【iPhone XS/XS Max/XR/8対応】最強おすすめ周辺機器アクセサリーまとめ

iPhone8/X/XS/XRを購入したなら、ぜひ一緒に揃えておきたいのが周辺アクセサリーです。

星の数ほどのiPhoneアクセサリーが販売されていますが、そんな中から僕が特におすすめしたい最強アクセサリーを紹介します。

ケース、フィルム、ワイヤレス充電器…といった必須のアイテムから、必須ではないがあれば幸せになるアイテムまで、ショップ店員である僕が厳選してお届け!ぜひ参考にしていただければと思います!

ちょっと長くなってしまったので、ぜひ下記の「目次」をご活用ください!

広告

高額な修理費用に泣かないように!必須の保護アイテム

「iPhoneを落として液晶画面を割ってしまった」
「背面のガラスパネルを割ってしまった」

万が一画面割れや背面のガラスパネルを割ってしまった場合、修理にかかる費用はは非常に高額です。

 AppleCare+iPhone8/8PlusiPhone XS/XS MaxiPhone XR
画面の損傷加入3,400円3,400円準備中
未加入16,800円/19,400円31,800円/37,400円
その他の損傷
(背面ガラスの損傷含む)
加入11,800円11,800円
未加入39,800円/45,400円62,400円/67,800円
AppleCare+ 加入費用14,800円22,800円

特にiPhone XS/XS Maxの修理費用が恐ろしいことになってますね。

例えばiPhone XS Maxの背面ガラスを修理しようとすると、最大67,800円もの大金が飛んでいくことになります。ちなみに、この価格はちょうどiPhone8の64GBモデルの価格と同じ・・・。

仮にAppleCare+に加入していたとしても、最大2回までという回数制限がありますし、その加入費用も安くありません。

僕自身はAppleCare+には加入しない派。その加入費用で保護ケースや保護フィルムなどの保護グッズが買えるじゃん、と考えてしまうタイプ。

もちろんAppleCare+に加入しておくに越したことはありません。しかし、iPhoneの保護対策はしっかりしておいたほうがよさそうです。

おすすめiPhoneケース

iPhoneケースのタイプを大きく分けると、にフラップ(フタ)のない「シンプルケース」と収納機能やスタンド機能が便利な「手帳型ケース」の2つ。

保護ケースのタイプメリットデメリット
シンプルケース(フラップなし)・フラップを開閉する必要がないので楽
・フラップがないのでかさばらない
・液晶画面は保護できない
手帳型ケース(フラップあり)・液晶画面まで保護できる
・カードホルダーやスタンド機能など機能面が充実
・フラップの開閉が面倒
・かさばってしまいがち

おすすめはシンプルケースと保護フィルムの組み合わせ。フラップがないためiPhoneを取り出してすぐに使えますし、液晶画面は保護フィルムでバッチリ保護。僕自身はこのパターンが一番多いですね。

ちなみにiPhone XSの本体サイズはiPhone Xとまったく同じ。しかし背面のカメラレンズの大きさがiPhone XSのほうが約1mm程度伸びています。

そのためiPhone XSユーザーがiPhone X/iPhone XS兼用の保護ケースを選ぶ場合は、販売メーカーが「iPhone XSで使える」としっかり表記しているものを選ぶようにしましょう。

さて、話を戻すと、iPhoneケースを選ぶにあたってチェックしておきたいのが「Apple純正ケース」です。

それぞれのモデルに「レザーケース」「シリコーン」「レザーフォリオ(手帳型)」の3種類が用意されており、豊富なカラーバリエーションから選べます。

iPhone XSレザーケースの装着画像
Apple 純正のiPhone XSレザーケース

価格はお高めですが、完全なフィット感・保証された品質・洗練されたデザインはやはり魅力的。Apple純正ケースはApple公式サイトで購入できます。

以下の記事でおすすめのiPhoneケースをまとめています。純正以外にも機能的なケースやデザイン性が高いケースなど、おすすめのiPhoneケースがたくさんありますよ!

保護フィルム・ガラスフィルムも忘れずに!

保護フィルムもiPhoneを守るために用意しておきたいアイテムです。特に保護ケースを付けない裸派の人やフラップのないシンプルケースを使用する人にとっては必須。いくら液晶が頑丈だからといっても、傷がつくときはついちゃいます。現に僕のiPhone Xの液晶画面には小傷がたくさん・・・。

iPhoneXの液晶画面に付いた傷
iPhone Xには小傷がいっぱい・・・

しかもこれ、落下させたわけではなく、おそらくカバンの中で揉まれた結果このような傷が付いてしまったと考えられます。ある程度傷だらけになってしまうと、逆に気にならなくなっちゃいますが、可能な限り長くキレイな状態で使いたい!

保護フィルム選びのポイントは「フィルムの素材」。その素材には主に強度が他界「強化ガラス」と薄く衝撃に強い「TPU素材」の2つがあります。

 
液晶保護フィルム
ガラスフィルム
素材
TPU/PET強化ガラス
素材の硬さ
柔らかい(衝撃に強い)硬い(割れることがある)
厚さ
薄い(ケースと干渉することがない)厚い(ケースとの干渉に注意)
指ざわり
サラサラ滑りづらい(最近は滑りやすいように加工されていることが多い)
貼りやすさ
コツが必要、気泡が入りやすい(気泡が抜けるタイプもあり)硬くまっすぐなため比較的簡単に貼れる
価格
安い液晶保護フィルムと比較すると高い

「で、結局どれがおすすめなの?」

という人にずばりおすすめしたいフィルムはANKER(アンカー)のガラスフィルム。

Ankerの保護フィルムブランド「KARAPAX GlassGuard」というガラスフィルムなのですが、これをおすすめする理由は貼りやすいから。

ガラスフィルムの貼り付けを助けてくれる「ガイドフレーム」が付属していて、これを使えば貼り付けが苦手な人でも安心です。

保護フィルムにとって貼りやすさは超大事。

貼り付けに失敗してしまい、購入したばかりの保護フィルムを無駄にしてしまった、という話はよくある話です。そういう意味でも貼りやすく工夫されている保護フィルムがおすすめです。

Anker KARAPAX GlassGuadは貼りやすいだけでなく、保護ケースとの干渉が起こりづらい設計やクリアさなど、機能的にも高く安心して選べます。迷ったらこの保護フィルムと言っていいでしょう!

その他TPUフィルムやブルーライトカット対応フィルムなどをお探しの方はこちらからどうぞ!

広告

もはやQiワイヤレス充電器は必須アイテム

もはやiPhoneユーザーにとって「Qi(チー)ワイヤレス充電器」は必須アイテムだと言っていいでしょう。

ワイヤレス充電中のiPhone XS
便利なQiワイヤレス充電

2017年に登場したiPhone8/Xで、iPhoneでは初めてQi規格によるワイヤレス充電に対応しました。もちろん新型のPhone XS/XS Max/XRもワイヤレス充電に対応しています。

7.5W高速ワイヤレス充電対応かどうかがポイント

基本的に「Qi対応の充電器」→「iPhoneでも使える」という理解で問題ありません。Qi規格に対応していれば、どの充電器でも使用できます。

ただしQiワイヤレス充電器を選ぶ際にチェックして欲しいポイントがあります。それは充電器が7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応しているかどうか。

通常のワイヤレス充電は5W。つまりiPhoneに付属されている小さく四角いUSB電源アダプタと同じ充電速度です。これではお世辞にも速いとは言えませんよね。

そもそも充電速度を求めない場合は問題ありませんが、速いに越したことありません。7.5W高速ワイヤレス充電を使用するには、それに対応したQiワイヤレス充電器が必要になります。

スタンドタイプのQiワイヤレス充電器がおすすめ

新たにQiワイヤレス充電器を購入する予定なら、iPhoneを立てかけながら充電できる「スタンドタイプ」の充電器がおすすめです。

スタンドタイプのQiワイヤレス充電器
充電しながらの操作はスタンドタイプがしやすい

その理由は、平置きタイプだと充電しながらの操作がしづらく、特にiPhone XS/XRはFace IDでロック解除するのに上から覗き込まなくてはいけません。就寝時のように充電中は操作しないということであれば問題ではありません。しかしデスクの上に置いて充電しながら操作することがある、というような人にとってはちと不便。

このようにQiワイヤレス充電器を置く環境・場所に応じて、最適なQiワイヤレス充電器を選びましょう!

おすすめQiワイヤレス充電器

「ポイントは分かったけど、どの充電器を選んでいいか分からない」そんな人のために、おすすめのQiワイヤレス充電器を2つ紹介しておきましょう。

まずひとつめは、Ankerの「PowerWave 7.5 Stand」。

iPhoneの7.5W高速ワイヤレス充電に対応し、なおかつスタンドタイプで充電しながらの操作やFace IDによる顔認証時も、顔覗き込まなくて済みます。

「もうちょっとお手軽な充電器がいいな」という人にはこちらがおすすめ。

充電速度は通常の5Wですが、便利なスタンドタイプであるのと、比較的お手軽な価格帯で購入できます。ただしUSB電源アダプタは付属していないので注意してください。

iPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器は下記の記事でもまとめています。

まだまだ活躍するLightningケーブル

iPhoneがQiワイヤレス充電に対応したとしても、Lightningケーブルの出番はまだまだなくなりません。モバイルバッテリーを使用したり、バックアップを取ったりなど、Lightningケーブルが必要になる場面はたくさんあります。

iPhoneがワイヤレス充電に対応したとしても、まだまだLightning(ライトニング)ケーブルの出番がなくなることはありません。

おすすめのLightningケーブルはズバリコレ!

「必要なときに限ってLightningケーブルがない!」なんてことはよくありますよね。寝室や仕事場、車など、Lightningケーブルをそれぞれの利用場所に用意しておけば便利です。

「じゃあどのケーブルを選んだらいいの?」という人におすすめなのは、ズバリコレ!

価格が安く、12000回以上の折り曲げテストをクリアした丈夫さ、0.3mから3.0mで選べる長さ。そしてApple製品で問題なく使えることを示す「MFI認証」を取得しています。

同じAnkerのLightningケーブルで、編み込みのナイロン素材を使用しさらに耐久性を高めた「PowerLine+ II」もおすすめですが、ちょっと仕事場用に置いておこうという程度であればこれで十分でしょう。

MacBook、MacBook Proユーザーなら「USB-C対応Lightningケーブル」もあったほうが便利。充電やバックアップなど、1本だけでもあれば大活躍してくれるケーブルです。

USB PDに対応するUSB-CケーブルとUSB-C対応電源アダプタで高速充電が可能に

iPhone8/XS/XRは「USB PD(Power Delivery)」規格による高速充電に対応しています。これがまた激速で、たった30分間の充電で最大50%の充電が可能。

USB PDで高速充電中のiPhone XS
USB PDで高速充電中のiPhone XS

このUSB PDによる高速充電を実現するには、USB PD対応のUSB-C – LightningケーブルとUSB電源アダプタが必要になります。最初にコストがかかってしまうものの、USB-Cはこれからどんどん増えてきますし、なにより高速充電はめちゃくちゃ便利なのでぜひ試してみてください!

僕自身が使っているUSB PD対応USB電源アダプタはAnkerの「PowerPort+ USB-C power Delivery」という製品。USB-Cポートの他にUSB-Aポートが4つもあるので、だいたいのケースにおいてこれひとつで事足ります。

iPhoneのほかにUSB経由で充電するものって結構多かったりするので、なにかと重宝するアイテム。「アダプタだらけでコンセントが足りない!」という状況でも、これひとつあるだけでスッキリします。

ちなみにMacBook/MacBook Proに付属されているUSB-Cアダプタでも高速充電可能です。すでに持っているという人は試してみてください。

PDによる高速充電で気をつけておかないといけないのはケーブルです。現状MFi認証を取得したサードパーティ製PD対応USB-Cケーブルはないようです。

つまりApple純正のUSB-C – Lightningケーブルが必要になります。

PD対応をうたったサードパーティ製ケーブルはないことはないですが、安心して使えるという点では純正ケーブルが一番です。

と言っても、価格を見るとどうしてもサードパーティ製ケーブルが気になってしまいますよね。

一応こちらのケーブルで高速充電できることを確認しています。ただ購入者レビューを見ると、どうやら動作が不安定なようですね・・・。当然MFi認証を取得してないですし、そういう点ではおすすめしにくいのですが、ご参考までに・・・。

広告

もはやiPhoneユーザーには必須のワイヤレスイヤホン/ヘッドホン

iPhone8/XS/XRにはイヤホンジャックがありません。この先復活することもないですし、iPhoneにとっては完全に過去のものになりました。

そこでiPhone8/XS/XRユーザーであるあなたにおすすめしたいもの。そう!Bluetoothに対応したワイヤレスイヤホン/ヘッドホンです!

とりあえずコードレスが快適すぎる!

「ワイヤレスイヤホンって音質が悪いんでしょ?」

いやいや、そんなことはありません!以前は僕自身もそんなイメージがありましたが、いまのワイヤレスイヤホン/ヘッドオンはすごい!かなり進化しています。有線イヤホンに負けないほど、いい音質で音楽や動画を楽しめます。

そしてワイヤレス化することで得られる最大のメリットは「コードレス」でしょう。有線イヤホンようにコードが絡まることもないですし、イヤホンだけ付けていればiPhoneはカバンの中にしまっておけます。

充電が必要になったり、環境によっては音飛びしてしまうというデメリットはあるものの、やはり煩わしいコードから開放されるメリットはかなり大きいですね!快適過ぎる!

あなたも「イイィィ!!」とコードを引きちってしまう前に、ワイヤレスイヤホン/ヘッドホンに乗り換えてしまいましょう。

やはり「AirPods」なしには語れない

iPhoneで使うワイヤレスイヤホンということであれば、やはりApple純正ワイヤレスイヤホンである「AirPods」なしには語れません。

iPhoneとAirPods
iPhoneユーザーならぜひAirPodsを検討したい

AirPodsは左右のイヤホンが完全に分離した、いわゆる「完全ワイヤレスイヤホン」です。一切のコードがないため、普段使いはもちろんワークアウトなんかのシーンでも大活躍してくれます。

そしてApple純正というメリットは大きく、AirPodsとiPhoneを近づけてわずかワンタップで完了するペアリングや安定した接続性、ほぼ感じない音の遅延など、さすがApple純正イヤホンと言えるクオリティ。

なかでも驚いたのは、音の遅延がほぼ感じられないこと。ワイヤレスイヤホンはどうしてもその仕組み上、多かれ少なかれ音の遅延が発生します。個体差はあるものの、ひどいものだとドラマを見ていても口パク状態になったりします。AirPodsにはこれが一切ない。動画を見る人にとって音の遅延は気になるところですよね。遅延が少ないワイヤレスイヤホンがいい!ということなら、全力でAirPodsをおすすめします。

Apple製品は定価より高くなっていることも多いので、Apple公式サイトで価格をチェックするようにしてくださいね!

高コスパイヤホン「SoundPEATS Q35 Pro」

お手頃価格で購入できるワイヤレスイヤホンを探しているなら、SoundPEATS(サウンドピーツ)の「Q35 Pro」がおすすめ。

5,000円以下という価格ながら、iPhoneへの接続で高音質で楽しめるAACコーデックに対応。そのお手頃な価格からは想像できないほどの高音質が売りのワイヤレスイヤホンです。

おまけにIPX6防水ですから汗や突然の雨にも対応できます。最大8時間連続再生できるタフなバッテリーもいいですね!毎日の通勤やお出かけに使用するぐらいであれば、8時間も再生できれば必要十分です。

「5,000円以下で高音質なワイヤレスイヤホンはないかな」という人にはドンピシャ なイヤホンですね!

ノイキャンと重低音が魅力の「SONY WF-SP700N」

「ちょっと奮発してみてもいいかな!」という人には、SONYの完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」がおすすめ。

WF-SP700N
SONYの完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」

周囲の騒音を打ち消す「アクティブノイズキャンセリング」を搭載。ノイキャン最大のメリットは、「騒音が多い場所でも音量を上げずに音楽を聴ける」というところにあります。ノイキャンがなくても音量を上げれば騒音はある程度消えてくれますが、大音量で聴き続けると疲れる上に耳にもよくありません。

毎日の電車通勤や騒がしいカフェなどでの使用が多いのならぜひ検討してほしいイヤホンですね!

そしてあとひとつ。このイヤホン、重低音がとにかくすごい。EXTRA BASSによる頭に響くような重低音はなかなか聴きごたえがあります。テンションを上げたいスポーツシーンにはもってこい!重低音好きは必ずチェックしておきたい完全ワイヤレスイヤホンです!

飛び抜けたノイキャン性能「SONY WH-1000XM2」

間違いなく2018年買ってよかったものベスト3に入るのアイテムが、同じくSONYのノイキャン搭載ヘッドホンの「WH-1000XM2」。

SONY ノイズキャンセリング搭載ヘッドホン「WH-1000XM2」

これ、マジでやばいです。まずBlueoothでワイヤレスヘッドホンにもかかわらず高いレベルの音質。高音の伸びもいいですし、いかにもSONYらしい音なんですが、驚くのはノイズキャンセリング機能です。先程紹介した完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」のノイズキャンセリングも割といいのですが、これはまた次元が違います。

ヘッドホンをセットしてノイキャンをオンにすると、まさに無音。静寂。おおげさではなく、違う世界にワープした感覚になります。

iPhoneユーザーにおすすめのアクセサリー、というテーマからは少しずれるかもしれませんが、WH-1000XM2はマジでおすすめしたいワイヤレスヘッドホン。少しお高いですが、これぐらいの値段で毎日のミュージックライフが劇的に向上することを考えれば高過ぎることはありません。ぜひチェックしてほしいアイテムです。

なお2018年10月6日には、WH-1000XM2の後継機「WH-1000XM3」の発売が予定されています。さらにノイキャン性能がアップしたことで、WH-1000XM2と同じく多くの注目を集めているワイヤレスヘッドホンです。

バッチリ予約済みなので、またこちらにも使ってみた感想を追記しますね!

なおiPhone向けのおすすめワイヤレスイヤホン/ヘッドホンに関しては、こちらの記事にもまとめています。

Bluetoothワイヤレススピーカー

SoundCore Boostの外観
Anker「SoundCore Boost」

これはAnkerの「SoundCore Boost」という、Bluetoothを使ってiPhoneと接続できるワイヤレススピーカーです。20Wというパワーのあるスピーカーで、BassUpボタンを押すと低音がブーストされ、より大迫力の低音を響かせてくれます。

とにかく低音の迫力がすごい!iPhoneだけでなくPCやApple TVなどにつなげて映画を楽しむ、というシーンでも活躍してくれるはず。

そして最大10時間の連続再生が可能なバッテリーを搭載、デスクの上ではもちろんのこと、アウトドアシーンにも持ち出して音楽を楽しむことができます。

数あるBluetoothワイヤレススピーカーの中からSoundCore Boostをおすすめする理由は、そのコストパフォーマンスです。決して安い価格帯ではありませんが、その音質と価格を考えるとかなりコスパは高いですね!購入ユーザーからの満足度が高いことも納得です。

ちなみにこのスピーカーの上位モデルとして「SoundCore Pro+」があります。これもなかなかいい音なのですが、コスパを考えるとやはりSoundCore Boostに軍配が上がるかな、と思いますね。

「もうちょっとお手軽なモデルがいいな」という方は、同シリーズの「SoundCore 2」がおすすめ。片手でラクラク持てるサイズながら12Wの出力、最大24時間の連続再生が可能です。小型なのでアウトドアシーンにはこちらのほうが持ち出しやすいかもしれません。

Bluetoothワイヤレススピーカーをお探しの方は、以下の記事を参考にしてください。

広告

iPhoneユーザーにとっては必須!おすすめモバイルバッテリー

カバンの中にあるだけで安心感を得られるモバイルバッテリー。モバイルバッテリーは使用する人や使用する機器、シーンによってベストチョイスがあります。

使用する機器、シーンから最適な容量のモバイルバッテリーを選ぼう!

自分にはどれぐらいの容量のモバイルバッテリーがベストなのか、ということを知るためにはiPhone8/XS/XRのバッテリー容量を確認しておく必要があります。

モデルバッテリー容量駆動時間(連続通話)
iPhone 81,821mAh最大14時間
iPhone 8 Plus2,691mAh最大21時間
iPhone X2,716mAh最大21時間
iPhone XS2658mAh最大20時間
iPhone XS Max3174mAh最大25時間
iPhone XR不明最大25時間

注意しておかないといけないのは、モバイルバッテリーでiPhoneを充電するときには電力のロスが発生するということ。モバイルバッテリーのスペックに記載がある容量がそのまま充電できるわけではありません。

そのロスのだいたいの目安としては、3割程度。つまり10,000mAhのモバイルバッテリーであれば、実際に充電できるのは7,000mAh程度になるということです。

モバイルバッテリーを選ぶ際には、この点を考慮して「このモバイルバッテリーではiPhone○回分充電できるんだな」と計算してみましょう。そうすることで自分に合ったモバイルバッテリーがどれなのかが見えてきます。

毎日持ち運びたい人におすすめしたいモバイルバッテリー

毎日持ち運ぶための、軽量でコンパクトなモバイルバッテリーを探しているなら、まっさきにこのRAVPower(ラブパワー)のモバイルバッテリーをおすすめしたい!

コンパクトな手のひらサイズ
軽量でコンパクト!RAVPowerのモバイルバッテリー

バッテリー容量は6700mAh。iPhone8で約2回、iPhone XSで約1.5回分の充電が可能で、毎日持ち歩くモバイルバッテリーとしては必要十分な容量。

驚きなのが6700mAhという容量を搭載しておきながら、なんとその重量は124g、そして手のひらにラクラク収まる「9×4×2.5cm」というサイズ。毎日持ち歩くモバイルバッテリーとしては、現時点でこれがベストチョイスでしょう!

もうちょっと容量が欲しいということであればこっちもおすすめ。

10,000mAhという大容量ながら「92 x 60 x 22mm」というサイズはすごい。このサイズでiPhone8を3.8回フル充電できることになります。

大容量クラスのおすすめモバイルバッテリー

20000mAhを超える大容量クラスのモバイルバッテリーで、比較的選びやすい価格なのがこちら。

「とにかく容量が大きいものがいい!」「旅行や出張にも持っていきたい!」という人には、20,000mAhクラスのモバイルバッテリーがおすすめです。

「PowerCore 20100」はiPhone8なら7.7回分フル充電可能できる計算になります。厳密に言うと自然放電もあるでしょうからこの数字は正確ではありませんが、それでもこれだけ大容量なら安心して遠出できます。

予算がある方はこちらのモバイルバッテリーはいかがでしょうか。26800mAhと超大容量な上にUSB PDにによる高速充電にも対応しています。USB PDに対応したUSB-C充電器も付属しているので安心。

iPhoneXとPowerCore+ 26800 PD
USB PDに対応した26800mAh大容量モバイルバッテリー

iPhoneユーザーにとっては最強と言えるモバイルバッテリー。詳細レビューを書いていますので、興味があるかたはぜひ!

便利すぎて中毒性すらあるスマホリング

あれば幸せになれるアイテムと言えば「スマホリング」も忘れてはいけません。

バンカーリングで使えるスタンド機能
大型スマホには便利なスマホリング

スマホリングとは、iPhone本体あるいはケースの背面に装着するいわばアイデアグッズ。落下防止のほかに、iPhoneスタンドとしても使うことができ、ユーザーからは一度使えばなくてはならなくなる中毒性のある便利グッズとして有名です。

特に6.5インチのiPhone XS Max、6.1インチのiPhone XRは、よほど大きい手の持ち主でないと片手操作は難しい。電車内で立ちながらiPhoneを操作したいときってありますよね。そんなときにスマホリングがあれば、片手でラクラク操作できますし、落下防止にもなります。

有名なのはスマホリングの代名詞とも言える「バンカーリング」でしょう。バンカーリング=スマホリングと認識している人も多いのではないでしょうか。個人的にも愛用しています。

バンカーリング3はそのナンバリングのとおり3代目で、2代目バンカーリングと比較してさらに薄くなり自然な装着感となっています。

ぜひ手に手に入れたいアイテムのひとつですが、新型iPhoneで使用する場合大きなデメリットがあります。

うすうす気づいている人もいるかもしれませんね。そう、装着したままではワイヤレス充電が使えないんですよ。ケースに装着してワイヤレス充電時にケースを外す…という使い方は現実的ではないですしね。。

それでもワイヤレス充電とスマホリングを天秤にかけたときに、スマホリングをとる人も多いはず。ほんとうにそれぐらい中毒性があるアイテムです。

あとおすすめで言うと、このSpigenのスマホリングもいい感じです。スマホリングと車載ホルダーがセットになっていて、リングを引っ掛けて固定できるようになっています。車載ホルダーとしてだけでなく、アイデア次第ではデスク周りでも活躍してくれそう。

iPhoneスタンド・車載ホルダー

充電機能を搭載したiPhoneスタンドや、フレキシブルアームで自由自在に配置できるiPhoneスタンドなど便利な機能を搭載したiPhoneスタンドは数多くありますが、僕が重視するポイントはずばり「かっこよさ」。

もちろん機能面も重要ではありますが、やっぱり置いて絵になるiPhoneスタンドがいいですよね!

かっこいい!おすすめのおしゃれiPhoneスタンド

まず紹介したいおすすめiPhoneスタンドがこちら。どんなインテリアにも合うシンプルなアルミデザインと、Lightningケーブルをとおせるホールを搭載していて機能面でも問題なし。

そしてなにより嬉しいのが1,000円前後というリーズナブルな価格です。価格以上に満足感を与えてくれるiPhoneスタンド。このiPhoneスタンドはAmazonのベストセラーにもなっており、おしゃれとコスパを両立したiPhoneスタンドなのでまずこれをチェックすべし!

こんな木製のiPhoneスタンドもあります。インテイリアに合わせてどうぞ!

Apple WatchでiPhoneの幅がさらに幅広がる

おすすめのiPhoneアクセサリーという括りで言うと、Apple Watchも立派なiPhoneアクセサリー。

Apple Watch Series 4
Apple Watch Series 4

「充電が切れたら時計としても機能しないApple Watchなんて、僕には必要ないかな」と、かつてはApple Watchに対して否定的に考えていましたが、実際に使ってみるとこれはヤバイ。便利過ぎです。

iPhoneの通知をApple Watchで受け取れるのも便利ですし、スマートに決済できるApple Payや手首で確認できるナビ、Apple Watchで音楽コントールなど、便利なポイントはたくさんあります。

文字盤をカスタマイズしたり、自分好みのバンドに交換したりとデザイン的にも楽しめるポイントがあります。

Apple Watchバンドを利用シーンで選ぶ
気軽に交換できるApple Watchバンドも楽しい!

個人的には最近Apple Watchにも対応したワークアウトアプリ「Nike Training Club」でダイエット中!Apple Watchを装着することで心拍数とカロリーを計算してくれるので便利です。

騙されたと思ってApple Watchを検討してみてください!iPhoneの幅がさらに広がり、さらに便利になりますよ!

Apple Watchを購入したら、便利なアプリのチェックも忘れずに!

iPhoneアクセサリーでもっと便利に!

iPhone8/XS/XRユーザーにぜひ検討してほしいアクセサリーをながながと紹介させていただきました!

特に優先したいのは保護ケースと保護フィルムでしょう。傷をつけてしまった後では遅いですからね。。修理費用が高額なだけに万全の準備をしておきたいところです。

あとあれば便利なのはやはりワイヤレス充電器ですね。ワイヤレス充電はiPhoneの進化を一番に感じられるポイントでもあります。

どうでしょう、あなたの物欲は刺激されましたか?

もしそうなら成功ですね!

広告