iPadでマウスは使えない!ただ方法がない訳ではない

残念ながらiPadでマウスは使えません。

それでも「どうしてもiPadでマウスを使いたい!」という人は多いかもしれません。iPadをスタンドを使ってPCライクに使う場合、手を伸ばしてタッチするよりも、手元で操作できるマウスがあったほうが楽なのは明らか。タッチする動きよりマウスを操作するのとでは、前者のほうが圧倒的に運動量が少ないはずです。

個人的にもたまに「マウスがあれば」と思うことがあります。特にExcelやWordといったオフィスファイルを操作するとき。タッチ操作で細かい操作が続くと辛くなってきたりします。

「なにか方法はないものか…」ということで、今回は「iPadでマウスを使う方法」について調べてみました。

スポンサーリンク

【方法1】「Citrix X1 Mouse」を使う

「Citrix X1 Mouse」を使えばiPad上でマウスが使えるようになります。

ただしマウスが使えるのは、専用アプリ内とリモートデスクトップ上のみ。しかも専用の環境が必要になります。「iPadをマウスを使って何をするか」という目的がはっきりしていて、それにこの製品が当てはまっているならいいかもしれません。そうでないならば、この方法はおすすめします。

だいたいの使用イメージはこちらの動画を見れば分かります。

Citrix X1 プロトタイプ マウス デモ

どちらかと言うと法人やビジネス向けの製品ですね。個人で使うにしてはちょっとハードルが高い上に、「これじゃない感」があります。

ただドンピシャな人にとってはドンピシャなマウスだと思うので、こういうのもあるよということで参考にしてみてください。

【方法2】どうしてもiPadでマウスを使いたい場合は

「どうしても、どうしてもiPadでマウスを使いたいんだ!」という人に紹介できる方法が「脱獄(Jailbreak)」です。iOS上でマウスを動作させる方法としてこの方法しかありません。

その方法はググればたくさんの情報が出てきます。ただサポートを受けられなくなったり、万一の可能性もあるリスクのある方法。

BTC Mouse & Trackpad

ちょっと古い動画ですが、iOS上でマウスが動作している動画としては分かりやすいかと思います。確かに便利そうですねー。

iOSの脱獄は決して違法という訳ではありません。ただ推奨されない手段で、すべて自己責任のもと行う必要があります。そしてこの方法を取ると大なり小なりトラブルが起こります。どうにもならない、いわゆる文鎮化にまで至ることは稀ですが、それらのトラブルに対し自分で調べて対処する必要も出てきます。

そういった意味では、万人におすすめしにくい方法。「ちょっとよく分からない」ということであれば無理に行わないようにしましょう。

【方法3】iPadがマウスに対応してくれるのを待つ

「待つってどういうことだ!」と思うかもしれませんが、実際にiPadがマウスに対応するのではないか、という話があります。

iOS13ではiPadがマウス操作に対応?Apple技術者によるデモ動画も
  6月の世界開発者会議(WWDC 19)で発表されるiOS13では、iPadがマウス操作に対応する、との情報を著名開発者が肯定しています。現在Appleに勤務するエンジニアが以前、iPadをマウスで操作するデ

記事執筆時点でのiOSの最新バージョンは「iOS 12」。次期iOS 13で、もしかするとiPadでマウスが使えるようになるかもしれません。iOS 13は2019年6月初旬に行われるWWDC 2019で発表されるとのこと。もう少しですので、期待しながら「待つ」のありです。

【方法4】iPadを諦める

極論ですが「iPadを諦め違うデバイスを選ぶ」というのも方法のひとつです。

例えば、AndroidタブレットやWindowsタブレットでは有線・ワイヤレスマウスが使用できます。マウスを接続するとポインタが出現、パソコンと同じ感覚でマウス操作できます。

やはりオフィスファイルの操作はマウスがあったほうが楽です。ネットサーフィンもマウスがあれば捗ります。

「安くタブレットを買い替えたい」という人におすすめなのは、コストパフォーマンスに優れるAmazonの「Fire HD」がおすすめです。厳密に言うとAndroidではなく「AndroidベースのOS」なのですが、Androidと同様にオフィスファイルも扱えますし、ワイヤレスマウスを接続して使用することも可能です。

iPadでマウスを無理やり使うために1万円もするマウスを買うぐらいなら、Fire HDと安いワイヤレスマウスを買うほうが確実です。動画などエンタメ的なイメージが強いFire HDですが、ビジネスとしても活用できるデバイスなのでおすすめ。

もし画像の編集やプレゼン資料を作り込んだりと、がっつり使いたいのであれば、やはりノートPCという選択肢を検討すべきかと思います。

最近は比較的安く入手できるノートPCが多くなりました。OSを問わないのであればChromebookなんかは数万円で購入できます。

Chromebookは拡張性が高く、用途の幅が広がったとしても対応できます。

そもそも、iPadにマウスは必要か

iPadを使っていると、確かに「ここでマウスが使えれば」という場面は確かにあります。しかし「iPadにマウスは必要か?」と訊かれたときに、「絶対に必要だ!」と即答できません。

2つアプリを並べて操作できるマルチタスク、アプリ間のドラッグ&ドロップ、ファイル管理など、iOSの進化により、iPadはパソコンライクに使えるようになりました。ここでマウスが使えるとなると、それはもう「パソコン」なんですよね。「それだとパソコンでいいよね」という結論に至るような気がしています。

そしてiPadに便利さを求め、あまりにも「パソコン化」してしまうと、MacBookと守備範囲が被ってきます。そうなると「iPadの存在価値ってなんだろう」ということに。ますますMacBookとの差別化が難しくなります。

「iPadでマウスを使いたい!」という声に対してのAppleの対応は、これからのiPadの方向性を示すものになるのでは、と個人的には思っています。果たしてiOS 13ではiPadでマウスが使えるようになるのでしょうか。

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

【新型対応】iPad/iPad Pro最強おすすめ周辺機器アクセサリー特集!これがないと始まらない!
僕は現在11インチiPad Proを愛用しています。電子雑誌を読んだりブログを買いたりメモやノートに活用したりと、iPa

コメント