【Tips】iPadのキーボード設定で「フリック入力」「位置変更」すれば、文字入力が捗ります

【Tips】iPadのキーボード設定で「フリック入力」「位置変更」すれば、文字入力が捗ります

iPadの画面上に表示させて使用する「ソフトウェアキーボード」。おそらく、多くの人が「iPadのソフトウェアキーボードは使いづらい」と感じているはずです。

iPadの画面の大部分を占有してしまう「ソフトウェアキーボード」
iPadの画面の大部分を占有してしまう「ソフトウェアキーボード」

うえのように、「キーボードレイアウト」で使用すると、キーボードが画面の大部分を占有してしまうので、見づらくなってしまいます。それにパソコンのキーボードのように、タッチタイピング(ブラインドタッチ)するのは至難の業。「ソフトウェアキーボードを快適に使えているよ!」という方は、おそらくいないのではないでしょうか。

そこで活用したいのが、「iPadでのフリック入力」と「フローティング」というキーボードの位置を変更できる機能。フローティングは「iPadOS」で新たに追加された機能のひとつで、キーボードを自由自在に移動させることができます。

iPadでもフリック入力を使おう!
iPadでもフリック入力を使おう!

iPadでフリック入力を使うことのメリット。まず第一に、文字入力速度が上がります。普段からスマホでフリック入力を使っていて、フリック入力に慣れている人は多いでしょう。さらに片手で文字入力できるので、手が疲れないというメリットもあります(iPadを片手持ちしながらの、片手入力は難しいですが)。

iPad 「フローティング」でキーボードの位置も自由自在
「フローティング」でキーボードの位置も自由自在

キーボードの位置を自由に移動させることができるフローティングで視認性もアップします。画面の大部分を占有してしまうこともなく、iPadの画面を広々と見渡すことができます。

iPadでフリック入力するためのキーボード設定

iPadでフリック入力するためには、「キーボード設定」を確認しておく必要があります。詳しく手順をご説明します。

iPadでフリック入力!設定手順

iPadでフリック入力するためのキーボード設定1

iPadの「設定」から、「一般」>「キーボード」と進みます。

iPadでフリック入力するためのキーボード設定2

さらに「キーボード」をタップし、「日本語 – かな」が追加されているかを確認してください。もし追加されていなければ、「新しいキーボードを追加」から追加してください。

iPadでフリック入力するためのキーボード設定3

「フリックのみ」をオンにしておくことをおすすめします。いわゆる「ケータイ入力」したい場合は、オフのままでOKです。

事前に確認しておきたいキーボード設定はこれで以上です。

ここからは、ソフトウェアキーボードでフリック入力への切り替え方法について解説します。

iPadでフリック入力するためのキーボード設定4

まず、ソフトウェアキーボードの右下にある「キーボードアイコン」を長押し、「フローティング」を選択します。

iPadでフリック入力するためのキーボード設定5

次に、「地球儀アイコン」を長押しし、「日本語かな」を選択。

iPadでフリック入力するためのキーボード設定6

これでフリック入力できるようになりました。使い方は説明するまでもありませんね。キーボードの位置を自由に移動させられる以外は、iPhoneのキーボードと使い方は同じです。

その他のキーボードスタイル

キーボードを分割すると、以下のような表示になります。

iPadキーボード 日本語かなでキーボードを分割
iPadキーボード ローマ字入力でキーボードを分割

分割状態では、キーボードアイコンをドラッグして上下に移動できます。この辺は好みの部分もあるかと思います。いろいろと試してみて、自分に合ったキーボードレイアウトを探してみましょう。

フリック入力は他のキーボードアプリでも使える!

iPadでのフリック入力は、サードパーティ製のキーボードアプリでも使用できます。設定手順はiPad標準キーボードと同じです。

Google Gboard
Gboard
iPad キーボードアプリ Simeji
Simeji
iPad キーボードアプリ ATOK
ATOK(有料)

iPad標準キーボードの賢くない「変換」に不満を持っている人は多いです。僕も変換に不満があって、長く「ATOK」を愛用しています。1,720円(記事執筆時点の価格)と有料アプリではあるのですが、ATOKを使い始めてからは、変換のストレスが減ったのでおすすめです。

フリック入力でiPadの文字入力環境を改善!

今回の記事では、iPadでフリック入力を使用する方法をご紹介しました。

2019年9月にリリースされた「iPadOS」では、文字入力関係の機能が強化されています。カーソルを直接ドラッグして移動できるようになったり、3本指でピンチインでコピー、ピンチアウトでペーストできたりと、非常に便利になりました。フローティングも、強化された機能のひとつです。ぜひ活用していただき、iPadの文字入力環境を快適なものにしていただければと思います。

ちなみに、iPadで文字入力する機会が多い人には、「Bluetoothキーボード」の活用もおすすめです。物理キーボードに慣れている方であれば、フリック入力よりもさらに文字入力できるでしょう。

僕自身、キーボードを取り出せる環境であればキーボードを、取り出せない環境であればフリック入力を使う、といったように、利用シーンに応じて使い分けています。

この記事でご紹介したフリック入力、そしてBluetoothキーボードを活用し、iPadの文字入力環境を見直してみると、さらにiPadの活用の幅が広がりますよ!

コメント