【レビュー】かさばらない耐衝撃iPhone Xケースなら「リキッド・エアー」がおすすめ!

「かさばらない薄手のケースがいい」
「けど耐衝撃性能もほしい」

今回はそんな欲張りなあなたにおすすめしたいiPhone X用ケース「リキッド・エアー」をご紹介。

リキッド・エアーはケースメーカーとして言わず知れたSpigen(シュピゲン)のケースです。ファンやリピーターも多い人気メーカーなのですが、何を隠そう僕もファンのひとり。

Spigenを愛してやまない僕がリキッド・エアーの魅力を語っていきましょう。

ちなみに今回入手したリキッド・エアーのカラーは「ミッドナイト・ブルー」です。

広告

リキッド・エアーは耐衝撃性能とスタイリッシュさを兼ね備えたiPhoneケース

リキッド・エアーは米軍軍事規格であるMIL規格を取得した耐衝撃ケースです。

iPhone X リキッド・エアー TPU素材

▲高い耐衝撃性能の理由のひとつとしてあげられるのが、柔軟性に優れたTPU素材。柔らかすぎず、硬すぎないTPUが万一の衝撃からiPhone Xを守ってくれます。

iPhone X リキッド・エアー ケース内側

▲Spigenのケースではおなじみですが、このケース内側に施されたクモの巣状の衝撃吸収加工も耐衝撃性能に一役買ってくれています。

Spigenのロゴがかっこいいですねぇ。内側に隠しておくのがもったいない。

iPhone X リキッド・エアー サイレントスイッチと音量ボタン
サイレントスイッチと音量ボタン
iPhone X リキッド・エアー サイドボタン
サイドボタン

▲各操作ボタンへのアクセスは良好です。良好どころかケースを装着したほうが押しやすいと感じるほど。

Lightningポート

▲こちらがLightningポートまわり。細かいフィッティングに関しては心配無用。この辺はさすがSpigenといったところでしょうか。

iPhone X リキッド・エアー カメラレンズ

▲背面のカメラホールは出っ張ったカメラレンズにぴったりフィットする設計になっています。またカメラホールのフチはカメラレンズよりも高く設計されているので、机の上などに平置きしてもレンズが接触することはありません。

iPhone X リキッド・エアー

▲前面も同様、画面よりも高く設計されているので、気にすることなく画面を下にして置くことができます。

iPhone X リキッド・エアー 表面加工

▲この独特な三角の模様のおかげなのか、持ったときのグリップ感が抜群にいいんですよ。この模様には傷を目立ちにくくする効果もあるとのこと。またべたべたさわっても指紋も目立ちません。

iPhone X リキッド・エアー 薄型ケース

▲リキッド・エアー最大の魅力は耐衝撃性能を備えながらスリムであること。薄いは正義!賛同してもらえる人は多いと思う!

iPhone X リキッド・エアー ホームバー

▲必要最小限の厚さなのでiPhone X特有のジェスチャー操作である「ホームボタンに戻る」操作に干渉しません。同じSpigenのケースである「ネオ・ハイブリッド」は厚みがあるケースなので少し操作しづらかったのですが、リキッド・エアーは操作しづらさは感じないですね。

あなたの使い方、好みに応じたケース選びを

僕個人的には耐衝撃性能とスリムさを兼ね備えたリキッド・エアーがドンピシャなんですが、耐衝撃性能を重視したいなら同じSpigenのネオ・ハイブリッドケース、薄型&軽量にこだわりたいならAndMeshケースがおすすめ。

今回紹介したiPhone X向けリキッド・エアーのカラーバリエーションはミッドナイト・ブルーマット・ブラックの2色。ぜひチェックしてみてください!

iPhone Xケースについてはこちらの記事でも紹介しています。

iPhone X用保護フィルムも忘れずに!

広告