iPadでライト機能は使えない?iPadでLEDフラッシュライト(懐中電灯)を使用する方法

iPadでライト機能は使えない?iPadでLEDフラッシュライト(懐中電灯)を使用する方法

今回の記事では、「iPadでLEDフラッシュライト(懐中電灯)を使用する方法」について紹介しています。

普段の生活だけでなく、停電時にも活躍してくれる機能。ぜひ活用してみましょう。

スポンサーリンク

手元のiPadがLEDフラッシュ搭載かを確認

LEDフラッシュが搭載されているかどうかは、iPadモデルによって異なります。

例えば、iPad ProにはLEDフラッシュが搭載されていますが、無印iPadやiPad Air、iPad miniなどそれ以外のiPadモデルには搭載されていません。

iPad ProにはLEDフラッシュが搭載されているが、iPad miniには搭載されていない
iPad ProにはLEDフラッシュが搭載されているが、iPad miniには搭載されていない

LEDフラッシュが搭載されていない場合は、記事後半の「LEDフラッシュ非搭載のiPad で使える懐中電灯アプリ」を参考にしてください。

iPadでLEDフラッシュライト(懐中電灯)を使用する方法

LEDフラッシュが搭載されているiPadの場合、「コントロールパネル」からライト機能を使用できます。

iPad LEDフラッシュライト画面右上から下方向にスワイプし「コントローパネル」を表示させる
画面右上から下方向にスワイプし「コントローパネル」を表示させる

ライト機能のON/OFF

ライト機能は、コントロールパネルにある「懐中電灯アイコン」をタップしON/OFFを切替えます。

iPad「懐中電灯アイコン」をタップしてON/OFFを切り替える
「懐中電灯アイコン」をタップしてON/OFFを切り替える

ライトの明るさを調整

LEDフラッシュライトの明るさを調節することができます。

「懐中電灯アイコン」を長押しし、明るさ調整画面を表示させる
「懐中電灯アイコン」を長押しし、明るさ調整画面を表示させる
上下にスワイプして明るさを調整 iPad ライト
上下にスワイプして明るさを調整

LEDフラッシュ非搭載のiPad で使える懐中電灯アプリ

LEDフラッシュ非搭載のiPadでは、ライト機能が使えません。

代用できるものとして、ディスプレイの明るさをライト代わりに使えるアプリがおすすめです。明るさはLEDフラッシュに劣りますが、目的次第では十分に代用できます。

フラッシュライト Ω」は、ディスプレイの明るさをライト代わりにできるアプリです。

iPad ディスプレイの明るさを利用したライトも意外と使える
ディスプレイの明るさを利用したライトも意外と使える

アプリを起動すると、ディスプレイが明るくなりライト代わりに使えます。上はiPad Pro 11での使用ですが、ディスプレイが大きいこともあってかライトとしっかり機能します。

ただこの明るさで夜道を歩く、ということはさすがに厳しそう。手元のものを照らせる程度でしょう。

多機能な「フラッシュライトΩ」 iPad ライト アプリ
多機能な「フラッシュライトΩ」

「フラッシュライトΩ」は無料アプリなので広告が表示されますが、ライトON状態のディスプレイに時刻やバッテリー残量、コンパスなどを表示できたりと非常に多機能。シンプルなアプリですが、十分に目的を果たしてくれます。

iPadでもライト機能を活用できる!

iPadライト機能が活躍する場面と言えば、やはり停電時でしょう。iPhoneでもライト機能は使えますが、災害が原因で停電している、という場合を考えると、iPhoneのバッテリーはできるだけ消費したくないはずです。

もちろん停電対策としては、乾電池式の懐中電灯やLEDランタンを用意しておく方法が一番。ですが停電が起こったとき、あなたの近くにあるのはiPhoneやiPadであることが多いでしょう。

使い方を知っておけば必ず役に立ってくれる機能ですので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント