【更新中】プロが選ぶ11インチiPad Pro (2018)おすすめ保護ガラスフィルムまとめ

ついにホームボタンが消え、より完全なベゼルレスへの近づいた新型iPad Pro。

Lightningポートから卒業し「USB-C」へ。ノートPC以上の処理能力を誇る「A12X Bionicチップ」、指紋認証から顔認証の「Face ID」への変更・・・などリニューアルポイントが目白押しです。

iPad Pro本体だけではなく、新しく登場した第2世代Apple PencilやSmart Keyboard FolioなどのiPad Pro関連アクセサリーもしっかりと進化。非常に注目ポイントが多く、多くの人に選ばられる製品になるのではと思います。

そういったiPad Pro関連アクセサリーと一緒に用意しておきたいアイテムが、液晶画面を傷から守る「保護フィルム」「ガラスフィルム」です。

今回の記事では、11インチiPad Proにおすすめの「保護フィルム」「ガラスフィルム」の紹介と、「iPad Proに保護フィルムは必要なの?」というところを含めて解説していきます。

広告

11インチiPad Proの保護フィルム・ガラスフィルム選びのポイント

おすすめの保護フィルム・ガラスフィルムを紹介する前に、購入前にチェックしておきたいポイントについて解説します。iPad Proだからこそチェックしておきたいポイントもあるので、後悔しないためにもチェックしておいてください。

そもそもiPad Proに保護フィルムは必要なのか

そもそもiPad Proに保護フィルムは必要なのでしょうか。

僕自身、毎日にようにiPad Proを使用していますが、結論としては「傷がイヤなのであれば貼っておいたほうがいい」と考えています。「そのままじゃないか!」と声が聞こえてきそうですが、iPad Proを使えば使うほどそう思うのです。

iPad Proの液晶画面には普通に傷が付きます。傷が付きにくい強化ガラスパネルではありますが、硬いものと当たってしまえば普通に擦り傷が付きますし、落下させてぶつけてしまっても普通に傷が付くでしょう。

至極当然のことですが、「保護されていなければ普通に傷が付いてしまう」ので、やはり傷がイヤなのであれば保護フィルムを用意しておくべきです。iPad背面に傷が付いてしまっても支障はなくても、液晶画面に傷が付くとiPadを使用する度に傷が目に入り気になっちゃいます。

特に保護フィルムをおすすめしたいパターンとしては、iPad Proを保護ケースを装着せずに使いたい場合、そしてフラップ(フタ)のない保護ケースを使用する場合です。これらの場合は液晶画面はノーガード状態なので、傷が気になるのであれば忘れず保護フィルムを貼っておきましょう。

保護フィルムを貼った状態でApple Pencilは使える?

PETやTPU素材の保護フィルム、ガラスフィルムかかわらず、保護フィルムを貼ってもApple Pencilは使用できます。

ただし、保護フィルムを貼ることによってApple Pencilの使用感は変化します。例えばPET/TPUフィルムの場合、Apple Pencilのペン先に抵抗が生まれるので、保護フィルムを貼らない場合と比べても書き味が変わります。

ここが難しいところで、書き手によっては「抵抗があったほうが書きやすい」「ペン先の滑りが悪く書きにくい」といったように好みの問題が出てきます。

僕自身いろいろと組み合わせを試してみた結果、Apple Pencilをメインで考えるならおすすめはPET/TPUフィルムになります。ガラスフィルムだとPET/TPUフィルムと比べて厚さがあるので、描写ポイントとペン先に距離ができ違和感を感じました。一方で薄手のPET/TPUフィルムは薄いので違和感を感じにくく、なおかつペン先にほどよい抵抗があるので、僕自身はこちらのほうが書きやすいという印象です。

書き手によって許容範囲が異なるので難しいところですが、Apple Pencilをメインとするならば「保護フィルムを貼らない」か「ガラスではなくPET/TPUフィルムを選ぶ」という2択だと考えます。

広告

11インチiPad Proにおすすめの保護フィルム・ガラスフィルムまとめ

それではおすすめの保護フィルム・ガラスフィルムを紹介していきます!

【ELTD】薄さ0.26mmと薄型のガラスフィルム 2枚セット

【ELTD】薄さ0.26mmと薄型のガラスフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • 薄さ0.26mmと薄型のガラスフィルム
  • 薄型で「装着感」が出にくい
  • Apple Pencilユーザーでガラスフィルムを選びたい人に
  • 嬉しい2枚セット

まず紹介するフィルムは、薄さ0.26mmと薄型のガラスフィルムです。一般的なガラスフィルムの厚さは0.3mm前後。数字で見るとほんのわずかな差ではありますが、実際に貼り付けてみると装着感・使用感にこの差が出てきます。特に厚いガラスフィルムだとフィルムが浮いたような「装着感」が出やすいので、気になる人に薄型タイプはおすすめ。

そしてフィルムが薄ければ、Apple Pencilを使用したときのペン先と液晶画面の距離が縮まります。すると書いたときの違和感は最小限に抑えられるので、Apple Pencilもどんどん使いたいという人にもいいですね!

【WANLOK】コスパ抜群!ガイド枠付きのガラスフィルム

【WANLOK】コスパ抜群!ガイド枠付きのガラスフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • コスパに定評がある日本メーカー
  • 消耗品のフィルムには嬉しい価格
  • 貼り付けをサポートしてくれる「ガイド枠」付属

次におすすめしたいのは、WANLOKのガラスフィルム。コスパに定評がある日本メーカーで、他機種のフィルムでも高い評価を受けています。

特徴はやはりそのコスパ。貼り付けをサポートしてくれる「ガイド枠」が付属されていながら、1,000円以下と選びやすい価格なのは嬉しいポイントです。

iPad Proのフィルムは大きいぶん、位置決めをしっかりしないとズレやすいので、かんたんに位置決めができる「ガイド枠」は貼り付けが苦手な人にもおすすめ。

なおこちらのガラスフィルムには「ブルーライトカット対応モデル」もあります。

【エレコム】強靭な「ドラゴントレイル」を採用したガラスフィルム

【エレコム】強靭な「ドラゴントレイル」を採用したガラスフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • 安心のエレコム社製ガラスフィルム
  • 旭硝子社「ドラゴントレイル」を採用した強靭なガラスフィルム
  • 強度を重視する人に
  • 価格帯は高め

強化ガラスと言えば、米コーニング社の「ゴリラガラス」が有名ですよね。しかしそのゴリラガラスより強靭と言われる、旭硝子社「ドラゴントレイル」も負けていません。

エレコムのこのガラスフィルムは、その強靭なドラゴントレイルを採用。ガラスフィルムとしては非常に高価な製品ですが、強度にこだわりたいならチェックしておきたいガラスフィルムです。

【エレコム】高い透明度!グレア(光沢)タイプのPETフィルム

【エレコム】クリアさを重視!グレア(光沢)タイプのPETフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • 安心のエレコム社製
  • グレア(光沢)タイプのPETフィルム
  • 光沢で透明度が高くくっきり鮮やかに

iPad ProはLiquid Retinaというの美しいディスプレイが特徴です。保護フィルムの種類によっては、画面がくすんでしまうことも。

保護フィルムのクリア感・透明度を重視するなら、こちらのグレア(光沢)タイプのPETフィルムがおすすめです。太陽や蛍光灯が写り込みがちというデメリットがありますが、光沢があることで高画質な映像がより鮮やかに目に届きます。

グレアかアンチグレアかは使い手の好みの部分ではあります。しかしせっかくのLiquid Retinaにアンチグレアを貼ってしまうとちょっともったいなかな、という感じがしますね。

【ミヤビックス】Apple Pencilユーザーはチェック!ペーパーライクフィルム

【ミヤビックス】Apple Pencilユーザーはチェック!ペーパーライクフィルム
出典:Amazon.co.jp
  • Apple Pencilユーザーはチェックしたいペーパーライクフィルム
  • 表面の加工により紙のような書き味
  • アンチグレアフィルムのように見え方がくすんでしまう
  • ペン先の摩耗が早くなる

Apple Pencilをガシガシ使う人におすすめなのが、ミヤビックスの「ペーパーライクフィルム」です。紙に書いているような書き心地が好評のフィルム。

Apple Pencilの書き心地は基本「ツルツル」です。ペン先が滑りやすく書きにくいと感じる人も少ないかもしれません。

このペーパーライクフィルムは表面に細かいザラつきが加工されており、ペン先を動かした時にほどよい抵抗が生まれるようになっています。イラストを描いたり細かい画像編集をするなど、細かいコントロールを要求されることが多いのであればぜひ検討したいフィルムです。

ただどうしてもクリアさに欠けるというデメリットがあります。書き味かクリアさか、どちらを重視するかがポイントになるでしょう。

11インチiPad Pro対応の保護フィルム・ガラスフィルムはこれからさらに出てくると思われます。当ブログも11インチiPad Proを予約していますので、さまざまな保護フィルム・ガラスフィルムを買い集めて試したいと思っています。

「もっとiPad Proフィルムを見たい!」という方は以下からどうぞ!

広告