iPadが充電遅い…原因は?高速に充電する方法を解説

iPadの充電が遅い?その原因と対処法を解説

本記事では、「iPadの充電が遅い!」「iPadの充電時間を短縮したい!」と感じている方に、以下の2点について解説します。

iPadユーザー必見です!
iPadが充電遅い…原因は?高速に充電する方法を解説
この記事で分かること
  • iPadの充電が遅い、その原因と対処法
  • iPadを高速に充電する方法

iPadにはスマホよりも大きいバッテリーが内蔵されています。バッテリーが大きいぶん、スマホと比べて充電に時間がかかってしまうのですが、思わぬところに充電に時間がかかる原因があったりします。

iPadが充電遅い…原因は?高速に充電する方法を解説

iPadの充電が遅いなぁ、もうちょっと速く充電する方法はないのかな?

このような方に参考にしていただける内容となっておりますので、当てはまる方はぜひチェックしてみてください!

目次

iPadの充電が遅い!原因はどこにある?

「iPadの充電が遅い」と感じたら、まずは「充電器の出力不足」を疑ってみましょう。

iPadが充電遅い…原因は?高速に充電する方法を解説

充電器の出力は、その充電器が対応する最大ワット数を見ます。

充電が遅い原因は「充電器」にある可能性大

iPadの充電が遅くなってしまう原因でまっさきに疑われるのは、USB電器(USB-Cポート)の出力不足です。充電器によって充電性能が異なり、大きいバッテリーを搭載するiPadを充電するにはある程度の充電性能が必要です。

Apple 20W USB-C電源アダプタ
Apple「20W USB-C電源アダプタ」

ではその充電性能をどこで見るのかというと、「USB充電が対応するワット(W)数」で見ます。

上は、iPadに付属されている「20W USB-C電源アダプタ」です。充電器本体に小さく「20W」と書かれていますが、このワット数が低いと充電速度は遅くなり、高ければ速くなります。

Apple 5W充電器と20W充電器の充電速度比較
20Wと5Wではどれくらいの充電速度の差が出る?

Appleの「20W USB-C電源アダプタ」と「5W電源アダプタ」でiPad Airを30分間充電したとき、充電速度にどれくらいの差が出るのかを確認してみました。

20Wと5Wでは充電速度はどれくらい違う?

iPad Air(第4世代)を充電充電開始30分経過増加(30分)
Apple 5Wアダプタ12%17%5%アップ
Apple 20Wアダプタ11%38%38%アップ

5W電源アダプタで5%アップ、20W USB-C電源アダプタで7倍の38%アップと、充電速度に大きな差が出ました。このように、適切なUSB充電器を使用することでiPadの充電速度を向上させることができます。

20Wより大きいワット数に対応するUSB充電器を用意することで、iPadをさらに高速に充電できます。後半の「充電が遅いときに試したいiPadを高速に充電する方法」でご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

ちなみに、iPadのバッテリーアイコンが表示される部分に「充電停止中」と表示される場合も、USB充電器あるいはUSBポートの出力不足である可能性大です。

関連記事

ワット数の低いUSBポートにiPadを接続
パソコンのUSBポートはiPadの充電には向かない

また、パソコンのUSBポートは出力が低く、iPadの充電に適していないことがほとんどですのでご注意ください。

iPadが充電遅い…原因は?高速に充電する方法を解説

iPadをパソコンのUSBポートに接続すると、「充電停止中」と表示され充電できないことが多いです。

iPadの充電が遅いときに考えられるその他の原因

iPad付属の充電器を使用しても充電速度が改善しない場合は、以下の点を確認してみてください。

iPadが充電遅い…原因は?高速に充電する方法を解説

iPadの充電が遅い原因は充電器にある場合がほとんどですが、まれにその他に原因があることがあります。

1. バッテリー保護の制御が働いている

iPadのバッテリー残量が80%を超えたあたりから、バッテリーへの負荷を軽減するために充電速度が緩やかになります。

これは異常ではなく、iPadOSの仕様で正常な動きです。

参考 Appleのリチウムイオンバッテリー(Apple)

2. ソフト的な不具合

バッテリー残量表示の挙動がおかしいと感じたら、iPadを再起動して正常に戻るかを確認します。

iPadを再起動する方法
  • 【ホームボタン非搭載のiPad】トップボタンと音量ボタンの片方を同時に長押し
  • 【ホームボタン搭載のiPad】トップボタンを長押し

iPadがフリーズしていたりして上記の方法で再起動できない場合は、「強制的に再起動」します。

iPadを再起動する方法
  • 【ホームボタン非搭載のiPad】
    1. 音量上げるボタンを押してすぐにはなし、
    2. 音量を下げるボタンを押してすぐにはなしてから、
    3. トップボタンをAppleロゴが表示されるまで長押し
  • 【ホームボタン搭載のiPad】トップボタンとホームボタンをAppleロゴが表示されるまで同時押し

3. バッテリーの劣化

iPadが搭載するリチウムイオンバッテリーは、充電と放電を繰り返していくうちに劣化し、徐々に蓄えられる電力が減っていきます。劣化が進むと、充電速度が遅くなったり、充電できなくなってしまったりということが起こります。

iPadが充電遅い…原因は?高速に充電する方法を解説

バッテリーが劣化してくると、iPadが表示するバッテリー残量が急激に増えたり減ったりと不安定になることも。

バッテリーが劣化してしまっている場合は、新品バッテリーへの交換を検討してみてください。

参考 iPad の修理サービス(Apple)

4. バッテリーの過放電

バッテリー残量がゼロの状態で長く放置してしまうと、「過放電」となってしまい、次回充電に数時間の時間がかかってしまう、またはバッテリーが完全にダメになってしまうことがあります。

iPadの充電器を接続して最初は反応がなくても、数時間充電し続けると復活することがあります。まず充電し続けてみて様子を見ましょう。

いくら待っても充電できない場合は、バッテリーがダメになってしまっている可能性大です。その際はバッテリー交換になります。

5. バックグランドでアプリがバッテリーを消費している

バックグラウンドで動いているアプリがバッテリーを消費していると、充電速度が遅いように見えることがあります。

iPadの「設定」>「バッテリー」から、アプリごとのバッテリー消費量を確認できます。無駄なバッテリー消費を抑えるために、アプリの停止または削除を検討してみましょう。

6. 充電ケーブルの問題

充電ケーブルの性能がボトルネックとなり、充電速度が遅くなってしまっている可能性です。

iPadの充電には、Apple純正ケーブルまたはMFi(Made For iPhone/iPad/iPod)認証を取得したケーブルの使用が推奨されています。

もしそれら以外の充電ケーブルを使っている場合は、Apple純正またはMFi認証を取得したケーブル差し替えて充電速度を確認してみましょう。

充電が遅いときに試したいiPadを高速に充電する方法

充電速度は速いにこしたことはありません。大容量バッテリーを搭載するiPadは、Apple純正の充電器を使ったとしてもある程度の充電時間を要します。

iPadが充電遅い…原因は?高速に充電する方法を解説

「iPadの充電を少しでも速く!」という方は、急速充電を活用してみましょう!

iPadは急速充電「USB PD」に対応

iPadは、「USB Power Delivery(以下PD)」という急速充電規格に対応しています。大きいバッテリーを内蔵するiPadだからこそ、高速に充電できるPD充電しない手はありません。

PD充電に対応するiPadモデルは以下のとおりです。

PD充電に対応するiPadモデル

モデル世代発売年
iPad第8世代2020年
第9世代2021年
iPad mini第5世代2019年
第6世代2021年
iPad Air第3世代2019年
第4世代2021年
第5世代2022年
iPad Pro
10.5インチ
2017年
iPad Pro
11インチ
第1世代2018年
第2世代2020年
第3世代2021年
iPad Pro
12.9インチ
第2世代2017年
第3世代2018年
第4世代2020年
第5世代2021年

PD充電は、iPadだけでなくiPhoneやAndroidスマホ、パソコンなど多くのデバイスが対応する急速充電規格です。

PD充電に対応するUSB充電器を持っていれば、iPad以外の充電でも活躍してくれるはず。ぜひこの機会にPD充電をお試しください。

iPadにおすすめのPD充電器と充電ケーブル

iPadをフルスピード充電したい場合、30W以上に対応するUSB充電器を用意する必要があります(12.9インチiPad Proは45W以上)。PD充電には接続されたデバイスに適切な電力で充電してくれる仕組みがあるため、仮に100Wの充電器をiPadの充電に使用しても問題ありません。

iPadが充電遅い…原因は?高速に充電する方法を解説

iPadをフルスピードを充電するには、30W以上に対応するPD充電器が必要!

ここでは、iPadを高速に充電できるおすすめUSB充電器をご紹介しておきます。

関連記事

どこへでも気軽に持ち出せるiPadとの相性を考えると、コンパクトで軽量なUSB充電器がおすすめです。さらに見たい方は、以下の記事でより詳しくご紹介しています。

PD充電に対応する、おすすめの充電ケーブルがこちらです。

iPadの充電が遅い原因と対処法まとめ

iPadの充電が遅い場合、その原因はUSB充電器の出力不足にあることがほとんどです。その他のイレギュラーな原因で充電が遅くなってしまっていることもなくはないですが、経験上、可能性としては低いかと思います。

PDに対応するUSB充電器を用意することで、iPadをさらに高速に充電できるようになります。必要なときにサクッと充電できるので、「持ち出したいときにバッテリー残量がない」ということが確実に減ります。ぜひ参考にしてみてください。

iPadユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次