これは鉄板!Apple純正のiPad Pro 11(第2世代)向け保護ケース「Smart Folio」レビュー

これは鉄板!Apple純正のiPad Pro 11(第2世代)向け保護ケース「Smart Folio」レビュー

現在、3月18日に発表された新型iPad Proの到着を待っている状況です。注文したのは11インチiPad Pro。今回は12.9インチを選ぼうかとも思ったのですが、やはり頻繁に持ち運びすることと、別に13.3インチMac Book Airがあることもあって、11インチを注文しました。

新型iPad Proとともに、シザー式キーボードとトラックパッドを備えた「Magic Keyboard」、そして「Smart Keyboard Folio」も発表され、Magic Keyboardは5月頃発売、Smart KeyboardはiPad Proと同じ3月25日発売です。

iPad Proを購入したら、一緒に用意すべきは「保護ケース・カバー」。iPad Proは安い買い物ではありません。しっかり保護して傷を防止、できるだけ長くキレイな状態で使いたい。このような思いもあって、今回はApple純正の保護ケース「Smart Folio」を購入しました。

で、いつものお決まりだったりするのですが、iPad Pro本体よりも「Smart Folio」が先に到着。前モデルの11インチiPad Pro(第1世代)とも互換性があるということで、一足先に「Smart Folio」をレビューします。

Apple純正iPadケース「Smart Folio」レビュー

「Smart Folio」は定番のApple純正ケース。カラーはカクタス、サーフブルー、ピンクサンド、ホワイト、ブラックの5色展開で、今回は「カクタス」を選びました。

価格は11インチ用で8,500円、12.9インチ用で10.500円(税別)。はい、高いです。サードパーティ製ケースなら、安いもので1,000円程度、高くても4、5,000円までですよね。それに比べて2倍以上の価格ですから、やっぱり高い。

それでも、Apple純正ケースを選ぶ人が多いのは、「正確なサイズ感」や「高級感ある質感」、「丈夫なつくり」など、Apple純正ならではの高い品質があるからでしょう。僕自身も「間違いないから」という理由でApple純正アクセサリーをよく選びます。

ということで、早速Smart Folioを開封していきます。

Apple純正iPadケース「Smart Folio」
Apple純正iPadケース「Smart Folio」

あいかわらずApple製品の梱包は丁寧でつくりもしっかりしていますね。簡易包装にしてもう少し価格を安くしてもらえれば嬉しい……とも思いますが、これはこれで安心感があります。

11インチiPad Pro Smart Folio 表面
11インチiPad Pro Smart Folio 裏面

カラーは「カクタス」を選んだのですが、思っていたより色味が薄い印象。改めてApple公式サイトのカラーと見比べてみても、やっぱり薄い。ディスプレイによって見え方が違うのでしょうか。まぁ色味が薄いといっても悪い意味ではなく、これはこれで優しい色味なのでヨシとします。

Smart Folio内側の肌触りがいい起毛素材
Smart Folio内側の肌触りがいい起毛素材

内側は肌触りのいい起毛素材。iPad Pro本体を優しく包み込んでくれます。

Smart Folioを装着!
Smart Folioを装着!

この手の手帳型ケースといえば、iPad Pro本体にはめ込んで固定するものが多いですが、Smart Folioはマグネットで固定します。強めの磁力で背面全面にくっついてくれているので、iPad Proが滑り落ちてしまう不安はありません。

11インチiPad Pro(第2世代)に適用するよう、カメラホールが大きくなっている(画像は第1世代)
11インチiPad Pro(第2世代)に適用するよう、カメラホールが大きくなっている(画像は第1世代)

カメラホールはデュアルカメラを搭載する新型iPad Proに適用するよう、四角く開けられています。上の画像は11インチiPad Pro(第1世代)を装着しているところ。思ったより違和感はないですね。

Smart Folioは出っ張ったカメラの保護にも役立つ
Smart Folioは出っ張ったカメラの保護にも役立つ

iPad Proの出っ張ったカメラはいまだ健在です。保護ケースなしで平置きすると、出っ張ったカメラのせいでガタついてしまうのですが、Smart Folioを装着することで、それを防げます。カメラを傷つけてしまわないためにも、iPadに保護ケースは必須ですね!

iPad Pro Smart Folio 側面はノーガード
側面はノーガード

iPad Proの側面に配置されている各ボタン、USB-Cポート、スピーカーホールには一切干渉しない設計となっています。干渉しないというか、ノーガード状態ですね。

iPad Pro Smart Folio 特に角が傷つきやすいので、気になる方は要注意
特に角が傷つきやすいので、気になる方は要注意

こういった角は特に傷がつきやすいところだったりします。側面を含む全面を保護したい場合は、Smart Folioではなく、サードパーティ製ケースという選択肢になりますね。ただし、その場合は「脱着の容易さ」とトレードオフになります。保護を優先するか、脱着のしやすさや薄さを優先するか、というところ。僕は頻繁に脱着したいので、後者を優先しました。

Smart Folio iPadケースとしてはかなり軽量!
iPadケースとしてはかなり軽量!

11インチ用Smart Folioの重量は175gでした。11インチiPad Pro(第1世代)の重量(468g)と合計すると、643g。Smart Folioは保護ケースのなかではかなり軽い部類ではあるものの、600gを超える重量となるとそれなりに重さを感じます。

保護ケースを装着する以上、その製品に差はあれどそれなりに重くなります。Smart Folioは利用シーンに応じてかんたんに脱着できるのがいいですね!

iPad Pro Smart Folio 角度調節は2段階
角度調節は2段階

Smart Folioのフラップを折りたたむようにして、スタンドスタイルにできます。角度調節は2段階のみなので、高機能とは言えませんが、簡易的なスタンドとしては必要十分です。

Apple純正iPadケース「Smart Folio」まとめ

Smart Folioは価格こそ高いですが、Apple純正ならではの品質の高さが魅力です。純正なのでサイズ感は間違いないですし、素材の質感は高級感があり、マグネット式で脱着もかんたん。「これにしてよかった」と思わせてくれる魅力があります。

一方で、キーボードを搭載するiPadケース「Smat Keybaord」、「Magic Keyboard」という存在があります。「Magic Keybaord」の発売は5月。購入できるのはもうちょっと先ですが、「Smart Keyboard Folio」はiPad Proと同時発売です。

僕は11インチiPad Pro(第1世代)向けの「Smart Keyboard」を所有しています。が、実際のところ、かなりの不便さを感じています。iPad Pro本体からの給電で充電不要、装着すればすぐに使い始められる点は便利なのですが、とにかく重たい。11インチ用Smart Keyboard Folioの重量は297gなので、iPad Pro本体の重量と合計すると766g。ここまでくると、長時間の片手持ちはつらい重量になってきます。

iPad ProとSmart Keyboard Folio さすがにこの重量になってくると片手持ちはつらい
さすがにこの重量になってくると片手持ちはつらい

僕の使い方の場合、キーボードを使う時間よりも、片手持ちして本を読んだりWEBページを閲覧したりする時間のほうが圧倒的に長いんですよね。Smart Keyboard Folioは保護ケースの役割もあるため、「要らないけど外せない」というジレンマがずっとありました。

そして、現時点で僕が出した結論。

先で発売されるMagic Keyboardは興味もあって購入する予定です。そこで、「普段はSmart Folioを装着し、キーボードが必要なときのみMagic Keyboardに付け替える」という使い方を想像しています。そういう使い方ができるのは、マグネット式でかんたんに素早く脱着できるSmart Folioだからこそです。

iPadユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント