プロが選ぶ11インチiPad Pro (2018)おすすめケースまとめ

来ましたね!

発表された新型iPad Proはとうとう慣れ親しんだホームボタンが消え、ロック解除方法は「Face ID」に。必要な各センサーはより狭くなったベゼルに格納され、よりベゼルレスに近づきました。

11インチiPad Pro
11インチiPad Pro

ベゼルが狭くなったほかにもインターフェースが「USB-C」に変更されたり、iPad Proにくっつけてペアリング・ワイヤレス充電できるという「第2世代Apple Pencil」が登場したりと、まさに大リニューアルしたiPad Pro。

関連記事

2018年11月7日にAppleから新型iPad Proが発売されました。フルスクリーンのデザインを採用し、とうとうホームボタンが消えFace IDの顔認証になりました。 新しく登場した「11インチiPad Pro」 これまで10.5インチ[…]

11インチiPad Pro

今回はそんなiPad Pro(11インチ)におすすめしたい保護ケース・カバーをご紹介します。

はやくも各メーカーから新型iPad Pro対応の保護ケースが出揃ってきています。タイプ別にわけておすすめを紹介していきますので、この記事をぜひ参考にしていただき、あなたの良き相棒となるであろう大切なiPad Proを守ってください!

広告

Appe PencilユーザーはiPadケース・カバーの形状に注意!

iPad Proと一緒にさらに便利になったApple Pencilを選ぶ人は多いでしょう。ダブルタップでツール切り替え、iPad Proにくっつけるだけで自動的にペアリング・ワイヤレス充電が可能になりました。

Apple Pencilをくっつけるだけで自動ペアリング・ワイヤレス充電
Apple Pencilをくっつけるだけで自動ペアリング・ワイヤレス充電

ペアリング・充電時に不格好な姿になっていた初代Apple Pencilと比較しても非常に便利。

Apple PencilをiPad Pro側面にある「磁気コネクタ」にくっつける
Apple PencilをiPad Pro側面にある「磁気コネクタ」にくっつける

この新しく登場した第2世代Apple Pencilは、iPad Pro側面にある「磁気コネクタ」にくっつけるかたちになります。iPad側面まで包み込むような形状の保護ケースだと、まさにこのApple Pencilと干渉してしまうので注意が必要。第2世代Apple Pencilをペアリング・充電するには磁気コネクタ経由しか方法はありません。

Apple Pencilをペアリング・充電する度にケースを脱着・・・というのはかなり面倒ですから、Apple Pencilユーザーの方は「Apple Pencil対応のケース・カバー」を選ぶことをおすすめします。 

このポイントは意外と見落としやすいポイント。「今後Apple Pencilを購入するかもしれない」という人も含めて、Apple Pencilの使用有無を考慮してケースを選びましょう。

Apple純正ケース・キーボード【iPad Pro(11インチ)】

それではまずは気になるApple純正アクセサリーからチェックしていきます。iPad Proユーザーならチェックは必須です!

【Apple純正】Smart Keyboard Folio

11インチiPad Pro用「Smart Keyboard Folio」
出典:Apple公式サイト
  • Apple純正キーボード一体型ケース「Smart Keyboard Folio」
  • iPad Pro背面も守れる手帳型に進化
  • Apple Pencil対応
  • 角度は2段階から調節可能
  • オートスリープ対応
  • 「Smart Connector」で瞬時にペアリング完了、充電の必要がない
  • 日本語(JIS)/英語(US)から選べる

前モデルと比べて大きく刷新されたiPad Proですが、iPad Pro専用アクセサリーも刷新されています。スマートキーボードも「Smart Keyboard Folio」として登場。フォリオ、つまり2つ折りの紙という意味ですが、「キーボード一体型手帳型ケース」というようなものになっています。

背面を覆う形状に
背面を覆う形状に

前モデルのスマートキーボードはiPad背面が露出していたのに対し、今回のスマートキーボードは背面もしっかり覆ってくれています。別途背面を守るケースを購入する必要はありません。

Smart Keyboard Folioを装着すれば、iPad Pro本体に搭載されている「Smart Connector」と接続され瞬時にペアリング完了、電力はiPad Pro本体から供給されるためキーボードの充電は不要です。

Folioという名前のとおり二つ折りの手帳型ケースのような形状に
磁力で装着するだけで自動ペアリング・ワイヤレス充電

今回の記事はあくまでも保護ケースの紹介なので、長くは書きませんが、Smart Keyboard Folioを選ぶ最大の理由になり得るのは、「日本語(JIS)キーボード」を選べること!JISキーボードとしてiPad Proで使えるのは実質Apple純正キーボードのみになります。サードパーティ製のキーボードはJISキーボードであってもiPad ProではJISキーボードとして機能しません。

僕自身は11インチiPad Proと同時に、このSmart Keyboard Folioを購入しました。「iPad ProでJISキーボードを使いたい」「保護ケースでiPad Proを守りたい」という僕にとってはこれ一択。良い点・悪い点を含め以下でレビューしています。検討中の方はどうぞ!

関連記事

つい先日発売された新型11インチiPad Proを購入。「iPad Proを購入したならSmart Keyboard Folioも買わなくちゃ」という使命感のもと、頑張って一緒に揃えました。 新型11インチiPad ProとSmart Ke[…]

iPad Pro 11インチ用「Smart Keyboard Folio」

【Apple純正】Smart Folio

【Apple純正】Smart Folio
出典:Apple公式サイト
  • Apple純正ケース「Smart Folio」
  • iPad Pro背面も守る手帳型ケース
  • Apple Pencil対応
  • 角度は2段階から調節可能
  • オートスリープ対応
  • 側面が剥き出しなので落下時の衝撃に注意
  • ピンクサンド/チャコールグレイ/ホワイト

「キーボードは必要ないけどApple純正ケースがいい!」ということであれば、「Smart Folio」という選択肢になります。こちらもその名前のとおり手帳型になっており背面部分もしっかり守ってくれます。よくある手帳型ケースのようにかさばらないのでスッキリ持ちたい人におすすめ。

【Apple純正】Smart Folio
出典:Apple公式サイト

ただApple Pencilのために側面が露出した形状になっているので、落下時の耐衝撃性については少々心配ですね。これはSmart Keyboard Folioにも同じことが言えます。

それでもPad Proのためだけに作られた完璧なフィット感・高級感ある質感は純正ケースならではです。側面がカバーされてない分、全面を覆うケースよりもスッキリした印象があるので、これはこれでありでしょう。

【OtterBox】Symmetry Series 360 Case

11インチiPad Pro用OtterBox Symmetry Series 360 Case
出典:Apple公式サイト
  • Apple公式サイトのみの取扱い
  • iPad Proの側面・角を守りながらApple Pencilも使える
  • 角度は2段階から調節可能
  • オートスリープ対応
  • 背面がクリアでiPad Proのカラーを隠さない
  • グレーのみ

Apple純正ではありませんが、取扱いがApple公式サイトのみということで、一緒に紹介しておきます。

Smart Keyboard FolioおよびSmart Folioは、Apple Pencilの関係で側面が露出した形状でした。これでは落下させてしまったときに側面に衝撃を受けてしまいます。一方で側面まで覆うケースの場合Apple Pencilをペアリング・充電する度にケースを脱着しなければいけなくなり、これまた現実的ではありません。

このSymmetry Series 360 Caseは「Apple Pencilに干渉せず、なおかつiPad Proを全方向からガッチリ守れるケースがいい」というニーズに応えてくれるiPadケース。

11インチiPad Pro用OtterBox Symmetry Series 360 Case
出典:Apple公式サイト

側面までカバーしてくれる形状で、なおかつApple Pencilのために磁気コネクタ周辺にスペースが設けられています。Apple PencilをくっつけているときはApple Pencilごと覆い全面を保護。背面部分はクリアになっておりiPadのカラーを隠さないように工夫されていますね。

擦り傷や落下時の衝撃などあらゆる傷・衝撃に対処できるので、iPad ProとApple Pencilをよく持ち運びする人におすすめしたいiPadケースです。なおApple Pencilをくっつけた状態でなくとも違和感なく使用できるので、「この先Apple Pencilも購入するかもしれない」という人にもおすすめです。

おすすめiPad Pro(11インチ)ケース・カバー

ここからは「サードパーティ製ケース」を中心におすすめを紹介していきます。iPad Proのデザインを隠さない「クリアケース」、機能が充実した「手帳型ケース」、裸におすすめしたい「スリーブケース」など、おすすめしたいケースがたくさんあります。

それではチェックしていきましょう!

広告

【Ztotop】純正Smart Folio並に使える!Apple Pencil対応iPadケース

【Ztotop】純正Smart Folio並に使える!Apple Pencil対応iPadケース
出典:Amazon.co.jp
  • 純正Smart Folioと同等の機能
  • Apple Pencil対応
  • 2段階に角度調節が可能
  • iPad側面が露出している
  • ブラックのみ

まず紹介したいiPadケースは、純正Smart Folioと同じデザイン・機能を持ったサードパーティ製ケース。

Apple Pencilの使用を想定して側面が露出している点、段階から角度調節が可能な点も同じです。側面を覆わない形状になっているので、iPad Proには磁力で固定するスタイル。フラップの開閉で自動的にディスプレイオン/オフするオートスリープ機能にも対応しています。

カラーバリエーションがブラック一色のみなのは少し寂しいですが、その価格は純正の3分の1程度ですから、価格面のメリットは絶大です。「機能的には純正を選びたいけどちょっと価格が」という人にはぴったりなiPadケース!

【M&Y】Apple Pencilを使いながらも衝撃にも備える

【M&Y】Apple Pencilを使いながらも衝撃にも備える
出典:Amazon.co.jp
  • Apple Pencil対応
  • 衝撃が加わりやすい角を保護
  • 純正Smart Folioに角が保護されたというイメージ
  • 全6色から選べるカラー

「Apple Pencilを使いたいけど、やっぱり側面の保護が気になる」ということであれば、こちらのiPadケースをどうぞ。

Apple Pencilをペアリング・充電するための充電コネクタ周辺のスペースは開けれれているものの、衝撃が加わりやすい角はしっかりガードされています。落下させてしまうときって、角から落ちてしまうことが多いので、角だけでも保護できるれば安心感はずいぶん違います。

イメージ的には純正のSmart Folioの角が保護されたバージョン、という感じ。カラー全6色から選択できます。背面を覆ってしまうだけに豊富なカラーバリエーションは嬉しいですね!

【TopAce】安い!シンプル!な定番クリアケース

【TopAce】安い!シンプル!な定番クリアケース
出典:Amazon.co.jp
  • シンプルでカラーを隠さないクリアケース
  • Apple Pencil対応版・未対応版あり
  • 衝撃に強いTPU素材
  • 背面のカメラレンズ対策に
  • 価格が安く「とりあえず用」としてもおすすめ

シンプルでiPad Proのデザイン・カラーを隠さないクリアケース。そんなクリアケースは「iPad Proのカラーを見せておきたい、けど傷も心配」という人にぴったりです。

iPadのクリアケースと言えばTopAce、という印象がなぜかあります。TopAceは歴代のiPadでもクリアケースを出しており、どれも購入ユーザーの評価が高く、実際に僕も購入したこともあります。そういう意味ではおすすめしやすいクリアケースですね!

ケース素材には衝撃に強いTPUが採用されています。過度な期待は禁物ですが、背面の擦り傷から守るには十分でしょう。

いつも「iPadは裸だ!」という人にはクリアケースをおすすめしています。裸の状態だと背面のカメラレンズが机にガシガシあたりぐらつきますし、背面には小さい擦り傷が必ずと言っていいほど付きます。

1,000円以下と選びやすい価格ですし、「とりあえず用」としてもおすすめですよ!

なおApple Pencilに対応しない側面まで保護してくれるバージョンはこちらです。

【エレコム】シンプルな薄型ハードケース

【エレコム】シンプルなハードケース
出典:Amazon.co.jp
  • 安心のエレコム社製
  • ポリカーボネート素材を採用したハードケース
  • 軽く軽量
  • Apple Pencil未対応
  • iPadのデザイン・カラーを隠さないクリア色

続いてもシンプルなクリアケースなのですが、こちらはTPU素材ではなくポリカーボネート製のハードケースになります。ハードケースなので耐衝撃性能はありませんが、薄く背面の擦り傷から守るには必要十分です。

iPadケースを常用していると、またに触る裸の状態のiPadの薄さに改めて驚くことがあります。新型iPad Pro 11の厚さは5.9mm。前10.5インチよりさらに0.2mm薄くなりました。その薄さを活かせるのがこのような薄型ケース。エレコム社製ということで他の海外製ケースと比べると価格帯は高めですが、薄くシンプルなケースがいいといことであれば要チェックです。

【ESR】コスパ良し!【前】Smart Case風ケース

【ESR】コスパ良し!本家スマートフォリオ風ケース
出典:Amazon.co.jp
  • 【前】Smart Case風ケース
  • Apple Pencil未対応
  • iPad側面まで保護
  • 2段階から角度調節可能
  • オートスリープ対応
  • グレー/ネイビーブルー/ローズゴールド/ブラック

続いては前スマートケース風のiPadケース。現状純正ケースはApple Pencilに対応するSmart Folioのみで、側面を覆う従来のSmart Caseのようなケースはラインアップから消えてしまいました。

「Apple Pencilは使わないから、側面も保護できるケースがいい」ということであれば、こちらのESRのiPadケースがおすすめです。Apple Pencilを使わない人からすると、側面も含めがっちり保護できたほうが安心です。

角度調節やオートリープ機能など、機能的にはSmart Caseと同等。選びやすい価格帯であることも魅力です。なにかと周辺アクセサリーにもお金がかかるので、少しでも安いほうがユーザーとしてはありがたい。。

「あれ?スマートケースはなくなったの?あれが良かったのに!」という人におすすめしたいiPadケースです!

【エレコム】縦置きできる!360°に回転するiPadケース

【エレコム】縦置きできる!360°に回転するiPadケース
出典:Amazon.co.jp
  • 安心のエレコム社製
  • 360°に回転し縦置きも可能
  • ハンドバンドで落下防止
  • Apple Pencil未対応
  • ブラック/ブルー

iPadを縦置きしたいときって結構ありませんか?動画を観るなら間違いなく横向きですが、ネットサーフィンは縦置きしたほうが捗ります。特に最近のウェブページはスマホに最適化されていることもあって、縦向きのほうが一度に見れる情報量が多くなり便利です。

こちらのエレコムのiPadケースは、iPadを横向きに回転させ縦置きが可能。縦置きでの使用が多い人にとっては非常に便利な機能。僕自身縦置きするときはiPadスタンドを使用することが多いですが、このケースがあればスタンドは不要。これ、なかなかいいですね。

なおApple Pencilには未対応とのこと。レビューにはApple Pencilも使えたとありますが、このケースは個人的にも気になっているので、購入後再レビューしたいと思います。

【FINON】iPad Proをお風呂でも!タブレット防水ケース

【FINON】iPad Proをお風呂でも!タブレット防水ケース
出典:Amazon.co.jp
  • iPad Proをお風呂に持ち込める防水ケース
  • 13インチまでのタブレットに対応
  • 収納内寸:横225×縦335×厚さ10mm
  • ネックストラップ付属
  • 操作性は落ちるので注意

次に紹介したいのはiPad Proをお風呂に持ち込める防水ケースです。FINONの防水ケースは優れた防水性能から人気があります。

この防水ケースの対応サイズは「横225×縦335×厚さ10mm」、11インチiPad Proは「横178.5×縦247.6×厚さ5.9mm」ですから問題なく使用可能。

注意点としてやはり操作性に関しては落ちるので、その点は頭に入れておきましょう。まったく操作できないわけではないですが、文字入力など細かな操作は難しいので、あくまでも動画視聴用や読書用として考えたほうがいいですね。

iPhoneを含む最近のスマホは当たり前のように防水に対応していますが、iPad Proは防水・防塵に対応していません。間違っても勘違いして裸のままお風呂に持ち込んだりしないようにしてくださいね!

【tomtoc】裸派の人におすすめしたいiPad Proスリーブケース

【tomtoc】裸派の人におすすめしたいiPad Proスリーブケース
出典:Amazon.co.jp
  • iPad Proと関連アクセサリーを収納できるスリーブケース
  • スリーブケース内部のフリース素材でiPad Proを保護
  • 持ち運び時や保管時での擦り傷対策として

持ち運び時のインナーケースとして、自宅での保管用として使用できるスリーブケースは、ひとつ持っておけば便利な場面が多々あります。

経験上、iPadに傷が付いてしまうパターンとして多いのは、カバンの中での擦り傷です。iPadをイヤホンや充電器、モバイルバッテリーなどと一緒に入れておくと、ほぼ間違いなく擦り傷が付いてしまいます。

「傷なんか怖くない!」という人はいいとしても、裸派の人も持ち運び時や保管時はこういったスリーブケースの使用をおすすめします。保護だけではなく関連アクセサリーも一緒に収納できるので便利ですよ!

11インチiPad Proに対応した保護ケース・カバーは今後もぞくぞくと出てくると思われます。随時おすすめケースを追記していく予定にしていますので、ぜひまたチェックしていただければ幸いです!

最新の「11インチiPad Proケース・カバー」は以下からどうぞ!

広告