iPhone 13とiPhone 12を比較!なにが違う?

【2021】iPad Pro 11インチ向けおすすめ保護ガラスフィルム5選

【2021】iPad Pro 11インチ向けおすすめ保護ガラスフィルム5選

本記事では、2021年5月21日に発売された「iPad Pro 11インチ」におすすめの保護フィルムをご紹介しています。

iPad ProへのM1チップ搭載はインパクト大でした。もともとタブレットというジャンルではiPad Proの性能があたまひとつ抜きん出た存在でしたが、M1チップ搭載でさらに他のタブレットを突き放した印象です。

iPad Proを選んだあなたは、きっとそのずば抜けた性能を魅力に感じていることかと思いますが、iPad Proを購入したならまず検討したいアクセサリーが、ディスプレイを傷から守ってくれる「保護フィルム」です。

「保護フィルムはiPad Proに必要なの?」というところを含め、保護フィルムを選ぶ際に押さえておきたいポイントについてもご紹介しています。「せっかく購入したiPad Pro、ディスプレイに傷をつけたくない!」という方は、ぜひこの記事を参考に保護フィルムを選んでみてください!

本記事でご紹介しているのは第3世代向けの保護フィルムですが、同じサイズの第2世代(2020年)や第1世代(2018)でも使用できます。

スポンサーリンク

iPad Pro 11向け保護フィルムの選び方・ポイント

まずは、保護フィルムを選ぶ際に押さえておきたいポイントについて解説しておきます。iPad Proだからこそチェックしてきたいポイントもあります。「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないためにも、目を通しておいてください。

「iPad Pro 11におすすめのガラスフィルム・保護フィルム」にジャンプ

そもそも、iPad Proに保護フィルムは必要?

そもそも、iPad Proに保護フィルムは必要なの?

このように「保護フィルムの必要性」について疑問に思う人もいるかもしれません。

僕自身、毎日のようにiPad Proを活用しています。そんな僕が思うのは、「iPad Proのディスプレイに傷をつけたくないのなら、保護フィルムを貼っておくべき」ということ。なぜなら、落下させたり硬いものに当たると、iPad Proのディスプレイにもスマホと同じように傷がついてしまうからです。

iPad Pro 11インチ 保護フィルムの必要性は?
いくら強化ガラスといえども、傷がつかないわけではない

iPad Proのディスプレイには傷に強い強化ガラスが採用されています。とはいえ、まったく傷がつかないわけではありません。傷をつけたくないのであれば、やはり保護フィルムを貼っておくべきです。

仮にiPad Proの背面に多少の傷がついても、機能的に問題ありませんが、ディスプレイへの傷は大問題です。ひどい場合だと画面が見づらくなってしまったり、Apple Pencilの操作に支障が出てきてしまったりと、機能的なところにまで影響を及ぼす可能性があります。

特に保護フィルムをおすすめしたいパターンとしては、iPad Proを保護ケースなしに裸で使いたい場合、そしてフラップのない背面ケースを使用する場合です。これらの場合、ディスプレイはノーガード状態。保護フィルムをおすすめします。

フラップのある手帳型ケースの場合であっても、保護フィルムを貼っておくに越したことはありません。フラップが閉じたまま落下してくれるとは限りませんからね。

保護フィルムの種類とそれぞれの特徴

続いては、「どんな保護フィルムを選ぶ?」というところ。保護フィルムにはいくかの種類があります。それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

ガラスフィルムとPETフィルム

まず保護フィルムには素材の違いがあります。

おすすめしやすいのはガラスフィルム。PETフィルムに比べ強度が高いということもありますが、ガラス素材は硬く折れ曲がらないので「貼りやすい」というメリットがあります。画面の大きいiPadの場合、貼りやすいかどうかという点は重要です。

仕上がりがキレイなのは、薄いPETフィルムです。厚みのあるガラスフィルムの場合、どうしてもフィルムの存在感を感じてしまうことがありますが、PETフィルムは存在感はほぼありません。

ただ、貼り付けの苦労しやすいのもPETフィルム。仕上がりを重視するならPETフィルムがベストですが、「貼り付けは苦手」という方は、貼りやすいガラスフィルムが無難です。

保護フィルムのタイプ

素材のほかにも、「保護フィルムのタイプ」にも注目です。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、特にこだわりがなければ光沢(グレア)タイプでOK。光沢タイプなら透明でiPad Proのディスプレイ本来の美しさに干渉しません。

Apple Pencilが使えるiPadならではなのは「ペーパーライクフィルム」ですね。ペーパーライクフィルムは、表面のざらつき加工により紙のような書き味を再現したもの。Apple Pencilのペン先にほどよい抵抗がかかるので、細かい操作がしやすくなります。

どのタイプを選ぶかは使い手の好みによるところが大きいですが、基本的にはディスプレイのキレイさを殺さない光沢タイプがおすすめです。

スポンサーリンク

iPad Pro 11向けおすすめガラスフィルム・保護フィルム

それではおすすめのガラスフィルム・保護フィルムをご紹介していきましょう!

【Nimaso】薄型・ガイド枠付きガラスフィルム(2枚セット)

まずご紹介したいのは、人気のNimasoのガラスフィルム。2枚セットです。透明な光沢(グレア)タイプのガラスフィルムなのですが、ポイントは付属のガイド枠。

Nimaso ガラスフィルム iPad Air(第4世代) 付属品
位置決めをサポートしてくれる「ガイド枠」付属

ガイド枠をiPad Proにセットし、その枠内にガラスフィルムを落とすようにして貼り付けます。画面の大きいiPad Proでは、少しのズレが大きいズレになってしまいます。ガイド枠を活用すれば、枠のなかにガラスフィルムを落とすだけ。かんたんです。

サイズ感、使用感ともに問題なく、僕自身も現在進行形で愛用しているガラスフィルムでもあります。迷ったらコレで間違いありません!

ここがポイント!
  • ガラスフィルム2枚セット
  • かんたんに位置決めできる「ガイド枠」付き
  • 各種コーティング加工

【エレコム】仕上がりキレイ!高い透明度を誇る薄型PETフィル

ガラスフィルムは従来のPET素材のフィルムより厚手です。そのせいで、ガラスフィルムを貼るとどうしても「画面の上にフィルムが乗っている感じ」になるんですよね。ガラスフィルムには「しっかり保護してくれている」という安心感がありますが、その反面、厚みが気になる人もいるかと思います。

そんな人には薄手のPETフィルムです。このエレコムの保護フィルムは透明度が高く、さらに薄手なのでいい意味でフィルムの存在感を感じることなく使用できます。

ガラスフィルムに比べると貼り付けの難易度はどうしても上がってしまいますが、仕上がりを重視するならコレです。ガラスフィルムの厚みによるフィルムの存在感や操作性の低下が気になる方におすすめしたい保護フィルムです。

ここがポイント!
  • パナソニック製ファインティアラ採用のPETフィルム
  • 透明度が高く薄いので、フィルムの存在感なく使用できる
  • ガラスフィルムと比べると、貼り付けの難易度は高くなる
  • 各種コーティング加工

【KlearLook】サラサラ&指紋防止!アンチグレアガラスフィルム

サラサラな指滑りが好みのあなたには、反射防止(アンチグレア)タイプのガラスフィルムがおすすめです。太陽光や蛍光灯などによる光の反射を抑え、視認性を高めてくれます。また、指紋汚れが目立ちにくいというメリットもあります。

iPad Pro アンチグレアフィルム
さらさらな指滑りで快適!

実際に使用してみましたが、指滑りがサラサラになり操作は快適!個人的には指紋汚れが目立たない点が高ポイントです。位置決めをサポートしてくれるガイド枠の付属が嬉しい!

KlearLook iPad Pro 11 アンチグレアガラスフィルム
アンチグレアフィルムはクリアさが犠牲になってしまう

一点注意したいのは、反射防止タイプの保護フィルムを貼ることで若干のクリアさが犠牲になってしまうこと。白く滲んで見えてしまうので、それを受け入れられるかどうか、というところですね。

「目立つ指紋汚れがストレス!解消できるのなら多少のデメリットがあっても受け入れられる」という方なら、このガラスフィルムが気に入るはずです!

ここがポイント!
  • 非光沢(アンチグレア)タイプで反射軽減&指紋防止
  • かんたんに位置決めできる「ガイド枠」付き
  • 各種コーティング加工

【エレコム】脱着式の覗き見防止フィルム

人の多い電車やカフェなどでiPad Proを操作していて、周囲の人目が気になることってありますよね。後ろめたいWEBページを閲覧中……というわけでなくても、仕事関係の資料であったり、プライベートなメッセージのやりとりを他人に見られてしまっては困ります。

そういう時に役立つのが、上下左右からの視線をブロックしてくれる覗き見防止フィルムです。特にiPad Proは視野角が広いので、斜めから見てもくっきり見えてしまいます。覗き見防止フィルムを貼ることで、あえて見える視野角を狭める、ということですね。

ただ、覗き見防止フィルムには大きいデメリットがあります。それは、どうしてもディスプレイが暗く見えてしまうこと。覗き見防止とトレードオフにはなるものの、常に暗い状態では不便です。

iPad Pro 覗き見防止フィルム
ナノサクション採用で何度でも脱着できる

そこでこのエレコムの覗き見防止フィルムです。「ナノサクション」を採用したフィルムで、繰り返し何度でも脱着できます。目に見えないほどの無数の小さい吸盤のおかげで、何度でも貼り付けたり剥がしたりできるのだそう。

エレコム 覗き見防止フィルム 正面から
正面から
エレコム 覗き見防止フィルム 横から
横から

覗き見防止機能としては文句なしですね!上の2つは正面から、そして横から見たときですが、どちらもディスプレイの明るさは同じです。もう少し明るさを下げれば、横からは完全に見えなくなります。

保護フィルムとしてかなり高価ではありますが、必要なときのみ視線をブロックできるこの覗き見防止フィルムは、ハマる人にはハマるのではないでしょうか。iPad Pro0人目の多い場所で使うことが多いのなら要チェックです!

ここがポイント!
  • 脱着式の覗き見防止フィルム
  • ナノサクション採用で何度でも脱着できる
  • ブルーライト42%カット、紫外線を99.9カット
  • 2020年モデル(第2世代)、2021年モデル(第3世代)で使用OK(実機確認済み)

【JPフィルムター】紙のような書き心地!ペーパーライクフィルム

Apple Pencilの書き味は、本来「ツルツル、カチカチ」というものです。「ペン先が滑って書きにくい」、「硬い書き味が好みじゃない」という方も多いかと思います。

そんな方におすすめなのは、紙のような書き味に変えてくれる「ペーパーライクフィルム」です。フィルム表面に細かいざらつき加工が施されており、ペン先を動かしたときに紙ような抵抗が生まれる仕組みになっています。絵を描いたり画像編集したりで細かいペン先のコントロールが求められることが多いのなら、ペーパーライクフィルムを検討してみてください。その書き味は、想像以上に紙ですよ!

ただし、ペーパーライクフィルムには、どうしてもクリアさが犠牲になるというデメリットがあります。書き味かクリアさのどちらを重視するか、というところがポイントになるでしょう。

ここがポイント!
  • 紙のような書きごこちのペーパーライクフィルム
  • 非光沢(アンチグレア)タイプのように、クリアさが犠牲になってしまう
  • 一般的なペーパーライクフィルムに比べペン先の消耗を軽減

人気の「ペーパーライクフィルム」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる
ビックカメラでみる

iPad Pro 11向け保護ガラスフィルムまとめ

保護フィルムは必須ではないのものの、大事なiPad Proを守るためにはやはり必要になってくるアイテムです。

キレイなディスプレイに傷がついてしまえば、機能に影響するだけでなく精神的なダメージもあります。「ディスプレイを交換すればもとどおり!」と言えども、高価なiPad Proだけあってその修理費も超高額。将来の買い替え時に下取りに出したいと考えている人にとっても、ディスプレイへの傷が査定額に響きます。

大事なiPad Pro、ぜひ保護フィルムで保護してあげましょう!

人気の「iPad Pro 11向け保護ガラスフィルム」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる
ビックカメラでみる

こちらの記事もおすすめです!