【レビュー】Spigen「ネオ・ハイブリッド」はiPhone Xをがっちり守ってくれる耐衝撃ケース

iPhoneケース

【レビュー】Spigen「ネオ・ハイブリッド」はiPhone Xをがっちり守ってくれる耐衝撃ケース

投稿日:

iPhone Xのケース探しの旅に出たなら必ず立ち寄らなければいけないのが、人気ケースメーカーのひとつであるSpigen(シュピゲン)のケース。

今回の紹介したいのはSpigenのケースのなかでも人気のある「ネオ・ハイブリッド」というケースです。TPUケースとバンパーを組み合わせた二重構造が特徴のケースなんですが、これがめちゃくちゃかっこいい!

ネオハイブリッドのデザインにびびっときたならぜひご参考に!

スポンサーリンク

iPhone Xケース Spigen「ネオ・ハイブリッド」の使用レビュー

iPhone X Spigen ネオ・ハイブリッド ガンメタル

まずはケースの概要から。

ネオハイブリッドはMIL規格を取得した耐衝撃ケースで、TPUケースにポリカーボネート製フレーム組み合わせた二重構造が特徴。

またケース四隅に搭載されたエアークッションと、TPUケース内側に張り巡らされたクモの巣状の衝撃吸収加工でより効果的に衝撃を吸収してくれます。

ネオハイブリッドはSpigenケースでは定番の人気シリーズ。リピーターが多く長く支持されてきたという歴史もあり、安心して選べるiPhoneケースです。

ちなみに今回レビューするカラーは「ガンメタル」。色合いが一番好みでした。

特徴的な二重構造のバンパーデザイン

ネオハイブリッド最大の特徴である二重構造のデザイン。

ネオハイブリッド TPUケースとフレーム

▲フレームを外してみるとこんな感じになっています。

ネオハイブリッド ポリカーボネート製フレーム

▲フレームは一見アルミのように見えますが、素材はポリカーボネートなのでこのようにぐにゃっと曲がります。

iPhone X用ネオハイブリッド TPUケース

▲ケース部分もTPUなので弾力があるような感じです。力学的なことは分かりませんが、この異なる素材の組み合わせがいいんでしょうね、たぶん。

ネオハイブリッド クモの巣状の衝撃吸収加工

▲Spigenおなじみといっていい、ケース内側のクモの巣状の耐衝撃加工。Spigenのロゴといい、見えないところにこだわりが見えるのがいいですよね。

いざ、ケースを装着

ケースをじっくり眺めたところで、iPhone Xに装着してみます。

iPhone X用ネオハイブリッドの正面から

iPhone X用ネオハイブリッドの背面

▲うん、いい感じですね!フィットしすぎて少し押し込まないといけないのですが、そうかんたんに取れてしまっても困りますからね。こんなもんでしょう。

ネオハイブリッド サイドボタン

サイドボタン

ネオハイブリッド サイレントスイッチと音量ボタン

サイレントスイッチと音量ボタン

▲各ボタンへのアクセスは良好。サイドにある「サイレントスイッチ」はケースに厚みがあるので指先を使わなければいけませんが、特に支障なし。

ネオハイブリッド Lightningポート

▲画像はApple純正ケーブルですが、特に使いにくさはありません。そもそもワイヤレス充電を使うようになってからLightningポートをあまり使ってないかも。

ネオハイブリッド Qiワイヤレス充電

▲ケースを装着したままのQiワイヤレス充電も問題なし。ごつめのケースなので少しは影響があるかな、と思ってましたが大丈夫そうですね。

ネオハイブリッド カメラホール

▲背面のカメラレンズまわりには高さが設けられているので、iPhone Xを平置きしても出っ張ったレンズが接触することはありません。

ネオハイブリッド 厚みのあるエッジ部分

ケース正面にも高さがあるので、気にせず画面を下にして置けるのは気が楽。

iPhone X特有のジェスチャー操作と干渉してしまう?

iPhone Xではホームボタンが消え、そのかわり特有のジェスチャー機能が追加されています。

そのジェスチャー操作の中でも一番多く使うであろう操作が、画面下部のホームバーを上にスワイプする「ホーム画面に戻る」操作。

そう、ネオハイブリッドではケース正面側に少し厚みがあるので、この操作がちょっとしづらいんですよね。。まぁ僕はすぐに慣れましたが、気になる人は気になるかもしれません。

もちろんこの厚み、高さのおかげで画面を下にしても接触しないようになっているので、そこをどう考えるか、というところでしょう。ジェスチャー操作に干渉してしまうといっても、致命的なレベルではないので僕個人的にはあまり気にしていません。

高額な修理費が気になるiPhone Xだからこそ使いたい耐衝撃ケース

iPhone Xを万一落下させ、不運にも背面のガラスパネルを割ってしまった場合・・・なんと最大60,800円もの修理費が発生してしまいます。高くつくのはAppleCare+に加入していても同じで、その場合でも最大11,800円とかなり高額。

僕は「AppleCare+に加入しない」という賭けにでたので、iPhone Xの損傷については特に注意しています。

とにかくどうころんでも他のiPhoneよりも修理費が高くつくiPhone X。そんなiPhone Xだからこそ使用する保護ケースにもこだわりたいところです。

iPhone Xをがっちり守りたいならSpigenの「ネオ・ハイブリッド」がおすすめです!

  • この記事を書いた人
テン

テン

携帯業界で働きながらブログを運営。世界一かわいい娘を持つ一児の父。野球好き。

-iPhoneケース
-, ,

Copyright© リブウェル! , 2017 All Rights Reserved.