【2020年版】iPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器10選![置くだけ充電]

【2020年版】iPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器10選![置くだけ充電]

みなさま、iPhoneのワイヤレス充電を活用されていますでしょうか。以前と比べると、ワイヤレス充電はずいぶんと一般的になりましたよね。

ワイヤレス充電、ドコモでは「置くだけ充電」と呼ばれたりしますが、その文字どおり充電器に置くだけで充電できるため、充電ケーブルの抜き差しが必要ありません。

Lightningケーブルの毎日の抜き差しでケーブルの消耗もありませんし、iPhoneのコネクタが痛むこともありません。ケーブルが絡まってイライラすることもありません。とにかく、余計なことを考えずに「置くだけ」なのでいろんな意味で楽チンです。

今回の記事では、iPhoneをワイヤレス充電するときに必要になる「おすすめワイヤレス充電器」をご紹介します。ワイヤレス充電器の選び方や注意点についても解説しています。

「ワイヤレス充電?よく分からないから使ってないよ……」という方も、ぜひこの機会にワイヤレス充電を使ってみてください。一度使えばなくてはならなくなりますよ!

iPhone向けQiワイヤレス充電器の選び方・注意点

まずはワイヤレス充電器の選び方・注意点について解説します。ワイヤレス充電はいい面だけでなく「デメリット」もあるので、後悔しないためにも目を通しておいてください!

iPhoneをワイヤレス充電する方法

iPhoneが対応しているワイヤレス充電規格は「Qi(チー)」というもの。Androidスマホの多くにも対応する、もっともメジャーなワイヤレス充電規格です。

iPhoneをワイヤレス充電するには、「ワイヤレス充電に対応するiPhoneモデル」、そして「Qiに対応しているワイヤレス充電器」が必要になります。

ワイヤレス充電器に対応するiPhoneモデルは以下のとおりです。

  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)

つまり、2017年に発売されたiPhone 8以降のモデルであれば、Qi規格によるワイヤレス充電に対応しています。おそらく、ほとんどのiPhoneユーザーの方がワイヤレス充電の恩恵を受けられるのではないでしょうか。

  • iPhoneをワイヤレス充電するには、iPhone 8以降のモデルとQi規格に対応したワイヤレス充電器が必要!

パッド型・スタンド型・ホルダー型

ワイヤレス充電器には、大きく分けて3つのタイプがあります。

一般的な「パッド(平置き)型」、充電しながらの使用に便利な「スタンド型」、そして車載などで活躍する「ホルダー型」です。

iPhone ワイヤレス充電器のタイプ
パッド型・スタンド型・ホルダー型の3つのタイプ

どのタイプを選ぶかは「どういうシーンで充電するか」を考慮する必要があります。

パッド型はもっとも一般的なタイプで、場所をとりません。持ち運びも用意です。スタンド型はデスクの上に置いて、充電しながらiPhoneを操作したい場合に便利です。ホルダー型はがっちりホールドしてくれるので、車内で充電するのに便利ですね。

ここで注意ポイントは、例えばAirPods(エアーポッズ)などiPhone以外にもワイヤレス充電がある場合です。

これはわりとよくあるパターンだと思うのですが、ワイヤレス充電に対応したAirPodsモデルを使用している場合、スタンド型だとうまく充電できません。

例えばAirPodsはパッド型ワイヤレス充電器でないとうまく充電できない
例えばAirPodsはパッド型でないとうまく充電できない

僕は一時スタンド型のワイヤレス充電器をメインに使っていましたが、AirPodsの充電の関係でパッド型に戻ってきました。意外と見落としやすい部分だったりするので注意してください。

  • ワイヤレス充電器には「パッド(平置き)型」、「スタンド型」「車載型」がある
  • AirPodsなどワイヤレス充電に対応した機器と共有して使いたい場合はパッド型がおすすめ

高速ワイヤレス充電(7.5W)に対応する充電器は一部のみ

ワイヤレス充電器によって、充電性能(充電速度)が異なります。「10W」のように「W(ワット)」で表され、数字が大きいほど出力が高く充電速度が向上します。

そして充電速度はワイヤレス充電するスマホ側の性能にも左右されます。iPhoneが対応しているのは、「5W」もしくは「7.5W」まで。5Wというと、iPhoneに付属されている四角いUSB充電器と同じ出力ですね。

ワイヤレス充電器は7.5W対応がおすすめ!
ワイヤレス充電器は7.5W対応がおすすめ!

5Wでの充電はお世辞にも高速とは言えないので、おすすめは7.5Wに対応したワイヤレス充電器。メーカーが「iPhoneを7.5Wで充電できる」と表記しているものを選びましょう。

  • iPhoneは「5W」「7.5W」のワイヤレス充電に対応
  • iPhoneを7.5Wで充電するには、対応したワイヤレス充電器が必要

ワイヤレス充電のデメリット

便利で楽チンなワイヤレス充電ですが、いい面だけでなくデメリットもあります。

  • 4mm以上の厚みがある保護ケースの場合、装着したまま充電できない可能性がある(ワイヤレス充電器による)
  • 金属製の保護ケースやスマホリング(バンカーリング )を装着しながらのワイヤレス充電ができない
  • 充電速度が遅い

4mm以上の厚みがある保護ケース、金属製ケース、スマホリングを装着している場合は、ワイヤレス充電できないと考えておいたほうが無難です。といっても、4mm以上の厚さがある保護ケースは限られていて、ほとんどの保護ケースは装着したままワイヤレス充電できます。

使い勝手に関わってくるのは「充電速度が遅い」というデメリットですね。やはり有線での充電速度には勝てません。

ワイヤレス充電は5Wもしくは7.5Wという充電速度ですが、有線での最大18Wと2倍以上の出力の差があります(iPhoneをUSB PDで急速充電した場合)。

どちらかというと、ワイヤレス充電は寝る前に充電するような、急がないシーンに向いています。出かける前の充電といった急いでいるシーンには不向き。そういうときはワイヤレス充電ではなく、有線での充電がおすすめです。

  • 目安として厚さ4mm以上の保護ケースを装着したままだと、ワイヤレス充電できない可能性がある
  • ワイヤレス充電(5W/7.5W)は有線での充電より充電速度が遅い

iPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器10選

それではここからiPhoneにおすすめのワイヤレス充電器をご紹介していきます!パッド型からスタンド型、ホルダー型まで幅広くおすすめをピックアップしました。

【mophie】wireless charging pad(Apple限定)

まずご紹介したいのは、mophie(モーフィー)のワイヤレス充電器「wireless charging pad」です。Apple限定の製品で、購入できるのはAppleからのみ。

直径が9cmとコンパクトなワイヤレス充電器で、iPhoneの7.5W高速ワイヤレス充電に対応しています。価格としてはお高めですが、別途USB充電器が不要でACケーブルが付属されていることを考えると、そう高過ぎるわけではありません。なにより、mophieはApple製品の電源周りのアクセサリーではおなじみで安心感があります。

Apple公式サイトで「mophie wireless charging pad」をみる

製品情報
  • Apple限定ワイヤレス充電器
  • 最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応
  • ACケーブル付属(1.5m)
  • ブラック/ホワイト

【Anker】PowerPort Wireless 5 Pad

「手軽な価格でワイヤレス充電を体験してみたい」ということなら、Anker(アンカー)の「PowerPort Wireless 5 Pad」がおすすめです。Ankerという信頼性の高さと、1,000円台でワイヤレス充電を体験できる コスパは魅力的です。

注意点としては、5W充電になることとUSB充電器(5V/2A以上)を別途用意する必要があること。手持ちのUSB充電器があれば用意する必要はありません。

PowerPort Wireless 5 PadはApple公式サイトで販売されているLightningケーブルと同じぐらいの価格で購入できます。まずワイヤレス充電の使い心地を確認してみたいという方にはぴったりな製品です。

製品情報
  • Ankerのワイヤレス充電器(5W)
  • Lightningケーブル並みの価格でコスパ抜群
  • USB充電器(5V/2A以上) が必要

【Anker】PowerWave 7.5 Pad

AnkerはUSB充電器やモバイルバッテリーで有名なメーカーで、多くのユーザーから高く評価されています。選ぶ人が多いという意味でも安心感があります。

そのAnkerの「PowerWave 7.5 Pad」は、iPhoneの7.5W高速ワイヤレス充電が可能で、そのときに必要になるQuick Charge 3.0に対応するUSB充電器がセットとなっています。別途USB充電器を用意する必要はありません。

すぐに使い始められるのは嬉しいですね!一見ワイヤレス充電器としては高めに思えますが、QC 3.0対応USB充電器が付属されていることを考えれば、むしろコスパがいいぐらい。

製品情報
  • Ankerのワイヤレス充電器
  • 最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応
  • QC 3.0対応USB充電器が付属
  • ホワイト/ブラック

【Anker】PowerWave 7.5 Stand

上で紹介した「パッド型」と同じシリーズの「PowerWave 7.5 Stand」。スタンド型で充電しながらiPhoneを操作しやすく、デスクの上に置くにはぴったりです。こちらもQC 3.0対応USB充電器とのセットなので、別途用意する必要はありません。

注意点として、iPhoneに加えてAirPodsも充電したいという方はスタンド型ではなくパッド型を選びましょう。スタンド型だと充電コイルの位置の関係でうまく充電できません。注意してください。

製品情報
  • Ankerのスタンド型ワイヤレス充電器
  • 最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応
  • QC 3.0対応USB充電器が付属
  • ホワイト/ブラック

【Artifit】パッド型、スタンド型どちらもOKなワイヤレス充電器

パッド型・スタンド型と利用シーンに合わせてスタイルを変えて使いたい。そんな人におすすめのワイヤレス充電器です。

充電パッド部分を寝かせる・起こすことによってスタイルを変更。さらに充電パッドを伸縮させることで、充電に最適な位置に持ってこれます。この伸縮により横置きでの充電も可能になるため、動画視聴時なんかでは重宝します。

iPhoneの7.5W高速ワイヤレス充電を行うためには、 別途QC 2.0/3.0対応のUSB充電器が必要になります。

Artifit Qi対応ワイヤレス充電器 急速充電 10W 7.5W 角度調節 折りたたみスタンド 1台3役
ARTIFIT

製品情報
  • 縦置き・横置き・平置きの3つのスタイルに対応
  • 最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応
  • 7.5W充電するには別途QC 2.0/3.0対応アダプタが必要

【Aviski】冷却ファン搭載のワイヤレス充電器

ワイヤレス充電時には多少の熱が発生します。高温状態が続くとバッテリーの劣化にも繋がるので、日当たりは避け涼しい場所に置いておくのが基本です。

このワイヤレス充電器は、充電時の熱を軽減するための「冷却ファン」を搭載。熱を取り除いてくれるので、バッテリーの劣化リスクを抑えてくれます。冷却ファンは必要に応じてON/OFFが切り替えられるようになっています。

充電しながらスマホを操作するときなんかは、特に熱を持ちやすいので冷却ファンが活躍してくれるはずです。

製品情報
  • 冷却ファン搭載のスタンド型ワイヤレス充電器
  • 冷却ファンON/OFFスイッチ
  • 最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応
  • 別途USB充電器/カーチャージャーが必要(7.5W充電する場合はQC 3.0対応のもの)

【AUKEY】ワイヤレス充電対応モバイルバッテリー(8000mAh)

ワイヤレス充電に対応したAUKEY(オーキー)のモバイルバッテリー。8000mAhバッテリーを搭載します。いつでも場所を選ばずiPhoneをワイヤレス充電できます。

ただ紹介しておいてなんですが、急いでいる場合はワイヤレス充電より有線での充電のほうが充電速度は上です。特にこのモバイルバッテリーはUSB PDに対応しているので、iPhoneを急速充電できます。

とはいえ、充電方法の選択肢が多いことに越したことはありません。出先でもワイヤレス充電したいという方は、要チェックのモバイルバッテリーです。

製品情報
  • ワイヤレス充電対応モバイルバッテリー(8000mAh)
  • 最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応
  • USB-A × 2、USB PD対応USB-Cポート × 1

【Belkin】Boost upワイヤレス充電ドック

iPhoneとApple Watchを同時に充電できるBelkinのワイヤレス充電ドックです。Belkinの製品はどれも洗練されたデザインでオシャレですね!

iPhoneの7.5W高速ワイヤレス充電に対応し、Apple Watchの充電、さらに充電用のUSB-Aポートが搭載されているので、もう1台のデバイスを同時充電できます。USB-Aポートは5W出力なのでiPadなどのタブレットの充電では速度が出ないですが、AirPodsなどの小物を充電するには十分です。

なお、ACアダプタ・ケーブルは付属しているので別途用意する必要はありません。すぐに使い始められます。

製品情報
  • iPhoneに加えApple Watchも充電できるワイヤレス充電ドック
  • 最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応
  • USB-Aポート × 1(5W)
  • ACアダプタ・ケーブル付属
  • ホワイト/ブラック

【Anker】PowerWave 7.5 Car Mount

「車内でもiPhoneをワイヤレス充電したい!」という方には、Ankerの「PowerWave 7.5 Car Mount」がおすすめです。エアコンの吹き出し口に固定できるタイプで、取り付けはかんたん。

地図・ナビアプリや音楽の再生など、車内でもiPhoneを活用されている方は多いと思います。ケーブルでの充電だと、充電するたびにケーブルの抜き差しが必要になります。これだと車載ホルダーに固定するだけで充電できるので楽チンです。

さらにiPhoneには7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応します。ただし、その場合はQC 3.0対応のUSB充電器、あるいはカーチャージャーが必要になります。

製品情報
  • Ankerのワイヤレス充電対応車載ホルダー
  • エアコンの吹き出し口に固定
  • 最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応
  • 別途USB充電器/カーチャージャーが必要(7.5W充電する場合はQC 3.0対応のもの)

QC 3.0対応のUSBカーチャージャーは以下のようなものがあります。

【Belkin】BOOST UP CHARGE Wireless Charging Vent Mount 7.5W

Belkinの「BOOST UP CHARGE Wireless Charging Vent Mount 7.5W」は、シガーソケット電源アダプタ一体型のワイヤレス充電対応車載ホルダー。

7.5W高速ワイヤレス充電に対応するので、車載型といってもしっかり使えます。上で紹介したAnkerの「PowerWave 7.5 Car Mount」は別途USBカーチャージャーが必要になりますが、これは一体型なので別途用意する必要はありません。

無駄なものがなく、見た目もスッキリでいい感じですね!

Apple公式サイトで「Belkin BOOST UP CHARGE Wireless Charging Vent Mount 7.5W」をみる

製品情報
  • エアコンの吹き出し口に固定できる車載ホルダー
  • ホルダー部分は360°回転
  • 最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応
  • シガーソケット電源アダプタ一体型(ケーブル長は1.1m)

iPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器まとめ

ワイヤレス充電のメリットは、とにかく「楽チン」ということに尽きます。ワイヤレス充電器に置くだけ。文字にして書くと「ただそれだけのことでしょ?」と感じる人もいるかもしれません。しかし、充電は毎日行うものです。ちょっとしたことでも、毎日行うものが楽になれば嬉しいですよね。

僕自身、ワイヤレス充電器を使っていて感じるのは、「ワイヤレス充電」と「有線での急速充電(USB PD)」が便利だということです。就寝時など急がないときはワイヤレス充電で、出かける前など急ぐときはサクッと急速充電。このように使い分ける方法おすすめです。

4月24日発売のiPhone SE(第2世代) を含む、現行のiPhoneモデルはすべてワイヤレス充電に対応しています。対応しているのなら使わないともったいない!ぜひこの記事を参考にワイヤレス充電器を選んでみてください!

iPhoneユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント

  1. アバター 無名 より:

    小さいことですが Check! が ” Chceck! ” になってます!

    ワイヤレス充電器、参考にさせてもらいます!

    • テン テン より:

      いやいやお恥ずかしい。。
      ご指摘いただいたところをすぐに修正させていただきました。

      こうやってコメントいただけるのは嬉しい限りです。

      ありがとうございました!