プロが選ぶiPad Pro 11 (2018)おすすめ保護ガラスフィルム8選

ついにホームボタンが消え、より完全なベゼルレスへの近づいた新型iPad Pro。

11インチiPad Pro
11インチiPad Pro

Lightningポートから卒業し「USB-C」へ。ノートPC以上の処理能力を誇る「A12X Bionicチップ」、指紋認証から顔認証の「Face ID」への変更・・・などリニューアルポイントが目白押しです。

iPad Pro本体だけではなく、新しく登場した第2世代Apple PencilやSmart Keyboard FolioなどのiPad Pro関連アクセサリーもしっかりと進化。非常に注目ポイントが多く、多くの人に選ばられる製品になるのではと思います。

そういったiPad Pro関連アクセサリーと一緒に用意しておきたいアイテムが、液晶画面を傷から守る「保護フィルム」「ガラスフィルム」です。

今回の記事では、11インチiPad Proにおすすめの「保護フィルム」「ガラスフィルム」の紹介と、「iPad Proに保護フィルムは必要なの?」というところを含めて解説していきます。

広告

11インチiPad Proの保護フィルム・ガラスフィルム選びのポイント

おすすめの保護フィルム・ガラスフィルムを紹介する前に、購入前にチェックしておきたいポイントについて解説します。iPad Proだからこそチェックしておきたいポイントもあるので、後悔しないためにもチェックしておいてください。

そもそもiPad Proに保護フィルムは必要なのか

「そもそもiPad Proに保護フィルムは必要なの?」と疑問に思う人も多いかもしれません。

僕自身、毎日にようにiPad Proを使用していますが、その中で得た結論としては「傷がイヤなのであれば貼っておいたほうがいい」と考えています。なぜなら「スマホと同じようにiPadのディスプレイにも普通に傷が付いてしまう」から。

iPadの傷が気になるなら保護フィルムを装着しよう!
iPadの傷が気になるなら保護フィルムを装着しよう!

iPad Proの液晶画面には普通に傷が付きます。傷が付きにくい強化ガラスパネルではありますが、硬いものと当たってしまえば普通に擦り傷が付きますし、落下させてぶつけてしまっても普通に傷が付くでしょう。

至極当然のことですが「保護されていなければ普通に傷が付いてしまう」ので、やはり傷がイヤなのであれば保護フィルムを用意しておくべきです。iPad背面に傷が付いてしまっても支障はなくても、液晶画面に傷が付くとiPadを使用する度に傷が目に入り気になっちゃいます。

特に保護フィルムをおすすめしたいパターンとしては、iPad Proを保護ケースを装着せずに使いたい場合、そしてフラップ(フタ)のない保護ケースを使用する場合です。これらの場合は液晶画面はノーガード状態なので、傷が気になるのであれば忘れず保護フィルムを貼っておきましょう。

iPadに保護フィルムを使用するデメリット

iPadに保護フィルムを使用する最大の目的は「ディスプレイの保護」でしょう。上でも書いたとおり、いくら強化ガラスで覆われているディスプレイと言えども落下や思わぬ衝撃で傷が付いていしまうことは普通にあります。

保護フィルムはそういった事故に備えられるというメリットはありますが、一方でデメリットも存在します。

  • 使い手・フィルムによってはタッチの感度が低下する
  • Face IDに干渉する場合がある(切り欠きあればほぼ問題なし)
  • ガラスのような厚いフィルムだとApple Pencilのペン先とディスプレイに距離が出てしまう(ノート・メモ用途であれば気にならないレベル)

多くの保護フィルムを試してきた僕が考えるデメリットはこの3つです。

「私の指はタッチパネルがなかなか反応してくれない!」というタイプの人は、保護フィルムを貼ることでタッチ感度が低下してしまう可能性があります。またフィルムがFace IDに使用するカメラ部分を覆ってしまっている場合、Face IDに干渉し認証してくれないこともあります。

後者はきちんと切り欠きが作られた保護フィルムを選ぶことで解決しますが、気を付けたいのはタッチ感度の低下です。僕自身はどのような保護フィルムでも問題ないのですが、使い手によっては使いづらく感じてしまうことも。

とは言え大事なiPadの保護も大事です。心配な方は、まずは価格帯が低めの保護フィルムを試してみることをおすすめします。

Apple Pencilユーザーはペーパーライクフィルムという選択肢もあり

iPad Proのディスプレイは強化ガラス、Apple Pencilのペン先は樹脂製。どうしてもペン先がツルツル滑りやすく「書きにくい」と感じてしまう人も少なくないでしょう。

そこでおすすめしたいのが紙のような書き心地に変えてくれる「ペーパーライクフィルム」。フィルム表面の特殊加工でペン先にほどよい抵抗を作り、書き味を向上させてくれます。

書き心地は想像以上に「紙」!
書き心地は想像以上に「紙」!

僕自身もペーパーライクフィルムを試してみましたが、その書き味は想像以上に「紙」。よくある普通紙に鉛筆で書き込んでいる感覚にかなり近いですね!ペーパーライクフィルムがApple Pencilユーザーに人気なのも頷けます。

おすすめのペーパーライクフィルムはこの記事の後半でも紹介していますが、書きやすい上に指紋も付きにくい!iPad Proにペーパーライクフィルム、かなりおすすめです!

広告

11インチiPad Proにおすすめのガラスフィルム・保護フィルム

それではおすすめのガラスフィルム・保護フィルムを紹介していきましょう!

【Maxku】0.26mmと薄型ガラスフィルム

【Maxku】0.26mmと薄型ガラスフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • 0.26mmと薄型のガラスフィルム
  • Face ID対応(切り欠きあり)
  • コストパフォーマンスよし

まず紹介したいのは0.26mmの薄型のガラスフィルム。ガラスフィルムの厚さは0.3mmのものが多いですが、この0.04mmの差は数字以上に使用感に影響してきます。Apple Pencilを使用する場合も少しでも薄いほうが使用時の違和感が少なくなります。

「ガラスフィルムを貼って、タッチ感度が落ち操作しづらくなってしまった」という経験がある方は、こういった薄手のガラスフィルムを試してみてください。

【Vicstar JP】Face ID・サイズ感ともに問題なし!スタンダードなガラスフィルム

【Vicstar JP】Face ID・サイズ感ともに問題なし!スタンダードなガラスフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • 厚さ0.3mm
  • Face ID対応(切り欠きあり)
  • コストパフォーマンスよし
  • タッチ感度が低下してしまう可能性がある

Face IDに干渉しない切り欠き設計、サイズ感ともにまったく問題ありません。実際に使ってみましたが、その感想は「普通のガラスフィルム」というものでした。

一点注意しておきたいのは、僕の感覚的に厚さ0.3mmになってくると、タッチ感度の低下などが発生する可能性が高くなってきます。音ゲーといった細かく精度が高い操作が必要になる場合は、フィルムなし、あるいは薄手の保護フィルムを選ぶようにしましょう。

タッチ感度の低下は「あるかな?」という程度だった
実際に使ってみた
フィルムによるタッチ・Apple Pencilの感度の低下は感じられなかった
タッチ・Apple Pencilの感度の低下は感じられなかった

しかし実際に試してみましたが、タッチ感度の低下は感じられませんでした。Apple Pencilの使用もまったく問題なし。使い手によってはタッチ感度の低下を感じる可能性もありますが、そう敏感になりすぎることはないでしょう。

【WANLOK】コスパ抜群のガラスフィルム

【WANLOK】コスパ抜群!ガイド枠付きのガラスフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • 厚さ0.3mm
  • コスパに定評がある日本メーカー
  • 消耗品のフィルムには嬉しい価格
  • タッチ感度が低下してしまう可能性がある

続いて紹介するのはWANLOKのガラスフィルム。コスパに定評がある日本メーカーで、他機種のフィルムでも高い評価を受けています。

価格も1,000円以下と安く、コストパフォーマンスという点では一番のガラスフィルムです。ガラスフィルムと言っても、長く使うと傷といった痛みも出てきます。そういった意味では消耗品ですので、少しでも安いことに越したことはありません。

注意点としてはこちらも厚さ0.3mmだということ。タッチ感度が低下する可能性があり、シビアな操作が必要になる人にはおすすめしにくいという側面もあります。

【WANLOK】ブルーライトカット対応ガラスフィルム

【WANLOK】ブルーライトカット対応ガラスフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • ブルーライトを90%カット
  • 厚さ0.3mm
  • コスパに定評がある日本メーカー
  • 消耗品のフィルムには嬉しい価格

iPad Proにはブルーライトを軽減してくれる「Night Shift」という機能があります。夜の寝付けや体内時計に悪影響を及ぼすというブルーライトを軽減してくれる機能なのですが、ブルーライトを常時遮断しておきたいということであれば、ブルーライトカット対応フィルムを貼り付けてしまうほうが手っ取り早いでしょう。

もちろん本来のディスプレイの保護という役割も果たしてくれます。ものとしては上で紹介したWANLOKのガラスフィルムにブルーライトカット機能を持たせたものになります。

眼の疲れや値付けの悪さを感じているなら、一度ブルーライトカット対応フィルムを試してみてください。

【エレコム】強靭な「ドラゴントレイル」を採用したガラスフィルム

【エレコム】強靭な「ドラゴントレイル」を採用したガラスフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • 安心のエレコム社製ガラスフィルム
  • 旭硝子社「ドラゴントレイル」を採用した強靭なガラスフィルム
  • 強度を重視する人に
  • 価格帯は高め

強化ガラスと言えば、米コーニング社の「ゴリラガラス」が有名ですよね。しかしそのゴリラガラスより強靭と言われる、旭硝子社「ドラゴントレイル」も負けていません。

エレコムのこのガラスフィルムは、その強靭なドラゴントレイルを採用。ガラスフィルムとしては非常に高価な製品ですが、強度にこだわりたいならチェックしておきたいガラスフィルムです。

【エレコム】高い透明度!グレア(光沢)タイプのPETフィルム

【エレコム】クリアさを重視!グレア(光沢)タイプのPETフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • 安心のエレコム社製
  • グレア(光沢)タイプのPETフィルム
  • 光沢で透明度が高くくっきり鮮やかに

iPad ProはLiquid Retinaというの美しいディスプレイが特徴です。保護フィルムの種類によっては、画面がくすんでしまうことも。

保護フィルムのクリア感・透明度を重視するなら、こちらのグレア(光沢)タイプのPETフィルムがおすすめです。太陽や蛍光灯が写り込みがちというデメリットがありますが、光沢があることで高画質な映像がより鮮やかに目に届きます。

グレアかアンチグレアかは使い手の好みの部分ではあります。しかしせっかくのLiquid Retinaにアンチグレアを貼ってしまうとちょっともったいなかな、という感じがしますね。

【ミヤビックス】Apple Pencilユーザーはチェック!ペーパーライクフィルム

【ミヤビックス】Apple Pencilユーザーはチェック!ペーパーライクフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • Apple Pencilユーザーはチェックしたいペーパーライクフィルム
  • Face ID対応(切り欠きあり)
  • 表面の加工により紙のような書き味
  • 硬めの書き味
  • アンチグレアフィルムのように見え方がくすんでしまう
  • ペン先の摩耗が早くなる

Apple Pencilをガシガシ使う人におすすめなのが、ミヤビックスの「ペーパーライクフィルム」です。紙に書いているような書き心地が好評のフィルム。

ミヤビックス(OverLay Paper)
ミヤビックス(OverLay Paper)

Apple Pencilの書き心地は基本「ツルツル」です。ペン先が滑りやすく書きにくいと感じる人も少ないかもしれません。

このペーパーライクフィルムは表面に細かいザラつきが加工されており、ペン先を動かした時にほどよい抵抗が生まれるようになっています。イラストを描いたり細かい画像編集をするなど、細かいコントロールを要求されることが多いのであればぜひ検討したいフィルムです。

ただどうしてもクリアさに欠けるというデメリットがあります。書き味かクリアさか、どちらを重視するかがポイントになるでしょう。

【クリアビュー】マイルドな書き味!ペーパーライクフィルム

【クリアビュー】Apple Pencilユーザにチェックしてほしいペーパーライクフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • Apple Pencilユーザーはチェックしたいペーパーライクフィルム
  • Face ID対応(切り欠きあり)
  • 表面の加工により紙のような書き味
  • マイルドな書き味
  • アンチグレアフィルムのように見え方がくすんでしまう
  • ペン先の摩耗が早くなる

クリアビューのペーパーライクフィルムは、上で紹介したミヤビックスよりマイルドな書き味でした。

関連記事

ほぼ遅延が感じられないペン先と描写。Appleが「コンピューターのように作られ、鉛筆のように使える」とうたうApple Pencilは多くの人から支持され、現在進行形で愛用している人は多いでしょう。 鉛筆のように使える ──と言えども、その[…]

3種類のペーパーライクフィルムをレビュー!

詳しくはこちらの記事で比較していますが、個人的にはクリアビューが一番好みで書きやすかったですね。

もちろんFace IDに対応。切り欠きがあるので問題ありませんでした。ただフィルムの表面に特殊加工がされていることで、特に白背景時に細かなギラツキが発生します。僕自身はすっかり慣れてしまいましたが、気になる人は気になるかもしれません。

と言ってもこのApple Pencilの書き味、サラサラした指すべりはなかなかいい感じです。クリアさを犠牲にしても、使い続けたいと思わせてくれるペーパーライクフィルムです。

11インチiPad Pro対応の保護フィルム・ガラスフィルムはこれからさらに出てくると思われます。当ブログも11インチiPad Proを予約していますので、さまざまな保護フィルム・ガラスフィルムを買い集めて試したいと思っています。

「もっとiPad Proフィルムを見たい!」という方は以下からどうぞ!

広告