【2019年版】iPadはどこで買うのが一番安くてお得?

「iPadが欲しい! けど、どこで買うのが一番安くてお得なの?」

今回はそんな疑問にお答えします。

無印9.7インチiPadがApple Pencilに対応したこともあり、さらにこれからiPadを手にする人が増えるのではと思います。そして、さらにホームボタンが消え「Face ID」になった新型iPad Pro(iPad Pro 11/12.9)も注目ですね!

どうせiPadを購入するのなら、安くお得な方法で購入したいと思うのは当然!この記事では、iPadの5つの購入方法と、どの購入方法がおすすめなの?いうところを紹介していきます。

広告

セルラーモデルのiPadを選択する場合は維持費も考慮しよう

iPadの購入方法を紹介する前に、注意点をひとつ。

iPadには大きく分けてWi-Fi(ワイファイ)のみに対応する「Wi-Fiモデル」と、Wi-Fiに加えSIMカード契約によってデータ通信が可能な「Wi-Fi+セルラーモデル」の2種類あります。

セルラーモデルはiPad単体で通信できるメリットがあるものの、毎月の通信費が維持費として発生します。

iPadを安く購入できたのに毎月の通信費が高すぎる…なんてことになれば意味がありませんよね。セルラーモデルを選択する場合は、iPad本体の価格に通信費がかかることを考慮するようにしましょう。

セルラーモデルは維持費も考慮しよう
セルラーモデルは維持費も考慮しよう

なお「どのiPadモデルにするか悩んでいる」という人はこちらをどうぞ!

iPadの5つの購入方法

それではここからiPadの具体的な購入方法を紹介していきます。どの方法もメリット・デメリットが存在するので、そのあたりも含め解説していきます。

1. キャリアショップで購入する

iPadをキャリアショップで購入

一般的にこの方法が一番身近ではないでしょうか。

キャリアショップとはドコモ/au/ソフトバンクショップのことですが、メリットはやはり対面で接客を受けられることでしょう。ショップに出向けば店員さんが親切丁寧に接客してくれます。分からないことがあってもすぐに疑問に答えてくれるでしょう。

ただこの方法はメリットだけではありません。キャリアショップではWi-Fiモデル単体の販売なく、SIMカードのセット販売になります。そして当然ながら、毎月の通信費が発生することになります。

「この割引きを受けるためにはこのプランに加入する必要が…」
「このオプションに加入する必要が…」

と店員さんに言われるがままに申し込んでしまうと、本来必要のないプランにしてしまったり、不要なオプションに加入してしまうということも珍しくありません。その結果トータルの月額金額が高くついてしまう、というのはよくある話です。

メインスマホをドコモなどのキャリアで契約していて、通信容量をスマホを分け合いたいというような事情がある人も多いでしょう。

おすすめの方法は、実店舗での申込みではなく各キャリアの「オンラインショップ」での申し込みです。

実店舗だと数時間の待ち時間が当たり前だったりしますが、当然オンラインショップでは待ち時間はありません。iPadの受け取りも実店舗だけでなく自宅も選択でき、非常に便利。

なにより、自分で必要なプランを選択するため、無駄なプラン・オプションに加入してしまうということもありません。

iPadをキャリアで持つ場合は、オンラインショップを活用するのが賢い方法です。

メリット

  • 手持ちのスマホとまとめることができる
  • 初期費用を抑えられる
  • 店舗数が多いので気軽に行ける
  • 実店舗では対面で接客を受けられる
  • オンラインショップが便利

デメリット

  • 実店舗では待ち時間が発生してしまうことがある
  • 取扱いはセルラーモデルのみ
  • 通信費が高くなってしまうことがある

2. Apple公式サイトで購入する

iPadをApple Storeで購入
Apple公式サイト

続いてはiPadをApple公式サイトで購入する方法です。

実店舗は都市部にしかありませんので便利だとは言えませんが、Apple公式ストアからの購入は非常におすすめできます。やはり安心して購入できる「公式サイト」という強みは大きい。

速ければ翌日に届くスピード、親切丁寧な手厚いサポートなどのApple公式ならではのサービスはさすがです。

ご存知のとおりApple製品はどこで購入してもあまり値段がかわりません。もし値段の乖離が大きければ公式サイトで購入するメリットは薄れますが、Appleの場合そうではありませんので安心して購入できます。

あと特筆すべきなのはSIM契約なしに新品のセルラーモデルを購入できるとでしょう。のちほど紹介する家電量販店での購入やAmazonといったECサイトでは、セルラーモデルをあまり見かけません。新品のきセルラーモデルを購入するなら、Apple公式サイト一択でしょう。

ちなみにApple公式サイトでは最大24か月まで金利0%で分割支払いできるAppleローンが使用できます。※キャンペーン期間要確認

メリット

  • 公式サイトで安心して購入できる
  • SIM契約なしにセルラーモデルを購入できる
  • 最大24か月までの分割金利が0%

デメリット

  • 実店舗は都市部のみ
  • ポイントシステム等はない

3. ECショップ(Amazon・楽天等)で購入する

続いてはAmazon・楽天といった、いわゆるECサイトで購入する方法です。

Apple製品はどこで購入してもあまり値段がかわらないのですが、わずかに安い場合もあります。逆に価格が低下よりも上がっている場合もあるので注意が必要ですが、念の為チェックしておいて損はありません。

Apple公式サイトでのiPad/iPad Proの価格をまとめておきましたので、参考にしてみてください。

モデル ストレージ Wi-Fi(税別) セルラー(税別)
iPad(2018) 32GB 37,800円 52,800円
128GB 48,800円 63,800円
iPad mini 4 128GB 45,800円 60,800円
iPad Pro 10.5 64GB 69,800円 84,800円
256GB 86,800円 101,800円
512GB 108,800円 106,800円
iPad Pro 11(2018) 64GB 89,800円 106,800円
256GB 106,800円 123,800円
512GB 128,800円 145,800円
1TB 172,800円 189,800円
iPad Pro 12.9(2018) 64GB 89,800円 106,800円
256GB 106,800円 123,800円
512GB 128,800円 145,800円
1TB 194,800円 211,800円

※掲載している価格は記事執筆時点

購入と同時にはAppleの延長保証であるApple Careに加入できませんが、購入から30日以内であればAppleのサポートページからあとからでも加入できます。

メリット

  • 安く購入できる可能性がある
  • ポイントが使用できる

デメリット

  • 定価を上回る価格がついていることがある
  • セルラーモデルの取扱いが少ない

4. 家電量販店で購入する

iPadを家電量販店で購入するメリットはやはりポイントでしょう。Apple製品なので価格は下がりにくいものの、手持ちのポイントを使用できます。もしあなたが使えるポイントを持っているなら、当然そのポイントの使用を検討すべきでしょう。

この購入方法のデメリットとしては、セルラーモデル単体で購入できないこと。キャリアなどのSIM契約のセットのみ。格安SIM運用を考えていてセルラーモデルを購入するなら、Apple公式サイトという選択肢となります。

メリット

  • 安く購入できる可能性がある
  • ポイントを使用できる

デメリット

  • セルラーモデルの取扱いがSIMセットのみ

5. 中古ショップ・フリマアプリで購入する

新品でなく中古でiPadを安く手に入れたいという人は、中古ショップやフリマアプリでiPadを入手する方法があります。

おすすめは中古品を取り扱う実店舗に出向き、実際にその製品を確認してから購入する方法。中品はその製品によって状態が異なるため、現物を確認してから購入したほうが確実です。

複数店展開しているような中古ショップのなかには、数か月の保証がついている場合もあり安心です。

一方でメルカリやYahoo!オークションといったフリマ・オークションで中古品を購入する方法は注意が必要です。写真だけでは正確な状態を確認することは難しく、それはトラブルの原因となってしまうことも。中には人を騙そうと悪巧みしている人もいるかもしれません。

中古のiPadを購入する際には、可能な限り現物を確認してから購入するようにしましょう。

メリット

  • 中古のiPadを安く購入することができる

デメリット

  • 中古品によっては状態が異なるため注意が必要
  • フリマ・オークションではトラブルになることも

6. 購入前に「Apple認定整備済製品」を必ずチェック!

Apple認定整備済製品 ページ
Apple認定整備済製品 ページ

iPadを購入する前に必ずチェックしておきたいことがあります。それは「Apple認定整備済製品」です。

Apple認定整備済製品とは、Appleの厳しいチェックをクリアした中古品のこと。購入後すぐに返品された新品同然の製品も多く含まれており、いわゆる新古品のようなイメージです。

Apple認定整備済製品は、当然新品よりも割安で販売されておりお得にiPadを購入することができます。新品に近いiPadが割安で販売されていることもあり非常に人気があります。

在庫状態はApple認定整備済製品ページで確認できます。

ただ在庫状況は充実しているとは言えないので、目当てのモデルに出会えるかどうかは運 によるところが大きいですね。ちょくちょく確認しておくことが大事です。

メリット

  • 新品同然のiPadを割安で購入できる
  • 安心のApple公式サイト

デメリット

  • 在庫が安定していない

セルラーモデルのiPadを購入するならApple公式サイト

僕が愛用している10.5インチiPad Pro(セルラーモデル)はApple公式サイトから購入しました。毎月の通信費を考え、iPad ProをLINEモバイルで運用したかったからです。

■LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me

LINEモバイルを選んだ理由は馴染みがあるLINEだからという理由が一番大きいのですが、通信費を大幅に抑えることができ非常に満足しています。

「セルラーモデルのiPad×格安SIM」という組み合わせがおすすめ。セルラーモデルのiPadを運用するならこれがベストでしょう。

Wi-FiモデルのiPadを購入するならこだわる必要はない

Wi-FiモデルのiPadの購入を考えているなら、購入場所はこだわる必要はないと思っています。

ポイントがあるならポイントを使用できるところで、信頼性を重視するならApple公式サイトで購入すればいいでしょう。定価を上回らないかは確認しておく必要はありますが、Apple製品はどこで購入してもあまり価格が変わりません。

ただApple整備済製品はしっかり確認しておいたほうがいいですね。欲しいモデルの在庫があればラッキー、すかさずチェックしておきましょう。

どうせiPadを購入するなら賢く買いたいと思うのは当然です。ぜひこの記事を参考にしていただければと思います!

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

広告