iPadはパソコンの代わりにはならない理由。迷ったならパソコンを買うべき!

iPadはパソコンの代わりにはならない理由。迷ったならパソコンを買うべき!

「パソコンの代わりにiPadを買おうと思っているんだけど、大丈夫かな?」

「パソコンの代わりにiPadを買おうと思っているんだけど、大丈夫かな?」

もし友人にこのように相談されたら、「iPadじゃなくてパソコンを買ったほうがいいよ」とアドバイスします。iPadとパソコンは別もの。パソコンライクな使い方をするのであれば、素直にパソコンを買ったほうがいいです。

本記事では「iPadはパソコンの代わり・代替にならない理由」ということで、なぜiPadはパソコンの代わりにはならないのか、iPadの弱みと強みは?というところをご紹介しています。

私はiPadユーザーであるのと同時に、MacBookユーザー、そしてWindowsパソコンユーザーでもあります。それぞれを用途によって使い分けている私だからこそ、お伝えできることがあります。「iPadとパソコンどっちがいいかな?」と検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

目次

iPadは完全なパソコンの代わりにはならない理由

iPadはパソコンの代わりにはなりません。どっちでもできることはあっても、パソコンでしかできないことが多くあります。

iPadとパソコンの守備範囲のイメージ

あくまでもイメージですが、両者の守備範囲はこんな感じ。iPadでしかできないこと(得意なこと)もありますが、したいことによってはパソコンが必要になります。

iPadはざっくりいうと「大きなiPhone」

「iPadって、結局は大きいiPhoneなんでしょ?」と言われると「いやいやiPadだからこそ便利な場面も多いよ!」と思わず反論したくなりますが、ざっくりとらえるとあながち間違いではないと思っています。

スプリットビューやスライドオーバーといったiPadならではの機能もありますが、iPadとiPhoneの操作性はほぼ同じですし、設定や機能も共通する部分が多くあります。

「iPhoneは完全なパソコンの代わりになるか?」というと厳しいですよね。iPadも同じで、ブラウジングや動画視聴、画像編集などパソコンの代わりとなるところもありますが、やはりiPadには超えられない壁があります。

iPadはマルチタスクが苦手

iPadOSの進化でマルチタスク機能が充実していきているとはいえ、「パソコンのように快適にマルチタスク作業ができる」というレベルには達していません。スプリットビューやスライドオーバーなどを活用すれば、2つのアプリを同時に表示・操作できるものの、頻繁にアプリを切り替えながら使用するのはしんどい……。

iPadのマルチタスク機能「スプリットビュー」
iPadのマルチタスク機能「スプリットビュー」

パソコンなら複数のアプリを起動し、それぞれのウインドウのサイズや位置を自由に変更できます。ウインドウを好きな位置に配置し、必要であれば外部ディスプレイを接続して作業領域を広げることだって可能です。

パソコンの自由度の高いウインドウ操作
パソコンならウインドウのサイズ・位置も自由自在

AppleはiPadOSのマルチタスク機能の便利さを謳っていますが、実際には制限があるなかでのマルチタスク機能。「〇〇しながら△△する」というようなマルチタスクはiPadよりもパソコンのほうが断然快適です。

iPadアプリでは高度が機能が使えないことがある

例えばAdobe(アドビ)のPhotoshopやIllustrator。これらはパソコン版だけでなく、iPad版アプリも用意されています。iPad版アプリの完成度は高く個人的にも愛用していますが、一部の高度な機能はパソコン版のみ対応でiPad版ではできないこともあります。

「パソコン版のアプリと比較して、iPad版アプリでできるが少ない」ということはAdobeアプリだけでなく、その他のアプリにも当てはまることが多いです。ほとんどが「iPadに最適化されたiPhoneアプリ」という感じ。

「どこまでの機能を求めるか」にもよりますが、アプリの仕様でパソコンではできることがiPadではできない、ということが多々出てくるので、その点はしっかり理解しておくべきでしょう。

iPadは拡張性が低い

現行のiPadモデルでいうと、Lightningポートを搭載するのはiPad(第9世代)のみで、それ以外のiPad mini(第6世代)・iPad Air(第4世代)・iPad ProはUSB-Cポートを搭載します。

USB-Cポートに変更されたことで、USB-CアダプタやUSB-Cハブが使えるようになり、Lightning時代と比べても拡張性は格段とアップ。周辺機器と連携が便利になりました。

とはいえ、パソコンの拡張性の高さとは比べものになりません

拡張性が高いパソコン
拡張性の高さは比べるまでもなくパソコンの圧勝

iPadにはポートがひとつしかないですし、USB-Cハブを用意するにしてもお金がかかります。環境によってはバスパワーで駆動する周辺機器が動作してくれなかったり、周辺機器次第ではそもそもiPadOSに対応しないものもあります。

パソコンにはないiPadの強み・得意分野

「iPadでできるほとんどのことはパソコンでできる」となれば、「じゃあ、iPadのなにが便利なの?」というところが気になりますよね。パソコンにはパソコンの良さがありますし、iPadにはiPadの良さがあります。

環境を選ばない

iPadの強みは、なんといっても「環境を選ばない」ことでしょう。移動中の車内やカフェ、屋外であったとしても、iPadなら環境を選ばずさっと取り出してすぐに使い始められます

ノートパソコンなら外に持ち出すことができますが、それでもiPadのように手持ちできず、ある程度のスペースが必要になるノートパソコンを取り出せる環境は限られます。

コンテンツ消費にはiPadが最高

ソファでくつろぎながらブラウジングしたり、移動中に電子書籍を読んだり、ロングドライブ時に動画を観たりといった、いわゆるコンテンツ消費にはiPadが最高です。

iPadで雑誌を読む
コンテンツ消費にはiPadは最高のアイテム!

スマホよりも大画面で、パソコンよりも気軽に取り出せるiPadが活きるシーンのひとつです!

Apple Pencilが使える

「Apple Pencilが使えるからiPadを購入した」という人もいるほど、Apple Pencilは評価が高く便利なアイテムです。描写の遅延が少なく、まるで紙に書いているかのようにノートをとったり絵を描いたりできます。

パソコンでも「ペンタブ」を用意すれば絵やレタッチなどでタッチペンを使えますが、安くないコストがかかりますし、iPadのようにかんたんに持ち運ぶことはできません。液タブなんかは、ものによってはiPad以上の価格だったりしますよね。お手軽かつ高機能なApple Pencilを使えるのはiPadのメリットのひとつでしょう。

シングルタスクに集中できる

私はiPadに「シングルタスクに集中できる」というメリットを感じていて、パソコンが使える環境でも、ひとつのことに集中したいときはあえてiPadを使うことがあります。

マルチタスクが容易なパソコンだと、余計なものに集中力を奪われてしまうことがよくあります。上で「iPadはマルチタスクが苦手」ということについて書きましたが、あえて制約のあるiPadを使うことで目の前のひとつのことに集中できるんですよね。

用途が限定されているのであれば、パソコンのようにあれこれできちゃうデバイスよりも、シングルタスクに集中しやすいiPadを選ぶのもありです。

iPadとパソコンで迷うなら「MacBook Air」がおすすめ

現在、私のメインマシンはMacBook Pro 16で、持ち運ぶことの多いMacBook Pro 13をサブとして使っています。そしてiPad Pro 12.9ですね。用途によってはMacBook Pro 13ではなくiPad Pro 12.9を持ち出すこともよくあります。

MacBook Pro 16とMacBook Pro 13、iPad Pro 12.9

WindowsパソコンはASUSのゲーミングノートパソコンがあって、こちらはWindowsでしか動作しないアプリを使ったり、ゲームをしたりする用。

ASUSのゲーミングノートパソコン

この環境で使っている私ですが、「iPadとパソコン、どっちを買うか迷っている」という人には「MacBook Air」をおすすめします。

MacBook Airは……
  • iPad Proと変わらない価格で購入できる
  • iPad + Magic Keyboardと大差ない重量
  • Apple搭載MacならiPhone/iPadアプリが使える
  • 4K HDRビデオの編集もこなしてくれるほどの性能

その理由は上の4つ。「Windows向けのゲームをプレイしたい」というように目的や用途がはっきりしている場合はこの限りではありませんが、そのような方はそもそも選択肢にiPadが入っていないと思います。

ちなみに、MacBook Pro 13とMacBook Airの違いは、大きくはファンの有無の違い。MacBook Pro 13を使っていてファンが回ることはほぼないですし、コスパを考えるとMacBook AirでOKです。

iPad Proと変わらない価格で購入できる

iPad ProとMacBook Airの価格を比較してみると、両者にはさほど価格差がないことが分かります。

上の価格はiPad Pro単体の価格です。パソコンライクに使おうとSmart Keyboard FolioやMagic Keyboardを購入するとなると、合計金額はさらに上がります。

iPad ProにSmart Keyboardなどを接続して パソコンライクに使おうとすると、パソコン以上にお金がかかることに。iPadをパソコンライクに使いたいのなら、MacBook Airを強くおすすめします。

iPad Pro + Magic Keyboardと大差ない重量

MacBook Airの重量は1,290gです。一方でiPad Pro 11は466g、iPad Pro 12.9は682gという重量。単体の重量で比較すると、当然iPadのほうが軽いわけですが、ここにMagic KeyboardやSmart Keyboard Folioの重量を足すと印象が変わってきます。

iPadでもMacBookようなトラックパッドを使いたい!ということでMagic Keyboardを装着すれば、MacBook Airと大差ないほどの重量に。iPad Pro 12.9に関してはMacBook Airより重たくなっちゃっていますよね。

iPad Pro 12.9+Magic Keyboardの重量はMacBook Airを超える
iPad Pro 12.9にMagic keyboardを装着するとMacBook Airよりも重くなる

Smart Keyboard FolioやMagic KeyboardをiPadに装着したときの機動性は、実はMacBook Airを持ち出すときのそれと大差ありません。

Apple搭載MacならiPhone/iPadアプリが使える

MacBook Airには「M1チップ」というAppleシリコンが搭載されています。Appleシリコン搭載のMacなら、macOS上でiPhone/iPad向けアプリを使用できます。

macOSでiPadアプリを使う
macOS上でiPhone/iPadアプリが使える!

アプリによっては正常に動いてくれないこともあるそうですが、いろいろと私が試した限りでは問題なく動作してくれています。

macOSやWindowsに未対応だけど、便利なiPhone/iPadアプリは割と多いんですよね。これもmacOS、M1チップを搭載するMacBook Airを選び理由になります。

4Kビデオの編集もこなしてくれるほどの性能

M1チップを搭載するMacBook Airは、4Kビデオの編集も楽ラクこなしてくれます。同じM1チップ搭載のMacBook Proをメインとしてしばらく使っていましたが、性能的な不足を感じることはありませんでした。

4Kビデオだけでなく、ASUSの高性能なゲーミングノートがファンを回しながらやっとできる、4K HDRビデオの編集もできてしまうほど。これほどの性能があれば普段使いのなかで困ることはまずないですし、動画編集といったパワーを要する作業にも対応できます。

MacとiPadの組み合わせが便利

iPadとパソコンを使い分けるなかで、「やっぱりiPadはサブ機として使うのがいちばんだな」と感じます。パソコンの作業の続きをiPadでしたり、iPadで動画を垂れ流しながらパソコンで作業したり。そういうシーンで、iPadはいちばん輝いているような気がします。

特に気に入っている使い方としては、macOS/iPadOSの組み合わせで使用できる「Sidecar」という機能。これはiPadをMacの外部ディスプレイとして使用できる機能です。

iPadを外部ディスプレイとして使える「Sidecar」機能

宿泊先のホテルで、車内での休憩中など。iPadとMacがあれば、どんな環境でもマルチディスプレイ環境を作れます。個人的にも活用頻度の高い機能。

また、キーボードやマウス、トラックパッドをiPad・Mac間で共有できる「ユニバーサルコントロール」にも注目です。2022年春に登場する予定のこの機能を心待ちしている人は多いはず。MacBook Airを購入し、その次のステップでiPadが欲しくなるかもしれません。

それでも迷ったら……とりあえずiPadを買っちゃうのもあり

「iPadはパソコンの代わりにはならない!」というのが私の結論です。正確に言うと『iPadはパソコンの「完全な」代わりにはならない!』ですね。

iPadをパソコンの代わりとして使えるシーンは確かにありますが、メインマシンにするには力不足。「iPadでもパソコンのように使えるでしょ?」という感覚でiPadを買ってしまうと、間違いなく後悔します。

もしそれでも迷うという方は……とりあえずiPadを買っちゃいましょう!Apple公式サイト・Apple Storeで購入した製品は、製品到着から14日以内であれば返品・返金が可能です。例えその返品理由が「自分にはiPadが合わなかった」という理由でもOK(損傷させた場合はさすがにダメですが)。日本には返品文化がないので、一度封を開けたものを返品するのはなんとなく罪悪感があったりしますが、AppleはこれはOKなんです。ぜひこの制度を活用しましょう!

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
トップへ
目次
閉じる