プロが選ぶ11インチiPad Pro用 おすすめキーボードまとめ

「11インチiPad Proにキーボードを接続してPCライクに使いたい!」

ノートPCに匹敵、それどころかそれを超える性能を持つiPad Proだからこそ、その機動力を活かしたいところ。iPad Proにキーボードを接続すれば、ショートカットの使用や快適な文字入力など、驚くほど生産性が向上します。

ディスプレイ上に表示させるソフトウェアキーボードだと、ディスプレイの多くの部分を占有してしまう上にブラインドタッチはなかなか難しい。やはりディスプレイを占有せず打鍵ががあり入力しやすい物理キーボードが一番です。

今回の記事では、そんな11インチiPad ProユーザーにおすすめしたいBluetoothキーボードをご紹介。iPadのキーボード選びにはちょっとした落とし穴もあるので、その注意点についても解説しています。ぜひこの記事を参考に、「これが正解だ!」と思えるiPad環境を見つけてください!

広告

11インチiPad Proで使用するキーボード選びのポイント

まずは11インチiPad Proでのキーボード選びのポイントについて解説していきます。購入してから「これじゃない!」と後悔しないためにも、必ずチェックしておくようにしましょう。

iPad Proとキーボードの接続方法について

iPad Proとキーボードの接続ついてです。基本的におすすめしやすいのは「Bluetooth」によるワイヤレス接続です。充電が必要になる等のデメリットはあるものの、やはりコードレスの恩恵は無視できません。

ただ、なかには「お気に入りの有線キーボードがある」という人もいるでしょう。その場合は「USB-Cアダプタ」を使用すれば既存の有線キーボードとiPad Proを接続できるかと思われます。(※11インチiPad Proが到着した後に検証します)

現物が到着したらUSB-Cアダプタで有線キーボードを使えるか検証します!
現物が到着したらUSB-Cアダプタで有線キーボードを使えるか検証します!

余談ですが、新型iPad ProでついにLightningポートが消え、USB-Cポートに変更されています。USB-Cになったことでキーボードに限らず周辺アクセサリーが選びやすくなったのは嬉しいですね!

有線キーボードをiPad Proに接続したいという方は、Apple公式サイトで販売されている「USB-C – USBアダプタ」、もしくはサードパーティ製のUSB-Cでも使用できるでしょう。「iPadでキーボードってどんな感じなの?」という使用感を試してみるのもいいですね!

日本語(JIS)キーボードならApple純正キーボード

日本で主に使用されるキーボード配列にはキートップにひらがなが印刷された「日本語(JIS)配列」と、アルファベット・記号のみの「英語(US)配列」の2種類あります。おそらく多くの人が馴染みがあるのは「日本語(JIS)配列」でしょう。

ここで注意点。もしあなたが「iPadでJISキーボードを使いたい」ということなら、選択肢はApple純正キーボードのみになります。

JISキーボードならApple純正キーボードという選択肢になる
JISキーボードならApple純正キーボードという選択肢になる

サードパーティ製のJISキーボードをiPadに接続することは可能ではありますが、キーボードの表記と実際に入力される記号が異なったりと、とても使いやすいとは言えません。

僕自身は「かな」「英数」キーで文字種別を切り替えられるJISキーボードを使いたかったので、Apple純正の「Smart Keyboard Folio」を選択しました。所有しているMacもずっとJISキーボードを選択してきたので、いまさらUS配列に慣れようとは思えない・・・。

この辺は使い手の「好み」の部分です。「USキーボードはひらがながプリントされていないからかっこいい!」「仕事上USキーボードを使ってるから」という理由でUS配列も人気があります。

「どのキーボードも一緒だろう」と適当に購入してしまうと、いざ使用時に「こんなはずじゃなかった!」と後悔してしまう可能性もあります。このポイントが落とし穴になりやすいので注意してください!

使用環境・スタイルで最適なキーボードを選ぶ

次に確認したいポイントとしては、iPad×キーボードを使う「使用環境」「スタイル」です。

iPadとBluetoothキーボードとiPadスタンド
BluetoothキーボードでiPad ProをPCライクに使う!

例えば、僕自身は自室ではなくリビングでiPadを使用する際はこのスタイルが多いですね。iPad・キーボード・自分の間の距離を調節できるので、このかたちに落ち着きました。iPadスタンド、もしくはスタンド機能があるiPadケースを用意する必要がありますが、このスタイルが一番使いやすくおすすめです。

しかしカフェや会議室など、スタンドとキーボードをばーんと広げにくい場面もあるでしょう。そんなときはコンパクトでさっとキーボードスタイルに変形させられる「キーボード付きiPad Proケース」が向いています。

iPad Proで使用するキーボードを探してるなら、まずどのスタイルで使用するか、というところをポイントとして抑えておきましょう。

その他チェックしたいポイント

その他チェックしたいポイントとしては以下のとおり。

  • バッテリーの持ち時間(連続使用可能時間)
  • サイズ・重量
  • 保護ケースから脱着可能かどうか
  • バックライトの有無

特に注意したいのは、キーボード一体型保護ケースを選ぶ場合の「キーボード脱着可否」。キーボードを使う頻度が高いのであれば一体型もありですが、シーンに応じて脱着できるタイプが便利です。

その他使い勝手に関係してくるバッテリー持ち、サイズや重量などもしっかりチェックしておきましょう!

広告

まずチェックしたいiPad Proで使えるApple純正キーボード

やっぱりiPad ProユーザーにとってApple純正キーボードは気になりますよね!

【Apple純正】Smart Keyboard Folio

11インチiPad Pro用「Smart Keyboard Folio」
出典:Apple公式サイト
  • iPad Pro専用機ボード「Smart Keyboard Folio」
  • Smart Connector接続でかんたんペアリング、充電不要
  • 角度は2段階に調節可能

新型iPad Proのキーボード・・・と言えばやはり「Smart Keyboard Folio」でしょう!

Smart Keyboard Folioは前モデルからは様変わりしています。キーボードとの接続部分「Smart Connector」の位置が背面した部分に移動した関係か、背面全面を覆うスタイルになりました。角度はキーボードが使える状態で2段階に調節が可能。iPad Proを膝の上で使用する際にも快適に使えるようになりました。

ペアリングもSmart Keyboard Folioを装着するだけで完了。電力はSmart Connector経由でiPad本体から取るのでキーボードの充電は不要です。装着するだけですぐに使い始められるのはさすがApple純正といったところでしょう。とにかくラク!

11インチiPad Pro用「Smart Keyboard Folio」JISを選べる
出典:Apple公式サイト

そしてなんと言っても「JIS(日本語)キーボード」を選べるのは嬉しいですね!やっぱり「かな」「英数」をワンタッチで切り替えられるのは便利です。もちろんUS(英語)キーボード版もあります。好みや慣れの部分なのでどちらがおすすめということはありませんが、選択肢があることが大事ですね!

【Apple純正】Magic Keyboard

【Apple】Magic Keyboard JIS配列を選べることが強み
Apple純正キーボード「Magic Keyboard」
  • Apple純正キーボード「Magic Keyboard」
  • iPad ProをPCライクに使いたい人に
  • フル充電の状態から約1ヶ月使用可能
  • 横幅は約27.9cm、奥行き11.49cmとコンパクト
  • 重量は約239gと軽量
  • JIS/US配列を選べる

続いてはApple純正キーボードの「Magic Keyboard」です。Magic KeyboardはMacだけではなくiPhoneやiPadでも活躍してくれます。

Apple Magic Keyboard

一度フル充電すれば最大1ヶ月の使用が可能。実際使っていても、充電を忘れるほど長く持ってくれます。バッテリー持ちは申し分ありません。さらに横幅が約27.9cm、重さが約231gとコンパクトで軽量なので、持ち運びも苦になりません。

Magic KeyboardもSmart Keyboard Folio同様JIS・US配列から選択できます。iPad ProをPCライクに使うならぜひ検討したいキーボードでです!

JIS(日本語)配列

US(英語)配列

なお持ち運びは厳しいですが、テンキー付きMagic Keyboardもあります。ブラックがかっこいい!

11インチiPad ProにおすすめのBluetoothキーボードまとめ

ここからはサードパーティ製キーボードを中心に紹介していきます。USキーボードを選択する場合は

【ELTD】キーボード付きiPad Proケース

【ELTD】キーボード一体型iPad Proケース
出典:Amazon.co.jp
  • 脱着式キーボード
  • Apple Pencilをケース内に収納できる
  • ブラック/ゴールド/ブルー

まず紹介するのはBluetoothキーボード付きiPad Proケース。ケース込みで厚さ1.8mmと薄く、重さ400gと持ち運びに便利です。

キーボードを使用しないときは取り外せる脱着タイプ。キーボードは取り外せたほうがなにかと便利です。そして保護ケース込みであることを考えるとコストパフォーマンスはいいですね!キーボードと保護ケース両方を検討している人にとっては、ある意味手っ取り早いのでおすすめです。

同メーカーで別デザイン、Apple Pencil収納がないタイプもあります。

【Anker】コスパ抜群のコンパクトなBluetoothキーボード

【Anker】コスパ抜群のコンパクトなBluetoothキーボード
出典:Amazon.co.jp
  • 人気のAnker(アンカー)製品
  • コストパフォーマンス抜群
  • 3ヶ月以上使用できる(1日2時間の使用で)
  • 乾電池式(単4電池別売)
  • 重量が約200gと軽量
  • ブラック/ホワイト

続いて紹介するのはお馴染みAnker(アンカー)のBluetoothキーボード。約200gと軽量で持ち運びにも便利です。

充電式ではなく乾電池式なのは、使い手によってはこっちのほうがラクでしょう。省電力モードを備えており1日2時間の使用で3ヶ月以上もちます。

そしてなんと価格がMagic Keyboardの5分の1ほど。多少のチープ感はあるものの、これだけ価格差があれば十分選択肢に入ってきます。

安くコスパがいいキーボードを探している人にはぴったりな製品。ぜひチェックしてみてください!

【iClever】折りたたみ式Bluetoothキーボード

【iClever】折りたたみ式Bluetoothキーボード
出典:Amazon.co.jp
  • 二つ折りでコンパクトなBluetoothキーボード
  • 折りたたみ時のサイズは120 × 330 × 12mm
  • 重量はわずか176g
  • 人工工学に基づいたV字型の形状
  • 約60時間のバッテリー持ち

次に紹介するのは二つ折りでコンパクトになる折りたたみ式キーボード。折りたたみ時のサイズは120 × 330 × 12mmとかなり小さい!重量はわずか176gなので、2本指でつまめるレベル。

ちょっと特殊なV字型の形状をしていますが、購入ユーザーの評価は悪くないですね!多少の慣れは必要ですが、人工工学に基づいた形状とのこと。慣れてしまうとこっちのほうが使いやすいかも。

とにかく軽い!小さい!がセールスポイントのキーボード。軽量さ・コンパクトさを重視するならコレです!

【iClever】キーボードが三つ折りに!コンパクトに持ち運べるキーボード

【iClever】キーボードが三つ折りに!コンパクトに持ち運べるキーボード
出典:Amazon.co.jp
  • 三つ折りの折りたたみ式キーボード
  • 重量わずか185g
  • 折りたたみ時の厚さ1.3cm
  • 約80時間のバッテリー持ち

同メーカーのこちらの折りたたみ式キーボードも人気があります。先ほどのキーボードは二つ折りでしたが、こちらは三つ折り、観音開きタイプです。

単純なサイズ・重量としてはこちらのほうが大きくなっていますが、しっかりと打鍵感を感じたい人はこちらのほうがおすすめです。「いつものキーボード感」はこっちのほうがあります。

バックライト付きももあります!

11インチiPad Pro専用キーボードに関しては、これから増えてくると思われます。こちらの記事では随時おすすめキーボードを追加していく予定ですので、ぜひチェックしておいてください!

最新の11インチiPad Proキーボードは以下からチェック!

広告