【保存版】iPhoneの充電速度が遅い?iPhoneを急速充電する方法

PowerPort Atom PD 1と87W電源アダプタiPhoneアクセサリ
PowerPort Atom PD 1と87W電源アダプタ

「マズイ!これから出掛けるのにiPhoneの充電がない!」

こんなことってよくありますよね。「しまった、昨日充電し忘れたんだな」と急いで充電しても、「あれ、ちょっとしか充電できない!」ということも。

そんなときに活躍するのが「急速充電(高速充電)」です。iPhone 8以降のモデル(iPhone8/X/XS/XS Max/XR)は「USB PD(Power Delivery)」という急速充電規格に対応しています。USB PDによる急速充電を使えば、たった30分の充電で最大50%の充電が可能。せっかく対応している機能ですから、活用しなければもったいない!

しかし「急速充電というのものがよく分からない」と人はきっと多いはずです。僕もそうでした。今回の記事では、iPhoneユーザーに読んでほしい「急速充電する方法」をご紹介します。急速充電するときに必要になるものについてもまとめていますので、ぜひこの記事を参考にしてください。

たった30分の充電で50%アップ!USB PDはこんなに速い!

上でも書いたとおり、iPhone 8以降のモデルはUSB PDの急速充電に対応し、たった30%の充電で最大50%の充電が可能です。

USB PDによる急速充電は非常に高速です。これなら朝起きて充電し忘れたことに気付いても、準備する30分の間に充電しておけば、なんとか1日は持ちこたえてくるレベルまで充電できちゃいます。

iPhone付属の5Wの電源アダプタの充電速度

急速充電がいかに高速に充電できるかを確認するために、iphoneに付属されている5Wの電源アダプタの充電速度をみてみます。

iPhone付属の5Wアダプタ

iPhone付属の5W電源アダプタ

四角い、コレです。大半の人が何の迷いもなくこの電源アダプタを使用しているのではと思います。小さく邪魔にならないのはいいのですが、充電速度としてはあまり速くありません。

iPhone付属の5Wアダプタで充電

30分間の充電で9%→29%、20%アップした(5W電源アダプタ)

使用した端末はiPhone XSです。結果は30分の充電でバッテリー残量が20%アップ。USB PDでの急速充電は30分で50%ですから、それと比べるとかなり低い数値です。「iPhoneの充電速度が遅い」と感じる原因は、iPhone付属の非力な5W電源アダプタを使ってるから。

USB PD対応アダプタの充電速度

続いてはUSB PD対応アダプタでiPhoneを充電、本当に30分で50%充電できるのかを確認してみます。今回用意したのは以下の2つのUSB PD対応アダプタです。

PowerPort Atom PD 1と87W電源アダプタ

PowerPort Atom PD 1と87W電源アダプタ

上はAnkerの「PowerPort Atom PD 1(最大30W)」とMacBook Pro 15に付属していた「87W USB-C電源アダプタ」です。同じようにそれぞれでiPhone XSを30分間充電し、バッテリー残量がどれほどアップするかを計測してみました。

結果は上のとおりになりました。30分の充電で最大50%というのは、嘘ではないようです。30WのPowerPort Atom PD 1と87WのApple純正電源アダプタの数値が変わらないのは、iPhone側で受けられる電力が18Wまでだからです。つまりiPhoneのフルスピード充電の速度は、30分で50%ということになります。

iPad付属の電源アダプタでも充電時間を短縮できる

USB PDからは少し話が逸れますが、iPadに付属されている10Wや12W電源アダプタでも、iPhoneの充電速度を短縮できます。

iPad付属の12W電源アダプタ

iPad付属の12W電源アダプタ

上での比較同様に、どれほど充電できるかをみてみると、30分の充電でバッテリー残量が11%→52%、41%のアップという結果に。

USB PDの急速充電ほどではありませんが、5Wの電源アダプタと比較すると充電速度は約2倍も違います。充電ケーブルも手持ちのUSB-A – Lightningケーブルが使えるので、お手軽度はこの方法のほうが高いかもしれません。もしあなたがすでにiPadを持っているなら、iPadで使用している電源アダプタでiPhoneを充電してみましょう。明らかな充電速度の違いを感じられるはずです。

iPhoneにおすすめ!USB PD対応アダプタ・ケーブル・モバイルバッテリー

ここからはiPhoneを急速充電するのにおすすめのUSB PDアイテムを紹介していきます。僕自身が使用しているものが中心なので、必然とAnker(アンカー)製品がほとんどですが、その点はご容赦ください。電源周りのアクセサリーは特に信頼性が重要。その点Ankerは安心です。

iPhoneを急速充電するために必要なもの2つ

iPhoneでUSB PDによる急速充電を行う際に必要になるのは以下の2つ。

  • USB PD対応電源アダプタ
  • USB PD対応USB-C – Lightinigケーブル

USB PDはAndroidスマホ・タブレットもそうですし、iPad miniやiPad Pro、MacBook、ニンテンドースイッチも対応している、これからのメインとなる急速充電規格。

iPhoneを充電するだけであれば18Wあれば事足りますが、例えばiPad Pro 11をフルスピード充電するには30W、iPad Pro 12.9をフルスピード充電するには45W必要になります。USB PD対応電源アダプタについては「大は小を兼ねる」的な考えができるので、iPhone以外にも使用することがあるなら大きめのワット数に対応したものを選びましょう。

【Apple】18W USB-C電源アダプタ

Apple純正 18W USB-Cアダプタ

Apple純正 18W USB-Cアダプタ

・Apple純正USB PD対応電源アダプタ
・USB-C × 1(最大18W)
・約41 × 43 × 22、約60g
・充電絵ケーブルは別売

Apple純正の18W 電源アダプタはiPad Proに付属しているものですが、単体で購入することもできます。もちろんiPhoneでも使用できます。

18WというiPhoneをフルスピード充電できるアダプタながら、比較的コンパクトで軽量。なにより純正アダプタという安心感があります。

ただ価格と性能を見たときにコスパに優れているとは言えないので、純正というこだわりがなければ以下で紹介する電源アダプタがおすすめです。

【Anker】PowerPort Speed 1 PD 30

・USB PD対応電源アダプタ
・USB-C × 1(最大30W)
・ 約61 × 58 × 28mm、約101g
・充電ケーブルは別売

コストパフォーマンス重視ならこれ!

「PowerPort Speed 1 PD 30」のおすすめポイントは、ずばりコストパフォーマンス。30Wに対応しiPhoneを急速充電するには十分。それでいて安い。USB PD対応電源アダプタとしては最安クラスです。サイズとしては少し大きめですが、自宅や職場などで使用する普段使いのアダプタとしては許容範囲内でしょう。

「手軽にiPhoneの急速充電を体験したい」という人にはぴったりな電源アダプタです。

【Anker】PowerPort Atom PD 1

Anker PowerPort Atom PD 1

Anker PowerPort Atom PD 1

・USB PD対応電源アダプタ
・USB-C × 1(最大30W)
・約35 × 41 × 55 mm、約53g
・充電ケーブルは別売

iPhone付属5Wアダプタに近いサイズ感!持ち運びにおすすめ

このアダプタのセールスポイントは、とにかくコンパクトで軽量であること。30Wというパワーがありながら、iPhone付属の5W電源アダプタに近いサイズ感。USB PDに対応でこのサイズ・重量はすごい!

iPhoneを充電する電源アダプタということを考えると、必然とカバンの中に入れ持ち出すことも多いでしょう。これなら小さく軽いので気になりません。

【Anker】PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ

・USB PD対応電源アダプタ(据え置きタイプ)
・USB-C × 1(最大30W)、USB-A × 4(各ポート最大2.4A)
・合計最大60W
・約103×78×28 mm、約213g
・充電ケーブルは別売

iPhoneを含む複数機器を同時に充電できる

30WのUSB PD対応USB-Cポートに加え、最大2.4Aに対応したUSB-Aポートを4つ備えた電源アダプタ。コンセントに直挿しではなく、本体とケーブルに分かれた据え置きタイプで、卓上に置くのに便利です。

複数ポートを備えるのでiPhoneだけでなくiPadなどのタブレット、Bluetoothイヤホンなど複数機器を同時に充電できます。その際もアダプタ合計の出力が最大60Wなので余力十分。

iPhone8移行のiPhoneモデルはUSB PDによる急速充電に対応

デスクの上に常備しておけば便利(前モデル)

僕はこの一世代前のモデルを使用しています。卓上に常備しておくのもよし、リビングに置いて家族で共有するのもよし。ひとつ持っておけば必ず活躍してくれるでしょう。

【Anker】PowerCore 10000 PD

PowerCore 10000 PDとiPhone XS

PowerCore 10000 PDとiPhone XS

・USB PD対応モバイルバッテリー
・大容量バッテリーを搭載(10000mAh)
・USB-C × 1(最大30W)、USB-A × 1(最大10W)
・約114 x 52 x 25 mm、約192g
・USB-Cケーブル付属(Lightningケーブルは別売)

普段使いに最適!コンパクトなUSB PDモバイルバッテリー

充電対策としてモバイルバッテリーを持ち歩いている人は多いと思いますが、モバイルバッテリーもUSB PDに対応したものが続々と出てきています。

そんな中でも、特に普段使いにおすすめなのが「PowerCore 10000 PD」。カバンの中にすっぽり収まるサイズで、重量は約192gと軽く重さも気になりません。

10000mAhの大容量バッテリーを搭載しiPhone XSに約3回のフル充電ができます。そしてUSB-Cポートは最大18Wに対応するのでiPhoneへのフルスピード充電が可能。小さくてもパワフルなモバイルバッテリーで、僕も愛用しています。

旅行や出張、防災対策としてさらに大容量のモバイルバッテリーをお捜しの方には、「PowerCore+ 26800 PD」がおすすめ。268000mAhと超大容量でiPhone XSなら7回以上のフル充電が可能。もちろんUSB PD対応です。USB PD対応電源アダプタ付属で別途用意する必要はありません。

これを持っているときはかなりの安心感がありますが、その安心感と引き換えにサイズと重量は大きめです。利用シーンによって使い分けましょう。

【Anker】PowerDrive Speed+

LEDランプが付き、通電していることが分かる

PowerDrive Speed+

・USB PD対応カーチャージャー
・USB-C × 1(最大30W)、USB-A × 1(Power IQ 2.0対応/最大18W)
・合計最大48W
・12V/24V車対応
・充電ケーブルは別売

車内でこそ便利な急速充電

車載のシガーソケットに差し込み使用するカーチャージャーにもUSB PD対応のものが出てきています。
このカーチャージャーのUSB-Cポートは最大30WのUSB PD充電に対応、iPhoneだけでなくiPad、MacBookを充電できるほどパワフル。

限られた時間で充電するカーチャージャーこそ、短時間で高速に充電できる急速充電と相性がいい!モバイルバッテリーという手もありますが、カーチャージャーはバッテリー残量を気にしなくて済みます。iPhoneで使用するカーチャージャーをお探しの方は要チェックです!

その他USB PD対応電源は以下からどうぞ!

人気の「USB PD対応電源アダプタ」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

【Apple】USB-C – Lightningケーブル

Apple純正USB-C – Lightningケーブル

Apple純正USB-C – Lightningケーブル

・Apple純正USB PD対応USB-C – Lightningケーブル
・1m/2m

少し前までは、USB PDに対応したUSB-C – Lightningケーブルの選択肢はこのApple純正ケーブルのみでした。いまはサードパーティ製ケーブルが出てきていますが、やはり純正という安心感があります。

サードパーティ製ケーブルと比べて価格がかけ離れているわけではないので、純正のほうが安心だということならこれです。

【Anker】Anker PowerLine II USB-C – Lightningケーブル

PowerLine II USB-C & Lightningケーブル

PowerLine II USB-C & Lightningケーブル

・USB PD対応USB-C – Lightningケーブル
・MFi認証を取得
・高耐久ケーブル
・0.9m
・ブラック/ホワイト

僕はApple純正ケーブルに加えこのケーブルの2本所有しています。以前は純正ケーブル以外選択肢がなかったので、結果的に2本になった感じですが、やはり複数本あれば使い分けができ便利。

このAnkerのケーブルはUSB PDに対応した数少ないUSB-C – Lightningケーブルのひとつで、Apple製品で問題なく使用できる証であるMFi認証を取得。安心して選べます。

純正ケーブルより価格が安く、かつ耐久性も高いので純正にこだわりがなければこちらがおすすめです。

USB PDに対応したLightningケーブルは上の2つで間違いありませんが、「他のケーブルも見てみたい」という方は以下からどうぞ。

人気の「USB PD対応Lightningケーブル」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

急速充電とQiワイヤレス充電を使い分けるべし!

ご存知のとおり、iPhone8以降のモデルはUSB PDの急速充電だけでなく「Qi(チー)」によるワイヤレス充電にも対応しています。

スタンドタイプのQiワイヤレス充電器

iPhone8以降のモデルはQiワイヤレス充電に対応

ケーブルを抜き差しする必要がなく、充電器に置くだけで充電できるワイヤレス充電は、非常にラクで便利な充電方法です。

しかし一般的なワイヤレス充電器の充電速度は、iPhone付属の5Wアダプタと同程度。高速ワイヤレス充電に対応したワイヤレス充電器でも7.5Wと、USB PDの充電速度を考えると物足りません。

そこでおすすめしたいのは、利用シーンに応じて急速充電とワイヤレス充電を使い分ける方法です。急いでいない就寝時の充電は置くだけで充電できるワイヤレス充電、充電速度が求められるシーンでは急速充電で。このように利用シーンに応じて使い分ける方法がおすすめです。

それぞれの充電方法のメリットをいいとこ取りするのが賢い使い方ですよ!

iPhoneユーザーはUSB PDの急速充電を活用しよう!

充電したいときにサクッと充電できる急速充電は、個人的にも重宝しています。とにかく充電速度が速いので、「急速充電を使えばすぐに充電できるしな」とバッテリー残量を心配することも減りました。

特にいままでiPhoneに付属されている5Wアダプタで充電していた人なら、急速充電の充電速度にビックリするはずです!

あなたにはこちらの記事もおすすめです!ぜひチェックしてみてください!

コメント