iPadはWi-Fiモデルよりセルラーモデルがおすすめである3つの理由

iPadはWi-Fiモデルよりセルラーモデルがおすすめである3つの理由

「iPadが欲しい!けどWi-Fiモデルとセルラーモデルどっちを選べばいいんだろう」

と悩む人は多いのではないでしょうか。「やっぱりこっちにしておけばよかった」と後悔したくありませんからね。

iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデル、どちらにもメリット・デメリットが存在します。今回の記事では、iPadのWi-Fiモデル、Wi-Fi+セルラーモデルどちらにしようか悩んでいる人のために、それぞれのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

Advertisement

iPadはセルラーモデルがおすすめ

僕自身はiPad Pro 10.5のセルラーモデルを愛用しています。Wi-Fiモデルではなく、迷いなくセルラーモデルを選択しました。

なぜセルラーモデルがおすすめなのかを解説します。

apple-pencil-how-to
iPad Pro 10.5インチ セルラーモデル

屋外でデータ通信ができる

これは当然ですがセルラーモデルのiPadは屋外でデータ通信することができます。これがセルラーモデル最大のメリットでしょう。

一方でWi-FiモデルのiPadはWi-Fi環境下でしかインターネットができません。せっかく持ち運びできるiPad、使える場所が制限されてしまっては不便です。

iPhoneやスマホのテザリングを利用するという手がありますが、テザリングにもデメリットがあります。

テザリングは不便なことが多い

「わざわざセルラーモデルを選ばなくても、テザリングを使えばいいじゃないか」

それは間違いではないのですが、テザリングはテザリングで不便なことも多いのです。

iPadをテザリングで使用する
テザリングは意外と不便なことが多い

これは実際に体験したことですが、昔iPadをテザリングで使用した際、iPadのアプリのアップデート等で意図しないデータ通信をしてしまいデータ容量を圧迫してしまうことがありました。

テザリングで接続されているiPadはWi-Fi に接続されている状態とほぼ同じです。モバイル通信では制限されるはずの通信が、テザリング時に行われてしまいデータ容量を圧迫してしまっていたということです。

デメリットはそれ以外にもあります。スマホのバッテリーの消費です。テザリングはスマホのバッテリーを激しく消費します。もしスマホがバッテリー切れを起こしてしまえば、スマホ・iPad両方ともネットに繋がらないという事態になってしまいます。

実際にしばらくテザリングで使ってみて、これらのデメリットを感じました。その結果、次の買い替えではセルラーモデルを選んだというわけです。

セルラーモデルはGPSが内蔵されている

セルラーモデルにあってWi-Fiモデルにないもの。それはGPSです。

Wi-Fiモデルでも接続している無線ルータなどからおおまかな位置情報を取得できますが、とても地図アプリで使えるレベルではありません。

GPSを使うアプリは地図アプリだけではなくナビアプリ、撮影場所を記録してくれる写真アプリ、位置情報を使用するゲームアプリなど、GPSを使うアプリは意外に多かったりします。

これらのアプリを使えるか、使えないかは非常に大きいのではと思います。今必要でなくても今後必要になることも考えられますから、大は小を兼ねるという意味でもセルラーモデルがおすすめです。

セルラーモデルはGPSが内蔵
GPSが内蔵されていることでマップやナビアプリが捗る

セルラーモデルの3つのデメリット

iPadを購入するならセルラーモデルがおすすめと書きましたが、無条件でおすすめできるわけではありません。

ここではセルラーモデルのデメリットについて解説します。

価格が高い

Wi-Fiモデルとセルラーモデル、どちらも値段が変わらないのであればWi-Fiモデルを選ぶ人はいないでしょう。

やはりネックとなるのはそれらの価格差です。iPad各シリーズの価格をまとめてみました。

モデルストレージ税込価格(Wi-Fi)税込価格(セルラー)
iPad(2018)32GB40,824円57,024円
128GB52,704円68,904円
iPad mini 4128GB49,464円65,664円
iPad Pro 10.564GB75,384円91,584円
256GB93,744円109,944円
512GB117,504円133,704円
iPad Pro 12.964GB93,744円109,944円
256GB112,104円128,304円
512GB135,864円152,064円

税込みで約16,000円ほどの価格差があります。この差は大きいですね。価格が高くなってしまうというデメリットは確かにあります。

ただiPadを一度購入すれば長く使いたいという人がほとんどかと思います。そう簡単に買い換えられる価格ではありません。

利便性を下げてでも安く買いたいか、長く使いたいからこそグレードをあげるか。これをどう考えるかでしょう。

Advertisement

毎月の通信費が発生する

もうひとつネックとなるのは、毎月の通信費です。これは大きい問題です。いくら便利といっても通信費がかさんでは考えものです。

実際にiPadのセルラーモデルをドコモなどのキャリアショップで契約すると、iPad本体価格とは別に月額2,700円ほどの維持費がかかります。1年間で32,400円。おまけに2年間の縛り付きです。ちなみにこれはすでにある主回線のデータ容量を分け合うプラン。iPad単体で契約するともっとかかります。

そこでおすすめしたいのが、格安SIM運用です。

格安SIM事業者は数多くありますが、そのなかから僕はLINEモバイルを選びました。

1GB月額500円から使え、LINEアプリは使い放題のカウントフリー。iPadでビデオ通話をよく使う僕にはうってつけでした。

■LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me

LINEモバイルでなくとも格安SIMを使うことによって通信費を大幅に抑えられます。セルラーモデルのiPadを選ぶ人にとって格安SIMとの組み合わせはマストの選択肢でしょう。

なおSIM契約なしのセルラーモデルはApple公式サイトでの購入になります。詳しくは下記の記事を参考にしてください。

Wi-Fiモデルはこんな人におすすめ

とは言えすべての人にiPadをおすすめできるわけではありません。Wi-Fiモデルをおすすめできる人はこんな人です。

  • iPadを屋外で使用しない、もしくはテザリングで対応できる
  • GPSを使用する地図アプリ、ゲームアプリをあまり使用しない

この両方に当てはまるなら、Wi-Fiモデルを選んでも問題ありません。

ただ先で書いたように、いま必要でなくても将来的に必要になることもあります。そのことを考慮した上であなたに合ったモデルを選びましょう。

後悔しないようにiPadのモデルを選ぼう!

iPadはそう気軽に買い換えられるものではありません。購入後に「やっぱりこっちにしておけばよかった」なんて後悔したくありませんよね。

そういう意味でもやはりセルラーモデルがおすすめ。Wi-Fi運用はもちろん、用途が広がったときにも対応できます。

Apple公式サイトでセルラーモデルを購入し、格安SIMでの運用が個人的には最強。間違いないでしょう。

ぜひこの記事を参考にしていだだき、あなたに合ったiPadを選んでください!

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

iPadの使い方やTipsカテゴリの最新記事