iPadの「充電停止中」ってなに?原因は?解決方法を解説します

iPadの「充電停止中」ってなに?原因は?解決方法を解説します

本記事では、iPadに「充電停止中」と表示されたときの解決方法・対処方法をご紹介します。

iPadのバッテリーアイコンに、見慣れない「充電停止中」との表示。「もしかして、なにかの故障?」と焦ってしまう方もいるかもしれません。

でも、大丈夫です。iPadの故障という可能性はなくはないものの、充電の際に使用する充電ケーブル・USB充電器に原因があることがほとんど。適切なものに交換してあげれば正常に充電できるようになります。

目次

iPadに「充電停止中」と表示される原因は?

なぜiPadに「充電停止中」と表示されるのでしょうか。ここでは、考えられる3つの原因について解説します。ズバリ、もっとも可能性が高いのは「充電時の電力不足」です。

原因1:充電時の電力不足

iPadに「充電停止中」と表示されている場合、電力不足が原因でiPadを充電できていない状態である可能性が大です。

ノートPCでiPadを充電(充電停止中)
iPadをノートPCのUSBポート接続してみると……

上では、ノートPCのUSBポートにiPadを接続し充電しようとしていますが、電力不足が原因でiPadに「充電停止中」と表示され、充電できていない状態です。

iPad「充電停止中」の表示
「充電停止中」との表示が

USB電流・電圧チェッカーを使い、充電ワット数を確認してみると、「約2W」と表示されていました。

USB電流・電圧チェッカーの表示
iPadを充電するのに電力が足りていない

約2Wの電力がiPadに送られているので、iPadに「充電停止中」とあっても厳密に言うと充電されているのだろうと思われますが、仮にそうだとしてもこのワット数だといくら待ってもバッテリー残量が増えません。

充電停止中と表示されるパターンとしてはよくあるのは、上のようにパソコンのUSBポートに接続したときですね。USB充電器でも同様のことが起こる可能性はありますが、そこまで充電性能が低いUSB充電器はいまでは見かけません。

パソコンのUSBポートでも、iPadを正常に充電できる場合もあります。充電できるかどうかは、そのパソコンに搭載されているUSBポートの充電性能次第です。

原因2:充電ケーブル

使用する充電ケーブルが原因で、結果的に充電な電力が送られず「充電停止中」と表示されてしまっている場合もあります。

  • 充電ケーブルやコネクタに痛み、汚れ、サビ、断線などのダメージがある
  • MFi認証(Made for iPhone/iPad/iPod)のないLighitningケーブルを使用している

外見上は問題なさそうでも、ケーブル内部で接触不良を起こしていたり、Lightnigコネクタの金属部分の一部が酸化して黒く汚れていたりということも。

Lightningコネクタのアップ
Lightningコネクタの汚れが原因になることも
iPadの「充電停止中」ってなに?原因は?解決方法を解説します

充電停止中と表示され充電できないと思いきや、正常に充電できることもある、という場合は充電ケーブルに断線などなんらかの原因があることが多いです。

原因3:iPadのコネクタ部分の汚れ・損傷

充電ケーブルを接続するiPadのコネクタ部分にホコリが詰まっていたり、物理的な損傷などで接触不良を起こしていたりしている可能性もあります。

iPadの差し込み口のアップ
ホコリやゴミが詰まっていると接触不良の原因になる

iPadに「充電停止中」表示時の解決方法・対処方法

ここでは、iPadに「充電停止中」と表示されたときの解決方法・対処方法について解説しています。

1. iPad付属の充電ケーブル・USB充電器で充電してみる

まず試していただきたいのは、iPadに付属されている充電ケーブル・USB充電器での充電です。

iPad付属の充電ケーブルとUSB充電器
「USB-C充電ケーブル」と「20W USB-C電源アダプタ」

付属ものを使って充電すれば、故障などの問題がない限りは「充電停止中」と表示されないはずです。

iPadを正常に充電できているときのアイコン
正常に充電できていれば「イナズママーク」が表示される

iPadが正常に充電できていれば、画面右上のバッテリーアイコンに「イナズママーク」が表示されます。

ちなみに、現行のiPadモデルに付属されているApple 20W USB-C電源アダプタで充電したときのワット数を確認してみると、「約18W」で充電できていました。

iPad付属の充電ケーブル・充電器で充電したときのワット数
iPad付属のUSB充電器では「約18W」で充電できている(20W USB-C電源アダプタ)

「充電停止中」と表示されていたノートPCのUSBポートでの充電では「約2W」でした。付属の充電器を使えば「約18W」ですから、大きな差がありますね。

iPadの「充電停止中」ってなに?原因は?解決方法を解説します

サードパーティ製の充電ケーブルやUSB充電器を使っている場合は、iPad付属のもので問題なく充電できるかを確認してみましょう。

2. 充電ケーブルを交換する

iPadに「充電停止中」と表示される原因が充電ケーブルだった場合、新しい充電ケーブルに交換することで解決できます。

ここ数年ではiPadもLightningからUSB-Cへの移行が進んでいますが、Lightningケーブルを購入する際には「MFi認証(Made for iPhone/iPad/iPad)」のあるものを選ぶようにしてください。

MFi認証(Made for iPhone/iPad/iPad)のロゴ

MFi認証とは、Apple製品向けのサードパーティ製アクセサリーに対し、Appleが「この製品はApple製品で正常かつ安全に使えますよ」とお墨付きを与える仕組みのことです。

製品にMFi認証ロゴが表示されていれば、そのLightningケーブルはお手持ちのiPadで問題なく使用できます。

LightningケーブルはApple独自の「Lightingコネクタ」が使われているためMFi認証を気にする必要がありますが、そうではないUSB-C to Cケーブルなどは気にする必要はありません。

iPadの「充電停止中」ってなに?原因は?解決方法を解説します

記事内で「 iPadの充電に最適な充電ケーブルとUSB充電器」をご紹介していますので、お探しの方はこちらを参考にしてください。

3. USB充電器を交換する

原因にUSB充電器が疑われる場合は、USB充電器を交換して正常に充電できるかを確認してみましょう。

私が確認した限りだと、5W以上の充電器であれば「充電停止中」の表示が消え正常に充電できるようです。

ただし、5Wの充電器だと充電に時間がかかりすぎてしまいます。詳しくは記事内の「iPadの充電には急速充電に対応した充電器がベスト」をご覧ください。

4. ケーブル挿し込み口を掃除する

iPadのケーブル差し込み口にホコリやゴミが侵入してしまっていると、それが接触不良の原因となります。結果として「充電停止中」と表示されてしまっている可能性があります。

侵入してしまったホコリを除去する手段として有効なのは、つまようじで優しく掻き出す方法。

つまようじでの掃除は、iPadの電源をオフにした状態で、内部の金属部分を傷つけないように慎重に行うようにしてください。あくまでも自己責任の上で行うようにしてください。

これはNGなので注意!
  • エアダスター → ホコリをさらに奥に押し込んでしまう可能性、またエアダスターの液剤が飛沫してしまう可能性があるため。
  • 息を吹きかける → 唾液が飛び、それがサビの原因となってしまう可能性があるため。
iPadの「充電停止中」ってなに?原因は?解決方法を解説します

iPadのケーブル挿し込み口の掃除については「iPadを充電できない」でも解説しています。

5. iPadを再起動する

充電ケーブルやUSB充電器の問題ではなく、iPad自身の挙動がおかしいと感じたら、まずはiPadを再起動して様子を見ましょう。あっさり解決することもあります。

ホームボタン非搭載のiPadを再起動する方法
  1. トップボタン(電源ボタン)と片方の音量ボタンを長押し
  2. 表示された電源オフスライダをスワイプでスライドさせ電源を切る
  3. トップボタンを画面にAppleロゴが表示されるまで長押しして起動
ホームボタン搭載のiPadを再起動する方法
  1. トップボタン(電源ボタン)を長押し
  2. 表示された電源オフスライダをスワイプでスライドさせ電源を切る
  3. トップボタンを画面にAppleロゴが表示されるまで長押しして起動

6. iPadを強制的に再起動する

iPadに「充電停止中」と表示された状態でフリーズしてしまっている場合は、「iPadの強制的な再起動」を行い改善するかを確認します。

iPadを強制的に再起動する方法

ホームボタン非搭載のiPadの場合
  1. トップボタンに近い音量調節ボタンを押してすぐに離す
  2. トップボタンから遠いほうの音量調節ボタンを押してすぐに離す
  3. iPadが再起動するまでトップボタンを長押しする
ホームボタン非搭載iPadを強制的に再起動する
ホームボタン搭載のiPadの場合
  1. トップボタンとホームボタンをAppleロゴが表示されるまで長押しする
ホームボタン搭載iPadを強制的に再起動する

7. それでも「充電停止中」と表示される場合

iPadが「充電停止中」と表示される原因としては、ほとんどが「電力不足」によるものです。適切なUSB充電器・充電ケーブルを使用することで、ほぼほぼ解決するはずです。

それでも「充電停止中」と表示されてしまう場合は、以下を試してみてください。

  • 最新のiPadOSのバージョンにアップデートされているかを確認する。
    • 「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」
  • iPadを初期化する(バックアップを忘れずに)
    • 「設定」>「一般」>「転送またはiPadをリセット」

初期化は最終手段ですが、ソフトウェア的な原因であれば初期化することで改善する可能性があります。

ただハードウェア的な故障(物理的な故障)が原因の場合は、最終手段として修理を依頼する方法になります。

  • Appleに依頼する(Appleストア・Apple公式サイト)
  • Apple正規サービスプロバイダに依頼する
  • 非正規の修理サービス点店に依頼する

iPadの修理サービス – Apple公式サイト

Appleが販売店への供給を停止してから5年以上が経つiPadモデルについては、部品や交換品の在庫状況次第で修理不可となることもあります。

6年・7年以上前に発売されたiPadであれば、新しいiPadへの買い換えも選択肢に入ってくるでしょう。

関連記事

iPadの充電には急速充電に対応した充電器がベスト

大きいバッテリーを内蔵するiPadの充電には、急速充電に対応したUSB充電器がベストです。

5W以下のUSB充電器やパソコンのUSBポートでは「充電停止中」と表示されてしまうことがありますし、表示されなくても充電速度が遅く不便です。

USB PD充電器でiPadを急速充電できる

ほとんどのiPadは、「USB Power Delivery(USB PD)」という急速充電規格に対応しています。USB PDに対応する充電器を使うことでiPadを高速に充電できます。

5W充電器 VS 20W充電器の速度比較(iPad Air)

iPad Air(第4世代)を充電充電開始30分経過増加(30分)
Apple 5Wアダプタ12%17%5%アップ
Apple 20Wアダプタ11%38%38%アップ

5W充電器と20W充電器では、充電速度にかなり大きな差があることが分かります。急速充電に対応する充電器を用意することで、iPadの使い勝手が向上します。

ここ数年に以内に発売されたiPadであれば、ほとんどのiPadがUSB PDの急速充電に対応します。

USB PDによる急速充電に対応するiPad

モデル世代ポート付属充電器のワット数発売年
iPad第8世代Lightning20W2020年
第9世代Lightning20W2021年
iPad mini第5世代Lightning12W2019年
第6世代USB-C20W2021年
iPad Air第3世代Lightning12W2019年
第4世代USB-C20W2021年
第5世代USB-C20W2022年
iPad Pro 10.5インチLightning12W2017年
iPad Pro 11インチ第1世代USB-C18W2018年
第2世代USB-C18W2020年
第3世代USB-C20W2021年
iPad Pro 12.9インチ第2世代Lightning12W2017年
第3世代USB-C18W2018年
第4世代USB-C18W2020年
第5世代USB-C20W2021年

なお、iPadをUSB PDで急速充電するには以下のものが必要です。

iPadを急速充電するのに必要なもの
  • USB PDに対応するUSB-C充電器(20W以上がおすすめ)
  • 【Lighiningポート搭載iPadの場合】USB-C to Lightningケーブル
  • 【USB-Cポート搭載iPadの場合】USB-C to Cケーブル

USB PDの急速充電には、USB-C(USB Type-C)という形状のポート・コネクタの充電器・充電ケーブルを使います。

左:USB-A、右:USB-C
左:USB-A、右:USB-C

また、iPadに搭載されているUSBポートにも、Lightning(ライトニング)とUSB-Cの2種類あります。

充電器と充電ケーブルを新調するときは、コネクタの形状を間違えないように注意してください。

30W以上のUSB PD充電器でさらに高速に充電

「iPadをフルスピード充電したい」という場合は、30W以上のUSB PD充電器を用意することでさらに高速に充電できます。

30W以上の充電器でiPadをフルスピード充電::

大きいバッテリーを搭載するiPadは、スマホと比べてもフル充電に時間がかかります。「いかにiPadを高速に充電できるか」は、iPadの使い勝手に大きく関わってくるところ。充電速度にこだわりたい方は、30W以上に対応するUSB PD充電器を用意しましょう。

USB PDに対応しないiPadの場合

USB PDに対応しないiPadの場合でも、12W(5V/2.4A)のUSB充電器を使うことで、充電時間を短縮できます。

iPadの充電に最適なUSB充電器と充電ケーブル

iPadの充電におすすめの充電ケーブルをいくつかご紹介します。

Anker 511 Charger (Nano 3,30W)
Anker 511 Charger (Nano 3,30W)

Anker 511 Charger (Nano 3,30W)」は、USB PD充電に対応するiPadを高速に充電できます。さらに「超」がつくほどコンパクト&軽量。持ち運びにも向いています。

UGREE(ユーグリーン)の20W USB-C充電器
UGREE(ユーグリーン)の20W USB-C充電器

コスパで選ぶならこれ、UGREE(ユーグリーン)の20W USB-C充電器です。20WとiPadを急速充電できるほど充電性能を備えながら、価格は1,000円以下(記事執筆時点)と格安。私もこれを普段から使っており、安くてもしっかり使えることを確認しています。

【Anker】PowerLine II USB-C & Lightningケーブル(iPadを急速充電)
Anker PowerLine II USB-C & Lightningケーブル

もう2年以上愛用している、「Anker PowerLine II USB-C & Lightningケーブル
」です。ケーブルは硬めですが、そのぶん丈夫で使っていて安心感があります。もちろんMFi認証済みです。

【Anker】PowerLine III Flow USB-C & USB-Cケーブル(100W充電対応USB-Cケーブル)
Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-Cケーブル

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-Cケーブル」は、やわらかく絡まない扱いやすさが特徴です。最大100WのUSB PD充電にも対応し、充電性能もばっちりです。個人的にも気に入ってるケーブルです。

iPadの「充電停止中」ってなに?原因は?解決方法を解説します

別記事の「iPadにおすすめの充電器」でもまとめています。お探しの方は参考にしてみてください。

iPadに「充電停止中」と表示される原因まとめ

最後に、iPadに「充電停止中」と表示された際に考えられる原因・対処方法についてまとめときます。

考えられる原因対処方法
● 充電時の電力が足りていない
● 充電ケーブルの不具合
● コネクタ部分の汚れや損傷
〇 iPad付属の充電ケーブル・USB充電器で正常に充電できるかを確認する
〇 必要であれば充電ケーブル・USB充電器を交換する
〇 ケーブルの差し込み口にホコリやゴミが侵入している場合は掃除する
〇 iPadを再起動、フリーズしている場合は強制的に再起動する

基本的には、適切な充電ケーブル・USB充電器に交換してあげることでほぼ解決するはずです。本記事が困っている方のお役に立てれば幸いです!

よくある質問

iPadに「充電停止中」と表示されるのはなぜですか?

充電のための電力が足りていないことが主な原因です。

その場合は、充電に使用する充電ケーブルやUSB充電器を適切なものに交換することでiPadを正常に充電できます。「充電停止中」と表示された場合の対処法はこちらで解説しています。

どのようなUSB充電器がiPadの充電に適していますか?

大きいバッテリーを搭載するiPadを充電する場合、ある程度の出力をもつ充電器が必要になります。詳しくはこちらでご紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次