iPad mini 5 (第5世代/2019) におすすめ保護フィルム 後悔しないための選び方

iPad mini(第5世代)を選択したあなたは、きっと「7.9インチという絶妙なサイズ感」が気に入って選んだのではないでしょうか。

楽らく片手持ちでき、どんなシーンでも「ちょうどいいサイズ」をもつiPad miniは、第5世代となり前モデルより大幅に性能がアップした「A12 Bionic」チップを搭載、Apple Pencil(第1世代)にも対応します。この性能・機能を持ち出せるわけですから、iPad miniを手にする人はさらに増えそうな予感。

つい外に持ち出したく鳴るiPad mini(第5世代)ですが、そんなときに気を付けたいのがディスプレイへの傷です。持ち出す際に、iPad miniを裸の状態でカバンの中に入れてしまうと、硬いものとあたってしまい高確率で小さい擦り傷が付いてしまいます。

iPad miniの背面に付く傷はいいとしても、ディスプレイへの傷は機能に関わってくるところ。対策しておけるなら対策したほうがいいに決まっています。今回の記事では、iPad mini(第5世代)のディスプレイを守るおすすめ保護フィルムをご紹介します。

「傷を付けてしまった!やっぱりフィルムを付けておけばよかった…」と後悔しないためにも、ぜひチェックしておいてください!

スポンサーリンク

iPad mini 5 (第5世代/2019)の保護フィルムの選び方・注意点

まずはiPad mini(第5世代)に貼り付ける保護フィルムを選ぶにあたって、チェックしておきたいポイントを解説します。保護フィルムはなにかと購入後に後悔してしまうことが多かったりします。さらっとでも目を通しておいてください!

おすすめは「ガラスフィルム」

保護フィルムには大きく分けて「PET/TPUフィルム」と「ガラスフィルム」の2種類あります。

おすすめはずばり硬度が高く貼りやすいガラスフィルムです。PET/TPUフィルムと比べて厚みがあり、「装着感が出てしまう」というデメリットがありますが、硬度が高くディスプレイをがっちり守ってくれるガラスフィルムは安心です。

さらにガラスフィルムは硬く折れ曲がることがないので、比較的貼りやすいというメリットもあります。特にiPad miniのようなタブレットにフィルムを貼り付ける場合、フィルムが大きいぶん慎重に貼り付けないと失敗してしまいます。ガラスフィルムならしっかり位置決めをして、ホコリの侵入に気を付けさえすれば、フィルムを落とすようにしてかんたんに貼り付けられます。

PET/TPUフィルムでもガラスフィルムのように折れ曲がらないものであれば同様に、比較的かんたんに貼り付けられます。「貼りやすさ」は保護フィルム選びで重要なポイント。特に貼り付けが心配な方はガラスフィルムがおすすめです。

Apple Pencilを使用する際の注意点

iPad mini(第5世代)はApple Pencil(第1世代)に対応しています。Apple Pencilは従来のタッチペンとは違い、まるで実際に書いているかのようなペン先の追従性が特徴。7.9インチというサイズのタブレットでApple Pencilが使える、というところにiPad miniの魅力があります。

そんなわけで多くのiPad miniユーザーがApple Pencilを手に取るのだろうと思いますが、Apple Pencilと保護フィルムの相性はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

まず基本的に、保護フィルムを貼り付けた状態でもApple Pencilは問題なく使用できます。しかし厚めのフィルムだとペン先とディスプレイの間に距離ができてしまい、使用者によってはこれが違和感となる可能性があります。僕自身の感想にはなりますが、ペン先とディスプレイに距離があってもメモ・ノート用途であればまったく気になりませんでした。ただイラストを描いたり、細かな画像編集など繊細なペン操作を求められる場合は違和感を感じてしまう可能性もあります。

Apple Pencilユーザーは「ペーパーライクフィルム」にも注目

非Apple Pencilユーザーにとっては、「ペーパーライクフィルム」というタイプの保護フィルムは馴染みがないかもしれませんね。ペーパーライクフィルムとは、フィルムの表面にあえてザラつきをもたせ、紙に書いているかのような書き味を再現したもの。これは僕自身、実際に試してみましたがその書き味は想像以上に紙でした。

貼ってみた感じはアンチグレア(反射防止)タイプのフィルムと似ていて、指すべりはさらさら。アンチグレアなので若干のクリアさは犠牲になります。デメリットはあるものの、Apple Pencilの使い心地が向上するという大きなメリットがあります。ペーパーライクフィルムはこの記事でもおすすめを紹介していますので、興味がある方はぜひ試してみてください!

おすすめ保護フィルム

それではここからiPad mini(第5世代)におすすめの保護フィルムを紹介していきます!

【Nimaso】人気で安心!まずおすすめしたいガラスフィルム

・硬度9Hのガラスフィルム
・厚さ0.26mmと薄型
・指がひっかからない「ラウンドエッジ加工」
・評価が高い人気のガラスフィルム

まず紹介したい保護フィルムは、前モデルから評価が高かったNimasoのガラスフィルム。

0.26mmとガラスフィルムとしては薄型で、ガラスフィルムにありがちな「装着感」を最小限に抑えてくれます。フィルムのエッジ部分は指がひっかからないよう「ラウンドエッジ加工」も施されており、指紋防止・飛散防止などガラスフィルムに求められる機能はひととおり備えられています。

なお以下の公式動画で貼り付けの様子が分かります。貼り付けのイメトレしておきたい人はどうぞ!

NIMASO N03 一発綺麗に貼り付け!!ipad用のガラスフィルム

【ESR】かんたんに位置決めできる「ガイド枠」付きガラスフィルム

・硬度9Hのガラスフィルム
・かんたんに位置決めできりう「ガイド枠」つき
・指がひっかからない「ラウンドエッジ加工」

続いて紹介するのはフィルムを貼り付ける際に、かんたんに位置決めできる「ガイド枠」が付属したガラスフィルムです。位置決めきちんとしておかないと、Touch IDやカメラの位置がズレてしまうことも。ガイド枠はその作業を手助けしてくれるので、貼り付けが心配な人にとっては安心です。

ただ「ガイド枠があるから」と油断しているとホコリが入ってしまったり…ということもあるので気をつけてください!

なお2枚セットもあります。ガラスフィルムは長く使っていると傷も付きますし傷んできます。フィルムが割れてしまったときなんかにも、ストックがあれば安心です。

【クロスフォレスト】アンチグレアタイプのガラスフィルム

・硬度9Hのガラスフィルム
・アンチグレア(反射防止)タイプ
・指がひっかからない「ラウンドエッジ加工」

一般的なガラスフィルムは、いわゆるクリアタイプで透明度を高く作られています。ただクリアタイプは蛍光灯の光や太陽光が映り込んでしまい見づらくなってしまったり、指紋が目立ってしまったりということがあります。

そういったことが気になるのであれば、アンチグレア(反射防止)タイプのフィルムがおすすめ。反射や映り込みを防止し、さらさらとした指すべりで指紋の付着も防いでくれます。

ただしアンチグレアタイプのフィルムを貼ることで白っぽく見えてしまう弱点もあるので、その点をメリットと天秤にかけて優先するほうを選びましょう。

【WANLOK】ブルーライト90%カット!目に優しいガラスフィルム

・硬度9Hのガラスフィルム
・ブルーライトを90%カット
・指がひっかからない「ラウンドエッジ加工」

iOSにはディスプレイの表示を暖色系の色にし、ブルーライトを抑えてくれる「Night Shift(ナイトシフト)」機能が搭載されています。色鮮やかなRetinaディスプレイはキレイである半面、目に負担を感じる人もいるかと思います。

「できるだけブルーライトを避けたい」という人は、上のナイトシフトを使うのも手ですが、ブルーライトカット対応のフィルムを貼ってしまったほうが手っ取り早いですし、見え方も比較的自然だったりします。

【MS factory】紙のような書き心地!ペーパーライクフィルム

・Apple Pencilの紙のような書き心地にしてくれる
・アンチグレア(反射防止)タイプでクリアさは多少犠牲になってしまう

選び方・注意点のところでも紹介しましたが、Apple Pencilをよく使う人は書き味をまるで紙に書いているかのように再現してくれる「ペーパーライクフィルム」という選択肢もあります。

Apple Pencilのペン先は樹脂、iPad miniのディスプレイ面はガラスですから、どうしても「カチカチ、ツルツル」という書き味になってしまいます。そこで表面にざらつきをもたせたペーパーライクフィルムを使うことで、ペン先と接地面に抵抗が生まれ、「まるで紙に書いているかのような書き味」になるわけです。実際にペーパーライクフィルムを使ってみると分かりますが、その書き味は想像以上に紙。

Apple Pencilを使ってみて、「書き味がちょっと好みじゃないな」ということならペーパーライクフィルムを試してみてください!

この記事は随時アイテムを追加、更新していきますので、またチェックしていただければと思います。

販売されている最新のiPad mini向け保護フィルムを見たい方は以下からどうぞ!

最新の「iPad mini(第5世代)向け保護フィルム」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

コメント