【2021年】iPad Pro 12.9インチ 第5世代向けケース・カバーおすすめ10選

【2021年】iPad Pro 12.9インチ 第5世代向けケース・カバーおすすめ10選

2021年5月に発売となった新型iPad Proの最大の注目ポンイトは、間違いなく「M1チップの搭載」でしょう。iPad Proはラップトップ並み、もしくはそれ以上の性能を手に入れたわけですが、個人的には楽しみにしていたのは「iPad Pro 12.9インチのみに搭載される「Liquid Retina XDRディスプレイ」です。

Liquid Retina XDRディスプレイでHDRビデオを再生したときのキレイさは圧巻。「これは凄まじいな」とビックリしました。Liquid Retina XDRディスプレイの搭載が、11インチではなく12.9インチを選ぶ理由になった、という方は僕だけではないはずです。

さて、今回は「iPad Pro 12.9インチ向けのケース・カバー」について。ご存知のとおり、iPad Pro、特に12.9インチは非常に高額です。落としてしまい損傷してしまった……なんてことになれば大変です。

本記事では、iPad Pro 12.9インチだからこそチェックしておきたいケース選びのポイント、そしておすすめケースについてまとめています。「まさにいまiPad Pro 12.9インチ向けのケースを探している!」という方は、ぜひこの記事を参考にあなたにあったケースを見つけてみてください!

【iPad Pro12.9インチ】ケース選びのポイント

まずはケース選びのポイントからご紹介していきましょう!

⇒ 「iPad Pro12.9インチ向けケース おすすめ10選」にジャンプ

使い勝手に関わる「ケースの重量」をチェック

iPad Pro 12.9インチを持ってみて感じるのは、そのずっしりとした重量。大型タブレットということもう、重量は682g(Wi-Fi+Cellularモデルは684g)となかなかの重さです。

AppleのiPad向けキーボードケース「Smart Keyboard Folio(約410g)」を装着すると、iPad Pro 12.9インチとの合計重量は約1,094gと1kg越え。外に持ち出すとなると躊躇するほどの重さです。

  • 手持ちした状態で使用することが多い
  • 頻繁に持ち運ぶ

「基本的にどこかに置いた状態で使用する」という場合は気にしなくてOKですが、上に当てはまる場合はケースの重量は超重要です。「ケースの重量」は、そこそこ重いiPad Pro 12.9インチだからこそ気にしておきたいポイントです。

「スタンド機能」も大事!

デスクの上など、どこかに置いて使われることが多いiPad Pro 12.9インチにとっては、「スタンド機能」も大事なポイントです。

その人の使い方にもよりますが、スタンド機能は本当によく使います。フラップの付いた手帳型ケースであれば、ほとんどの場合スタンド機能があります。スタンド機能の有無だけでなく、「どれくらいの範囲で角度調節できるか」や「何段階で角度調節できるか」についてもチェックしておきましょう。

その他チェックしておきたいポイント

そのほかチェックしておきたいポイントは以下のとおりです。

  • ケースのタイプ(手帳型・背面ケース、キーボードケースなど)
  • ケースの素材(TPU・シリコン・ポリカーボネート・レザーなど)

おすすめのケースのタイプは、ディスプレイを含め全体をしっかり保護できる「手帳型ケース」。文字入力する機会が多いのなら、キーボードが一体になった、もしくはキーボードを装着できるキーボードケースがいいでしょう。

本記事ではおすすめケースをさまざまタイプからピックアップしています。ぜひ参考にしていただき、あなたに合ったケースを見つけてください!

iPad Pro 12.9インチ向けケース おすすめ10選

それでは本題、おすすめのiPad Pro 12.9インチ向けケースをご紹介していきます!

【Apple】Smart Folio

まずご紹介するのは、定番のApple純正ケース「Smart Folio(スマートフォリオ)」です。フラップがついた手帳型ケースで、フラップを折り畳むようにしてスタンド機能を使用します。

Apple Smart Folio iPad Pro 12.9インチ
Smart Folioは薄く軽量!(上のカラーは「マラードグリーン」)

Smart Folioの魅力はこの薄さです。手帳型ケースはフラップがあるぶんどうしてもかさばりがちですが、Smart Folioならケースの厚みをほぼ感じることなく使用できます。重量も約251gと手帳型ケースとしては軽く、持ち運び時の邪魔になることはありません。

ただ、価格は11,800円(税込)とはっきり言ってコスパはよくありません。ただ使ってみて分かる品質の高さやキレイなカラーはApple純正ケースならではのものがあります。

ここがポイント!
  • Apple純正の定番手帳型ケース
  • スリムで軽量(約251g)
  • スタンドとしても使える三つ折りフラップ
  • 第3世代/第4世代/第5世代に対応
  • ブラック/ホワイト/ネイビー/マラードグリーン/エレクトレックオレンジ

【Apple】Smart Keyboard Folio

「iPad Proにキーボードを接続したい」という方に、まっさきにおすすめしたいケースが「Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)」です。その理由をまとめると、

  • iPadOSに最適化されたキーボード配列
  • Smart Connector接続で装着すればすぐに使い始められる
  • キーボードスタイルとタブレットスタイルをかんたんに切り替えられる

こんな感じですね。Smart Connector接続でとにかく楽チンですし、使用スタイルをかんたんに切り替えられることもSmart Keyboard Folioの良さです。もちろん、持ち運び時には背面とディスプレイをしっかり保護してくれケースとしてもしっかり使えます。

ただし、Smart Keyboard Folioを選ぶときにはある程度の重量を許容しなければいけません。重量は約410gで、iPad Pro本体の重量と合わせると約1.09kgにもなります。個人的には「キーボードが付いてこれくらいの重さならいいかな」と思える範囲ではあります。

Apple Smart Keyboard Folio iPad Pro 12.9インチ
多少の重さは気になるが、キーボードとしては文句なし!

軽やかな打鍵感が心地よく、キーピッチも広めでゆったりとタイピングできます。重くなるというデメリットはあるものの、キーボードとしては文句なしですね!

ここがポイント!
  • Apple純正キーボードケース
  • Smart Connector接続でペアリング&充電不要
  • 選べるキーボード配列(JIS/US/UKなど)
  • 2段階で角度調節できる
  • キーボードスタイルとタブレットスタイルをかんたんに切り替えられる
  • 第3世代/第4世代/第5世代に対応

【Apple】Magic Keyboard

大きいディスプレイを搭載するiPad Pro 12.9インチですが、その大きさゆえにタッチ操作に疲れることがあります。画面が大きいということは、見やすいと同時にタッチ操作時の運動量も増えることになりますからね。

トラックパッドを搭載した「Magic Keyboard(マジックキーボード)」なら、ラップトップのようにタッチパッドでポインタ操作できるため、指でのタッチ操作よりも格段にラクに操作できます。

Magic Keyboard iPad Pro 12.9インチ
トラックパッド搭載でのポインタ操作が快適!

ただ、実際に使ってみて感じたのは「Magic Keyboardは人を選ぶ」ということ。

Magic Keyboardを装着したままでは、Smart Keyboard Folioのようにタブレットスタイルで使用できません。iPad Pro本体を取り外す必要があります。Magic Keyboardはマグネットで固定されているので、脱着はかんたんに行えます。ただ、毎度毎度となれば非常に面倒になってきます。

「キーボードも使うけど、手持ちで操作したり平置きして使用することも多い」という方には、Magic KeyboardではなくSmart Keyboard Folioをおすすめします。

人を選ぶと言っても、Magic Keyboardはハマる人にはハマるアイテムであることには違いありません。iPad Proをパソコンライクに活用することが多いということなら、チェックしておいて損はありません!

ここがポイント!
  • Apple純正のトラックパッド搭載キーボードケース
  • 選べるキーボード配列(JIS/US/UKなど)
  • Smart Connector接続でペアリング&充電不要
  • パススルー充電対応のUSB-Cポート搭載(データ転送不可)
  • キーボードバックライト搭載
  • 第3世代/第4世代/第5世代に対応
  • ブラック/ホワイト

新色としてホワイトが登場していますが、ブラックに比べ汚れが目立ちます。気になる方はブラックを選んだほうがいいかも。

【Ztotop】コスパよし!Smart Folio風ケース

「Smart Folioが気になるけど、価格がなぁ……」というあなたには、ZtotopのSmart Folio風ケースをおすすめします。「Smart Folio風」といっても、磁力装着タイプに三つ折りフラップと見た目も機能も本家と同じです。

重量は約340gと本家のSmart Folioよりも90gほど重くはなっていますが、大きい違いを感じるほどではありません。なにより価格がSmart Folioの4分の1ほど。コスパで選ぶならコレです!

ここがポイント!
  • 磁気装着タイプのSmart Folio風手帳型ケース
  • スタンドとしても使える三つ折りフラップ
  • 第4世代/第5世代に対応
  • ブラック/ローズゴールド

【ESR】Apple Pencilホルダー付きSmart Folio風ケース

こちらも同じようなSmart Folio風ケースなのですが、こちらにはApple Pencilのためのホルダーがついています。

Apple Pencil iPad Pro 12.9インチにマグネットで固定
この状態だと、なにかに当たればかんたんに外れてしまう

Apple Pencilの磁力は弱いわけではありませんが、なにかに当たったりするとかんたんに外れてしまいます。iPad Proと一緒にApple Pencilを持ち運ぶ場合は、こちらのようにしっかりとホルダーがついてるものがおすすめです。

ここがポイント!
  • 磁気装着タイプのSmart Folio風手帳型ケース
  • スタンドとしても使える三つ折りフラップ
  • Apple Pencilホルダー付き
  • 第5世代に対応
  • ブラック/グレー/ネイビーブルー/グリーン/ローズゴールド

【Ringke】Apple Pencil収納付きクリアケース

続いてご紹介するのは、iPad Proのデザイン・カラーを隠さないクリアケース。Apple Pencilホルダー付きで、安心して持ち運びできます。

TPUとポリカーボネートの両方を採用したハイブリッド仕様で、米軍MIL規格取得とその高い保護性能はお墨付き。そのぶん若干厚みはありますが、しっかり守れるという点では安心です。

ただ、こちらのケースはフラップのない背面ケース。ディスプレイの傷が気になる方は、ガラスフィルムなどの保護フィルムとの併用がおすすめです。

ここがポイント!
  • iPad Proのデザイン・カラーを隠さないクリアケース
  • TPU + ポリカーボネート採用で高い保護性能(米軍MIL規格取得)
  • Apple Pencilホルダー搭載
  • 2つのストラップホール
  • 第5世代に対応
  • クリア/スモークブラック

【ALLFUN】安価でシンプルなTPUクリアケース

もっとシンプルなケースをお探しなら、こちらのクリアケースはどうでしょうか。透明なTPUクリアケースでiPad Pro本来のデザイン・カラーを隠しません。

価格は約1,200円(記事執筆時点)と安く、気軽に選べることもポイント。「できるだけケースの存在感を感じたくない」という方は、薄型で軽量、存在感なく使用できるこちらのクリアケースをどうぞ!

ここがポイント!
  • 薄型で軽量なTPUクリアケース
  • iPad Pro本来のデザイン、カラーを隠さない
  • 安価で気軽に選べる
  • 第5世代に対応

【ESR】9段階の角度調節が可能な多機能ケース

9段階で角度調節が可能なESRの多機能ケース。有名な「ZUGU CASE」とそっくり……なのですが、ESRのケースは安価で機能も本家に劣らないと評判です。

快適な角度は、デスクの上や膝の上など iPad Proをどの高さに置くのかで異なってきます。キックスタンドをフラップの溝に乗せるようにしてセット、自分好みの角度に調節できます。

ここがポイント!
  • 9段階で角度調節が可能なキックスタンド
  • Apple Pencil収納あり
  • 第5世代に対応
  • グレー/ブラック

【wraplus】選べるデザイン!薄さ0.2mmのスキンシール

こちらはiPad Pro本体に直接貼り付けるスキンシール。ケースではないのですが、iPad Proを保護できるという部分ではケースと同じなのでご紹介します。

厚さわずか0.2mmのスキンシールでサイズ感は良好。スピーカーホールや各ボタン、背面のAppleマークに干渉せず、Smart Connectorにもフィットするのでスキンシールを貼り付けたままSmart Keyboard FoliioやMagic Keyboardを使用することができます。

スキンシールなので耐衝撃には期待できませんが、ひっかき傷を防止するには十分です。「ケースでかさばるのはイヤだけど、傷も気になる」という方は、スキンシールで対応する方法もあります。

ここがポイント!
  • ぴったりなサイズ感が好評なスキンシール
  • 厚さ0.2mmと薄く、Smart Keyboard FolioやMagic Keyboardと併用OK
  • 選べるデザイン
  • 第5世代に対応

【NATIVE UNION】STOW Tablet Sleeve

「iPad Proは裸で使いたい!」という方も、持ち運び時にはスリーブケースに入れておくことをおすすめします。経験上、日常的にiPadを裸の状態でカバンに入れて持ち運んでいると、どう気を付けていても細かな引っ掻き傷がついてしまうんですよね。

こちらのスリーブケースは、Apple公式サイトでも取り扱いのあるもの。いいお値段なのですが、品質がよくおしゃれで、僕自身も気に入っています。

スリーブケースは「13インチのタブレットやラップトップに対応するもの」であれば、基本的にどのようなものを選んでもOKです。なかには収納ポケットがたくさんついた便利なものもあります。

持ち運び時のインナーケースとしてスリーブケースを選ぶのもありです!

ここがポイント!
  • スタイリッシュなスリーブケース
  • 収納ポケットあり
  • 13インチまでのタブレットに対応

人気の「iPad Pro 12.9対応スリーブケース」をチェック!

iPad Pro 12.9インチ向けおすすめケースまとめ

iPad Pro 12.9インチにおすすめのケースをご紹介させていただきました。気になったものはありましたでしょうか?

最後に、記事内でご紹介したケースのなかでも特におすすめの2つを再度ピックアップしましょう。

iPad Pro 12.9インチでキーボードを使いたいのなら、Smart Keyboard Folioを推します。快適に文字入力できることだけでなく、手持ちでのタブレットスタイルにかんたんに切り替えられることがポイントだと思っています。安くない価格ではありますが、Smart Connector接続でとにかく楽チンであることも魅力です。

2つめはZtotopのSmart Folio風ケース。

本家のSmart Folioもいいのですが、やはりネックになるのは価格。こちらのZtotopのケースなら、本家の約4分の1ほどの価格で購入できます。僕自身、同ブランドのケースを何度も購入した経験がありますが、品質が悪いというわけでもありません。

選べるカラーが、現時点でブラックとローズゴールドのみなのは少し寂しいですが、こだわりがなければこちらで必要十分です。

iPad Pro 12.9インチに対応したケースはたくさんあります。「もっと見たい!」という方は、以下からチェックしてみてください!

iPadユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント