい感じ。いいですね、こういうシンプルな感じが。

ケース裏は起毛素材になっている
ケース裏は起毛素材に

▲ケースの裏側は肌触りのいい、安心してiPhoneを任せられる起毛素材になっています。

それではiPhone Xに装着!
それではiPhone Xに装着!

▲勘違いのないようにもう一度書いておきますね。

これは、iPhone XSとレザーケースを注文したけどタイミング的にレザーケースが先に届いたから我慢できずに手元のiPhone Xに付けてみた。と記事です。

装着!
背面側をどうぞ

▲サイズ的にはやはり同じ、ぴったりですね。

各操作ボタンの位置も同じ
各操作ボタンの位置も同じ

▲音量ボタン、サイレントスイッチの位置も同じ。

iPhoneXSレザーケース カメラレンズホール
ちょっとずれてる?

▲よーく見てみると、カメラホールから見えるレンズが少しずれています。ちょっとカメラホールの下側にスキマが空いちゃってます。

発売前の噂の中に、iPhone XSのカメラレンズの位置は、iPhoneXのその位置より1mm以内程度でずれている、というのは本当だったのでしょうか。ここはiPhone XSが到着してから装着してみて、ですね。

あかん、これ滑るやつや

手に持ってみてまず最初に思ったこと。

「あかん、これ滑るやつや」

僕はどちらかというと手が乾燥しているタイプなので、特にそう感じてしまうのかもしれません。このきめ細かいヨーロピアンレザーは滑りやすいように感じました。つるつるというか、さらさらしてる感じ。致命的なほど滑るわけではありませんが、落下には注意したほうが良さそうです。

やっぱり手にもったときのグリップ力を優先するなら、「iPhone XSシリコーンケース」ですね。僕は「高級感が出るかな」と思いレザーケースを選びましたが、僕と同じように乾燥肌の人は、シリコーンケースのほうがいいかもしれません。

とは言え保護ケースは結局のところ、デザインや質感が重要な要素。僕自身はレザーケースを選んで後悔していません。

iPhone XSレザーケースは所有感を満たしてくれる

乾燥肌の人には滑りやすく感じるかも、というところはありますが、ヨーロピアンレザーの質感、いかにもApple純正といったデザイン、サイズ感が気にっています。

高品質なレザーだけに許される、「経年劣化による変化を楽しむ」こともできますしね。iPhone XSレザーケースは所有感を満たしてくれるような、そんな魅力があります。

Apple純正ケースが気になっている人は多いのではないでしょうか。高級感を求めるなら「iPhone XSレザーケース」、グリップ力なら「iPhone XSシリコーンケース」、フラップ付きで液晶画面も守りたいということなら「iPhone XSレザーフォリオ」というイメージで間違いないでしょう。

少し駆け足でしたが、iPhone XSレザーケースのレビューでした。

iPhone XSレザーケースには、液晶画面を守るフラップがありません。開け閉めの手間がないのでラクなのですが、擦り傷から守るために「保護フィルム」を一緒に用意しておきましょう。

iPhone XSレザーケースの外箱
最新情報をチェックしよう!
広告