【まとめ】iPhone/iPadのバッテリー容量の一覧・比較

【まとめ】iPhone/iPadのバッテリー容量の一覧・比較

iPhone/iPad/iPad Proに搭載されているバッテリー容量と駆動時間(Apple公称値)を一覧にしてまとめてみました。

iPhone、iPadの買い替えやモバイルバッテリー購入の際の参考にしていただければと思います。

Advertisement

【iPhone】バッテリー容量と駆動時間

まずはiPhoneのバッテリー容量と駆動時間から。なお駆動時間は「インタネット利用」の時間のみを抜粋し掲載しています。

iPhoneモデルバッテリー容量駆動時間(通話)駆動時間(インターネット)
iPhone X2,716 mAh最大21時間最大12時間
iPhone 81,821 mAh最大14時間最大12時間
iPhone 8 Plus2,691 mAh最大21時間最大13時間
iPhone 71,961 mAh最大14時間最大12時間
iPhone 7 Plus2,900 mAh最大21時間最大12時間
iPhone 6s1,715 mAh最大14時間最大10時間
iPhone 6s Plus2,750 mAh最大24時間最大12時間
iPhone 61,810 mAh最大14時間最大10時間
iPhone 6 Plus2,915 mAh最大24時間最大12時間
iPhone SE1,624 mAh最大14時間最大13時間
iPhone 5s1,510 mAh最大10時間最大10時間
iPhone 5c1,510 mAh最大10時間最大10時間
iPhone 51,440 mAh最大8時間最大8時間
iPhone 4S1,432 mAh最大8時間最大6時間
iPhone 41,420 mAh最大7時間最大6時間

こうやってiPhone 4と現行のモデルを比較してみると、電話通話における駆動時間は約3倍に伸びています。インターネット利用における駆動時間も約2倍。iPhone 4なんてインターネット利用で最大6時間でバッテリー切れですから、そう考えるとずいぶん便利になりました。

あと、インターネット利用での駆動時間にあまり差はないものの、電話通話での駆動時間に大きな差が見られるのが、iPhone X/8 PlusとiPhone 8です。よく電話通話するのであればこの差は非常に大きいかと。

歴代のiPhoneにおいてもその差は同じですが、買い替えを検討している人は頭に入れておいたほうがよさそうですね。

【iPad/iPad Pro】バッテリー容量と駆動時間

続いてはiPad/iPad Proのバッテリー容量と駆動時間です。

iPadモデルバッテリー容量駆動時間(インターネット)
iPad Pro 10.58,134 mAh最大10時間
iPad Pro 12.9(2017)10,307 mAh最大10時間
iPad Pro 9.77,306 mAh最大10時間
iPad Pro 12.9(初代)10,307 mAh最大10時間
iPad Air 27,340 mAh最大10時間
iPad Air8,756 mAh最大10時間
iPad 5(9.7インチ)8,756 mAh最大10時間
iPad 411,560 mAh最大10時間
iPad 311,560 mAh最大10時間
iPad mini 45,124 mAh最大10時間
iPad mini 36,471 mAh最大10時間

駆動時間は最大10時間でどのモデルも一緒です。あまり進化がない、というわけではなく、最大10時間の駆動時間を確保しつつ性能の向上と薄型化してきていると言えます。

モバイルバッテリーは充電効率を考慮して選ぼう!

モバイルバッテリーの商品説明で「iPhone○回分のフル充電が可能!」という記載をよく見かけますが、これはあくまでもこれは目安で鵜呑みにしないようにしましょう。

モバイルバッテリーを使って充電する際に、必ずいくらかの電力のロスが発生します。

10000mAhを搭載したモバイルバッテリーを使用したとしても、きっちり10000mAh分充電できるわけではありません。だいたいの目安として、モバイルバッテリーの容量の約70%程度の充電が可能と思っていればほぼ間違いありません。つまり10000mAhのモバイルバッテリーであれば約7000mAhほどが実質充電可能な容量ということです。

モバイルバッテリーを選ぶ際はこの「充電効率」を考慮して選ぶようにしましょう。

以下の記事でモバイルバッテリーの代名詞的メーカーである「Anker(アンカー)」のモバイルバッテリーを容量別に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone6以降モデルのユーザーはバッテリー無償(割引)交換を忘れずに!

Appleはバッテリーの劣化具合で意図的にパフォーマンスを下げていた問題を受けて、iPhone6以降のモデルを対象に無償(割引)のバッテリー交換キャンペーンを実施しています。

Appleのバッテリー無償交換プログラム
出典:Apple-iPhone の修理 – バッテリーと電源

対象機種は以下のとおりです。

  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone X

iPhone本体の保証、あるいはAppleCare+の保証期間内であれば無償交換となり、それ以外の場合でも割引価格(3,200円)で交換してくれます。期限は2018年12月31日まで。

交換してもらうタイミングとしてはキャンペーンが終了する直前が一番お得ではありますが、すでにiPhoneの動きの遅さが気になっているのなら、早めに交換してもらうのもありでしょう。

バッテリー交換の申込みは以下のApple公式ページから可能です。

iPhone の修理 – バッテリーと電源 – Apple

終了直前になれば当然混み合うことが予想されるので、対象モデルを持っている人は忘れないうちに交換してもらいましょう!

iPhoneの使い方やTipsカテゴリの最新記事