iPhone 11 Pro / 11 Pro Max ケースおすすめ13選!クリア/耐衝撃/レザー/手帳型から厳選

iPhone 11 Pro / 11 Pro Max ケースおすすめ13選!クリア/耐衝撃/レザー/手帳型から厳選

「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」はiPhoneとしては初めて「Pro」が名付けられました。トリプルカメラや暗い場所での撮影に便利なナイトモード、延びたバッテリー持ちなど。まさにProという名にふさわしい仕様に仕上がっています。

そんなiPhone 11 Pro/11 Pro Maxを手に入れたなら、まず用意したいアイテムが「保護ケース・カバー」でしょう。デザインを楽しめるケース、耐衝撃性能に長けるケースなどたくさんのケースが発売されています。

今回の記事では、そんなたくさんある対応ケースのなかから人気ケースをピックアップ。おすすめケースをご紹介します。ケースをお探しの方はぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

後悔しないために!iPhone11Proケース選びのポイント

ケースはiPhoneの使い勝手に直結してきます。普段使いには便利なスタンド機能や収納機能などケース+αの機能を持つものも多いですし、逆に薄く必要最低限の機能に抑えたものもあります。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxのケースを購入する前に、ケース選びのポイントを確認しておきましょう。

ケース・カバーのタイプと特徴

ケースは大きく分けて2種類のタイプに分類されます。

ケースはフラップ(ケースのフタ)があるかどうかで使い勝手が変わってきます。僕自身はフラップの開閉が面倒だと感じるので、好んで選ぶのはフラップがないシンプルケースだったりします。ディスプレイはガラスフィルムをケースと併用して保護。

収納機能やスタンド機能など、高い機能性が魅力なのは手帳型ケースです。フラップがあるので特に傷を付けたくないディスプレイもバッチリ保護してくれます。

あと注目したいのはケースの素材です。最近の主流はTPU素材。耐衝撃性に優れ多くのケースに採用されています。素材を組み合わせたケースも多いですね。

素材もまたそれぞれに良さがあります。素材にも注目してケースを選んでみてください。

ケースとガラスフィルムの干渉について

保護フィルムはディスプレイの保護に有効です。ただ保護フィルムを使用する際に注意したいのは、保護フィルムとケースの干渉です。

干渉してしまうことが多いのは、iPhone前面を覆うフルカバータイプのガラスフィルムを使用したとき。干渉が発生してしまうと、うまくケースがはまらなかったり、ガラスフィルムの浮きの原因になることがあります。

スポンサーリンク

フルカバータイプのガラスフィルムであっても、ケースとの干渉を防ぐために、わずかに小さく設計されているものもあります。すべてのフルカバータイプが干渉してしまう訳ではありませんが、フィルムとケースの相性によってはそういったことがあることは頭に入れておきましょう。

iPhonePro11/11ProMaxにおすすめのケース・カバー13選

それではここからiPhone 11 Pro/11 Pro Maxにおすすめのケース・カバーを紹介していきます。

  1. Apple純正ケース
  2. シンプルケース(フラップなし)
  3. 手帳型ケース(フラップあり)

この順番でおすすめケースを紹介していきます。

【Apple純正】クリアケース

iPhone 11 Proの美しいカラーを魅せる純正クリアケース

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxにはスペースグレイ/シルバー/ミッドナイトグリーン/ゴールドの4色のカラーバリエーションが用意されています。しかし、せっかく好みのカラーを選んでも、ケースを装着すればその美しいカラーが隠れてしまいます。

「iPhoneを保護しながら、せっかく選んだカラーを隠さないケース」となれば、透明なクリアケースという選択肢になります。

これまでiPhoneのフラッグシップモデルに対応した純正クリアケースはありませんでしたが、「カラーを楽しんで欲しい」という思いがあってか、iPhone 11 Pro向けのクリアケースが登場しています。

耐衝撃性能に優れるTPU素材とハード素材(ポリカーボネート)を採用したクリアケースで、デザインは超シンプル。iPhone本体のデザイン・カラーを引き立てます。

ネックとなるのはその価格でしょうか。Apple純正ケースということもあり、クリアケースとしては価格が高め。ぴったりなサイズ感や高い品質は魅力的ではあるものの、予算によっては純正ではなくサードパーティ製クリアケースもありでしょう。

・iPhone 11 Proのカラーを隠さないクリアケース
・TPUとPC(ポリカーボネート)のハイブリッド設計
・傷や黄ばみを防ぐコーティング

【Apple純正】レザーケース

手に持つと分かる高品質なヨーロピアンレザー

レザーケースはApple純正ケースの定番です。高級感のあるヨーロピアンレザーが特徴で、無駄のないシンプルなデザインが、そのレザーを目立たせます。

iPhone 11 Pro Apple純正レザーケース1

背面にはAppleのロゴがあり、ケース内側のファブリック素材はiPhoneを優しく保護します。

iPhone 11 Pro Apple純正レザーケース2
下から上方向へのスワイプ操作がしやすい形状

Apple純正ケースに共通して言えることですが、スピーカーホールとLightningコネクタの部分がU字型に開けられています。

ホームボタンがないiPhone 11 Proでは、画面下部に表示されているホームバーを上方向にスワイプすることが多いのですが、U字型になっているので指が引っかからずスムーズに操作可能。地味ですが純正ケースのメリットを感じるポイントです。

こちらも価格は高めですが、レザーが好きな人なら検討してほしい純正ケースです。

・高品質なヨーロピアンレーザーを採用したレザーケース
・無駄のないシンプルなデザイン
・6色から選べるカラー

【Apple純正】レザーフォリオ

Apple純正の手帳型ケースならこれ!

レザーフォリオは上のレザーケースと同様、ヨーロピアンレザーを使用した手帳型レザーケースです。

こちらも構造はシンプルで無駄のないデザイン。機能も1枚分のカード収納のみとシンプル。スタンド機能はありません。

iPhone 11 Pro Apple純正レザーフォリオ
無駄のないシンプルなデザインが美しい

フラップは非マグネット式で固定されていませんが、フラップの開閉と一緒にスリープ/復帰するオートスリープ機能に対応しています。

これもまたレザーを楽しめるケースになっています。価格は高いですが、長く使うのなら思い切ってみるのもありでしょう!

・高品質なヨーロピアンレーザーを採用した手帳型レザーケース
・無駄のないシンプルなデザイン
・カード収納(1枚)/オートスリープ機能/スタンド機能なし
・2色から選べるカラー

【Spigen】ウルトラ・ハイブリッド

クリアケースでも安心、米軍MIL規格取得の高い耐衝撃性

ここからはサードパーティ製ケースを紹介していきたいと思いますが、まず紹介したいのはSpigen(シュピゲン)のウルトラ・ハイブリッド。

ウルトラ・ハイブリッドは、「iPhoneのカラーを見せたい」「でもしっかり保護もしたい」という2つの願いを叶えてくれるケース。クリアケースは薄手でシンプルなものが多かったりしますが、ウルトラ・ハイブリッドは米軍MIL規格に準拠する高い耐衝撃性が魅力です。

Spigen ウルトラ・ハイブリッド iPhone 11 Proに装着
若干厚手だが、そのぶんホールド感が向上

このように若干厚手でではあるものの、ホールド感が向上、ケース未装着時と比べても持ったときの安心感がまるで違います。

Apple純正クリアケースと比べても価格が安く選びやすいというメリットもあります。クリアケースを考えている人にぜひチェックして欲しいケースです。

・Spigenの人気ケース「ウルトラ・ハイブリッド」
・TPUとPC(ポリカーボネート)のハイブリッド設計
・米軍MIL規格取得の高い耐衝撃性
・クリスタルクリア/ジェットブラック

【Hamee】iFace Reflection

人気のiFaceシリーズからガラスクリアケースが登場!

Hamee(ハミィ)のiFaceと言えば、くびれのあるフォルムとカラフルなカラーバリエーションが特徴です。肉厚なバンパーもなかなか個性的です。そんなiFaceシリーズですが、背面が透明なガラスになった「Reflection」が新しく登場しています。

シリコンやTPUのクリアケースだと、長く使用するとどうしても多少の「黄ばみ」が出てきます。最近のクリアケースは、コーティングなどで黄ばみ対策されているものも多いですが、完全に防ぐことはできません。その点ガラスは長くキレイな状態で使えます。

最近ケースにガラスを使用するタイプが増えてきています。これからの主流のひとつになりそうですね!

・背面に透明な強化ガラスを採用
・衝撃から守る厚めのTPUバンパー/持ちやすいくびれ形状
・米軍MIL規格準拠の高い耐衝撃性
・グレー/ネイビー/ブラック/ベージュ/レッド

【Spigen】タフ・アーマー

キックスタンドが便利!Spigenの定番耐衝撃ケース

Spigenのタフ・アーマーはiPhoneの耐衝撃ケースとしては定番。使ったことがあるという人もいるかもしれません。

タフ・アーマーが便利なのは、その高い耐衝撃性能もそうですが「キックスタンド」。スタンド機能が使えるシンプルケースはそう多くありません。動画視聴時には大活躍してくれるでしょう。

耐衝撃ケースをお探しで、スタンド機能も活用できそうであればぜ要チェックのケースです。

・Spigenの人気ケース「タフ・アーマー」
・TPUとPC(ポリカーボネート)のハイブリッド設計
・米軍MIL規格取得の高い耐衝撃性
・動画視聴時に便利なキックスタンド
・ガンメタル/サテンシルバー/ブラック/ローズゴールド

SpigenにはiPhone 11 Pro/11 Pro Max対応ケースがたくさん発売されています。どれも人気のケースばかりなので、気になる方は以下からチェックしてみてください。

【iPhone11Pro/11ProMax対応】Spigenの人気ケースをチェック!
Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

【PITAKA】MagCase

軍用製品や航空機にも使われる「アラミド繊維」を採用したiPhoneケース

TPUやPC、ガラスなど。ケースに使われる素材はいくつかありますが、「アラミド繊維」を使用したケースはなかなかありません。

強度が高く、そのぶん薄型化できるアラミド繊維は、軍用製品や航空機にも使われる素材。強度が高く薄い。そして軽量となれば、iPhoneケースにぴったりです。

PITAKAのMagCaseはアラミド繊維を採用し、薄さは0.85mm、重さはたった14gと超軽量級。装着感を感じさせません。それでいて背面のカメラホール周りは、机などと接触しないよう高さが付蹴られていたりとシンプルなケースながら細かいところも考えられています。

価格は高いですが、購入ユーザーからの評価も非常に高い。超薄型・軽量のケースをお探しならこれです。

・軍用製品や航空機にも使われる「アラミド繊維」を採用
・薄さ0.85mm、重さ14g
・カーボン風デザイン
・背面カメラレンズが接触しない設計

iPhone 11 Pro ケース「PITAKA」Magcase 軍用防弾チョッキ素材アラミド繊維
PITAKA

【URBAN ARMOR】PATHFINDER

UAGの高級対衝撃ケース「PATHFINDER」

続いて紹介するのはファンも多いUAGの耐衝撃ケース「PATHFINDER」です。TPUとPC、ニッケルプレートと、異なる素材を使用することで耐衝撃性能を向上させています。

その耐衝撃性は米軍MIL規格に対応。そして見るからに守ってくれそうなデザイン。ミリタリーチックで機能美を感じさせてくれます。

迷彩柄などカラーやデザイン選べるので、気になる方はチェックしてみてください。

・UAGの人気ケース「PATHFINDER」
・TPUとPC(ポリカーボネート)、ニッケルプレート
・米軍MIL規格準拠の高い耐衝撃性
・選べるカラー

UAGのiPhone 11 Pro/11 Pro Max対応ケースは以下からチェック!

【iPhone11Pro/11ProMax対応】UAGの人気ケースをチェック!
Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

【SYRINX】HASAMU

裸派の人におすすめ!「革」を楽しめるスリーブケース

SYRINXの「HASAMU」は、その名のとおりiPhoneを挟むかたちで保護するスリーブケース。

SYRINX HASAMU iPhone 11 Pro
iPhone 11 Proをそのままイン

このように袋状になっていて、iPhoneを入れ込むかたちになっています。超シンプルな構造です。

HASAMUには本革が使用されており、化学薬品を使用しない植物タンニンなめしで加工されているため、革らしい経年劣化を楽しめます。上の画像ではまだ1週間ほどの使用ですが、使用するにつれ傷が付き、色味も深まっていくはずです。使い古すほど愛着が湧く。これが革の良さです。

そしてHASAMUはスリーブケースになるので、使用するたびにiPhoneを取り出す必要があります。便利なアイテムとは言えませんが、無骨でシンプルだからこそ革の良さが引き立ちます。革製品が好きな人にはハマるはず!

・iPhoneを挟むだけ!シンプルなスリーブケース
・テンペスティ社のエルバマットレザーを採用
・植物タンニンなめしで革を育てていく楽しみがある
・選べるカラー

【エレコム】ULTRA SLIM

薄型で軽量!エレコムの手帳型ケース

手帳型ケースはフラップがあるぶん、どうしてもかさばりがち。そこでおすすめなのが薄型・軽量タイプの手帳型ケースです。

エレコムのULTRA SLIMは薄く軽量のソフトレザーを採用、カバンやポケットの中でもかさばりません。スタンド機能はありますが、カード収納は1枚のみ。手帳型ケースとしては最低限の機能ですが、必要十分といったところでしょう。

薄型で軽量の手帳型ケースをお探しの方はどうぞ!

・エレコムのスリムな手帳型ケース
・薄型で軽量
・スタンド機能/カード収納(1枚)/マグネット式
・ブラック/ネイビー/レッド

【Rssviss】高級感あるPUレザーケース

安くても高級感あり!お手頃なPUレザーケース

選びやすい価格帯、でも安っぽくないレザーケースをお探しの方はこれがおすすめ。

最大3枚のカードの収納でき、さらに内ポケットを搭載。収納機能はバッチリです。動画視聴時に便利なスタンド機能にも対応しています。

カラーはブラウン/ブラック/レッドの3色から選択可能です。

・PUレザーを使用した手帳型ケース
・スタンド機能/カード収納(3枚+ポケット)/マグネット式
・ブラウン/ブラック/レッド

【Looco】LOOF Nature

天然木を使用したユニークな手帳型ケース

LOOF Natureは一部に天然木を使用した手帳型ケース。ユニークなデザインで、他のiPhoneユーザーとデザインが被りません。本革と組み合わせたデザインなので天然木と相まって高級感もあります。

そしてフラップの左開きと右開きの2パターン用意されている点もなかなかユニーク。右開きなら左手でiPhoneをホールドした状態でフラップを開けられるので、左利きの人には嬉しいかもしれません。

天然木の種類も4パターンから選べます。おしゃれな木製手帳型ケースです。

・天然木と本革を使用した手帳型ケース
・スタンド機能/カード収納(1枚)
・右利き(左開き)仕様と左利き(右開き)仕様あり
・桜/竹/楓/胡桃(くるみ)

【BONAVENTURA】シュランケンカーフレザーケース

ホンモノ志向のあなたに!高級牛革を使用した本格レザーケース

「価格が高くてもいいものを」というあなたには、ボナベンチュラの本格レザーをチェックしてみてください。高額なケースながら非常に人気で、ファンが多い手帳型ケースです。

ドイツの老舗タンナーであるぺリンガー社のシュランケンカーフレザーを採用、独特な質感がおしゃれです。

選ぶカラーによって印象が違います。やはりネックになるのは価格ですが、価格分の満足感を得られるケースなので奮発してみるのもありでしょう!

・ぺリンガー社の高級牛革を使用した手帳型ケース
・個体によって異なる表情が楽しめる「シュランケンカーフレザー」
・カード収納
・選べるカラー

iPhone11Proの修理費用は高額!ケースは必須アイテム

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxは本体価格が高いこともあって、修理費用も非常に高額です。

例えば、iPhoneを落下させ背面のガラスが大きく破損させてしまった場合。この場合、修理に出すと上の表の「画面以外の修理」にあたります。派手に落下させれば画面の修理と画面以外の修理のダブルパンチという事態も考えられます。

AppleCare+に加入していれば修理費用は抑えられますが、それでも安い金額ではありませんし、場合によってはiPhoneを預けなければいけないという不便もあります。

以上のことから、やはりiPhone 11 Pro/11 Pro Maxにはケースが必須と言えるでしょう。ケースを装着し対策しておけば万一のときに「ケースを着けておいてよかった」となるはずです。

その他のケース・カバーを見たいという方は、以下からチェックしてみてください!

iPhone 11 Pro/11 Pro Max向けの保護フィルムもどうぞ!

こちらの記事もおすすめです!

コメント