※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

iPhoneの寿命は?何年使える?買い換え時期を解説します

iPhoneの寿命は?何年使える?買い換え時期を解説します

今回は「iPhoneの寿命は?何年使える?」というテーマで、iPhoneの買い換え時期となるタイミングについて解説します。

iPhoneは高性能化や円安などの要因により、次から次へとかんたんに買い替えられないほどの値段に。「いまのiPhoneを大事に長く使おう」と考えている方は多いかと思います。

そこで疑問なのが「iPhoneは何年くらい使えるのか」ということでしょう。iOSのサポート期間やセキュリティアップデートについてなど、iPhoneを長く使うにあたって知っておきたいことについてまとめました。

iPhoneの中古を買うならどこ?


この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

iPhoneの寿命は?何年使える?4つの買い換え時期

iPhoneの買い換えを考えるタイミングには、以下の4つあります。

Appleによると、iPhoneの使用年数は「最初の所有者を基準にして3年」に設定しているとのこと。

最初の所有者を基準にした使用年数について、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOS、iPadOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年とするモデルを採用しています。ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く、多くの場合最初の所有者から別のユーザーに譲渡または転売されるか、Appleによって回収されます。

引用:Apple

しかし、「ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く」となるように、3年を超えて使われることがほとんどです。

1. バッテリーが劣化したタイミング

iPhoneの最初の買い換えタイミングとなるのは、バッテリーの劣化を感じ始める2〜3年です。

iPhoneのバッテリー最大容量が80%未満に低下している場合や、ピーク電力の低下によりパフォーマンス管理機能が適用されている場合は、iPhoneの買い替えあるいはバッテリー交換を検討しましょう。

iPhoneのバッテリーアイコン

iPhoneに内蔵されているリチウムイオンバッテリーは消耗品です。充電と放電を繰り返していくうちに劣化していき、蓄えられるバッテリー最大容量が低下していきます。

バッテリーの劣化はiPhoneのバッテリーに影響することもあります。これはバッテリーの劣化によりピーク電力が低下するためで、「以前より動作が遅くなった」や「動作が安定しない」という事象はバッテリーの劣化が原因になっていることがあります。

iPhoneのバッテリーの劣化がどれくらい進んでいるかは、iPhoneの「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」>「バッテリーの状態と充電」で確認できます。

iPhone 12 Pro Maxのバッテリー最大容量
約2年使用したiPhone 12 Pro Maxのバッテリー最大容量

上は約2年にわたって使用したiPhone 12 Pro Maxのバッテリー最大容量です。蓄えられる電力量が購入時の100%から89%に減ってしまっている状態ですね。

バッテリー劣化によって最大容量が低下していたり、パフォーマンス管理機能が適用されていたりする場合、以下のようなメッセージが表示されることがあります。

iPhone のバッテリーとパフォーマンス(Apple公式サイト)
出典:apple.com/jp

バッテリーが劣化して最大容量が低下したり、パフォーマンスに影響したりしてもそのまま使い続けることは可能ですが、快適に使うならiPhoneの買い換えやバッテリー交換を検討しましょう。

2. iOSサポート対象外となったタイミング

バッテリー劣化の次に買い換えのタイミングとなるのが、そのiPhoneモデルがiOSのサポート対象外となったとき。発売から5〜6年経過したタイミングです。

iOSサポート対象外となることで、新たに登場するiOSの新機能が使えません。AirPodsやApple Watchなど他のApple製品との連携が一部制限されてしまうこともあります。またサポートを打ち切るアプリも増えてきます。

記事執筆時点での最新は、2023年秋に登場したiOS 17です。iOS 17に対応するiPhoneモデルは以下のとおりです。

iOS 17に対応するiPhoneモデル
iOS 17に対応するiPhoneモデル発売年
iPhone 15
iPhone 15 Plus
iPhone 15 Pro
iPhone 15 Pro Max
2023年
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
2022年
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
2021年
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone SE(第2世代)
2020年
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
2019年
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
2018年

上記のなかでもっとも古いiPhoneモデルは、2018年9月21日にはつばいされた「iPhone XS」です。iOS 16ではiPhone 8・iPhone Xがサポートされていましたが、iOS 17ではサポート対象外となりました。

記事更新時点で言うと、iOS 17のサポート対象外となったiPhone 8・iPhone Xはまさに買い換えのタイミングです。

3. セキュリティアップデートが配信されなくなったタイミング

iOSサポート対象外となったiPhoneでも、ただちに使えなくなるわけではありません。機能的なアップデートはストップしますが、セキュリティアップデートによるフォローがあります。

セキュリティアップデートは、重大な脆弱性に対する対策として不定期で配信されます。古いiPhoneにも配信されており、直近では2017年9月22日に発売されたiPhone 8にもセキュリティアップデートが配信されています。

セキュリティアップデートがあるから絶対に安心か?というとそうではないことには注意ですが、セキュリティ上の重大な脆弱性に対してフォローがある点は安心ですね。

ただし、セキュリティーアップデートがあることと快適に使えるかどうかは別問題です。それなりに動作が重くなってくるでしょうし、使用歴4、5年以上となると、バッテリーだけでなく画面や本体への傷などハードウェア的な痛みもあるはずです。

iPhoneはセキュリティアップデートによるフォローもあり長く使用できるものの、基本的にはiOSサポート対象外となったタイミングでの買い換えをおすすめします。

4. 高額な修理費用が発生すると判明したタイミング

iPhoneに限らない話ですが、故障・破損させてしまったときにかかる修理費用は高額になりがちです。

【タップして展開】iPhone 15シリーズの修理費用一覧
前面のひび割れ(前面のみ)
iPhoneモデル修理費用(通常)修理費用(AppleCare+)
iPhone 1542,800円3,700円
iPhone 15 Plus50,800円
iPhone 15 Pro50,800円
iPhone 15 Pro Max56,800円
背面ガラスの損傷
iPhoneモデル修理費用(通常)修理費用(AppleCare+)
iPhone 1525,900円3,700円
iPhone 15 Plus29,800円
iPhone 15 Pro25,800円
iPhone 15 Pro Max29,800円
画面(前面)のひび割れと背面ガラスの損傷
iPhoneモデル修理費用(通常)修理費用(AppleCare+)
iPhone 1559,800円7,400円
iPhone 15 Plus67,800円
iPhone 15 Pro66,800円
iPhone 15 Pro Max76,800円
背面カメラ
iPhoneモデル修理費用(通常)修理費用(AppleCare+)
iPhone 1523,800円12,900円
iPhone 15 Plus23,800円
iPhone 15 Pro32,800円
iPhone 15 Pro Max38,800円
その他の損傷
iPhoneモデル修理費用(通常)修理費用(AppleCare+)
iPhone 1587,800円12,900円
iPhone 15 Plus96,800円
iPhone 15 Pro105,800円
iPhone 15 Pro Max114,800円
バッテリー
iPhoneモデル修理費用(通常)修理費用(AppleCare+)
iPhone 1515,800円0円
iPhone 15 Plus
iPhone 15 Pro
iPhone 15 Pro Max
※ 価格は税込。最終的な料金は保証な用や見積もりによって決定されます。

修理費用はiPhoneモデルによって異なりますが、上位モデルになるほど高額に。AppleCare+やモバイル保険 iPhoneの寿命は?何年使える?買い換え時期を解説しますなどの保証に加入していれば負担少なく修理できますが、そうでなければ買い換えが選択肢になってくるほどの修理費用が発生こともあるでしょう。

修理箇所によっても修理費用は変わってきます。あまりに高額な修理費用が発生するのであれば、新しいiPhoneに買い替えそれを長く使ったほうが結果として出費が少なくなることもあります。

iPhoneが寿命を迎えたときの3つの選択肢

iPhoneのバッテリーが劣化したとき、iOSサポート対象外となったとき、セキュリティアップデートが配信されなくなったとき。iPhoneが寿命を迎えたときの選択肢には以下の3つあります。

1. バッテリーを交換する

動作に不満はないけれどバッテリーもちが悪くなってきた、というパターンはよくあるかと思います。バッテリーのためだけにiPhoneを買い替えるのはもったいないですよね。

「iPhone自体はまだまだ使える」というときは、バッテリー交換を検討してみましょう。iPhoneのバッテリー交換費用は以下のとおりです。

  • iPhone 15シリーズ:15,800円(税込)
  • iPhone 14シリーズ:15,800円(税込)
  • iPhone 13シリーズ:14,500円(税込)
  • iPhone 12シリーズ、iPhone 11シリーズ、iPhone Xシリーズ:14,500円(税込)
  • iPhone 8シリーズ:11,200円(税込)

AppleCare+に加入していて、かつiPhoneのバッテリー最大容量が80%未満になっている場合は、無償のバッテリー交換サービスを受けられます。

iPhoneのバッテリー交換は、AppleもしくはApple正規サービスプロバイダに依頼することをおすすめします。その理由はApple純正のバッテリーが使われているから。

iPhoneのバッテリー交換サービスを提供する業者さんはたくさんありますが、Apple純正部品を扱えるのはAppleもしくはApple正規サービスプロバイダのみ。非正規店でバッテリー交換する方法には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

非正規店でバッテリー交換するメリット・デメリット

メリット
  • 価格が安い。
  • 最短で即日にバッテリー交換が完了する。
  • iPhoneにデータを残したままバッテリー交換できる(バックアップの必要がない)。
デメリット
  • Apple純正以外のバッテリーが使われる。
  • 品質の悪いバッテリーが使われてしまう可能性がある。
  • 修理店やスタッフによって技量にバラツキがある。
  • バッテリー最大容量が表示されないため劣化の状況を把握できなくなる。
  • AppleCare+の保証対象外となる。

私はUSB充電器やモバイルバッテリーをよくレビューしますが、なかには動作が不安定でよく分からない動きをするものもあります。特に万が一にもなにかあっては困る電源関連製品においては、「どこの製品か」が大事で、それはiPhoneのバッテリー交換にも言えることだと思っています。

iPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーは、多くの人が思っている以上に取扱いに注意が必要なもの。基本的にはAppleもしくはApple正規サービスプロバイダでのバッテリー交換がおすすめです。

2. 新品iPhoneに買い替える

次にご紹介するのは、新品のiPhoneに買い替える方法です。

「新しいバッテリーに交換したとしてもiPhone本体にダメージがあるし、iOSサポート期間を考えても長くは使えない」という場合には新品iPhoneの購入が選択肢になります。

新品iPhoneを購入する方法にはいくつかあります。

  • Appleストア・Apple公式サイト
  • キャリア・格安SIM事業者
  • Amazonなどのショッピングサイト
  • 家電量販店・家電量販店などのショッピングサイト

私はいつもiPhoneはApple公式サイトで購入します。キャリアでは2年後の返却を条件としたプランも用意されていますが、iPhoneの本体価格はAppleで購入したほうが安いです。

Apple Store・Apple公式サイトのメリット
  • 製品受け取りから14日以内なら無料で返品できる。
  • 分割払いで購入できる(ペイディあと払いプランApple専用、オリコ)
  • iPhoneのApple認定整備済製品を購入できる。

2年ごとに最新のiPhoneに買い替える前提であれば、各キャリアが展開する返却プログラムがお得です、2年後も返却せず使い続けた場合、トータルでは割高な計算になります。

ペイディとキャリアの返却ププログラム、どっちがお得?
モデルiPhone 15
128GB
iPhone 15 Plus
128GB
iPhone 15 Pro
128GB
iPhone 15 Pro Max
256GB
Apple
(ペイディ)※1
一括価格124,800円139,800円159,800円189,800円
実質価格83,184円93,192円106,512円126,528円
ドコモ
いつでもカエドキプログラム+)※2
一括価格149,490円168,740円192,060円236,940円
実質価格75,570円85,580円97,020円119,460円
au
スマホトクするプログラム)※3
一括価格145,640円163,490円185,860円230,360円
実質価格49,760円58,730円72,645円95,300円
ソフトバンク
新トクするサポート)※4
一括価格145,440円163,440円185,760円229,680円
実質価格52,656円62,016円74,136円98,856円
楽天モバイル
買い替え超トクプログラム)※5
一括価格140,800円156,800円179,800円224,800円
実質価格51,392円59,384円70,800円93,392円
※ 税込価格、2023年9月15日時点の価格

△ この表は横スクロールできます。

私の場合は2年以降も使い続ける前提なのでApple公式サイトで購入しますが、「また2年後に返却して買い替えるか、それとも使い続けるかを判断したい」という方には楽天モバイルがおすすめ。

楽天モバイルのトータルの支払額はApple Store・Apple公式サイトとさほど価格差がありません。2年後に買い替えても2年以降も使い続けても、どちらに転んでもお得です。

キャンペーン開催中!

3. 中古iPhoneに買い替える

冒頭でも書いたように、新品iPhoneは高額で金銭的な負担が大きいですよね。そうかんたんにほいそれと買い替えられる価格ではありません。

そこでおすすめなのが、中古iPhoneを購入する方法です。ここ数年に発売されたiPhoneであればどれも高性能。普段使いにおいては十分過ぎるほどの性能があります。

iPhone Xs、iPhone 11 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 13
左からiPhone Xs、iPhone 11 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 13

iPhone Xsは2018年に発売されたモデルですが、iOS 16をインストールしても動きはサクサク。2023年最新のiOS 17にも対応します。5年前に発売されたiPhoneモデルでも普段使いになんら支障ないほどの性能があります。

iOS 16をインストールしたiPhone Xs
まだまだ快適に使えるiPhone Xs

中古iPhoneを購入し2、3年使うのであれば、iOSサポート期間を考慮しiPhone 11シリーズ以降を選ぶことをおすすめします。

iPhone 11シリーズなら、2024年秋に登場するであろうiOS 18、2025年秋に登場するであろうiOS 19にも対応する可能性が大です。仮にそうなれば2026年秋までは最新iOSを使えることになります。

「新品のiPhoneは高いし、そもそも普通に快適に使えるほどの性能があればそれでいい」という方は多いかと思います。そういう方にとっては中古iPhoneが賢い選択です。

中古iPhoneを買うなら、ぜひチェックすべきは「にこスマ」と「イオシス」です。

にこスマのバッテリー最大容量の表示
にこスマならバッテリー最大容量が分かる

特に「にこスマ」は個体別に詳細を確認できる写真、さらにはバッテリー最大容量も掲載してくれており安心して利用できます。

中古iPhoneにはAppleの保証はありませんが、中古ショップで購入すれば3か月〜1年程度の販売店保証があります。万が一動作不良があったとしても同等品への交換や返金で対応してくれるので安心して中古iPhoneを選べます。

iPhoneの寿命、何年使えるかまとめ

iPhoneの使用年数は3年に設定されていますが、実際には3年以上にわたって長く使用できます。筆者が考えるiPhoneの寿命は、最新のiOSを利用できる5〜6年です。

iOSサポート対象外となってもセキュリティアップデートによるフォローがあります。しかし、セキュリティ的に万全とは言えないですし、バッテリーの劣化や本体へのダメージを考えると、やはり5〜6年といったところ。

ここ数年に発売されたiPhoneモデルであれば、どれも普段使いに困らないほどの性能を備えます。2、3年使ったところで一度バッテリーを交換すれば、iOSサポート対象外となるまで長く快適に使えるはずです

iPhoneの寿命に関するよくある質問

iPhoneの寿命は何年ですか?

AppleによるとiPhoneは3年の使用年数を想定して設計されているとのことですが、実際には3年以上にわたって使用されることがほとんどです。

そこでiOSのサポート期間が目安になります。

iOSのサポート期間内は最新の状態で使用できますが、サポート期間から外れると機能的な進化はそこで止まります。

最新のiOS 17に対応するもっとも発売日が古いiPhoneは、2018年発売の「iPhone XSシリーズ」です。iOS 18が登場するであろう2024年9月か10月くらいまでは、最新のiOSで使用できます。

iPhoneの寿命には決められた年数はありませんが、iOSのサポート期間=5年〜6年ほどが新しいiPhoneへのひとつのタイミングとなるでしょう。

iPhoneのバッテリーの寿命は何年ですか?

iPhoneのバッテリーにも決まった寿命はありませんが、バッテリーの劣化を感じ始める3年がひとつの目安となるでしょう。

iPhoneに内蔵されているリチウムイオンバッテリーは消耗品です。充電と放電を繰り返すことで徐々に劣化していき、最大蓄えられる容量が減っていきます。

バッテリー劣化の進行具合は使い方によって異なりますが、3年使用してもバッテリー最大容量が80%を維持するように設計されています。

iPhoneのバッテリー最大容量は、iPhoneの「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態と充電」で確認できます。

iPhone 8はいつまで使えますか?

iPhone 8は、2023年秋に登場したiOS 17の対象外となりました。つまり、iOS 17以降へのアップデートはできません。

残念ながらiOSサポート対象外となってしまったiPhone 8ですが、ただちに使えなくなるわけではありません。対象外となったあともiPhone 8へのセキュリティアップデートが配信されており、バッテリーやiPhone本体のダメージがない限りは使用し続けることができます。

ただし最新のiOSの機能が使用できなかったり、AirPodsなどの関連デバイスの連携が一部とれないであったりといった問題が出てくる可能性があります。またアプリによってはサポート対象から外れてしまうこともあります。

2017年9月に発売されたiPhone 8もまだまだ使用できますが、買い換えのタイミングが来ているのは確かです。すでにバッテリーが劣化していたり、本体へのダメージがある場合は買い換えをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメントする

目次