iPhone 13とiPhone 12を比較!なにが違う?

iPadの充電が遅い?その原因と対処法

iPadの充電が遅い?その原因と充電速度を上げる方法

本記事は、「iPadの充電が遅い!」と感じている方のお役に立てる内容となっています。

  • iPadの充電が遅い、その原因と対処法
  • iPadを高速に充電する方法

この2点について解説しています。

スポンサーリンク

iPadの充電が遅い!その原因と対処法

iPadには大容量のバッテリーが搭載されています。バッテリーが大きいぶん、スマホに比べても充電に時間がかかってしまうことは仕方がないのですが、思わぬところに原因があったりします。

ここでは、「iPadの充電が遅い!」と感じたときに確認したいポイント、そしてその対処法についてまとめました。

USB充電器(USBポート)の出力不足

iPadの充電が遅くなってしまう原因でいちばん多いのは、USB充電器(USBポート)の出力不足です。

  • スマホ向けのUSB充電器を使用している
  • パソコンなどに搭載されているUSBポートで充電している

もし上に当てはまるなら、iPadに付属されているUSB充電器に繋ぎ直してみてください。それだけで充電速度が上がるはずです。

Apple 20W充電器
iPad Air(第4世代)付属のApple 20W充電器

「UBS充電器がどれほどの出力をもつのか?」ということは、ワット(W)数をみることで分かります。上はiPad Air(第4世代)に付属しているUSB充電器なのですが、小さく「20W」と書かれていますね。このワット数が低いと充電速度は遅くなり、高ければ速くなります。

試しに、Appleの5W充電器と20W充電器のそれぞれでiPad Airを30分間充電したとき、充電速度にどれほどの差が出るのかを確認してみました。

Apple 5W充電器と20W充電器の充電速度比較
Apple 5W充電器と20W充電器で充電速度を比較

5W充電器で5%アップ、20W充電器では7倍の38%アップという結果になりました。たった30分間でこれだけの差があるわけです。「なんとなく、iPadの充電にiPhoneの充電器を使っていた」、なんて方は意外と多いかもしれませんね。

基本的にはiPad付属のUSB充電器を使ってあげればOKなのですが、さらにワット数の大きいUSB充電器を用意することで、iPadをさらに高速に充電できます。詳しくは、記事後半の「iPadを高速に充電する方法」でご紹介してまいす。

ちなみに、iPadのバッテリーアイコンのところに「充電していません」と表示される場合も、USB充電器あるいはUSBポートの出力不足である可能性大です。

考えられるその他の原因と対処法

iPad付属のUSB充電器に挿し換えても充電速度が改善しない場合は、以下の点を確認してみましょう。

スポンサーリンク

iPadを高速に充電する方法

充電速度は速いに越したことはありません。大容量バッテリーを搭載するiPadは、付属のUSB充電器を使ったとしてもある程度の充電時間がかかります。

「iPadの充電を少しでも速く!」という方は、急速充電を活用してみましょう。

iPadは急速充電「USB PD」に対応

iPadは、「USB PD(Power Delivery)」という急速充電規格に対応しています。PDによる充電は非常に高速!

iPadでPD充電を行うには、以下の3つが必要です。

PD充電するために必要なもの
  • PD充電に対応するiPadモデル
  • PD充電に対応するUSB充電器
  • PD充電に対応する充電ケーブル

この3つが揃って初めてPD充電が可能になります。せっかくPD充電に対応するUSB充電器を用意しても、充電ケーブルが未対応だとPD充電できないので注意してください。

PD充電に対応するiPadモデルは以下のとおり。

PD充電対応のiPadモデル
  • iPad(第8世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Air(第3世代/第4世代)
  • 10.2インチiPad Pro
  • 11インチiPad Pro(第1世代/第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代/第3世代/第4世代)

PD充電に対応するiPadモデルを使っているなら、PD充電を活用しない手はありません!

なお、PD充電はiPadだけでなくiPhoneやAndroidスマホ、パソコンなど多くのデバイスが対応します。充電環境を整えておけば、iPadの充電以外のところでも活躍してくれるはずですので、ぜひこの機会にPD充電を試してみましょう。

おすすめのPD対応USB充電器と充電ケーブル

PDという急速充電規格は、規格上最大100Wまでの充電が可能です。では100WのUSB充電器をiPadに接続すると100Wで充電できるか、と言えばそうではありません。

iPadの場合は、30WまでのPD充電に対応。つまり、30W以上に対応するUSB充電器を用意してあげれば、iPadをフルスピード充電できることになります(12.9インチiPad Proは45W)。

ここでは、おすすめのUSB充電器と充電ケーブルをご紹介しておきます。

どこへでも気軽に持ち出せるiPadとの相性を考えると、コンパクトで軽量なUSB充電器が便利です。

PD充電に対応する、おすすめの充電ケーブルがこちら。

スポンサーリンク

急速充電を活用すればiPadライフがさらに快適に!

「iPadの充電が遅い」という悩みは、PD充電を活用することでほぼ解消されるのではないでしょうか。その他のイレギュラーな原因で充電が遅くなってしまっていることもなくはないですが、経験上、可能性としては低いかと思います。

急速充電、PD充電を活用すれば、もうなくてはならない存在になるはずです。必要なときにサクッと充電できますから、「肝心なときにバッテリー残量がない」ということが確実に減ります。ぜひ参考にしてください!

コメント