iPhone 13とiPhone 12を比較!なにが違う?

【2021年】iPhoneユーザーに選んで欲しいUSB充電器おすすめ14選

【2021年】iPhoneユーザーに選んで欲しいUSB充電器おすすめ14選

いちばん多く使われているiPhoneの機能。おそらくそれは「充電」でしょう。iPhoneの充電に関してこのような不満はないでしょうか。

  • iPhoneの充電速度が遅い
  • 使い方によって期待するようなバッテリー駆動時間を確保できない
  • バッテリー残量切れで困ることが多い

このような不満は、適切なUSB充電器やモバイルバッテリーを用意することで解消できます。充電環境は使い勝手に大きく関わってくるところ。特に頻繁に充電することにあんるiPhoneだからこそ、充電環境を改善してあげれば、よりストレスなくiPhoneを活用できます。

今回のテーマは「iPhoneユーザーに選んでほしいおすすめUSB充電器」です。iPhoneを高速に充電できるUSB充電器や、コンパクト・軽量で持ち運びしやすいUSB充電器、環境を問わずいつでもiPhoneを充電できるモバイルバッテリーなど、さまざまなタイプのおすすめUSB充電器をご紹介しています。ぜひ参考してください!

スポンサーリンク

iPhoneで使えるUSB充電器のタイプ

USB充電器にはいくつかのタイプがあります。

⇒ 「iPhoneにおすすめのUSB充電器」にジャンプ

コンセントタイプの一般的な「USB充電器」

コンセントに挿して使用するUSB充電器。

iPhone USB充電器(電源ケーブルタイプとコンパクトタイプ)
一般的なUSB充電器

これがもっとも一般的ですね。急速充電できるものやコンパクトなもの、デスクの上などに置ける電源ケーブルタイプなどがあります。

便利でかんたん「ワイヤレス充電器」

iPhone 8以降のモデルは、Qi(チー)規格のワイヤレス充電に対応します。有線による充電に比べ充電速度は遅いですが、Lightningケーブルを抜き差しする必要がないので楽チン。充電パッドに置くだけです。

iPhone USB充電器 Qiワイヤレス充電器
Qiワイヤレス充電器

iPhone 12シリーズのモデルなら、Qiワイヤレス充電に加えて「MagSafe充電」に対応。

iPhone USB充電器 MagSafe充電
iPhone 12シリーズが対応するMagSafe充電器

Qiワイヤレス充電より高速なのと、iPhoneの背面に磁力でピタッとくっつくので位置ズレの心配がありません。

いつでもどこでも充電できる「モバイルバッテリー」

モバイルバッテリーがあれば、環境を問わずにiPhoneを充電できます。

iPhone USB充電器 モバイルバッテリー
環境を問わずに充電できるモバイルバッテリー

iPhoneにおすすめなのは、コンパクト・軽量でかんたんに持ち運べるモバイルバッテリー。大容量なモバイルバッテリーほど安心ではありますが、大容量であればあるほどサイズ・重量が大きくなり持ち運びしにくくなってしまいます。

iPhone USB充電器 大容量モバイルバッテリー
遠出のお供に便利な大容量モバイルバッテリー

もちろん旅行や出張など、大容量モバイルバッテリーが活躍してくれる場面も多くあります。

ポイントは、大きすぎず小さすぎない利用シーンにあった「ちょうどいい容量のモバイルバッテリー」を選ぶことです!

車内でも快適充電「USBカーチャージャー」

車に乗ることが多い方は、車載のシガーソケットに挿し込める「USBカーチャージャー」をひとつ持っておくと便利です。

iPhoneを充電するのもよし、移動中の時間を利用してモバイルバッテリーを充電しておくのもよし。ロングドライブのお供に最適です。

スポンサーリンク

iPhoneのためのUSB充電器の選び方

iPhoneを充電するためのUSB充電器を選ぶとき、押さえておきたい3つのポイントについて解説します。

iPhoneを急速充電できる「USB Power Delivery」

iPhone 8以降のモデルは、「USB Power Delivery(以下PD)」という急速充電規格に対応しています。PD充電は非常に高速です。たった30分間のPD充電で、iPhoneのバッテリー残量を最大50%も回復。

PD充電はiPhoneを高速に充電できる

必要なときにサクッと充電できるPD充電は非常に便利!iPhoneでPD充電を行うには、以下の2つが必要です。

  • PD充電に対応したUSB充電器(もしくはモバイルバッテリー)
  • PD充電に対応したLightning to USB-Cケーブル

iPhoneに付属されているLightning to USB-CケーブルはPD充電に対応しています。それを使ってもいいですし、買い足すならコスパのいいサードパーティ製ケーブルもおすすめです。

記事後半でおすすめのLightningケーブルをご紹介していますので、そちらを参考にしてください。

18W以上の出力に対応したUSB充電器がおすすめ

iPhoneには「18W以上の出力に対応したUSB充電器」がおすすめです。iPhone 12シリーズのモデルは20Wがフルスピード充電とされていますが、18WのUSB充電器でも同等の速度で充電できます。なので「18Wなのか20Wなのか」はさほど気にする必要はないでしょう。

PD充電は規格上、最大100Wの充電に対応します。最大100Wに対応したUSB充電器を購入し、iPhoneやiPad、その他パソコンなどのPD対応デバイスの充電を兼ねることも可能です。

メーカーの信頼性は超重要!

USB充電器やモバイルバッテリーなどの電源周りのアクセサリーにおいては、「安心して使える」ということがもっとも重要です。万が一にも重大なトラブルが起こっては困りますからね。

そこでひとつ目安になるのが、「信頼できるメーカーの製品か?」ということです。多くの人に選ばれ、高い評価を受けているメーカーのUSB充電器を選んでおけば間違いありません。

本記事ではAnker(アンカー)の製品を中心におすすめのUSB充電器をご紹介しています。Ankerはいわゆる中華メーカーなのですが、僕自身を含む多くの人に支持されている信頼できるメーカーです。

スポンサーリンク

iPhoneユーザーに選んでほしいUSB充電器おすすめ14選

それではiPhoneにおすすめのUSB充電器をご紹介していきましょう!Anker製品が中心ですが、どれもおすすめできる製品ばかりです。ぜひチェックしてみてください!

Apple USB-C電源アダプタ(20W)

一発目にご紹介したいのは、Appleの「20W USB-C電源アダプタ」です。Apple純正のUSB充電器なので、信頼性という点では間違いありません。

Apple USB-C電源アダプタ iPhone 12 Proとのサイズ比較
実は高くない20W USB-C電源アダプタ

20W USB-C電源アダプタの価格は2,200円(Apple公式サイト)。「Apple純正製品」=「高い」というイメージがありますが、20W USB-C電源アダプタに関しては割高感はなく十分選択肢に入ってくる価格。

他社の20WクラスのUSB充電器と比べサイズは大きめではあるのですが、自宅で使用する分には気にならないレベルですね。最初の1台におすすめしたいUSB充電器です!

ここがポイント!
  • Apple純正USB充電器
  • PD対応USB-Cポート × 最大20W
  • 約42 × 42 × 27 mm(プラグ部除く)、約58 g

Anker PowerPort III Nano 20W

次にご紹介するのは、Ankerの「PowerPort III Nano 20W」です。iPhoneをフルスピードできる十分パワーがありながら、超コンパクト&軽量であることがこのUSB充電器の魅力です。

PowerPort III Nano 20WとApple USB-C電源アダプタのサイズ比較
20Wでは最小クラスのUSB充電器!

Appleの20W USB-C電源アダプタと並べてみると、PowerPort III Nano 20Wがいかに小さいかが分かります。重量はたったの30g。手のひらに乗せて握るとまるまる隠れてしまうほどのサイズ感です。折りたたみ式プラグではないものの、これだけ小さければプラグはさほど気になりません。

iPhoneメインの充電であれば、Appleの20W USB-C電源アダプタか、このPowerPort III Nano 20WどちらかでOKでしょう!

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大20W)
  • 約45 × 27 × 27 mm(プラグ部含む)、約30 g

Anker PowerPort Atom III Slim(30W)

持ち運びしやすいコンパクトなUSB充電器なら、Ankerの「PowerPort Atom III Slim」も要チェックです。最大30WのUSB-Cポートを搭載し、厚さが1.6cmと小さめのポケットに収まるサイズ。

Anker PowerPort Atom III Slimはポケットに収まるコンパクトサイズ
持ち運びに便利なサイズとフォルム

折りたたみ式プラグということもあり携帯性は抜群です!平べったい形状でカバン内での収まりもいい感じ。頻繁に持ち運ぶ人にとっては、大満足なサイズと形状でしょう。

一点注意したいのは、コンセント挿し込み口が連なっているような環境では隣のコンセントに干渉してしまうことがあること。側面部分にUSB-Cポートがあるので、環境によっては抜き差ししにくいことも。電源タップなどで使用する場合は干渉が発生しないか事前に確認しておきましょう。

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大30W)
  • 折りたたみ式プラグ
  • 約76 × 45 × 16 mm、約57 g

Anker Nano II 65W

僕自身、いちばん気に入っているUSB充電器がこちら。Ankerの「Nano II 65W」です。まず最大65WとiPhoneだけでなくパソコンも楽ラク充電できるパワフルさ。そしてそんなパワフルなUSB充電器でありながら、サイズが約44 x 42 x 36 mmと非常にコンパクトなところが気に入っています。

Anker Nano II 65WとApple 20W USB-C電源アダプタのサイズ比較
65Wとは思えないほどのサイズ

体積的にはAppleの20W USB-C電源アダプタのほうが小さいのですが、プラグ部分を含めると体感的に同じくらい。折りたたみ式プラグかどうかは、持ち運びを考えるとやはり大きいポイントでしょう。

愛用しているiPhoneとiPad、MacBook Pro 13インチを一緒に持ち運ぶことが多い僕にとっては、Nano II 65Wは欠かせません。これひとつですべて充電てきてしまいますからね。複数デバイスを持ち運ぶことがあり、極力荷物を減らしたい方におすすめしたいUSB充電器です。

ここがポイント!
  • PD対応USB-Cポート × 1(最大65W)
  • 折りたたみ式プラグ
  • 約44 x 42 x 36 mm、約112 g

Anker PowerPort Atom III 63W Slim

Ankerの「PowerPort Atom III 63W Slim」は合計4ポートを搭載するUSB充電器。2つのUSB-Cポートはそれぞれ最大45Wと最大18W、2つのUSB-Aポートは各最大12W(合計最大15W)の出力に対応します。

Anker PowerPort Atom III 63W Slim iPhone USB充電器
電源ケーブルタイプはデスクの上にぴったり

このような電源ケーブルタイプのUSB充電器はデスクの上に置くにはぴったり。設置場所の自由度が高く(ケーブル長は1.5m)、自分好みの場所に設置できます。付属の両面テープを使って、家具の側面やデスクの裏側に設置するのもありでしょう。

iPhoneだけでなくタブレットやワイヤレスヘッドフォン、カメラなど。充電が必要になるものはなにかとありますよね。このような複数ポート搭載のUSBポートをひとつ持っておくとなにかと便利です。

ここがポイント!
  • 電源ケーブルタイプのUSb充電器(4ポート搭載)
  • PD対応USB-Cポート × 2(最大45W & 最大18W)
  • USB-Aポート × 2(各ポート最大12W、合計最大15W)
  • ケーブル長は1.5m
  • 約88 × 86 × 18 mm、約156 g(本体のみ)

AUKEY 100W 4ポートUSB充電器(PA-B7-BK)

AUKYEY(オーキー)のUSB充電器は、なんと最大100Wの出力に対応。これひとつiPhoneからパソコンですべてのPD充電対応デバイスをフルスピード充電できる「最強」と言っていいUSB充電器です。

AUKEY 100W 4ポートUSB充電器(PA-B7-BK) iPhone USB充電器
Appleの60W USB-C電源アダプタと同じサイズ感

iPhoneだけの充電であれば完全にオーバースペックなのですが、パソコンの充電も兼ねたいという方におすすめ。100W出力できるのはUSB-Cポート単一使用時のみですが、2ポート使用時でも45W & 45Wの出力が可能です。「iPhone + パソコン」の同時充電や「iPhone + モバイルバッテリー」の同時充電もOK。

100Wに対応するUSB充電器のなかでもコンパクトで、持ち運びにも向いています。充電速度、パワフルさを求めるならコレです!

ここがポイント!
  • 最大100W出力に対応するUSB充電器
  • USB-Cポート × 2(最大100W、2ポート同時使用時は最大45W & 最大45W)
  • USB-Aポート × 2(最大12W)
  • 合計最大102W(最大45W & 最大45W & 最大12W)
  • 約69.8 x 69.3 x 33 mm、約223 g

Anker PowerWave Base Pad(iPhoneの7.5W充電対応)

続いてご紹介するのはQi規格に対応するワイヤレス充電器。Ankerの「PowerWave Base Pad」です。iPhoneの7.5Wワイヤレス充電に対応します。

Anker PowerWave Base PadでiPhone 12 Proを充電
iPhoneの7.5W充電に対応するワイヤレス充電器

Qi対応のワイヤレス充電器は数多くありますが、「7.5Wに対応するもの」を選ぶようにしましょう。7.5Wに対応していないものだと5Wでの充電となり、はっきり言って充電速度はかなり遅いです。そしてこの充電器のように平置きできるパッドタイプがおすすめ。スタンドタイプだと、充電コイルの位置関係上、AirPodsなどのスマホ以外のデバイスを充電できないことがあるからです。

ただ個人的には、Qiワイヤレス充電はほぼ使いません。7.5W充電といってもPD充電の18W・20Wと比べると半分以下の充電速度ですからね。Qiワイヤレス充電充電速度を求めない就寝中の充電などのシーンに向いています。

ここがポイント!
  • Qi規格対応のパッド型ワイヤレス充電器
  • USB充電器は別売(5V/2A以上のUSB充電器が必要)
  • iPhoneの7.5W充電対応(Quick Charge 2.0/3.0対応USB充電器(12V以上)が必要)
  • 約145 x 73 x 14 mm、約150 g(本体のみ)

「iPhone対応のQiワイヤレス充電器」」をチェック!

Apple MagSafe充電器

MagSafeに対応したiPhone 12シリーズの場合、わざわざQiワイヤレス充電器を選ぶメリットはありません。なぜなら「MagSafe充電」の存在があるから。

MagSafe充電器でiPhone 12 miniを充電
MagSafe充電器は最大15Wの高速充電 & 位置ズレなし

MagSafe充電器では、iPhone 12・iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Maxを最大15W、iPhone 12 miniを最大12Wで充電できます(別売の20W以上のUSB充電器が必要)。Qiワイヤレス充電の7.5Wと比べても高速。iPhone 12シリーズの背面にピタッとくっつくので、位置ズレの心配もありません。

ただ、正直なところMagSafe充電器はコストパフォーマンスがいいとは言えません。USB充電器は別売ですし、MagSafe充電器本体もお高め。最大20WのUSB充電器をLightningケーブルで直接繋いであげたほうが充電速度も速いですしね。

iPhoneケースがMagSafe対応のものに縛られたり、iPhoneケースに円形の跡がついたりともろもろのデメリットもありますが、「iPhone 12シリーズを高速にワイヤレス充電できる」という点においては大きなメリットがあります。

ここがポイント!
  • iPhone 12シリーズの背面にピタッとくっつくMagSafe充電器
  • 最大15W充電に対応(20W以上のUSB充電器使用時、iPhone 12 miniは最大12W)
  • USB充電器は別売
  • Qiワイヤレス充電と互換性あり
  • MagSafe対応iPhoneケースのみに対応
  • iPhoneケースに円形の跡がつく可能性あり

Apple MagSafeバッテリーパック

MagSafeに関連して、Appleの「MagSafeバッテリーパック」をご紹介しておきましょう。MagSafeバッテリーパックは、「MagSafe対応のモバイルバッテリー」あるいは「拡張バッテリー」です。

Apple MagSafeバッテリーパックでiPhone 12 miniを充電
iPhoneのバッテリー駆動時間を延長!

iPhone 12シリーズの背面にくっつけると自動的にiPhoneへの充電が開始。バッテリーの状態を適切に保つための自動管理機能が搭載されているため、つけっぱなしでもOKです。

MagSafeバッテリーパックを使用すると、

  • iPhone 12 mini → バッテリー駆動時間を最大70%延長
  • iPhone 12・iPhone 12 Pro → バッテリー駆動時間を最大60%延長
  • iPhone 12 Pro Max → バッテリー駆動時間を最大40%延長

このようにバッテリー駆動時間を実質的に延ばすことが可能です。特にバッテリー駆動時間が短いiPhone 12 miniの強力な味方になってくれるはずです!

iPhoneへの充電速度は5Wと遅く、基本装着しっぱなしでの使い方になるでしょう。有線でのPD充電のほうが高速に充電できるので、必須アイテムとは言えません。しかし、ハマる人にはハマるアイテム。気になる方はぜひチェックしてみてください!

ここがポイント!
  • MagSafe対応モバイルバッテリー(拡張バッテリー)
  • 1460mAhバッテリー搭載
  • 27W以上のUSB充電器に接続してiPhoneを最大15Wで充電可能
  • Qiワイヤレス充電と互換性あり(AirPodsなども充電できる)
  • 約115g
  • LightningケーブルとUSB充電器は別売

参考 MagSafeバッテリーパックの使い方 – Appleサポート

MagSafeバッテリーの充電方法などの使い方は、上のAppleサポートページが参考になります。

Anker PowerCore Slim 10000 PD(20W)

Ankerの「PowerCore Slim 10000 PD」は、10000mAhバッテリーを搭載するスリムなモバイルバッテリー。最大20WのUSB-Cポートを搭載するiPhoneにぴったりなモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Slim 10000 PDでiPhone 12 Proを充電
iPhone 12 Pro(iPhone 12)と同じくらいのサイズ感

だいたいiPhone 12 Pro(iPhone 12)と同じくらいのサイズ感。スリムな形状でiPhoneと重ね持ちしやすく、カバン内での収まりもいいですね。重量は212gと他の10000mAhクラスのモバイルバッテリーと比べて特別軽いわけではありませんが、どこに仕舞っても収まりのいいこの形状が個人的に気に入っています。

持ち運びしやすく、最大20WでiPhoneとの相性は抜群!数多いモバイルバッテリーのなかでもiPhoneユーザーにもっともおすすめしたい製品です!

ここがポイント!
  • 10000mAh搭載のモバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 1(出力:最大20W、入力:最大18W)
  • USB-Aポート × 1(出力:最大12W)
  • 約149 x 68 x 14 mm、約212 g
  • ブラック/ピンク/ブルー

Anker PowerCore Fusion 10000 PD(20W)

Ankerの「PowerCore Fusion 10000 PD」は、モバイルバッテリーとUSB充電器が合体した1台2役の便利アイテム。9700mAhバッテリーを搭載し、最大20WのUSB-Cポートを搭載します。

Anker PowerCore Fusion 10000 PD(20W) iPhone USB充電器&モバイルバッテリー
モバイルバッテリーとUSB充電器の1台2役

サイズが約82 × 82 × 35 mm、重量が約278gと、10000mAhクラスのモバイルバッテリーとして見ると大きく、最大20WのUSB充電器として見ても大きいという印象を受けます。どちらかと言うとUSB充電器メインでたまにモバイルバッテリーとして持ち出す、という使い方が向いているでしょう。

ここがポイント!
  • 9700mAh搭載のモバイルバッテリー & USB充電器の1台2役
  • PD対応USB-Cポート × 1(出力:最大20W、入力:未対応)
  • USB-Aポート × 1(出力:最大12W)
  • 折りたたみ式プラグ
  • 約82 × 82 × 35 mm、約278 g
  • ブラック/ホワイト/レッド

RAVPower 20000mAh & 60Wモバイルバッテリー

家族共有で充電したり、数日間のお出掛けには20000mAhクラス以上のモバイルバッテリーがおすすめです。20000mAhものバッテリー容量となれば、iPhone 12なら約5回のフル充電が可能。

RAVPower 20000mAh & 60WモバイルバッテリーでiPhone 12 Proを充電
20000mAhバッテリー搭載でiPhone 12なら約5回のフル充電が可能

こちらのRAVPowerのモバイルバッテリーは、20000mAh搭載で最大60WのUSB-Cポートを搭載。大容量&パワフルなモバイルバッテリーです。iPhoneだけでなくタブレットやパソコンなどのPD充電対応の大型デバイスも充電できるほどのパワー。

高出力なモバイルバッテリーは、iPhoneにとっては一見不要に思われますが、モバイルバッテリー本体の充電も高速に行えるので非常に便利。このモバイルバッテリーは最大30Wの入力に対応します(別途USB充電器が必要)。

ここがポイント!
  • 20000mAh搭載のモバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 1(出力:最大60W、入力:最大30W)
  • USB-Aポート × 1(出力:最大18W)
  • 約152 × 67 × 25 mm、約365 g
RAVPower モバイルバッテリー 20000mAh PD対応 60W USB-A+USB-C 2ポート PB201
ラブパワー(RAVPOWER)

Anker PowerCore III Elite 25600 87W

Ankerの「PowerCore III Elite」は、25600mAhと超大容量バッテリーを搭載、そして最大87WのUSB-Cポートを搭載するモバイルバッテリーです。87Wといえば、15インチクラスのPD充電対応のパソコンも充電できるほどのパワー。

Anker PowerCore III Elite 25600 87WでiPhone 12 Proを充電
iPhoneからパソコンまで充電できるパワフルなモバイルバッテリー

ちなみに入力は最大100Wに対応。最大65WのUSB充電器を使用すれば、たった2時間でモバイルバッテリー本体をフル充電できます。すべてのiPhoneユーザーおすすめできるモバイルバッテリーではありませんが、パソコンも含め出先で充電したい方におすすめです!

ここがポイント!
  • 256000mAh搭載のモバイルバッテリー
  • PD対応USB-Cポート × 2(出力:最大87W、入力:最大100W、2ポート同時使用時は最大60W & 最大18W)
  • USB-Aポート × 2(出力:最大18W、2ポート同時使用時は合計最大15W)
  • 約183.5 × 82.4 × 24.0 mm、約573 g

Anker PowerDrive PD 2(18W)

最後にご紹介するのは、車載のシガーソケットでiPhoneを充電できるUSBカーチャージャーです。移動中でもiPhoneを高速に充電できるアイテム。

Ankerの「PowerDrive PD 2」は、最大18WのUSB-Cポートを搭載。移動中にiPhoneを高速に充電できます。限られた時間内に充電することになる移動中こそ、PDの急速充電が活躍します。車によく乗る方はぜひ用意しておきましょう!

ここがポイント!
  • USBカーチャージャー
  • PD対応USB-Cポート × 1(出力:最大18W)
  • USB-Aポート × 1(出力:最大12W)
  • 約35 × 35 × 68 mm、約33 g

iPhoneのPD充電におすすめのLightningケーブル3選

続いて、iPhoneのPD充電時におすすめのLightingケーブルをご紹介しています。iPhone付属されている「USB-C – Lightningケーブル」を使ってもOKですが、複数のケーブルを持っておくと便利ですよ!

Anker PowerLine II USB-C & Lightningケーブル

追加のLightningケーブルならこれでOK!AnkerのUSB-C to Lightningケーブルで、PD充電に対応。もちろんMFi認証を取得した製品です。

Apple純正ケーブルより安く、そして頑丈。ケーブルは太めですが、そのぶん安心感があります。2019年に購入してから長らく愛用しており、特に痛む様子もなく問題なく使用できています。コスパがいいので買い足し用のLightningケーブルにおすすめです。

ここがポイント!
  • PD充電対応USB-C to Lightningケーブル
  • MFi認証を取得
  • 0.9 m
  • ホワイト

Anker PowerLine Play 90 USB-C & Lightningケーブル

L字型コネクタが特徴のUSB-C to Lightningケーブル。ケーブルを挿しながらでもiPhoneを持ちやすく、「PowerLine Play」の名前どおり充電しながらの使用に向いています。こちらもPD充電対応でMFi認証取得製品。安心して選べます。

ここがポイント!
  • PD充電対応USB-C to Lightningケーブル
  • MFi認証を取得
  • L字型コネクタ
  • 0.9m/1.8m
  • ホワイト/ブラック

エレコム TypeC to Lightningケーブル

いたって普通のLightingケーブルですが、このケーブルのポイントは「10cmから2mまで選べる長さ」です。僕は10cmを購入し、モバイルバッテリー用として愛用しています。

ケーブルの長さは短すぎてもダメですし、長すぎても取り回ししにくくなります。このへんは使い勝手に大きく関わってくるのでこだわりたいところ。特に短いLightningケーブルをお探しならこれです!

ここがポイント!
  • PD充電対応USB-C to Lightningケーブル
  • MFi認証を取得
  • 0.1m/0.5m/1.0m/1.5m/2.0m
  • ホワイト/ブラック/ピンク

iPhoneにおすすめのUSB充電器まとめ

冒頭でも書いたように、「充電」はiPhoneの機能のなかでいちばん多く使う機能。充電環境を整えてあげれば充電やバッテリー残量に関するストレスが減り、さらにiPhoneを快適に使えるようになります。

最後に、本記事内でご紹介したなかでも特にお気に入りのUSB充電器を再度ご紹介しておきましょう。

↑iPhoneの充電ならこれで間違いないです。Appleの20W USB-C電源アダプタよりも安い上にコンパクト。持ち運びも容易にできます。

↑僕は出先でiPhone、iPad、MacBook Proを充電することが多いので、ハイパワーなUSB充電器を好んで使用します。このUSB充電器は65Wとハイパワーな上にコンパクトで便利。折りたたみ式プラグがグッドです!

↑iPhoneを充電するためのモバイルバッテリーならコレで間違いありません。とにかくこのスリムなフォルムが使いやすいんです。ちょっとした隙間があればそこに収まってくれるので重宝しています。

iPhoneユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント