【2020年版】iPad/iPad Pro最強おすすめ周辺機器アクセサリー特集

【2019最新】iPad/iPad Pro最強おすすめ周辺機器アクセサリー特集

現在、僕は11インチipad Pro(第2世代)とiPad mini(第5世代)を愛用しています。ネット閲覧や動画視聴、電子書籍を読んだり、Apple Pencilでノートをとったり、ブログの下書きを作成したりと、iPadに触れない日はないと言っていいほど、毎日iPadを使い倒しています。

そして、iPadを便利に使うにはキーボードやApple Pencilといった「便利なiPadアクセサリー」があってこそ。今回の記事では、「iPadユーザーにおすすめしたい、周辺機器アクセサリー特集」ということで、iPadユーザーにチェックしてしい周辺機器・アクセサリーをピックアップしました。

少々長くなってしまいましたので、以下の目次をご活用ください!

Apple純正アクセサリーの購入は「公式サイト」がおすすめ

「Apple純正アクセサリーって、どこで買えばいいの?」という方もいらっしゃると思います。家電量販店に行ってみても、Apple製品を置いているところと置いていないところがあったりしますよね。

僕は長らくAppleファン(信者)として、多くのApple製品を購入してきましたが、それらはほぼすべて「Apple公式サイト」から購入しています。

Apple公式サイトが安心

Apple公式サイトを選ぶ、いちばんの理由は「信頼性」です。公式で間違いないという安心感がありますし、万が一初期不良に当たったとしても、親切なオペレーターが迅速に対応してくれます。それに発送もスピーディー、送料もかかりません。

あと個人的にすごいと思うのは、製品到着から14日以内であれば、たとえ開封していたとしても返品・返金できるというシステム。Appleの自信の表れでもあると思いますが、未開封ならまだしも開封状態で返品を受け付けてくれるなんて他では聞いたことがありません。やはり「Apple公式」という信頼性・安心感は大きい!

AmazonのApple公式ストア

AmazonのApple公式ストアでiPadアクセサリーを購入する
AmazonのApple公式ストア

ほぼすべてのApple製品はApple公式サイトで購入していると書きましたが、最近はAmazonも利用しています。というのは、Amazonで「Appleの公式販売」が始まり、安心して購入できるようになったからです。

Apple公式サイトができるまでは、Apple公式サイトでの販売価格を上回る価格で売られていることも多くありました。信頼できる販売元であるかを都度確認する必要も。それが、Appleの公式販売が始まったことで、そういったことを心配することなく安心して購入できるようになりました。

あと、裏技ではないですが、Amazonの「Amazonギフト券」にチャージしてから買い物することでポイントがもらえます。

無視できないほどのポイント付与率。「ちょっとでもお得に買い物したい」という人であれば、Amazonギフト券の活用がおすすめです。Amazonプライム会員であればのポイント付与率が優遇されています。「Amazonプライム会員の30日間無料体験」の期間中もプライム会員の適用されるので、ぜひ活用してみてください。

ただし、チャージ時の支払いはコンビニ/ATM/ネットバンキングに限られます(クレジットカードは不可)。クレジットカードのポイントと二重取り…というのは出来ない仕組みなっているのと、ポイントの付与は翌月中旬頃になることは注意してください。

iPad/iPad Proにおすすめの周辺機器アクセサリーまとめ

以下のジャンルに分けて紹介していきます。下のリンクをクリックすれば、該当箇所にジャンプできます。

Smart Keyboard/Bluetoothキーボード/マウス

まず紹介したいiPadアクセサリーが、Smart Keyboardといったキーボードです。ちょっとした文字入力であれば、画面上に表示させて使用する「ソフトウェアキーボード」で十分ですが、ブラインドタッチが難しいので長文となると厳しいですよね。がっつり文字入力するのであれば、Smart keyboardといった外部キーボードが必要不可欠です。

ここでは、iPadに接続して使用できる外部キーボード、そしてマウスをご紹介します。

Smart Keyboard/Smart Keyboard Folio/Magic Keyboard

iPad向けに用意されているApple純正キーボードは、「Smart Keyboard」「Smart Keyboard Folio」「Magic Keyboard」の3種類。どのキーボードがどのiPadモデルに対応しているかが少しわかりにくいと思いますので、まとめてみます。

現行のラインアップでいえば、iPad mini(第5世代)以外はSmart Keyboard(Folio)もしくはMagic Keyboardに対応しています。

これらに共通するのは、iPadのSmart Connector経由での接続となり充電が不要、さらにペアリング設定も不要であること。マグネットでくっつければすぐに使い始められます。

Smart Keyboard iPadでくっつけるだけで即使える状態に
iPadでくっつけるだけで即使える状態に

そしてUS(英語)配列だけでなくJIS(日本語)配列を選べることもポイントです。通常、iPadにサードパーティ製のJISキーボードを接続すると、USキーボードとして認識されてしまい、キートップに印字されている記号と異なる記号が入力されてしまう、ということが起きます。JIS配列のキーボードを選択したい場合は、特にApple純正キーボードがおすすめです。

ひとつ難点を挙げるとすれば、重くなってしまうということです。例えば、11インチiPad Pro向けのSmart Keyboard Folioの重量は「301g」、11インチiPad Proの重量「473g」と合計すると、「774g」と長時間片手持ちするにはしんどい重さ。

マグネット式でかんたんに脱着できるとはいえ、持ち運びを想定してもうちょっと軽くしてくれれば……という思いはありますが、重量以外は概ね満足しています。環境を選ばずどこでもさっと広げて快適に文字入力できるのは素晴らしい!

使用環境に応じて選びたいBluetoothキーボード

自宅や職場など、使用環境によっては「iPadスタンド+Bluetoothキーボード」というスタイルもありです。このスタイルであれば、普段使い慣れたキーボードを使えるので文字入力も捗ります。

iPadスタンド+Bluetoothキーボードスタイルもあり!
iPadスタンド+Bluetoothキーボードスタイルもあり!

Lightning – USB 3カメラアダプタ」などを使えば、有線キーボードも使用できますが、Bluetoothキーボードのほうが配線要らずで便利です。

上でも書きましたが、サードパーティ製のJISキーボードだとUSキーボードとして認識されてしまうことがあります。JISキーボードを使いたい場合は、Smart Keyboardを選ぶか、Mac向けの「Magic Keyboard」を使う方法もあります。iPad Pro向けと区別して「Mac向け」と書いていますが、通常のBluetoothキーボードと同じように、MacだけでなくiPhoneやiPadなど他のデバイスにも接続できます。

iPadでもマウスが使えるようになった

2020年3月の新型iPad Proと同時にiPadOS 13.4がリリースされました。ついにiPadにマウスが接続できるようになり、「Magic Mouse 2」はもちろん、Macユーザーではお馴染みの「Magic Trackpad 2」も接続できるようになりました。

iPadでもマウスが使えるように!
iPadでもマウスが使えるように!

厳密に言えば、以前からもマウスを接続することはできました。しかし、アクセシビリティの機能のひとつとして用意されていたこともあって、設定が非常に面倒。実際にiPadにマウスを接続して活用していたという人は少ないのではと思います。

iPadOS 13.4では、Bluetoothキーボードを接続するのと同じ感覚でマウスを接続できるようになりました。ポインタ表示に関する細かな設定ができたり、マウス接続時の挙動もより分かりやすくなっています。

iPadでマウスを使ってみて、マウスが活躍してくれる場面は限定的だと感じました。ほとんどの場合、タッチ操作で済んじゃいますからね。ただ、外部キーボード使用時や細かい操作が必要になる画像編集を行うときなど、マウスがあることで捗ることも少なくありません。

基本的にBluetooth接続に対応しているマウスならiPadへの接続が可能です。アダプタを使えば有線マウスも使えます。一度お手持ちのマウスを接続し、使用感を確かめてみてください。

僕はLogicoolの「MX Masterシリーズ」を長く愛用しています。マウスは使い手の好みによるところが大きいですが、接続先切り替えもかんたんで使い勝手のいいマウスなのでご紹介しておきます。

⇒ 目次に戻る

Apple Pencil関連アクセサリー

2019年3月に発売されたiPad Air(第3世代)、iPad mini(第5世代)、そして2019年9月に発売されたiPad(第7世代)が出そろったことで、現行のすべてのiPadモデルがApple Pencil対応となりました。

Apple PencilでiPadの幅が広がる

Apple Pencilは従来のペンとは比べものにならないほどの使いやすさが魅力です。ペン先と描写のラグが少なく、メモやノートを取るにしても、イラストを描くにしても大活躍してくれること間違いありません。「Apple Pencilが使えるからiPadを選んだ」という人も少なくないはず!

第1世代・第2世代Apple Pencil

Apple Pencilには第1世代と第2世代の2種類あります。

上:第2世代Apple Pencil 下:初代Apple Pencil
上:第2世代Apple Pencil 下:第1世代Apple Pencil

それぞれに対応するiPadモデルは以下のとおりです。

第1世代と第2世代の主な違いは「充電方法」です。第1世代はLightningコネクタによる充電ですが、第2世代はiPad側面にある磁気コネクタにマグネットでくっつけて充電します。ペン先と描写のラグは第2世代のほうが少ないですが、第1世代でも十分すぎるほど優秀です。

僕自身は絵を描かない(描けない)ので、Appel Pencilの用途はもっぱらメモやノート。フリーで配布されている手帳のリフィルのデータをノートアプリ「Noteshelf」に取り込み、予定やタスクを書き込んでいます。書き込んだ内容はデータとして残るので見返すのもかんたんですし、iPhoneやパソコンと同期させれば、デバイスを問わず参照できます。そして、やっぱり手書きはいいですね!スケジュール管理はアプリで済ませてしまうほうが便利だったりしますが、アイデア出しなどのクリエイティブな作業は手書きのほうが捗ります。

Apple PencilはiPadを購入したならまず検討したいアクセサリーのひとつです。iPadユーザーはチェック必須です!

Apple Pencilでできることは、以下の記事まとめています。ぜひApple Pencil活用のヒントにしていただければと思います。

Apple Pencilケース

Apple Pencilを持ち出す際にあれば便利なのがApple Pencilケース。第2世代はマグネットでiPad Pro本体にくっつきますが、そのまま持ち運ぶとなると外れてしまったりするので、Apple Pencilケースがあれば便利です。

BelkinのApple Pencilケース
BelkinのApple Pencilケース

このBelkinのApple Pencilケースは、Apple Pencil本体のほかにLightningケーブルや替えのペン先などを収納しておけるポケットが搭載されています。

BelkinのApple Pencilケース 2
Apple Pencilチップやアダプタ、ケーブルも収納しておける

僕も気に入って使っているアイテムのひとつ。Apple Pencil周りのものを収納しておけ実用的ですし、薄くカバンにもスルッと入ってくれるので重宝しています。第1世代・第2世代とも対応しています。

Apple Pencilクリップ

Apple Pencilを胸ポケットやカバンの中にペンホルダーに固定させられるクリップ。「りんごのへた」というネーミングなかなかかわいい。

胸ポケットなどに固定できるApple Pencilクリップ
胸ポケットなどに固定できるApple Pencilクリップ

クリップがあることでポケットだけでなくiPadケースに固定したり、便利な場面はいろいろとあります。ちょっとしたものですが、なかなかのアイデア製品ですね!

紙のような書き味に変化する「ペーパーライクフィルム」

「ペーパーライクフィルム」とは、フィルム表面に特殊な加工が施され、Apple Pencilの書き味が紙のように変化する保護フィルムのことです。

ペーパーライクフィルムは想像以上に「紙」だった
ペーパーライクフィルムは想像以上に「紙」だった

実際に体験してみると分かりますが、その書き味は思っていた以上に「紙」です。本来の書き味はツルツル、カチカチ、といった感じですが、ペーパーライクフィルムを貼ると、ペン先にほどよい抵抗がかかり、紙に書いているかのような書き味に変化します。

ペーパーライクフィルムは、アンチグレア(反射防止)フィルムのように貼ると白くかかったようになりクリアさにかけてしまうというデメリットがあります。しかし、格段にペン先をコントロールしやすくなるので、Apple Pencilを駆使する人にはぴったりです。

おすすめは以下のペーパーライフィルムです。各iPadモデルに対応するフィルムがあります。

Apple Pencilチップ(ペン先の替え)

Apple Pencilのペン先部分は、反時計方向に回してかんたんに取り外すことができ、すり減った際に交換できるようになっています。ペン先は使っていくうちに磨耗していき、摩耗が進んでいくと最終的に金属部分が見えてきてしまいます。ディスプレイに傷がついてしまう原因となるので、ある程度すり減ってきた段階でペン先を交換するようにしましょう。

Apple Pencil関連のアクセサリーについては、以下の記事にもまとめています。

⇒ 目次に戻る

保護ケース/保護フィルム

「傷なんて気にしない!」なんていうワイルドな方は除くとして、長年iPadを使ってきて「やっぱり保護はしておくものだな」と感じています。いくら傷に気をつけながら使っていても、どうしても小さい擦り傷がついてしまいます。

「できるだけ長くキレイな状態で使い続けたい」ということなら、保護ケースや保護フィルムといった保護アイテムが必須です。

定番のApple純正ケース「Smart Cover」と「Smart Folio」

iPadケース・カバーといえば、やはりApple純正ケースの「Smart Cover」と「Smart Folio」が定番です。

Apple iPad Smart CoverとSmart Folio
「Smart Cover」と「Smart Folio」

iPad/iPad Air/iPad mini向けに用意されいているSmart Coverは、ディスプレイのみを保護するフラップケース。iPad Pro向けのSmart Folioは背面とディスプレイを保護する手帳型ケースです。

どちらもマグネットでiPadに装着、2段階の角度から調節できるスタンド機能、フラップの開閉で自動的にディスプレイがオン/オフになるオートウェイク/スリープ機能を搭載します。非常にシンプルなデザインと機能ですが、iPadケースとしての機能はしっかり果たしてくれます。

Apple純正ケースは価格こそ高いですが、洗練されたデザインと高い品質が魅力です。チェックしておいて損はありません。

コスパを求めるなら、サードパーティ製iPadケースがおすすめです。定番ケースからユニークなケースまで、さまざまなiPadケースが揃っています。

個人的におすすめしたいのは、フラップのないシンプルケースです。フラップを開閉する手間がなく、すぐに使い始められます。このタイプは軽量なケースが多いので、片手持ちするときも負担になりません。ただ、ディスプレイ部分をカバーすることができないので、保護フィルムやスリーブケースとの併用がおすすめです。

iPadをよく外に持ち出すということであれば、全面を保護してくれる手帳型ケースが最適です。スタンド機能に加え、カードを収納できるものがあったりして便利です。「どういったシーンでiPadを使うことが多いか」をしっかり考慮することが、iPadケース選びのコツです。

iPad各モデルに対応するケースについては、以下でまとめていますので、ご参考にどうぞ!

ディスプレイを守る保護ガラスフィルム

ディスプレイを保護してくれるフラップ付きの手帳型ケースの場合は、保護フィルムは必須ではないもしれません。

しかし、フラップがないタイプのケースを使っていたり、スリーブケースなどに入れて裸でiPadを使う場合は、保護フィルムを貼っておくことをおすすめします。もちろん、手帳型ケースを使っている場合も保護フィルムを貼っておくこと越したことはありません。フラップが閉じたまま落下してくれるとは限りませんからね。

iPadのディスプレイには傷に強い強化ガラスが採用されています。それでも、まったく傷がつかないわけではありません。特に小さい擦り傷なんかは、意外とかんたんについてしまいます。やはり、傷をつけたくないということであれば、保護フィルムをおくことをおすすめします。

iPad用の保護フィルムはキャリアショップや家電量販店でも多く売られています。しかし、ネットで購入してしまったほうが安いことがほとんど。保護フィルムは消耗品であることを考えると、少しでも安く購入できるネットでの購入がおすすめです!

人気の「iPad保護フィルム」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

⇒ 目次に戻る

USB充電器/モバイルバッテリー/充電ケーブル

続いては、iPadにとっては必須の電源関連アクセサリーをご紹介。特に注目したいのは、iPadが対応する急速充電規格「USB PD(Power Delivery)」です。

iPadからこそ活用したい急速充電「USB PD」

大容量バッテリーを搭載し充電に時間がかかるiPadだからこそ、高速に充電できる急速充電が便利です。急速充電を活用すれば、「iPadの充電がなかなか終わらない!」なんてこととはおさらばです!

iPadが対応している急速充電規格「USB PD」は、以下のモデルが対応しています。

  • iPad Air(第3世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Pro 10.5
  • iPad Pro 11(第1/2世代)
  • iPad Pro 12.9(第2/3/4世代)

「どれぐらい充電速度が速いのか」ということですが、USB PD対応の30W充電器と、iPad mini(第5世代)付属の12Wアダプタを使って、30分間の充電でどれほど充電速度に差がでるかを計測してみました。

USB PD充電器(30W)とApple 12Wアダプタの充電速度比較
USB PD充電器(30W)とApple 12Wアダプタの充電速度を比較!

結果は以下のとおりです。

30分間の充電で、バッテリー残量に11%の差が出ました。たった30分間の充電でこれだけの差ですから、フル充電までとなると大きな差になります。体感的にもずいぶんと違います。

なお、iPadでUSB PDによる急速充電を行うには、USB PDに対応したUSB-C充電器、そしてUSB PDに対応した充電ケーブルを用意する必要があります。まずはおすすめUSB PD対応充電器をご紹介しましょう。

コンパクト、でもパワフルなUSB PD充電器

USB PDに対応したUSB-C充電器はたくさん販売されていますが、特におすすめしたい製品がAnkerの「PowerPort Atom III Slim」です。

AnkerPowerPort Atom III Slim
折りたたみ式プラグで超コンパクトなPD充電器

30WとiPadの充電に十分なパワーがありながら、約1.6cmと驚異の薄さ。重量も約57gと軽く、持ち運びも苦になりません。同じ30WのApple純正のUSB-C充電器と並べてみるとこんな感じ。

Apple 30WアダプタとAtom III Slimの大きさ比較
Apple 30WアダプタとAtom III Slimの大きさ比較

これだけサイズが違うのに、パワーは同じ30W。このサイズなら小さめのカバンにもすっぽり入りますし、なんならタイトめのジーンズのポケットにも入ってしまうほどのサイズです。旅行や出張時に荷物になりがちなUSB充電器ですが、これなら荷物になりません。コンパクトさとパワーを兼ね備えたイチオシUSB充電器です!

車内でもiPadを急速充電できるように、同じAnkerのUSB PD対応カーチャージャーを常備しています。

車内には「PowerDrive Speed+」を常備
車内にはUSB PD対応の「PowerDrive Speed+」を常備

iPadで充電したいシーンでは、たいていの場合、急いでいることが多いんですよね。そんなときにサクッと充電できるUSB PD対応カーチャージャが非常に便利なのです。

USB PD対応充電器は、iPadユーザーにとっては必須です!

人気の「USB PD対応充電器」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

ひとつあれば便利な複数ポート搭載の充電器

僕が自宅で愛用しているUSB充電器がこちらです。

Anker PowerPort+ USB-C Power Delivery
Anker PowerPort+ USB-C Power Delivery

USB PD対応のUSB-Cポート(最大30W)を搭載し、さらに最大2.4AのUSB-Aポートを4つ搭載、各ポートで合計で最大60Wまで充電可能なUSB充電器です。電源ケーブルを接続する「据え置きタイプ」なので、デスクの上やベッド脇などおきたい場所まで持ってこれるというメリットがあります。

iPadだけでなくスマホやイヤホン、モバイルバッテリーと、なにかと充電が必要なものは多いですが、急速充電に加え複数のデバイスを同時に充電できるUSB充電器があれば便利ですよ!

持っていれば心強い大容量モバイルバッテリー

USB PDといえば、モバイルバッテリーもUSB PD対応の製品がおすすめです。iPadを充電することを考えると、20000mAh超えのモバイルバッテリーなら心強いですね!20000mAhあれば、iPad(第7世代)を約1.7回フル充電できる計算です(7掛けで計算)。

このRAVPowerのモバイルバッテリーなんかはおすすめです。30W出力で価格と性能を見るとコストパフォーマンスは抜群ですね!一点注意しておきたいのは、モバイルバッテリー自身を充電する際に必要になるUSB PD対応アダプタは付属されていないことです。もちろんすでに持っていればアダプタは不要です。

「Anker PowerCore+ 26800 PD」は僕が愛用している大容量モバイルバッテリー。価格帯は高めですが、USB PD対応アダプタ(30W)が付属されていることを考えると、そう高いという訳ではありません。

Anker PowerCore+ 26800 PD
iPadを2回以上フル充電できるモバイルバッテリー

26800mAhもの大容量モバイルバッテリーとなると、iPad(第7世代)を2回以上フル充電できる計算になります。2泊ぐらいの旅行であれば、これひとつでスマホもiPadも対応できます。

人気の「大容量モバイルバッテリー」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

必要に応じて複数用意しておきたい充電ケーブル

自宅や職場、車内など場所を変えてiPadを活用するのであれば、予備の充電ケーブルを用意しておいたほうが便利です。

その際はApple純正ケーブルを買い足すよりも、価格・機能面にメリットがあるMFi認証(Appleによる認証)を取得したサードパーティ製ケーブルがおすすめです。安価で耐久性に長けたケーブルがたくさん販売されています。

こちらなんかは安価で耐久性が高くおすすめです。

USB PDに対応したケーブルは以下がおすすめ。僕自身が愛用しているケーブルです。

エレコムのUSB-Cケーブルは5A対応(USB PD対応USB-Cケーブルには3Aと5Aの2種類ある)とiPadの充電だけであればオーバースペックですが、パソコンを充電したいときにも使えますし、価格もそう変わらないので5Aケーブルを使っています。

エレコムの5A USB-Cケーブル
エレコムの5A USB-Cケーブル

いたって普通のUSB-Cケーブルですが、「普通に使える」ということがもっとも大事。エレコム社製で安心して選べます。

⇒ 目次に戻る

その他Lightning・USB-C関連アクセサリー

続いては、電源関連以外のLightning/USB-Cアクセサリーを紹介していきます。Lightning/USB-C関連のアクセサリーを使いこなすことで、もっともっとiPadが便利になりますよ!

SDカード内の画像・動画は直接iPadに取り込み

僕自身もそうなのですが、一番多い用途がコレです。

SDカード内の写真・動画をiPadに直接取り込む
SDカード内の写真・動画をiPadに直接取り込む

「Lightning – SDカードカメラリーダー」を使えば、SDカードから画像・動画データを直接iPadに取り込めます。接続すると写真アプリが起動され、SDカード内のデータが表示され、iPadに取り込む写真・動画データを選択できるようになります。

例えば、デジカメやムービーで撮影した画像や動画を出先で確認したい場合。データをSDカードからiPadに取り込めば、写真や動画の仕上がりを確認できます。さらにそのままiPadで画像編集、動画編集してしまうことも可能。iPad版の「Photoshop」や「Lightroom」でもパソコンと同レベルの編集が行えますし、iPadがあればわざわざパソコンを持ち出す必要はありません。

USB-Cポートを搭載するiPad Proの場合は、「USB-C – SDカードリーダー」が使えます。

そのほか一般的な「USB-Cハブ」も使えるので、microSDカードやUSBメモリなどを接続したりとSDカード以外も接続したい場合はこっちのほうが便利ですね。Apple純正でも「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」が用意されていますが、USB-Cハブならサードパーティ製の製品のほうが安く高性能です。

おすすめのUSB-Cハブを紹介しておくと、僕が愛用しているものがこちらです。

SD/microSDカードスロットのほかに、4K HDMIポート、USB-Aポート、パススルー充電対応でUSB-Cハブを使用しながらiPad Pro本体を充電できるUSB-Cポートを搭載しています。

デジカメやアクションカムといったカメラは、特にiPadと相性がいいと思っています。iPadに取り込めばiCloud経由でiPhoneやMacにも同期され、どのデバイスでも閲覧・編集が可能になります。ぜひSDカードリーダーやUSB-Cハブを活用してみてください!

iPadは外部ストレージでの読み書きに対応

SDカードだけでなく、iPadにはUSBメモリといった外部ストレージをiPadに接続することもできます。iPadOS/iOSのアップデートにより、データの読み込みや書き込み、圧縮といったファイル操作ができ、よりパソコンライクな使い方ができるようになりました。

最新iPadOSでは外部ストレージへの読み書きが可能に!
最新iPadOSでは外部ストレージへの読み書きが可能に!

かんたんなデータの受け渡しであれば、パソコンなしでiPadで済んじゃいますね。便利になりました。いまはクラウドストレージサービスが充実しているので、USBメモリの出番は少なくなりましたが、それでもちょっとしたデータの受け渡しには便利です。

Lightningポートを搭載するiPadであれば、「Lightning -USB3カメラアダプタ」がおすすめです。

USB-Aポートのほかに、電源供給用のLightningポートが搭載されています。なかには電力不足で正常に動作してくれないUSBメモリや外付けHDDがあったりしますが、これならOKです。

iPadの画面を外部ディスプレイに出力

使える場面は限られているかもしれませんが、「Lightning – Digital AVアダプタ」を使えば、iPadと外部ディスプレイをHDMIケーブルで接続、映像を出力することができます。iPad Proなら「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」ですね。

外部ディスプレイに接続してのミラーリングは、ビジネスシーンで役立つ場面がありそう。セカンドディスプレイに対応しているアプリであれば、iPadと出力先のディスプレイ別々の映像を映し出すことができます。

⇒ 目次に戻る

AirPods/Bluetoothスピーカー

AirPodsといった音楽関連アクセサリーもiPadには欠かせません。

USB-Cポートを搭載したiPad Proには、ヘッドホンジャックが搭載されていません。「USB-C – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」を用意すれば有線イヤホンを使えますが、やはりおすすめはワイヤレスイヤホン。コードが絡まってイライラ……なんてことはないですし、コードに耳を引っ張られるストレスもありません。

AirPods/AirPods Pro

iPadで使うワイヤレスイヤホンといえば、まず紹介すべきは「AirPods」でしょう。現在のAirPodsのラインアップは3種類。

上のふたつは充電ケースがQiワイヤレス充電に対応しているかどうかの違い。イヤホン自体は同じです。スマホ用にQiワイヤレス充電器を常用している人であれば、同じ充電器でAirPodsケースも充電できるので便利です。

AirPods(第2世代)はQiワイヤレス充電に対応(with Wireless Charging Case)
AirPods(第2世代)はQiワイヤレス充電に対応(with Wireless Charging Case)

ただ、ワイヤレス充電は必須かどうか、と言われれば、必須ではないと感じます。AirPodsの可能再生時間はケース込みで最大24時間と長く、頻繁に充電が必要になることがないのと、そう大きいバッテリーを搭載しているわけではないので、充電時間も短め。実際に僕はワイヤレス充電対応のAirPodsケースを使っていますが、ワイヤレス充電でなくLightningケーブルで充電してしまうことが多いですね。

そしていま誰もが気になるのが、AirPodsとして初めてノイズキャンセリングに対応したAirPods Proでしょう!

AirPods Proのノイキャン性能は凄かった!
AirPods Proのノイキャン性能は凄かった!

AirPods Proはカナル型(耳栓型)のワイヤレスイヤホンで、他社イヤホンい負けない、むしろ上回るほどの高いノイキャン性能が魅力。非常に評価が高いSONYのノイキャンイヤホン「WF-1000XM3」と比べても、ほぼ同等のノイキャン性能。SONYのノイキャンは歴史があるにもかかわらずです。

両者を聴き比べてみると、利用シーンによってはWF-1000XM3のほうがノイキャンが効いている気もしますが、それもわずかな差。装着時の圧迫感はWF-1000XM3のほうが強いので、自然とAirpods Proに手が伸びる回数が増えます。この辺については以下の記事で紹介していますので、興味がある方は参考にしてください。

一番使用頻度が高いのはAirPods(第2世代)

AirPods(第2世代)、AirPods Pro、WF-1000XM3のなかで、僕自身一番使用頻度が高いのは、実はAirPods(第2世代)だったりします。

左からAirPods(第2世代)、AirPods Pro、SONY WF-1000XM3
左からAirPods(第2世代)、AirPods Pro、SONY WF-1000XM3

いずれのイヤホンも音の遅延が少なく、iPadでの動画視聴も快適。どれも甲乙付け難いところですが、AirPods(第2世代)の装着感の軽さが気に入っています。カナル型ではなく外部の音が自然に入ってくるインイヤー型なので、圧迫感は皆無。着けていることを忘れるほどです。

カナル型の圧迫感が苦手な人は、意外と多いのではないでしょうか。結局よく使うのは、着けていて楽なイヤホンだったりするので、その辺も考慮して選んでいただければと思います。

iPadにBluetoothスピーカーを接続

iPadは屋内で使用することが多いことを考えると、BluetoothスピーカーもiPadで使いたいアクセサリーのひとつです。

iPadのスピーカー性能も着実に上ってきているとはいえ、やはり独立したBluetoothスピーカーには勝てません。YouTubeを観る程度であれば内蔵スピーカーで十分かもしれませんが、映画やドラマを観るならいい音で聴きたい!

Ankerの「SoundCore 2」はその優れたコストパフォーマンスから大人気のBluetoothスピーカー。12Wと普段使いでは十分な出力と、IPX7防水でアウトドアシーンにも持ち出せる防水性能、そして最大24時間連続再生が可能なタフなバッテリーが特徴です。

iPadにスマートスピーカーという選択もあり

Appleのスマートスピーカー「HomePod」
Appleのスマートスピーカー「HomePod」

Appleのスマートスピーカー「HomePod」は、Siriを搭載した360°全方向タイプの高音質スマートスピーカー。搭載された6つのマイクなどにより、置かれた環境の音響特性を分析し、自動的に最適な音を届けてくれます。

実際に愛用中ですが、確かに音質は素晴らしく、数あるスマートスピーカーのなかではトップクラスであることは間違いないでしょう。「Hey Siri」の呼びかけにもよく反応してくれますし、iPhoneからiPadへ、iPadからMacBookへといった接続切り替えもシームレスに行えます。この辺はAirPodsと同じですね、Apple純正製品だからこそ実現できるメリットがあります。

HomePodを2台用意してステレオ環境を構築する、なんてことも可能ですが、HomePodを選ぶネックになりやすいのは価格。32,800円(税別)とスマートスピーカーとしては高価です。しかし、実際にその音を聴いてみると決して高すぎるわけではないと感じます。興味がある方は、Apple Storeなどで実際に音を聴いてみてもいいでしょう。

人気のスマートスピーカー「Amazon Echo」
人気のスマートスピーカー「Amazon Echo」

スマートスピーカーといえば、Amazonの「Echoシリーズ」も人気があります。「Amazon Music Unlimited」と連携させれば音声で好きな曲やプレイリストを再生できます。Amazon Echoは単純にBluetoothスピーカーとしてiPadに接続することもできます。

Amazon EchoはHomePod比べても価格も安く、お手軽モデルから高音質モデルまでラインアップも豊富です。iPadに接続するBluetoothスピーカーを検討しているなら、ぜひスマートスピーカーも検討してみてください。

⇒ 目次に戻る

iPadスタンド/車載ホルダー

必須ではありませんが、あれば便利なアイテムが「iPadスタンド」 と「車載ホルダー」です。スタンド機能はiPadケースにも搭載されていたりしますが、高さや角度を自分好みに調節でき、縦置きもできるiPadスタンドがあればなにかと重宝します。

筆者お気に入りのiPadスタンド

僕が普段から愛用しているiPadスタンドがこちらです。

未使用時は折りたたんでおけるSatechiのアルミニウムスタンド
未使用時は折りたたんでおけるSatechiのアルミニウムスタンド

Satechi(サテチ)のスマホ・タブレットスタンドなのですが、程よく重量があり、11インチiPad Proを乗せても安定感があります。12.9インチでもまったく問題ないでしょう。アルミニウム素材で見た目も高級感があり、デスク脇に置いても映えるデザイン。

未使用時は上のようにコンパクトに折りたたんで置けます。使わないときにコンパクトにしておけるというのは、意外とポイントになるところだったりします。

以下の記事で、お手軽に選べるiPadスタンドから、ユニークなスタンドまで幅広くご紹介しています。

車載ホルダーでiPadをカーナビとして活用

車載ホルダーを使えば、iPadをカーナビとして活用するときにも捗ります。

スマホでカーナビアプリを愛用している人は多いと思いますが、スマホだと地図や文字が小さく、醜いと感じる人は多いはずです。そんな時はiPadでカーナビアプリを使用すれば、万事解決です!

「Yahoo!カーナビ」や「ナビタイム」など、最近のカーナビアプリはとても賢く操作性もいいですよね。それに対し車載のカーナビはルート案内が微妙だったり、使い方にクセがあったりと、使いにくいと感じることは少なくありません。

ナビが優秀で僕自身も愛用している「カーナビタイム」
ナビが優秀で僕自身も愛用している「カーナビタイム」

こんな感じでiPadをセットすれば、カーナビアプリの使用も快適です。僕自身は「Apple CarPlay」をよく使用しているのですが、ロングドライブ時はこのようにiPadをセットして、同乗者に動画を見てもらっています。

iPadで使える車載ホルダーはたくさんあります。僕が使っている車載ホルダーはCD/DVDスロットに固定できるタイプ。

ダッシュボードに吸着させて固定するタイプだと、使っているうちに落下したり、運転中の視界を妨げることがあったりとストレスが多いので、僕はこのタイプを選びました。

ヘドレストに固定できる車載ホルダーを使えば、iPadをリアモニター風に使うことができます。ロングドライブ時に子供がぐずったときなんかに、こいったアイテムがあれば便利ですよ。

車載ホルダーをはじめ、iPadを車で活用するためのアクセサリーは、以下の記事でまとめています。

⇒ 目次に戻る

Apple TVで写真・動画をリビングで楽しむ

iPadにおすすめのアクセサリーという意味では、少しずれているかもしれませんが、Apple TVは非常に便利なので、ぜひ紹介させてください!

Apple TV 4K
Apple TV 4K

Apple TVをテレビやモニターに接続することで、NetflixやHuluといった動画配信サービスを楽しんだり、iCloudにアップロードされた写真や動画を映し出したりすることができます。iPadとの連携でいえば、iPadの画面をテレビにミラーリングしたり、iPadをApple TVのリモコンとして操作したり、ということが行えます。

Apple TVには「Apple TV HD」と「Apple TV 4K」の2種類あり、違いはその名前のとおりで4Kに対応しているかどうかが主な違いです。4Kテレビを持っている人は当然Apple TV 4Kがおすすめですが、価格差があまりないので近い将来を考えて4Kを選ぶのもありです。

⇒ 目次に戻る

便利なアクセサリーでiPadを徹底活用!

iPad/iPad Proユーザーにとって「これは鉄板だ!」と言えるおすすめアクセサリーから、あれば幸せになれるアクセサリーまで、この記事では幅広くご紹介させていただきました。iPadユーザーからすると、どれも物欲を刺激されるものばかりで注意が必要ですが、どれもおすすめできる製品ばかりです。

特にApple Pencilやキーボード、マウスも要注目ですね!便利なiPadアクセサリーを用意することで、さらにiPad活用の幅が広がります。逆にいえば、iPad活用のためにはアクセサリーが必須だということです。

新型iPad Proの発売と同時にiPadOS 13.4がリリースされました。さらに2020年5月、iPad Pro向けの「Magic Keyboard」が発売されます。マイナーアップデートされ新登場した新型iPad Pro本体よりも、iPadOSやMagic Keyboardのほうが注目されていますよね。

そこで感じるのは、ハード的なiPadの進化よりも、iPadを「なにと一緒にどういうことに使うか」という部分が大事だということです。iPadが便利に使えるのは、便利なアプリや便利なアクセサリーがあってこそ。そういう意味では、iPadアクセサリー選びは超重要です。ぜひこの記事を参考に、あなたの利用シーンに合ったアクセサリーを選んでみてください!

iPadユーザーのあなたには、こちらの記事もおすすめです!合わせてご覧ください!

コメント