素材もしっかりしているし、細かいところも丁寧に作られていることが分かる

おすすめiPhone XRケース・カバー20選!現役販売員が厳選してお届け

iPhone XRは6.1インチの進化した「Liquid Retinaディスプレイ」を搭載、指紋認証の役割も果たすホームボタンは完全に消え、Face IDによる顔認証に統一されました。豊富なカラーバリエーションから選べるのもポイントだったりします。

多くの人が買い替え対象として検討しているであろう「iPhone XR」。今回は現役販売員である僕が、一足先に「おすすめiPhone XRケース・カバー」をまとめてみました。

iPhone XRならではの注意点、抑えておきたいポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしていただきあなたのお気に入りの保護ケースを見つけてください!

※掲載画像にはiPhone XRと異なるモデルを使用しています。予めご了承ください。

広告

iPhone XRケース・カバーの選び方を抑えておこう

おすすめのiPhone XRケースを紹介する前に、保護ケースを選ぶにあたって抑えておきたいポイントを確認しておきましょう。基本的なポイントに加え、つい見落としてしまいがちなポイントまで解説していますので、後悔しないためにもチェックしておいてください。

1. シンプルケース(フラップなし)と手帳型ケース(フラップあり)

保護ケースには大きくわけてフラップ(フタ)がない「シンプルケース」とフラップありの「手帳型ケース」の2種類あります。

保護ケースのタイプメリットデメリット
シンプルケース(フラップなし)・フラップを開閉する必要がないので楽
・フラップがないのでかさばらない
・液晶画面は保護できない
手帳型ケース(フラップあり)・液晶画面まで保護できる
・カードホルダーやスタンド機能など機能面が充実
・フラップの開閉が面倒
・かさばってしまいがち

僕自身は「シンプルケース+保護フィルム」というパターンが多いですね!フラップを開閉する必要がなくかさばりにくいので、iPhoneをポケットに入れて持ち運ぶ僕にとってはこのスタイルが合っています。と言っても「カード収納やスタンド機能が使えたら便利だろうな」と感じる場面もあったりするので、あなたの利用シーンに応じて最適なタイプを選びましょう。

2. 保護ケース・カバーの素材をチェック

保護ケースに使われる主な素材としては、以下の6つあります。

保護ケースの素材特徴
シリコン滑りにくい/衝撃に強い
/汚れ(ホコリ)が付着しやすい
TPU(熱可塑性ポリウレタン)衝撃に強い/薄く軽量/成形しやすい/シリコンに代わって採用されることが多い
PC(ポリカーボネート)薄く軽量/いわゆる「プラスチック」素材/衝撃吸収性に劣る(割れることがある)
PUレザー人工的にレザーにみせた素材/本革に比べ軽量/雨に強い/耐久性は本革に劣る
本革レザー革らしい劣化を楽しめる/雨や湿気に弱い/価格が高い
アルミニウム傷が付きやすい/背面に使用されている場合はQiワイヤレス充電できない

使われていることが多いのは、TPUやPC、PUレザー、本革あたりですね。素材についてもメリット・デメリットがあるので、どの素材がベストというわけではありません。機能性に長けたPUレザーもいいですし、PUレザーに機能性は劣るが劣化より変化していく本革の良さもあります。

上記以外にも保護ケースに使われる素材はあります。素材によって保護ケースの質感や雰囲気が変わってくるので、素材の違いを頭の片隅にいれておきましょう。

その他チェックすべき機能は?

その他チェックすべき機能・ポイントとしては、以下のようなものがあります。

  • スタンド機能
  • 収納性能(カードホルダーやポケットなど)
  • ストラップホールの有無
  • 厚すぎる保護ケース(4mm以上)、アルミニウムケースはQiワイヤレス充電できない
  • 保護フィルムとの干渉(特にフルカバータイプのガラスフィルム)
  • ホームバー付近の保護ケースの形状

「ホームバー付近の保護ケースの形状」というのは、保護ケースのこの部分です。

ホームバーを上方向にスワイプするときにケースの縁に指がひっかかる
ホームバーを上方向にスワイプするときにケースの縁に指がひっかかることが

iPhone XRにはホームボタンはありません。ホームボタンの代わりに、画面最下部に表示されている「ホームバー」を使ってさまざまな操作を行います。その中で一番多いのはホームバーを上にスワイプする「ホームに戻る」という操作。一般的な保護ケースの場合、この操作をするときに指が引っかかってしまい「操作しにくい」と感じる場合があります。

保護ケースのホームバー付近が開けたような形状のものを選ぶことでこの問題は解消します。ただ実際にはそのような保護ケースは少ないのが現状で、選択肢としてはApple純正ケースになるでしょう。「慣れ」の問題というところかもしれませんが、中には我慢できない人もいます。気になる方はチェックしておきましょう。

まずはApple純正ケース・カバーをチェック

記事執筆時点ではApple公式サイトにiPhone XR向け保護ケースは掲載されていませんが、おそらく従来どおりApple純正ケースとして「シリコンケース」「レザーケース」「レザーフォリオ」が販売されると思われます。

画像はiPhone XS向けApple純正ケース
画像はiPhone XS向けApple純正ケース

おすすめしたいのは特にヨーロピアンレザーを使用したシンプルケース「レザーケース」と同じヨーロピアンレザーを使用した手帳型ケース「レザーフォリオ」です。

左からApple純正「レザーケース」と「レザーフォリオ」
左からApple純正「レザーケース」と「レザーフォリオ」

iPhone XS用で申し訳ないですが、ヨーロピアンレザーの高級感は素晴らしいですね!本革なので傷は付きやすいですが、その傷もまたいい味が出ています。レザーフォリオはフラップの開閉で自動的にディスプレイオン/オフになる「オートスリープに対応」。

またApple純正ケースが出揃ってから詳しく解説いたします。

広告

シンプルケース11選【おすすめiPhoneXRケース】

上でも書きましたが、 上でも書きましたが、僕自身はシンプルケースを選ぶことが多いです。それはフラップの開閉が面倒なのと、手帳型ケースだとフラップがある分どうしてもかさばりがちだから。液晶画面の保護は保護フィルムを使用することでカバーしています。

ということで、まずはフラップのないシンプルケースから紹介していきます。クリアケースから耐衝撃ケース、カラーが選べるかわいいケースまで幅広く紹介します。

【ESR】厚さ1mmの薄型ケース できるだけ裸に近い状態で使いたい人に

まず紹介したいのは、iPhone XRのデザイン・カラーを隠さないESRのクリアケースです。特にiPhone XRは全6種類の豊富なカラーバリエーション。「この色がいい!」と好みのカラーを選んでも、保護ケースを付ければそのカラーは隠れてしまいますよね。iPhone XR本来のデザイン・カラーを楽しみたいならクリアケース一択です!

このESRのクリアケースは、厚さ0.8mmと薄型、42gと軽量。いい意味で存在感がなく、「iPhoneそのものを楽しみたい、けど保護もしっかりしたい」という人にぴったりなケースです。

  • iPhone XRのデザイン・カラーを隠さないクリアケース
  • 衝撃に強いTPUケース
  • 薄型で軽量(厚さ0.8mm/重さ42g)
  • 背面のマイクロドット加工でにじみを防ぐ

【Thursday】ワンコインで買えるクリアPCケース

続いてはTPUではなくPC(ポリカーボネート)素材のクリアケース。なんとワンコインで購入できお財布に優しいケースです。

PC素材はTPUのようにクッション性がないので、落下時といった衝撃が加わるシーンでは頼りない部分があります。それでも擦り傷から守るには十分です。価格が安いのでつなぎや予備としてもいいでしょう。

  • ワンコインで買えるお手頃なケース
  • iPhone XRのデザイン・カラーを隠さないクリアケース
  • PC素材のハードケース

【Spigen】ウルトラ・ハイブリッド

Spigen(シュピゲン)はiPhoneケースではおなじみです。幅広いラインナップと高い品質が魅力のメーカーです。

衝撃に強いTPUとPCの2重構造になっている
衝撃に強いTPUとPCの2重構造になっている

中でも人気があるのは、TPUとPCの2種類の素材を組み合わせた「ウルトラ・ハイブリッド」ケース。異なる素材を組み合わせることで、さらに保護性能が向上、その証拠としてMIL規格(米軍軍事規格)を取得しています。

耐衝撃性能が優れたクリアケースって意外となかったりします。iPhone XR本来のデザインを楽しみながらも、万一の衝撃には備えたい、という人におすすめです。

  • iPhone XRのデザイン・カラーを隠さないクリアケース
  • TPUとPC素材のハイブリッドケース
  • MIL規格をクリア
  • クリスタル・クリア/マット・ブラック/ローズ・クリスタル

【SHINEZONE】薄型ハードケース

PC素材のハードケースで言うとSHINEZONEのケースもおすすめ。薄型・軽量で、超シンプルと言っていいデザイン。シンプルなケースでありながらも、背面のカメラレンズが接地面と接触しないように0.4mm高く設計されていたりと、細かい部分の使い勝手も考えられています。

カラーはブラック/ブルー/ローズゴールドの3色から選択可能。「ケースはシンプルでいいんだ!」というあなたにどうぞ!

  • 超シンプルなデザイン
  • 薄型ハードケース(PC素材)
  • ブラック/ブルー/ローズゴールド

【ESR】ガラスパネルを搭載 新定番のガラスケース

現時点ではちょっと変わり種のケースになるかもしれませんが、続いては背面に強化ガラスパネルが採用された保護ケースです。iPhone XRはQiワイヤレス充電の関係で背面にガラスパネルが採用されています。そのiPhoneと同様のガラスパネルの手触りを楽しめるというわけです。

TPU+PC+強化ガラス(硬度9H)の3重構造になっていので、保護性能については問題ないでしょう。ガラスなので強い衝撃が加わると割れてしまう可能性はありますが、iPhoneの身代わりとなって割れてくれると思えば許せます。

高い保護性能に加え、背面のガラスパネルの美しさを楽しみたい方におすすめです。なおクリアだけでなくカラーも選べますのでチェックしみてみてください。

  • ガラスパネル採用でiPhone XRと同様の手触り
  • TPU+PC+強化ガラスの3重構造
  • ストラップホール搭載
  • クリア/ブラック/ホワイト/レッドブルー/大理石ブラック/大理石ホワイト

【エレコム】ZEROSHOCK 四隅のダンパーでiPhoneを守る

エレコムのZEROSHOCKシリーズ。定番の耐衝撃ケースとして人気があるシリーズです。

四隅のバンパーと背面のカーボン風デザインがかっこいい!
四隅のバンパーと背面のカーボン風デザインがかっこいい!

衝撃を吸収する四隅のバンパーが特徴的ですね!いかにも衝撃から守ってくれそうです。素材は衝撃に強いTPUが使われているのですが、背面から側面にかけてカーボン風のデザインが施されています。これがまたかっこいいのと、滑りにくくグリップの向上に一役買ってくれています。一見ごつごつした見た目ですが、実際に装着してみるとスリムで軽量、非常に使いやすい保護ケースです。

  • エレコム「ZROSHOCK」シリーズ
  • 衝撃に強いTPU素材
  • 衝撃を吸収してくれる四隅のバンパー
  • グリップがよく持ちやすい
  • ストラップホール搭載

なおZEROSHOCKシリーズには別のデザインのケースもあります。こちらは8種類のカラーから選べます。

【Spigen】タフ・アーマー

続いてはSpingeの耐衝撃ケース「タフ・アーマー」。MIL規格を取得した高い保護性能も魅力ですが、このケースのおすすめポイントとしては「スタンド機能」です。

背面にあるツメを立てることでスタンドとして使える
背面にあるツメを立てることでスタンドとして使える

フラップがないケースでは数少ないスタンド機能があるケース。スタンド機能があればデスクの上でも活躍してくれますし、動画を観る場面でも便利です。

  • Spigenの人気シリーズ
  • MIL規格をクリア
  • スタンド機能
  • ブラックのみ

【UAG】Pathfinder こだわりたい人におすすめの耐衝撃ケース

高級耐衝撃ケースの代名詞とも言える「UAG」。価格帯はお高めですが、高い耐衝撃性能とミリタリーチックなデザインが特徴で、「次もUAGのケースがいい!」という固定ファンも多いケースメーカーです。

数あるシリーズのなかでも「Pathfinderシリーズ」は、UAGのスタンダートケースとして人気があり、多くのファンから支持されています。TPU・PC・ニッケルプレートを使用したプレミアムなケース、豊富なデザインパターンから選べるPathfinderシリーズは、UAGケースを選ぶならぜひチェックしておきたいシリーズです!

  • 高級耐衝撃ケースでおなじみの「UAG」
  • 人気の「Pathfinderシリーズ」
  • ゴツゴツしたミリタリーデザイン
  • MIL規格をクリア
  • 選べるデザインパターン

UAGケースにはPathfinderシリーズ以外にも魅力的なシリーズがあります。チェックしておきましょう!

【Hamee】iFace First Class Standard

カラフルなカラー、くびれたようなフォルムが特徴の「iFaceケース」。なかでも「First Class Standardシリーズ」は定番です。

衝撃に強いTPU、軽量で鮮やかなPCのハイブリッド構造で、落下時の衝撃を和らげてくれます。くびれがあることで持ちやすいので、そもそもの落下リスクを減らせます。

カラーは全11種類の豊富なバリエーションから選択可能。お好きな色をどうぞ!

  • iFace「First Class Standardシリーズ」
  • TPUとPCのハイブリッド構造で衝撃に強い
  • 持ちやすいiFace特有のくびれたフォルム
  • ストラップホール搭載
  • 全11種類から選べるカラー

なお背面の指紋が目立ちにくい「Sense」シリーズもあります。光沢が苦手な人、指紋が気になる人はこちらをどうぞ!

【PITAKA】Magcase 強靭なアラミド繊維を採用したシンプルケース

防弾チョッキの素材や航空機などにも使用されるという「アラミド繊維」。馴染みのある素材ではないですが、防弾チョッキに使われるぐらいですから、その強度は相当なものなのでしょう。

まぁiPhoneに防弾を受けることはないので高い保護性能はいいとして、注目は0.65mmの薄さとわずか16gの重量です。この数字は他のケースと比較してもかなり薄くて軽く、ほぼ重さが感じられないレベルではないでしょうか。

またケース下部が開けており、ホームバーの操作と干渉しないのもポイントです。特殊な素材が使われていることもあり、価格は少し高めですが、薄さ・軽さ・素材にこだわりたい人におすすめです!

  • 防弾チョッキにも使われる強靭なアラミド繊維を採用
  • 薄く軽量(厚さ0.65mm/重さ16g
  • ホームバーの操作と干渉しない

【ESR】裸派の人にもすすめたい!アルミバンパーケース

iPhone XRを裸で使いたい人にぜひおすすめしたいのは、こちらのシンプルなバンパーケースです。

iPhoneを裸で使っていると、ある問題にぶつかります。それは「平置きしたときに出っ張ったカメラレンズがガチガチあたってぐらつく」問題。これ、かなり気になると思うんですよね。Appleは机に平置きしての利用は想定していないのかと思ってしまいます。

そこで活躍するのがこのバンパーケースです。カメラレンズより0.2mm高さがつけられているので、平置きしても接地面と接触しません。擦り傷の心配もないので、裸派の人はバンパーケースという選択肢をぜひ検討してほしい!

ちなみにストラップホールも付いているので、落下防止のためにストラップを装着したい人にもおすすめです!

  • シンプルなアルミバンパーケース
  • スエード生地を挟むことでiPhoneを傷つけない
  • 平置きしてもカメラレンズが接触しない
  • ストラップホール搭載
  • ダークグレー/シルバー

手帳型ケース7選【おすすめiPhoneXRケース】

次は液晶画面の保護、収納機能、スタンド機能など機能性に長けた「手帳型ケース」を紹介していきます。手帳型ケースはフラップがある分かさばりがちにはなりますが、やはり全面を保護してくれるという安心感はあります。

コスパのいいものから、高級志向の保護ケースまで幅広くピックアップしてきましたので、ぜひ参考にしてください。

【ケートラ】10種類のカラーから選べる手帳型ケース

まず紹介する手帳型ケースは、お手頃価格で購入できるコスパのいいケースです。コスパがいいと言っても、スタンド機能やカード収納といった手帳型ケースに求められる機能はしっかり搭載しています。豊富なカラーバリエーションもポイント。

「安くて使える手帳型ケースはあるかなー」という人はすかさずチェックしておきたい手帳型ケースです。

  • お手頃価格の手帳型ケース
  • スタンド機能
  • カード収納(2枚)
  • 全10種類のカラーから選べる

【エレコム】ソフトレザーケース 色合い・質感がいい

価格のわりに安っぽくない!という意味では、エレコムの手帳型ケースもコスパはいいですね!

PUレザーの質感が素晴らしい!
PUレザーの質感が素晴らしい!

このように色合い・質感が非常によくて、細かい部分も安っぽくなく価格以上にしっかり作られている印象を受けます。プライベートだけでなく、ビジネスの場でも取り出しやすいデザインですね!悪く言うと「普通のレザーケース」ですが、よく言えば誰にでも受け入れられる万人受けする手帳型ケースではないかと思います!

  • PUレザーの優しい色合い・質感がいい
  • カード収納(2枚)
  • ストラップリング搭載
  • スタンド機能☓
  • 全8種類から選べるカラー

【shizuka-will-】人気の多機能手帳型ケース

圧倒的な人気を誇る「shizuka-will-」の手帳型ケース。

素材もしっかりしているし、細かいところも丁寧に作られていることが分かる
素材もしっかりしているし、細かいところも丁寧に作られていることが分かる

実際に触ってみると、その人気の理由が分かります。丁寧に作られていますし、ストラップが付属されており機能性も必要十分。ケース外側の質感もおしゃれ。なにより選びやすい価格も魅力!

おしゃれなカジュアルデザインが気になったらチェックです!

  • カジュアルなおしゃれ手帳型ケース
  • スタンド機能
  • カード収納(2枚)
  • ストラップホール・ストラップ付属
  • 選べる3つのカラーパターン

【Teyissalia】本物のデニム生地を使用した手帳型ケース

「デニム風デザイン」のケースはいくつかありますが、こちらのケースは本物のデニム生地を使用した手帳型ケース。使い込んでいくにつれ変化していくダメージを楽しめます。

カラーはブラウン/ブルー/ブラック/レッドの4種類。選ぶカラーによって印象が異なるので、その雰囲気の違いをチェックしてみてください!

  • 本物のデニム生地を使用
  • デニムならではのダメージを楽しめる
  • スタンド機能
  • カード収納(1枚+小さめのポケット)
  • ブラウン/ブルー/ブラック/レッド

【iCARER】シンプルで本革を採用 本格派レザーケース

続いて紹介する手帳型ケースは、本革を使用した本格派のレザーケースです。スタンド機能、収納機能などは一切なし。本革の良さって飾らないシンプルなかっこよさだったりします。シンプルだからこそ本革の良さが一段と映えますね!

なんと言っても本革は劣化による変化を楽しめます。PUレザーより傷が付きやすかったりしますが、そんな小傷がいい味となってさらに本革らしさを見せてくれます。カラーはブラウン/ブラック/レッドの3種類から選択可能です。

  • シンプルな本革レザーケース
  • 本革の劣化による変化を楽しめる
  • スタンド機能・カード収納なし
  • シンプルがかっこいい!
  • ブラウン/ブラック/レッド

【UAG】Metropolis MIL規格取得の高級手帳型ケース

UAGケースと言えばフラップがないケースを思い浮かべますが、「Metropolis」は唯一フラップが付いたシリーズ。全面をしっかり保護するという意味では、やはりフラップがあったほうが安心です。

もちろんMIL規格をクリアした高い保護性能、UAGらしいミリタリーデザインは健在。価格はお高めですが長く使うならちょっと奮発してみるのもありですよ!

  • UAG「Metropolisシリーズ」
  • MIL規格をクリア
  • カード収納(1枚)
  • スタンド機能☓
  • コバルト/ブラック/マグマ

【BONAVENTURA】Diary Case ジャーマンシュリンクレザーを採用した高級手帳型ケース

「シュリンクレザー」とは、シュリンク、つまり「縮めた」ようなシワが特徴で、高級ブランドでもよく採用される加工方法です。

「BONAVENTURA」の「Diary Case」は、ドイツの老舗なめし革業者である「ペリンガー社」製の「ジャーマンシュリンクレザー」をふんだんに使用した高級手帳型ケース。上質なシュリンクレザーが上品で、大人の気品を感じさせてくれます。

その価格は手帳型としてはかなり高額で、なんと1万5千を超え。ただiPhoneを一度購入すれば、ほとんどの人が2年以上使うでしょう。長く使うことを考えると、ちょっといいものを選んでみるのもあり。スマホケースにもこだわりたい人におすすめです。

  • 高級ブランドでも使われる「ジャーマンシュリンクレザー」を使用
  • カード収納(3枚)
  • スタンド機能☓
  • 豊富なカラーバリエーションから選べる

番外編!あれば便利なアイテム

最後に「番外編」ということで、必須ではないがあれば便利なアイテムをご紹介。

【Spigen】お風呂やアウトドアシーンで活躍する防水ケース

ご存知のとおりiPhone XRは防水に対応したスマホです。IP67という高い防水等級に対応しているものの、いわゆる完全防水ではありません。水中にドボンと落としてもしまっても、すぐに拾い上げればまったく問題ないレベルではありますが、iPhone XRを持ったまま水中に潜って使用するといったことはできません。

こちらのSpigenの防水ケースは、その防水等級は最高レベルの「IPX8」。これはiPhone XRを防水ケースに入れて潜れるレベルの防水性能です。万が一にもiPhoneを水没させないためにも、海や川などのアウトドアシーンやお風呂での使用時には防水ケースに入れて使用することをおすすめします。

  • 4重の強力なロック
  • IPX8防水(最大25mmの水深に耐えられる)
  • ストラップ付き
  • ブラック/ホワイト/ブルー

【iPLUS】バンカーリング3

iPhone XRは6.1インチと画面が大きいので、ネットサーフィンだけでなく動画視聴、ゲームでも大活躍してくれるはずです。ただ「画面が大きい」がために、片手操作が難しかったり、落下リスクが高まるというデメリットもあります。

そこでおすすめしたいアイテムがiPhone背面に取り付ける「スマホリング」です。指を通すことで片手操作がラクになり、指を通しているので滑っても落下させずに済みます。仰向けになりながら片手操作、ということもできちゃう便利アイテム。

一度使えばなくてはならない存在になるはずなので、詳しくは以下の記事を参照してください。選び方のポイントや取り付け方・外し方についても解説しています。

上の記事でも紹介していますが、数あるスマホリングのなかでも「バンカーリング」は鉄板です。間違いありません!

【TopAce】背面のカメラレンズを傷から守る!カメラレンズ用保護フィルム

保護ケースを装着することによって、カメラレンズが机などに接触してしまう事態は避けられます。しかしそれでも剥き出し状態であることに変わりありません。

万が一、カバンの中でファスナーや鍵といった硬いものと擦れて擦り傷が出てしまうと最悪。その擦り傷が写真に写り込んでしまう、というのが最悪のパターン。修理するにしても高額な修理費がかかってしまいます。

僕自身も傷を防ぐために保護フィルムを貼り付けるようにしている
僕自身も傷を防ぐために保護フィルムを貼り付けるようにしている

そんな最悪のパターンを防ぐためにも、僕のiPhoneのカメラレンズにはしっかり保護フィルムを貼り付けてあります。カメラレンズは保護ケースを付けても守りきれない部分です。心配な方はカメラレンズ用保護フィルムがおすすめです。

あなたのお気に入りの保護ケースは見つかりましたでしょうか。iPhone XRケース・カバーはこれから増えてくるはずなので、この記事でも随時おすすめを追加していく予定です。

人気の「iPhone XRケース・カバー」は以下からどうぞ!

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

素材もしっかりしているし、細かいところも丁寧に作られていることが分かる
最新情報をチェックしよう!
広告