iPad mini (第5世代/2019) おすすめケース!シンプル・手帳型から厳選!

【Apple純正】iPad mini Smart CoveriPad/Proケース・カバー
出典:Apple公式サイト

7.9インチという絶妙なサイズ感から人気がある「iPad mini」。まだかまだかと新モデルの登場が期待されていましたが、2019年3月、待望の新モデル「iPad mini(第5世代)」が登場しました。ナンバリングによる名称は廃止されたようで、正確にはiPad mini 5ではなく「iPad mini(第5世代)」になります。

さて、今回はそんなiPad mini(第5世代)におすすめの保護ケース・カバーをご紹介します。その身軽なサイズがゆえ、カバンの中に入れて持ち出したり、旅行やアウトドア時に使用したり、車や電車などでの移動時に使用したりと、iPad miniはなにかとダメージを受けやすい環境で使われることが多いタブレットと言えるかと思います。

そういう意味では傷や衝撃から守ってくれる保護ケース・カバーはiPad miniにとって必須アイテム。ぜひこの記事を参考にあなたにぴったりなiPad miniケースを見つけてください!

iPad mini 5(第5世代)のケース・カバー選びでチェックすべきポイント

まずiPad mini(第5世代)の保護ケース・カバーを選ぶにあたって、チェックしておきたいポイントを紹介しておきます。ちょっとした落とし穴もあるのでさらっとでも目を通しておいてください!

iPad mini(第5世代)のサイズは前モデルと同じだが、同じケースは使えない

iPad mini(第5世代)は前モデルであるiPad mini 4とサイズは全く同じです。

重量がわずかに違うだけで、サイズは全く同じなので前モデルに対応するケースを使えそうな気がしますが…背面のカメラやマイク位置が変更されているので、同じケースは使用できません。「前モデルで使っていたケースを引き続き使う」こともできません。

この記事で紹介しているケース・カバーはすべてiPad mini(第5世代)に対応する製品です。つい間違って前モデル対応のケースを購入してしまわないように注意しましょう。

フラップのないシンプルケースと手帳型ケース

保護ケースには大きく分けて2つのタイプがあります。

どちらのタイプにもメリット・デメリットがあります。シンプルケースはフラップがないので開閉の手間はありませんしかさばりません。一方で手帳型ケースは背面だけでなくディスプレイ面もしっかり保護してくれますが、かさばりがちでフラップがあるぶん重くなってしまいます。

自分の使い方に応じてタイプを選ぶわけですが、カバンの中に入れて気軽に持ち出せるiPad miniの強みを考えると、全方位を保護してくれる手帳型ケースが合っているかもしれません。シンプルケースはディスプレイが保護されていないので、カバンの中でカギなどの硬いものとあたってしまい擦り傷ができてしまう可能性が高くなります。

持ったときの重量が気になる方は、シンプルケースに加えディスプレイを保護する「保護フィルム」を貼っておくの手です。これならカバンの中に入れて持ち運ぶ際も安心です。

まずチェックすべきApple純正ケース・カバー

【Apple純正】iPad mini Smart Cover

・Apple純正「Smart Cover」
・2つのスタンドスタイル
・オートスリープ対応
・背面と角が露出(気になるならSmart Cover対応クリアケースなどを別途用意)
・チャコールグレイ/パパイヤ/ピンクサンド/ホワイト

Smart Cover(スマートカバー)はApple純正ケースとしてはおなじみです。Appleらしいシンプルなデザインと、魅力的なカラー。純正ケースということで価格は少々お高めですが、「Apple純正品」というのはやはり魅力的です。

フラップを変形させることでスタンドの角度を2段階に調節可能。動画を観るとき、Apple Pencilでメモを書き込むときなど、利用シーンにあわせて角度を変更できます。

ただ一点、注意点としては「背面をカバーできない」ということです。iPad miniの縁にSmart Coverをマグネットでくっつけるのですが、背面は保護されず丸出し状態。背面はiPadのアルミの背面は傷が付きやすかったりするので、気になる方はSmart Coverに対応した背面ケースを別途用意しておきましょう。

iPad mini(第5世代)用Smart Cover パパイヤ

パパイヤ色 を選択!いい感じだ!

僕自身は「パパイヤ」色を選択しました。派手すぎる印象もないですし、明るい色は指紋も目立ちにくいのでいいですね!

【シンプルケース編】おすすめのケース・カバー

フラップのないシンプルケースは手帳型ケースに比べてかさばらず軽量という特徴があります。ディスプレイ面が保護されていないので出先では少々不安ですが、落下リスクの低い自宅や職場など屋内での使用がメインなら、フラップの開閉の手間がなく楽ちんです。

【エレコム】Smart Cover対応TPUクリアケース

・Smart Coverを装着しながら背面や角を保護
・TPUクリアケース
・安心のエレコム社製

まず紹介するのは、Smart Coverを装着したまま背面や角(エッジ部分)を守れるエレコムの背面ケース。

上でも書きましたが、Smart Cover単体だと背面が丸出し状態です。そのままカバンに放り込めば小傷が付いてしまうのは必至。毎日のように使っていればいくら気を付けていても多少の傷は付いてしまいますが、それが最小限に抑えられるなら対策しておいたほうがいいですね。

そして傷が付きやすいのは背面だけでなくエッジ部分もそうです。落下させてしまったとき、高確率で角から落ちていきます。すると衝撃が加わった部分が削れるように傷が入ってしまうことがあります。実際に僕自身も経験がありますが、この手の傷はかなり目立ちます。

「Smart Coverを買ったから傷対策はこれで十分!」というわけではないので、できるだけキレイな状態でiPad miniを使い続けるためにも、背面・角を守るケースを用意しておいたほうが安心です。

こちらのエレコムのケースにはTPU素材ではなくハード素材(ポリカーボネート)版もあります。

【Olycism】シンプルがベスト!TPUクリアケース

・シンプルなTPUクリアケース
・薄型(1.1mm)で軽量(18g)
・にじみ・黄ばみ防止

薄型・軽量でシンプルなTPUクリアケースです。特に片手持ちすることが多いiPad miniでは、ケースの重さは使い勝手に直結してきます。もちろん軽いに越したことはありません。

このクリアケースは薄さが1.1mm、重さがわずか18g。「ケースの存在感を感じずに使いたい」「iPad miniのデザイン・カラーを隠したくない」という人におすすめです。

【手帳型ケース編】おすすめのケース・カバー

続いてはおすすめの手帳型ケースの紹介です。冒頭でも書きましたが、つい持ち出したくなるiPad miniだからこそ、ディスプレイ含め傷や衝撃からしっかり守ってくれる手帳型ケースがおすすめです。スタンド機能やキーボード付きなど機能面の充実も魅力ポイントです。

【ESR】背面もしっかり守ってくれるSmart Cover風ケース

・背面・角も保護してくれるSmart Cover風ケース
・2つのスタンドスタイル
・オートスリープ対応
・グレー/ネイビーブルー/ブラック/ローズゴールド

まず最初に紹介する手帳型ケースは、Smart Coverと背面ケースが一緒になったようなケースです。

Smart Coverのようにフラップを折りたたんで変形させることで、角度を2段階から調節できます。オートスリープ機能もあり、機能的にはSmart Coverと同等、必要十分といったところ。

TPUの背面ケースと一体になっているので、カバンの中に入れても傷が付いてしまう心配はありません。角もしっかり守られているので、落下時のダメージも最小限に抑えてくれるでしょう。

カラーは4色から選択でき、背面部分は半透明のなっています。半透明なのでAppleのロゴも隠れないですし、iPad mini本来のデザインを楽しみつつ、傷にも備えられます。

【ESR】おしゃれなスエード調デザインの手帳型ケース

・おしゃれなスエード調デザイン
・角度調節可能(2段階)
・オートスリープ対応
・薄型(1mm)・軽量
・ブラック/グレー

このような質感をもつアイテムはケース以外にもあったりしますが、指紋が付かずおしゃれ感もあるこの質感は個人的に好みです。スエード調というか、ファブリック風の質感がいい感じです。

オートスリープに対応、薄型で軽量なので片手持ちでも負担になりません。機能的には問題なしでしょう。ケース選びはデザインも重視すべきポイントです。デザインが気になったらチェックしてみてください!

【エレコム】Apple Pencil収納にカード収納まで!手帳のように使えるiPadケース

・Apple Pencilホルダーあり
・カード収納(2枚)、メモ収納あり
・角度調節可能(無断階)
・落下防止のハンドストラップ付き
・ビジネスシーンにおすすめ

カード・メモ収納を搭載、まるでiPad miniを手帳のように使えるエレコムのiPadケース。Apple Pencilを固定できるホルダーも付いています。

「iPad miniをタスク・スケージュール管理やメモ帳代わりに使いたい」という人には便利なケース。落下防止のためのハンドストラップがあるので、出先での使用も安心です。ビジネスシーンにぴったりなケースです。

【エレコム】これは便利!横置きだけでなく縦置きできる手帳型ケース

・スタンド機能(360°回転)
・Apple Pencil収納あり
・落下防止のハンドストラップ付き

続いてもエレコムのiPadケースですが、このケースはなかなかユニークで便利です。iPadの別モデルこのケースを持っていますが、横置きだけでなく縦置きできるのは唯一このケースのみです。

閲覧するウェブページ、使用するアプリによっては横画面より縦画面のほうが使いやすかったりします。特にウェブページ閲覧時は縦画面のほうが見える範囲が広くなるので使いやすい。

このケースはハマる人にはハマるのではないでしょうか!

【IVSO】キーボード一体型(着脱可能)手帳型ケース

・キーボード一体型(着脱可能)手帳型ケース
・内蔵バッテリー搭載(Micro USBポートで充電)
・スタンド機能
・Apple Pencilを収納できる

「iPad miniに物理キーボードを接続したい」という人は多いはずです。画面上にキーボードを表示させるソフトウェアキーボードは、ブランドタッチができない上に、画面の大部分を占領してしまうので使いやすいとは言えません。

メール返信、オフィスファイルの編集、ノート・メモを取るなどのシーンにおいては、やはりキーボードがあったほうが快適に文字入力できます。iPad miniはBluetoothに対応するものであればだいたいのキーボードに接続できますが、頻繁にキーボードを使うのであればケースと一緒になったキーボードを選択するのもありです。

iPad mini(第5世代)に対応する保護ケース・カバーはまだまだ少ないですが、おすすめできるものがあれば随時追加していく予定です。ぜひまたチェックしていただければと思います。

コメント