【2019年版】iPadはどこで買う?安く買うお得な方法

「iPadが欲しい! けど、どこで買うのが一番安くてお得なの?」

今回はそんな疑問にお答えします。

「iPad Air(第3世代)」「iPad mini(第5世代)」の2つのモデルが新たに加わり、いま、かつてないほどiPadのラインアップが充実しています。

特に7.9インチという絶妙なサイズ感で、いまなお愛用者が多いiPad miniの新型モデルが出たことに歓喜している人は多いのではないでしょうか。出る出ると噂されながらも、なかなか出てこなかったので、随分と焦らされたぶん新型モデルを選べるという喜びもひとしおです。そしてラインアップから消えた「iPad Pro 10.5」の穴を埋めるかたちで登場した「iPad Air(第3世代)」もミドルクラスのiPadとしてヒットしそうな予感。

基本性能のアップという順当な進化、そしてメモやノート、絵描きなどに便利なApple Pencilにもしっかり対応。iPadのラインアップがまたひとつ底上げされた印象です。

このタイミングで「iPadが欲しい!」という人は多いかと思います。しかし問題は「iPadをどこで買うのか」ということ。どうせiPadを購入するのなら、安くお得な方法で購入したいと思うのは当然ですよね。この記事では、iPadの5つの購入方法と、どの購入方法がおすすめなの?いうところを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

セルラーモデルのiPadを選択する場合は維持費も考慮しよう

iPadの購入方法を紹介する前に、注意点をひとつ。

iPadには大きく分けてWi-Fi(ワイファイ)のみに対応する「Wi-Fiモデル」と、Wi-Fiに加えSIMカード契約によってデータ通信が可能な「Wi-Fi+セルラーモデル」の2種類あります。

セルラーモデルはiPad単体で通信できるメリットがあるものの、毎月の通信費が維持費として発生します。

iPadを安く購入できたのに毎月の通信費が高すぎる…なんてことになれば意味がありませんよね。セルラーモデルを選択する場合は、iPad本体の価格に通信費がかかることを考慮するようにしましょう。

セルラーモデルは維持費も考慮しよう

セルラーモデルは維持費も考慮しよう

なお「どのiPadモデルにするか悩んでいる」という人はこちらをどうぞ!

iPadの5つの購入方法

それではここからiPadの具体的な購入方法を紹介していきます。どの方法もメリット・デメリットが存在するので、そのあたりも含め解説していきます。

1. キャリアショップで購入する

iPadをキャリアショップで購入

一般的にこの方法が一番身近ではないでしょうか。

キャリアショップとはドコモ/au/ソフトバンクショップのことですが、メリットはやはり対面で接客を受けられることでしょう。ショップに出向けば店員さんが親切丁寧に接客してくれます。分からないことがあってもすぐに疑問に答えてくれるでしょう。地域に少なくとも一店舗はある手軽さも魅力です。

ただこの方法はメリットだけではありません。キャリアショップではWi-Fiモデル単体の販売なく、SIMカードのセット販売になります。そして当然ながら、毎月の通信費が発生することになります。それにこれも当たり前ですが、実店舗に足を運ばなくてはいけないという面倒さもあります。

それでもメインスマホをドコモなどのキャリアで契約していて、通信容量をスマホを分け合いたいというような事情がある人も多いでしょう。そんな人におすすめの方法は、実店舗での申込みではなく各キャリアの「オンラインショップ」での申し込みです。

オンラインショップでの申込みは待ち時間はありませんし、iPadの受け取りも実店舗だけでなく自宅も選択でき非常に便利です。iPadをキャリアで持つ場合は、サクッとネット上で申し込みできるオンラインショップを活用するのがお得で便利ですよ!

  • 手持ちのスマホとまとめることができる
  • 初期費用を抑えられる
  • 店舗数が多いので気軽に行ける
  • 実店舗では対面で接客を受けられる
  • オンラインショップが便利
  • Wi-Fiモデルの取扱はなく、購入できるのはセルラーモデルのみ
  • SIMカードのセット販売のみ

2. Apple公式サイトで購入する

続いてはiPadをApple公式サイトで購入する方法です。

実店舗は都市部にしかありません。休日は待ち時間も多くなりがちでとても便利だとは言えません。「信頼できるAppleから直接iPadを購入したい」という人におすすめなのが、Apple公式ストアを利用する方法です。やはり安心して購入できる「公式サイト」という強みは大きい!

速ければ翌日に届くスピード、親切丁寧な手厚いサポートなどのApple公式ならではのサービスはさすがです。丁寧な梱包もそうですし、万が一「このモデルは自分に合わないな」となったとしても、製品到着から14日以内であれば例え開封済みであっても無料で返品が可能です。

そしてご存知のとおり、Apple製品はどこで購入してもさほど価格差はありません。もし値段の乖離が大きければ公式サイトで購入するメリットは薄れますが、Appleの場合そうではありませんので、その点も安心して購入できます。

あと特筆すべきなのはSIM契約なしに新品のセルラーモデルを購入できるとでしょう。のちほど紹介する家電量販店での購入やAmazonといったECサイトでは、基本「Wi-Fiモデル」のみの取扱です。新品のセルラーモデルを単体で購入するなら、Apple公式サイト一択でしょう。

ちなみにキャリアショップのように分割での支払いを希望する人でも、Apple公式サイトでは最大24か月まで金利0%で分割支払いできる「Appleショッピングローン」が利用できます。
※キャンペーン期間要確認(Appleショッピングローン

もしあなたが学生もしくは教職員なら、「学生・教職員割り引き」を利用できます。あなたが当てはまるなら使わない手はありませんのでチェックしてみてください!

  • 公式サイトで安心して購入できる
  • 到着から14日以内であれば開封済みでも返品できる
  • SIM契約なしにセルラーモデルを購入できる
  • 学生・教職員割引きあり
  • 最大24か月までの分割金利が0%
  • 実店舗は都市部のみ
  • ポイントシステム等はない

3. ECショップ(Amazon・楽天等)で購入する

続いてはAmazon・楽天といった、いわゆるECサイトで購入する方法です。この方法はこれまではApple公式サイトより価格が上がってしまっていたり、販売元が信頼性に欠けたりなどおすすめしにくい部分がありました。しかしいまはAmazonでApple製品の公式販売が開始されたことで、安心してApple製品を購入できるようになりました。

楽天市場やYahoo!ショッピングでは公式販売はないものの、価格をチェックしておいて損はありません。ただし販売価格がApple公式サイトでの価格を上回っていないか、信頼できる販売元かを確認しておく必要があります。

Apple公式サイトでのiPad/iPad Proの価格をまとめておきましたので、参考にしてみてください。

ちなみに購入と同時にはAppleの2年間の延長保証である「Apple Care+」に加入できませんが、購入から30日以内であればあとからでも加入できます。

そして若干裏技的な方法ですが、iPadを安く購入する方法として「Amazonギフト券」を使用する方法があります。この方法はiPadの価格が下がるわけではないのですが、Amazonギフト券をチャージしたのちに、そのAmazonギフト券を使ってiPadを購入することでポイントバックがもらえるのです。これがまた無視できないほどのポイント付与率!

例えば、iPad Pro 11の32GB/Wi-Fiモデルを購入するとしたら、96,984円(税込・Apple公式サイトの価格)に対し2,424円分のポイントがもらえる計算になります(プライム会員の場合)。プライム会員でない場合は少しポイント付与率が下がりますが、「Amazonプライムの30日間無料体験」の期間でもプライム会員の付与率が適用されます。

Amazonギフト券は1円単位でチャージ可能です。バックされたポイントでiPadアクセサリーを購入する、ということもできるので、ポイントはお金と同じ。普段Amazonで買い物をするという人や既にプライム会員だということなら、この方法で購入して損はありません。※ただしチャージ時の支払いはコンビニ/ATM/ネットバンキングに限られるので注意してください(クレジットカードは不可)。

  • 安く購入できる可能性がある
  • ポイントが使用できる
  • AmazonならApple公式販売で安心して購入できる
  • Amazonギフト券チャージからの購入でポイントバックがある
  • 定価を上回る価格がついていることがある
  • 販売元が信頼できるか、価格は適正かどうかを確認する必要がある
  • セルラーモデルの取扱いが少ない、もしくはない

4. 家電量販店で購入する

iPadを家電量販店で購入するメリットはやはりポイントでしょう。Apple製品なので価格は下がりにくいものの、手持ちのポイントを使用できます。もしあなたが使えるポイントを持っているなら、当然そのポイントの使用を検討すべきでしょう。

この購入方法のデメリットとしては、セルラーモデル単体で購入できないこと。キャリアなどのSIM契約のセットのみ。格安SIM運用を考えていてセルラーモデルを購入するなら、Apple公式サイトという選択肢となります。

  • 安く購入できる可能性がある
  • ポイントを使用できる
  • セルラーモデルの取扱いがSIMセットのみ

5. 中古ショップ・フリマアプリで購入する

新品でなく中古でiPadを安く手に入れたいという人は、中古ショップやフリマアプリでiPadを入手する方法があります。

おすすめは中古品を取り扱う実店舗に出向き、実際にその製品を確認してから購入する方法。中古品はその製品によって状態が異なるため、現物を確認してから購入したほうが確実です。

複数店展開しているような中古ショップのなかには、数か月の保証がついている場合もあり安心です。

一方でメルカリやYahoo!オークションといったフリマ・オークションで中古品を購入する方法は注意が必要です。写真だけでは正確な状態を確認することは難しく、それはトラブルの原因となってしまうことも。中には人を騙そうと悪巧みしている人もいるかもしれません。個人間取引ではその出品者が信頼できるかどうかをしっかり確認しておきましょう。

  • 中古のiPadを安く購入することができる
  • 中古品によっては状態が異なるため注意が必要
  • フリマ・オークションといった個人間取引はトラブルになることもある

6. 購入前に「Apple認定整備済製品」を必ずチェック!

iPadを購入する前に必ずチェックしておきたいのは、「Apple認定整備済製品」です。

Apple認定整備済製品とは、Appleの厳しいチェックをクリアした中古品のこと。購入後すぐに返品された新品同然の製品も多く含まれており、いわゆる新古品のようなイメージです。Apple認定整備済製品は、当然新品よりも割安で販売されておりお得にiPadを購入することができます(最大15%の割引)。新品に近いiPadが割安で販売されていることもあり、人気製品はすぐに在庫がなくなってしまうほど非常に人気があります。

ただ在庫状況は流動的で安定しているとは言えません。数が揃っていることもあれば、そうでないこともあります。在庫状況は「Apple認定整備済製品ページ」で確認できるので、気になる方はちょくちょく確認しておきましょう。

  • 新品同然のiPadを割安で購入できる
  • 現行のラインアップにはない前モデルの取扱いもある
  • 安心のApple公式サイト
  • 在庫が安定していない

セルラーモデルのiPadを購入するならキャリアの「オンラインショップ」か「Apple公式サイト」

Wi-Fi+セルラーモデルのiPadを購入するのであれば、ドコモなどの「オンラインショップ」、もしくは「Apple公式サイト」での購入がベストです。

「スマホとプランをまとめたい」ということなら必然とキャリアの契約になります。そしてオンラインショップならかんたんに自宅から申し込みでき、自宅で受け取れるので便利です。

セルラーモデルのiPadを単体で購入するならApple公式サイト。iPadは単体で用意して格安SIMで運用する、という場合はこの方法になります。僕自身は格安SIMの「 LINEモバイル 」でセルラーモデルのiPadを運用したかったのでこの方法を選択しました。

Wi-FiモデルのiPadを購入するなら「Apple公式サイト」か「Amazon」がおすすめ

セルラーモデルではなくWi-FiモデルのiPadを購入するのであれば、「Apple公式サイト」もしくは「Amazon」がおすすめです。

「少しでも安くiPadを買いたい」というところで言うと、上でも紹介しましたが「Amazonギフト券をチャージ」→「ギフト券でiPadを購入する」という方法がポイントバックをもらえるのでお得。Amazonギフト券にチャージするというひと手間があるものの、それだけで数千円のポイントがもらえるわけですから、これを活用しない手はありません。

どうせiPadを購入するなら賢く買いたいと思うのは当然です!ぜひこの記事を参考にiPadを購入していただければと思います。

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント