iPadに「充電していません」と表示される原因と対処法

iPadに「充電していません」と表示される原因と対処法

iPadを充電しようと、USB充電器やパソコンに接続したとき、iPad「充電していませんと」と表示され充電できないことがあります。

「まさかiPadが故障した?」とびっくりすることかもしれませんが、安心してください。ほとんどの場合、故障が原因ではありません。

故障でないとすれば、「充電していません」と表示されてしまう原因はどこにあるのでしょうか。

この記事では、iPadに「充電していません」と表示されたときの対処法をご紹介します。「充電していません」との表示は、実際によく起こることだったりします。その原因を知っておけば、かんたんに対処できるので、ぜひ参考にしてください。

▼ 動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

iPadに「充電していません」と表示され、充電できない時の対処法

iPadに「充電していません」と表示されたり充電できないときの対処法

iPadに「充電していません」と表示されてしまう原因は、充電時の電力が足りていないから。

iPadに「充電していません」との表示

「充電していません」とあるから、まるで「充電できるけど、あえて充電しないよ」みたいなニュアンスを感じちゃいますが、原因は「電力不足」といたって単純です。

充電時の電力が足りていない

iPhoneといったスマホと比べて、iPadには大容量のバッテリーが搭載されています。バッテリーが大きいぶん、充電時にはより大きい電力が必要になるのです。

電力とは、「Vボルト(電圧)× Aアンペア(電流)= Wワット(電力)」でいえば「W」の部分。一般的なUSBポートでは、規格上、電圧は5Vになります。ということは、電流(A)の数値が大きいUSB充電器やケーブルを使ってあげれば、充電時の電力(W)を上げられます。

「充電していません」という表示に遭遇するパターンとして多いのは、パソコンに接続したとき。一般的に、パソコンに搭載されているUSBポートの充電性能は高くありません。充電速度は遅く、普段使いには向きません。iPadを充電するときは、パソコンに接続するのではなく、USB充電器を使用するようにしましょう。

ちなみに、iPadをパソコンに接続したときに「充電していません」と表示されていても、データ通信はできる状態です。iPadをパソコンに接続した目的が充電ではなく、バックアップなどのデータ通信であれば、「充電せいていません」という表示を気にする必要はありません。

iPad付属のUSB充電器・ケーブルで充電してみる

iPadに「充電していません」と表示されてしまう場合にまず試して欲しいのは、iPadに付属されたUSB充電器・ケーブルを使っての充電です。

付属のUSB充電器・ケーブルを使えば、ほとんどの場合、正常に充電できるはずです。付属のUSB充電器は、当然、iPadが必要とする電力をクリアしたもの。iPad付属のUSB充電器ではないものを使用している場合は、付属のUSB充電器を接続し、正常に充電できるかを確認してみてください。

5W充電器と12W充電器では充電速度が大幅に異なる
5W充電器と12W充電器では充電速度が大幅に異なる

よくあるのは、iPhone付属のUSB充電器でiPadを充電してしまっているパターン。iPhone付属のUSB充電器は5Wという電力の大きさです。それに対し、iPad付属のUSB充電器は、10Wあるいは12W(iPad Proは18W)です。

5WでもiPadを充電することは可能ですが、充電速度が遅い上に、バッテリーが放電しきった状態からは充電できないこともあります。

「iPadの充電にiPhoneのUSB充電器を使っていた」という方は、意外と多いのではないでしょうか。5Wと10W/12Wでは、充電速度がずいぶんと違ってきます。「充電していません」と表示されていなくても、iPad付属のUSB充電器の使用をおすすめします。

サードパーティ製のUSB充電器・ケーブルを使用するときは

追加購入などで、Apple製以外のサードパーティ製USB充電器・ケーブルを使用する場合、押さえておきたいポイントがあります。

サードパーティ製USB充電器・ケーブルを使用しての充電で、iPadに「充電していません」と表示される場合は、以下の充電性能をクリアしているかどうかを確認してください。

USB充電器の出力を確認する

iPadを充電することを考えると、1ポートあたり10W(5V/2A)以上に対応したUSB充電器が理想です。5W(5V/1A)だとiPhone付属のUSB充電器と同じ性能となり、iPadを充電するにはパワー不足です。

なお、iPad Pro、iPad Air(第3世代)、iPad mini(第5世代)は「USB PD(Power Delivery)」という急速充電規格に対応しています。上の記事内でも紹介していますが、大容量のバッテリーを搭載するiPadだからこそ、高速に充電できる急速充電が活躍してくれます。USB PDに対応したiPadモデルをお持ちの方は、USB PD対応USB充電器をチェックしてみてください。

iPadにおすすめのUSB充電器については、以下の記事でまとめています。

Lightningケーブルの対応A(アンペア)数を確認する

サードパーティ製のLightningケーブルを購入する場合は、対応A(アンペア)数を確認しておきましょう。価格帯が安いLightningケーブルだと、1Aまでにしか対応しておらず、充電速度が遅かったり、それこそ「充電していません」と表示されてしまう原因となります。もちろん、安いケーブルすべてがそうではありません。しかし、価格帯が安いケーブルを選ぶ際は、充電性能のチェックは必須です。

「これは安心して使えるLightningケーブルなのか」を判断するときに、目印になるのが「MFi認証」です。MFi認証とは、「Made For iPod/iPhone/iPad」の略で、「この製品はAppleが定める基準をクリアしていますよ」という目印になる認証。

Apple MFi認証
Appleの「MFi認証」ロゴ

iPadに限らず、Apple製品で使用するLightningケーブルを購入する際には、上のMFi認証を目印に購入するようにしましょう。

「どれを選んでいいか分からない」という方のために、おすすめのLightningケーブルを2本ご紹介しておきます。

まず1本目がこちら。

Anker(アンカー)のLightningケーブルなのですが、僕自身も愛用するケーブルです。ちょっとお高めなケーブルではあるものの、ケーブル表面が編み込み加工になっており非常に丈夫なケーブルです。

2本目がこちら。急速充電「USB PD」に対応したLightning – USB-Cケーブルです。

こちら。急速充電「USB PD」に対応したLightning – USB-Cケーブルです。MFi認証を取得したケーブルで、安心して選べます。

Lightningポートにホコリやゴミが付着していないかを確認する

iPad付属のUSB充電器・ケーブルに交換してみても、充電できない場合、Lightningポートにホコリやゴミが付着していないかを確認してみてください。汚れによる接触不良が、充電できない原因になっていることがあります。

まず、Lightningケーブル側の端子に汚れがないかを確認します。

Lightningケーブル 汚れや損傷がないかを確認
汚れや損傷がないかを確認

汚れが付着している場合は、糸くずの出ない乾いた布でやさしく汚れを拭き取ります。一般的に市販されているクロスでOKです。

問題はこっちですね。

Lightningポート ホコリやチリが接触不良の原因となる
ホコリやチリが接触不良の原因となる

僕の掃除方法を紹介すると、使用するのはエアーダスター。プシュッと空気が出るヤツです。エアーダスターでLightnigポートのホコリを飛ばすのですが、注意点があります。それは、空気を「やさしく」吹き替えること。Lightningポートにノズルを近づけすぎないようにしましょう。遠めからやさしく。本来、エアーダスターの使用はApple非推奨。なので強くおすすめできる方法ではありませんが、僕は気がついたときにシュッと拭きかけてホコリを飛ばしています。

なかには、爪楊枝などを使ってホコリを除去する方法もあるようですが、おすすめできる方法ではありません。あやまってポート内部を傷つけてしまう可能性があるためです。やむを得なく爪楊枝など使う場合は、慎重に行うようにしましょう。汚れがひどく、接触不良など充電に支障がでている場合は、Appleサポートで対処方法を相談してみてください。

iPadを再起動する

USB充電器・ケーブルに問題ながなく、Lightnigポート内部の汚れもない場合、物理的な不具合ではなく、ソフトウェア的な問題という可能性が高まります。

ここまで紹介してきた方法を試してみて、それでも改善しない場合、iPadを再起動して充電できるかどうかを見てみましょう。再起動すると、案外かんたんに症状が改善することがあります。

iPadを再起動し、充電できるかを確認する
iPadを再起動し、充電できるかを確認する

iPadを再起動させるには、まず「電源/スリープボタン(ホームボタンがないiPad Proの場合は電源/スリープボタンと音量ボタンのいずれかひとつ)」を長押しし、「スライドで電源オフ」をスライドさせ電源を落とします。電源が落ちたら、再度「電源/スリープボタン」を長押ししてiPadを起動します。

改善しない場合は、Appleサポートに相談する

ここまで試してみて改善しない場合は、Appleサポートへの相談ということになります。

幸いAppleのサポートは優秀です。オペレーターに症状を説明すれば、的確な案内があるはずです。

最終的に、iPadの「復元」や「初期化」してみて、それでも直らない場合は、ハード的な故障が疑われるということで、「修理」ということになるかもしれません。Appleサポートの指示に従って対処しましょう。

USB充電器・ケーブルの確認でほぼ解決するはず!

iPadに「充電していません」と表示されるのは、単純に充電時の電力が足りていないことが原因であることが多いですね。USB充電器とケーブルを確認すれば、ほぼほぼ問題は解決されるはずです。

「そもそもiPadを充電できない」という場合は、USB充電器の故障・ケーブル内部の断線・Lightningポートの汚れが疑われます。ソフトウェアに問題がある可能性もあります。原因と考えられるものを、ひとつひとつ潰していって、どこに問題があるのかを探る方法になるでしょう。

iPadユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント