持ちやすさがポイント!iPhone 12 Pro Max向け保護ケース おすすめ15選

持ちやすさがポイント!iPhone 12 Pro Max向け保護ケース おすすめ15選

今回の記事では、iPhone 12 Pro Maxに対応するおすすめ保護ケース・カバーをご紹介!実際に使用したケースを中心に、「これはおすすめできる!」というものをピックアップしています。

iPhone 12 Pro Maxは、スマホのなかでもトップクラスに大きい6.7インチディスプレイを搭載します。大型ディスプレイは画面が見やすいであったり、動画視聴が捗ったりというメリットがある反面、手に持ったときに不安定になりやすいというデメリットもあります。

iPhone 12 Pro Maxケース選びのポイント

iPhone 12 Pro Maxケース選びのいちばんのポイントになるのは「持ちやすさ」です。

「持ちやすさ」が大事!

ケース・カバーの最大の役割は「スマホを傷や衝撃から守ること」です。しかしどんな頑丈なケースでも、落とし方やあたりどころが悪ければ傷や故障の原因になり得ます。

やはり、まずスマホを落とさないこと、つまりケースを選ぶときは「持ちやすさ」「ホールド感の良さ」が大事になってきます。

持ちやすさで選ぶなら、シリコンケースや、バンパー部分(ケースの側面)が指が引っかかる形状になっているケースがおすすめです。

念には念を入れるなら、スマホリングやベルトを搭載するケースですね!手に持つときにリングやベルトに指を入れておけば、スマホを落下させてしまうリスクが劇的に減ります。ストラップを付けられるケースもありでしょう。

もちろんデザインが自分の気に入るものでなければ楽しくないですよね。デザインと持ちやすさ、使いやすさを天秤にかけながらケースを選んでみてください。

サイズの大きいiPhone 12 Pro Max向けのケースは、「持ちやすさ」が大事!

ケースのタイプと素材

「ケースのタイプ」と「素材」も注目したいポイントです。

おすすめはフラップのない「背面ケース」です。背面ケースではディスプレイを保護できないので、保護フィルムとの併用がおすすめですね。

手帳型ケースのように全面を保護できず、収納機能もないものが一般的ですが、やはりかさばらずフラップの開け閉めの手間がない背面ケースが一番使いやすいと感じます。

ケースの素材は好みによるところが大きいでしょうか。

スマホケースに使われることが多いのは、衝撃に強く扱いやすいTPUケース。シリコンより硬く、PC(ポリカーボネート)よりも柔軟性がある、それらの中間的な素材です。

手軽な価格で革の質感を楽しめるPUレザー(いわゆるフェイクレザー)も人気ですし、愛着をもって長く使える本革レザーも魅力的です。

ケースのタイプと素材にも注目!

関連 スマホケース・カバーの種類と選び方まとめ あなたに合うケースはこれだ!

MagSafeアクセサリーを使用するなら「Apple純正ケース」

iPhone 12シリーズとともに登場したのが、MagSafe充電器MagSafe対応レザーウォレットなどの「MagSafeアクセサリー」です。

Apple公式サイトで「MagSafeアクサセリー」をみる

MagSafeアクセサリーは、iPhoneの背面にマグネットでくっつくことで機能します。ケースを装着した状態でMagSafeアクセサリーを使用する場合、MagSafe対応のケースを選ぶ必要があります。

現時点では、MagSafeアクセサリーを使用する予定があるならApple純正ケースが無難です。サードハーティ製ケースが公式に「MagSafe対応(MagSafe for iPhone)」を謳うには、ケース内にマグネットとNFCコイルが内蔵された「MagSafe Case Attach Module」が必要とのこと。

なかには「薄型ケース」だからと言ってMagSafe対応を謳うサードパーティ製ケースがあったりするので注意してください。

繰り返しになりますが、MagSafe対応アクセサリーを使用する予定があるなら、AppleのMagsSafe対応純正ケースを選ぶようにしましょう。

MagSafeアクセサリーを使うならApple純正ケースを選ぼう!

まずチェックしたいApple純正iPhone 12 Pro Maxケース

まずチェックすべケースは、やはりApple純正ケースでしょう!

iPhone 12 Pro Max Apple純正ケース
左からシリコンケース(12 mini)、クリアケース(12 Pro)、レザーケース(12 Pro Max)

僕はAppleのMagSafe対応レザーウォレットを使いたかったので、Apple純正ケースを選びました。サードパーティ製ケースと比べると価格は高いですが、純正だけあって高い品質であることは確かです。

【Apple】MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxクリアケース

「iPhone 12 Pro Max本来のデザイン、カラーを隠したくない!」という人には、透明なクリアケースがおすすめです。悩んでiPhoneのカラーを選んでも、ケースを付けてしまえば隠れてしまいますからね。

といってもMagSafe対応のためのマグネットは透明にできませんから、Apple純正クリアケースには円形のマグネットが見てとれます。これがまたデザイン的な特徴になっています。

ただ実際に使ってみて、iPhone側面に配置されたトップボタンと音量ボタンの押しにくさが気になりました。ちょっと力を込めて押さないと反応してくれません。使用に支障が出るレベルではないものの、ぜひ改善してほしいポイントです。

製品情報
  • Apple純正iPhone 12 Pro Maxケース
  • iPhone 12 Pro Maxのデザイン、カラーを隠さない
  • MagSafeアクセサリーに対応

AppleのMagSafe対応クリアケースについては、以下の記事で詳細をご紹介しています。

【Apple】MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxシリコーンケース

つい意味なく触っていたくなるシルキーな肌触りと、豊富なカラーラインアップが、Appleのシリコンケースの特徴です。

箱から出して装着した時点では、さらさらした肌触りが滑りやすいと感じてしまう可能性がありますが、使っていくとだんだんと手に馴染んできます。

現時点では8色のカラーラインアップがあります。

iPhone 12 Pro Max Appleシリコンケース カラーラインアップ
Appleのシリコンケースは豊富なカラーから選べる!

シリコンケースはデザインがシンプルだからこそ、カラーが映えます。「どの色にしようかな?」と悩むのもシリコンケースの楽しみのひとつですね!

製品情報
  • Apple純正iPhone 12 Pro Maxケース
  • 肌触りのいいシリコン素材
  • ケース内側のマイクロファイバー素材
  • MagSafeアクセサリーに対応
  • 豊富なカラーラインアップ

【Apple】MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース

品質の高い本革を採用するAppleのレザーケースは、経年劣化による本革ならではの変化を楽しめます。

レザー製品全般に言えることですが、本革は使い込んでいくにつれ、表面に小さい傷やシワが目立ってきます。その傷などをひっくるめて楽しめることが、レザーの良さであり愛着を持って長く使える理由になります。

iPhoneレザーケースの経年劣化
使い込むとレザー特有の光沢が出てくる
(画像は約1年使用した11 Pro向けレザーケース)

一点注意したいのは、AppleのレザーケースでMagSafe充電器を使用する場合です。

Appleレザーケース MagSafe充電器の跡
MagSafe充電器の跡

MagSafe充電器がマグネットの力でレザーケースに当たることで、上のような丸い跡が付いてしまいます。この跡が気になる場合は、クリアケースかシリコンケースを選びましょう。

製品情報
  • Apple純正iPhone 12 Pro Maxケース
  • 使い込むにつれ変化する革の質感を楽しめる
  • ケース内側のマイクロファイバー素材
  • MacSafeアクセサリーに対応
  • 5色から選べるカラー

サードパーティ製iPhone 12 Pro Maxケース

さまざまなメーカーから販売されているたくさんのケースから選べるのは、iPhoneならではの良さでしょう!

ここからはおすすめのサードパーティ製ケースをご紹介していきます。

【ESR】iPhoneのデザイン、カラーを損なわないクリアケース

「iPhone 12 Pro Maxをできるだけ自然なかたちで使いたい!」ということなら、このクリアケースでOKです。

薄型で軽量なTPUクリアケースで、ケースの存在感を感じさせません。厚さは1.1mmと落下時の衝撃に備えるなら心許ない厚さですが、ひっかき傷を防ぐには十分です。

ESR クリアケース iPhone 12 Pro Max
薄く透明度も高い!(画像はiPhone 12 Pro向け)

1,000円程度で購入できることを考えると(記事執筆時点の価格)、コストパフォーマンスもいいですね!ケースをつけるのとつけないのとでは持ちやすさは全然違うので、裸派の人にもおすすめしたいケースです。

製品情報
  • iPhoneのデザイン、カラーを隠さないTPUクリアケース
  • 厚さ1.1mmと薄型で軽量
  • ケースの張り付きを防止するマイクロドット加工
  • Qiワイヤレス充電に対応

【Spigen】ウルトラ・ハイブリッド(クリスタル・クリア)

「iPhone 12 Pro Max本来のデザイン、カラーを楽しみながら、落下時の衝撃にもしっかり備えたい」という人には、Spigen(シュピゲン)のウルトラ・ハイブリッドがおすすめです。

TPU素材とポリカーボネートのハイブリッド仕様、ケース四隅に配置されたエアークッションと衝撃に強い設計となっています。側面のTPUは厚めなのですが、厚めだけに安心感があります。

製品情報
  • Spigenの人気シリーズ「ウルトラ・ハイブリッド」
  • TPUとポリカーボネートのハイブリッド構造
  • ハイブリッド構造と四隅のエアークッション搭載で高い耐衝撃性能
  • Qiワイヤレス充電に対応

【ESR】便利!キックスタンド機能搭載のクリアケース

背面にキックスタンドを搭載するESRのクリアケースです。このキックスタンドが便利なんです!

フラップのない背面ケースでも、スタンド機能が搭載されいることは珍しくありません。しかし、「横置き」と「縦置き」に両対応する背面ケースは少ないんです。

ESR スタンド搭載クリアケースは縦置きに対応 iPhone 12 Pro Max
縦置きできるのは普段使いでも便利!

このケースは横置きだけでなく縦置きにも対応するので、デスクの上に立てておきたいときなどに大活躍してくれます。動画を観るなら横置きですが、WEBページの閲覧は縦置きのほうが捗ります。

スタンド機能を使うためだけに、かさばりがちな手帳型ケースを選ぶ必要はありません。ハマる人にはハマるクリアケースです!

製品情報
  • キックスタンド搭載のTPUクリアケース
  • 縦置きと横置きに対応
  • Qiワイヤレス充電に対応
  • クリア/ブラック

【Hamee】iFace Reflection

Hamee(ハミィ)の人気ケース「iFace Reflection」の特徴は、厚めのTPUバンパーとケース背面のガラスパネルです。

透明なガラスパネルはiPhone 12 Pro Maxのカラーを隠しませんし、厚いTPUバンパーのおかげで持ちやすくなります。米軍MIL規格に準拠する高い耐衝撃性能もポイントですね!

Hamee iFace Reflection iPhone 12 Pro Max
透明度が高く美しいガラスパネル
(画像はiPhone SE対応ケース)

ただケースの脱着時にガラスが割れてしまうことがあるようです。僕自身も何度か脱着していますが、慎重に行えばそう心配するほどのものではないと思います。とはいえ他のTPUケースと同じ感覚でぐにゃっといくと、割れてしまう可能性があるので注意です。

製品情報
  • Hameeの人気シリーズ「iFace Reflection」
  • iPhoneのカラーを隠さない背面ガラスパネル
  • 米軍MIL規格に準拠する高い耐衝撃性能
  • Qiワイヤレス充電に対応
  • 選べるカラー

【ORNARTO】カラーが選べるシリコンケース

Apple純正のシリコンケースは、品質が高いことは確かなのですが、純正品ということもあり割高感は否めません。

「シリコンケースがいいけど、Apple純正ケースは価格的にちょっと……」という人には、このORNARTOのシリコンケースがおすすめです。

ORNARTO iPhone 12 Pro Max シリコンケース
シンプルなデザインのシリコンケース

ケース表面の肌触りの良さはApple純正ケースと変わりませんね。11色のなかから「サンライズ」というカラーを選んでみましたが、他の人とは被らないユニークな色合いで気に入っています。

ORNARTO iPhone 12 Pro Max シリコンケース
Lightningポートまわりと内側のマイクロファイバー素材

サイズ感も問題ありません。ケース内側のマイクロファイバー素材もいい感じですね。ケース側面に繋ぎ目のような線が入っいたり、マイクロファイバー素材の貼り付けが若干甘いような気もしますが、見た目や使い勝手には影響しないレベルです。

製品情報
  • 肌触りがよく持ちやすいシリコンケース
  • ケース内側のマイクロファイバー素材
  • 厚さ1.1mmの薄型ケース
  • 11色から選べるカラー
  • Qiワイヤレス充電に対応

【Zabarsii】スマホリング搭載クリアケース

スマホリングが搭載されたくクリアケースです。リングは360度回転し、スタンドとしても機能します。

スマホリング搭載iPhone 12 Pro Maxケースで安心
スマホリングの安心感!

いざ使ってみると、スマホリングに指を通すだけで安心感が全然違いますね!屋外での操作時もそうですし、仰向けになって操作するときも重たいiPhone 12 Pro Maxが顔面に落ちてくることはありません。

Zabarsii スマホリング搭載クリアケース iPhone 12 Pro
スタンドとしても機能するスマホリング(横置きのみ)

若干スマホリングの金属感が安っぽい気もしますが、実際に価格は安いので文句はありません。ただリングは中央部分にあるので、Qiワイヤレス充電はできないことには注意してください。個人的には高速に充電できる優先での充電がほとんどなので気になりませんが、ワイヤレス充電したい方は注意です。

製品情報
  • iPhoneのデザイン、カラーを隠さないクリアケース
  • 360度回転可能でスタンドにもなる(横置きのみ)スマホリング搭載
  • Qiワイヤレス充電には非対応

【HANATORA】フィンガーベルト搭載の本格レザーケース

高級感のあるイタリアンレザーを使用し、ケース背面にフィンガーベルトを備えたiPhoneケースです。ベルトに指を通すことでホールド感が向上、片手持ちしたときに不安定になりやすいiPhone 12 Pro Maxでこそチェックして欲しいケースです。

こういったベルトタイプは、スマホリングに比べてかさばりませんし、見た目もおしゃれです。そしてこのケースは「革を楽しめる」という点もポイントになりますね。

スマホリングはレザーケースには貼り付けられません。スマホリングを付けられないことがネックで、レザーケースを選んでこなかったという方におすすめしたいケースです。

製品情報
  • 革の個性を楽しめる本格レザーケース
  • フィンガーベルト搭載
  • ストラップホール搭載
  • ケースと同色のコードホルダー付属
  • 選べるカラー

【Spigen】ラギッド・アーマー

Spigenのケースではラギッド・アーマーも人気があります。厚めのTPU素材とデザインは「ザ・耐衝撃ケース」といったところです。

ケース背面の中央部分には丸い穴が開けられており、そこからiPhoneのりんごマークが見えます。その穴はへこむような形状になっているので、指がひっかかり持ちやすさにも繋がっています。

製品情報
  • Spigenの人気シリーズ「ラギッド・アーマー」
  • 米軍MIL規格に準拠する高い耐衝撃性能
  • Qiワイヤレス充電に対応

【エレコム】ZEROSHOCK 耐衝撃ケース

耐衝撃性能を重視したいなら、エレコムのZEROSHOCKもチェックしたいケースです。

エレコム ZEROSHOCK iPhone 12 Pro Max
ケース四隅に設置されたエアークッション

空洞になったケース四隅のパンパーが特徴的ですね!いかにも守ってくれそうなデザインです。

製品情報
  • エレコムの人気耐衝撃ケース「ZEROSHOCK」
  • 耐衝撃性を高める四隅のエアークッション
  • ストラップホール搭載

エレコムのZEROSHOCKにはTPUとポリカーボネートが合わさったハイブリッドタイプもあります。米軍MIL規格に準拠に耐衝撃性能がさらにアップしています。

【TUCCH】コスパよし!選びやすい価格の手帳型ケース

手頃な価格で購入できる手帳型ケースをお探しなら、TUCCHの手帳型ケースはぜひチェックしておきたいアイテムです。

2,000円弱という価格ながらスタンド機能にカード収納と、手帳型ケースに求められる機能はしっかり搭載されています。全10色から選べるカラーもポイントです。

製品情報
  • お手軽な価格で購入できる手帳型ケース
  • ディスプレイを含む全面を保護できる
  • スタンド機能を搭載
  • カード収納(3枚分+内ポケット)あり
  • 10色から選べるカラー

【VISOUL】独特なシボがおしゃれなシュリンクレザーケース

シュリンクレザーとは、そのシュリンク(縮む)という意味通り革の表面を縮める加工が施されたものです。シワのような独特なシボが特徴的ですね。

シュリンクレザーは型崩れしにくいという特徴もあり、カバンやポケットの中で押しつぶされやすいスマホケースにはぴったりです。

ひと味違った革の良さを楽しみたい、という方はシュリンクレザーケースをチェックしてみてください。

製品情報
  • シュリンクレザーを採用した手帳型ケース
  • ディスプレイを含む全面を保護できる
  • カード収納(4枚分+内ポケット)あり
  • スタンド機能を搭載
  • 選べるカラー

おすすめiPhone 12 Pro Maxケース まとめ

iPhoneユーザーのなかには「傷なんて気にしない!」という方もいるでしょう。確かに傷なんてものは気にしなければそれまでですし、傷が付いて使い込まれたiPhoneもそれはそれでかっこいいですよね。

ある意味そういう人がうらやましかったりしますが、傷を付けてしまうと気分は良くないですし、下取り価格にも影響してきます。故障の原因にもなり得ます。

iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12シリーズのなかでも高価なモデルです。落としてしまって壊れたからといって次へ次へと買い換えられるものではありません。「こんなことなら早めにケースを付けておけば良かった……」と後悔しないためにも、iPhone本体がキレイなうちにケースの装着をおすすめします!

iPhone 12 Pro Maxユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント