iPhone 13とiPhone 12を比較!なにが違う?

iPadにAppleCare+は必要?不要だと考える理由

iPadにAppleCare+は必要?不要だと考える理由

今回は「iPadにAppleCare+は必要か?」というテーマ。Appleの有償の延長保証であるAppleCare+に加入しておけば、万が一修理が必要になったときに割安な修理費用が適用されます。iPadは気軽にどこへでも持ち出すことができ、必然と手持ちでの操作が多くなります。落下させてしまうリスクがあるという意味では、やはり加入しておいた方がいいように思えます。

ですが、私は「iPadにはAppleCare+は必要ない」と思っています。

それは以下の理由から。

  • 保証を使わないことのほうが圧倒的に多い
  • 保証期間内の無償のバッテリー交換に条件がある

もちろん、AppleCare+に加入しておいたほうがいいパターンもあります。「AppleCare+への加入は不要だ」というのは、あくまでも私個人の意見ではあるのですが、多くの人に当てはまるのではと思っています。

新型iPadが発表されたタイミングということもあり、買い替えを検討されている方もいらっしゃるでしょう。「AppleCare+に入るべき?それとも必要ない?」と悩んでいる方に参考にしていただける内容となっていますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います!

「AppleCare+ for iPadの価格とサービス内容

まずは、AppleCare+ for iPadの価格とどのようなサービスなのか、どのようなメリットがあるのかをおさらいしておきます。

iPadを含むすべてのAppleデバイスには購入から1年間の製品保証がついています。これは申し込み不要でもともとついているもの。購入から1年以内の自然故障においては、Appleが無償で修理もしくは交換してくれます。ただし、落下や水没などユーザーに過失がある場合は保証対象外となります。

有償のAppleCare+に加入すると1年間の製品保証がさらに1年間(計2年)に延長され、保証期間内は自然故障に対する無償対応に加え、過失による故障であっても割安な特別価格(AppleCare+ サービス料)で修理してくれます(1年に2回まで)。

例えばiPad Air(第4世代)を落下させてしまい画面が割れてしまったときの修理費用。この場合は過失による故障ですから、本来なら49,280円(税込)の修理費用がかかります。しかし、AppleCare+の保証期間ないであれば特別価格が適用され、4,400(税込)で修理できます。

iPad各モデルのAppleCare+加入費用と、保証期間内における修理費用、そして未加入時の修理費用をまとめました。特にiPad Proの修理費用は非常に高額。AppleCare+に加入しておけば一律4,400円で修理できます。

AppleCare+ for iPadの保証対象には、iPad本体だけでなく付属のUSB充電器やケーブル、さらにはApple PencilやSmart KeyboardなどのApple製iPad向けキーボードも含まれます(iPadの購入日から30日以内に購入したもの)。

AppleCare+ for iPadに加入することによって受けられるサービス料は他にもあります。

  • スペシャリストによる無料の電話サポート
  • 無償のバッテリー交換サービス

AppleCare+の保証期間内においては、本来11,880円かかるバッテリー交換が無償に。ただし、iPadのバッテリー蓄電量が80%未満に低下していることが条件です。

iPadにAppleCare+ for iPadは不要だと考える理由

ここまでAppleCare+ for iPadのサービス内容についてご紹介してきましたがここでは「AppleCare+ for iPadへの加入は不要だ」と考える理由について書いていきます。

【理由1】保証を使わないことのほうが圧倒的に多い

私はこれまで、かれこれ7台のiPadを購入してきましたが、「AppleCare+に入っておけばよかった」と後悔したことは一度もありません。加入費用を払いAppleCare+に加入しても、保証を使わない可能性のほうが圧倒的に高いんです。

これまで購入してきたiPadすべてでAppleCare+に加入した仮定すると、加入費用の合計額はざっくり84,000円(1台平均12,000円で計算)。iPadをもう1台、モデルによっては2台買えるほどの金額です。結果論ではありますが、これだけのお金を払わずに済んだわけです。

AppleCare+に加入しない代わりに、持ち運び時には保護のためのケースを装着します。ディスプレイはガラスフィルムで対策。

AppleCare+に加入せずに、その代わり保護対策をしっかりしておく。

これがいちばんコスパがいいと思っています。もちろんこの場合は、万が一のときの高額な修理費用を覚悟しておく必要があります。

そしてAppleCare+の保証期間は購入日から2年です。保証期間を1日でも過ぎれば、通常の保証対象外の修理費用がかかってきます。保証期間を過ぎた途端に壊れてしまう……というのは家電あるあるですが、実際に3年目以降に壊れる可能性は大いにあります。

私のように、iPadを壊してしまわないようにきっちり対策、大事に扱い、万が一のときは修理費用を払う覚悟もある、ということならAppleCare+に加入する必要はありません。

【理由2】無償バッテリー交換のハードルが高い

AppleCare+の保証期間内であれば、本来11,880円かかるバッテリー交換が無償になります。バッテリーは消耗品。無償で交換してくれるならありがたい話なのですが、無償交換のハードルが高いんです。

上のようにバッテリーの蓄電量が80%未満に低下している状態でないと、無償のバッテリー交換の対象にはなりません。

そこで最悪なシナリオが想像されます。

  • 無償バッテリー交換に期待してAppleCare+に加入
  • 保証期間が切れる前にバッテリー交換してもらおうとApple Storeに持ち込み
  • バッテリー蓄電量が80%以上の状態であることが判明
  • 無償のバッテリー交換を受けられないまま保証期間切れ
  • しばらくしてバッテリーの劣化が進み、結局11,880円を払ってバッテリー交換

十分あり得る話です。

バッテリーの劣化の進み方は使い手によって異なるはずです。それなら最初から通常のバッテリー交換費用を払うつもりで、好きなタイミングでバッテリー交換するほうがいい、というのが私の考え。

なおiPadのバッテリー蓄電量を自力で確認する方法はなく、Apple Storeや正規サービスプロバイダに持ち込んで確認してもらう必要があります。

AppleCare+ for iPadに加入しないという選択もあり!

決してAppleCare+を全否定するつもりはありません。実際にAppleCare+に助けられたという方もいらっしゃるでしょう。仮に保証を使わなくても、「万が一修理が必要なっても大丈夫」という安心感もあります。

逆にAppleCare+ for iPadに加入しておいたほうがいいパターンをまとめました。

こんな人はAppleCare+ for iPadに加入しておいたほうが安心!
  • 加入費用を「安心料」として割り切れる
  • 2年以内に落下などで破損・故障させてしまう自信がある
  • Apple PencilやSmart KeyboardなどiPadアクセサリーの保証も受けたい
  • iPadをケースやフィルムなしでワイルドに使いたい
  • 屋外での使用など、落下リスク・破損リスクが高い環境で使用することが多い
  • 充電しながらの使用などバッテリーに負荷がかかるような使い方が多い

このようなパターンであれば、AppleCare+加入のメリットが出てきます。

ただ上でも書いたように、私は「AppleCare+に加入しておいてよかった」と後悔したことはありません。結果論ですが、そのぶん保護対策をしっかりして、扱いに注意して使ってきた結果でもあります。

AppleCare+に助けられるパターンは確かにあり、「AppleCare+は絶対におすすめしない!」なんてことは言えませんが、「あえて加入しない」という選択は十分ありだと思っています!

\iPadを購入する/

iPadユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント

  1. 最新高性能チップこそ至高 より:

    私もAppleCare+には入っていません。公式ストアで買う→全機種1年間保証→購入後13~24か月目(←ここだけAppleCare+の保証範囲!)→25か月目以降は月額で延長保証料を払うか、無保証になるか。私は、特にゲームを始め、「サクサク動作重視派」ですので、3年も4年も同じ端末は使わずに、Apple特有の高いリセールバリューを利用して、また新機種に乗り換えます。性能も格段に上がって、ストレスフリーで新しいApple製品を使っています。

    • KAZUYA より:

      新しい物好きには特にAppleCare+はいらないですね!私も新製品を使いたい派なので共感です!