【2022年版】iPad Air(第5世代)で使いたいキーボードおすすめ10選!選び方と注意点

【2022年版】iPad Air(第5世代)で使いたいキーボードおすすめ10選!選び方と注意点

2022年3月18日発売の「iPad Air(第5世代)」は、iPad ProやMacBook Air/Proにも採用されている「M1チップ」を搭載。内側カメラの画質が700万画素から1200万画素にアップし、セルラーモデルは5Gにも対応しました。

さて、今回ご紹介するのは、そんなiPad Air(第5世代)で使いたいおすすめキーボードです。Smart Keyboard Folio(スマートキーボーフォリオ)やMagic Keyboard(マジックキーボード)といったApple純正キーボードだけでなく、他社からも魅力的なキーボードがたくさんあります。

前半では「iPadで使うキーボードの選び方・注意点」についても解説しています。 ぜひ参考にしていただければと思います!

iPad Air(第5世代)のサイズ・形状はiPad Air(第4世代)と同じです。Smart Keyboard FolioやMagic Keyboardなどのキーボードケースは、両モデルと互換性があります。

目次

iPad Air向けキーボードの選び方・注意点

まずは、iPad Air向けキーボードの選び方・注意点について解説します。

iPadで使うからこそ注意したいポイントがあるので、キーボード選びに失敗しないためにも目を通していただければと思います。

「iPad Air(第5世代)で使いたいおすすめキーボード」にジャンプする

iPad Airにキーボードを接続する4つの方法

iPad Airにキーボードを接続する方法は、以下の4つあります。

「どこへでも持って行ける」というiPadの強みを考えると、おすすめなのは「Smart Connector(スマートコネクタ)接続」と「Bluetooth接続」です。

Smart Connectorというのは、iPad Air背面にある、3つ並んだマグネット式の丸い端子のこと。

iPad AirのSmart Connector
iPad Air背面にあるSmart Connector

AppleのSmart Keyboard FolioやMagic Keyboardは、Smart Connector経由で給電されるため充電は不要、Bluetooth接続のようなペアリングも不要で、iPad Airに装着するだけですぐに使い始められます。「とにかく楽チン」がSmart Connector接続のメリットです。

iPadにワイヤレスキーボードを接続
ワイヤレスで快適なBluetoothキーボード

ワイヤレスでケーブルのわずらわしさのないBluetoothキーボードも、iPad Airと相性のいい接続方法です。iPadに最適化された、持ち運びに便利なコンパクトなキーボードが多く販売されています。

「どういうスタイルで使う?」をイメージしておく

iPad Airで使うキーボードを選ぶにあたって、「どのようなスタイル・シーンでキーボードを使いたいか」を事前にイメージしておくことがコツです。

例えば、カフェや移動中など、限られたスペースでキーボードを使用することが多いのであれば、iPadケースとキーボードが一体となった「キーボードケース」が便利です。

iPad Air Smart Keyboard Folio
キーボードケースなら環境を選ばず使える

キーボードケースなら狭いテーブルの上でも使えますし、膝上でも使おうと思えば使えます。それキーボードがコンパクトに収まるので持ち運びもしやすいですね。

iPad AirにBluetoothキーボードとマウスを接続
パフォーマンス重視なら「パソコンスタイル」が最強

自宅や職場といった、ある程度のスペースを確保できる環境であれば、「パソコンスタイル」が快適です。

持ち運びしやすいキーボードケースだと、どうしてもキーピッチが狭くなり使い手によっては長時間の使用がキツイと感じてしまうこともあります。このパソコンスタイルなら、自分好みのキーボードを選ぶことができるので、快適度で言えばこちらのほうが上です。ワイヤレスマウスを接続すれば、まさにパソコンライクにiPad Airを活用できます。

「どのような場所・環境で使いたい?」とうことをイメージしておくと、最適なキーボードを選びやすくなります。

キーボード配列についての注意点

iPad には、基本的にワイヤレス・有線かかわらずどのようなキーボードも接続できます。しかし、接続するキーボードの配列によって挙動が異なるので注意が必要です。

日本国内では、「JIS(日本語)配列」と「US(英語)配列」の2つが一般的です。どちらかというと、キートップにひらがなが印字されているJIS配列のキーボードを普段からお使いの方が多いかと思います。

Macキーボード キー配列の違い

注意したいのはJIS配列のキーボードのiPadに接続したい場合です。この場合、「iPadをはじめとするApple製品に最適化されたJIS配列キーボード」を選ぶようにしてください。Mac対応のものでもOKです。

仮にApple製品に最適化されていない、Windows向けのJIS配列キーボードをiPadに接続すると、「JIS配列なのにUS配列として認識されてしまう」と言うことが起こります。一応キーボードとして使えたとしても、配列によって記号の場所などが異なるため、とても使いやすいとは言えません。

JIS配列キーボードを使用したい場合は、Apple純正キーボードか、サードパーティ製なら「Apple製品に最適化されたキーボード」を選ぶようしよう!

では「US配列ならどんなキーボードでもOKなの?」とうことですが、Windowsで言うコントロールキーにあたる「コマンドキー」や地味に便利な「地球儀キー」などの服飾キーの兼ね合いを考えると、やはりApple製品に最適化されたキーボードが無難です。

ちなみに、iPadの服飾キーのカスタマイズは「設定」>「キーボード」>「ハードウェアキーボード」>「服飾キー」から可能です。詳しくは「iPadにおすすめのキーボード設定」でご紹介しています。

そのほかチェックしておきたいポイント

iPad Airで使うキーボードを選ぶにあたってチェックしておきたい、そのほかのポイントは以下のとおりです。

  • キーボードのサイズと重量
  • iPadケースからキーボードを脱着できるかどうか
  • バッテリーの駆動時間
  • バックライトの有無

うっかり細かいところを確認せず購入してしまい、「やっぱりあっちにしておけばよかった……」と後悔してしまうことは私もよくあります。記事内でご紹介しているキーボードについては「製品情報」としてポイントをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

iPad Air(第5世代)で使いたいおすすめキーボード10選

上記の注意点を踏まえた上で、iPad Airにおすすめのキーボードをご紹介してきましょう!冒頭でも書きましたが、使用できるキーボードは第5世代・第4世代共通です。第4世代を愛用されている方も、ぜひチェックしていただければと思います。

【Apple】Smart Keyboard Folio

【Apple】Smart Keyboard Folio(iPad Airキーボード)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • iPad Airの前面と背面を保護できる手帳型キーボードケース
  • 充電不要、ペアリング設定不要のSmart Connector接続
  • 角度調節可能(2段階)
  • オートスリープ/ウェイク対応
  • 選べるキーボード配列

iPad Airは、Apple純正キーボード「Smart Keyboard」と「Magic Keyboard」に対応します。両者ともSmart Connector接続でペアリング不要、iPadケースのようにiPad Air本体に装着すればそれだけですぐに使える状態になります。バッテリーの充電も不要で、とにかく楽チンです。

iPad Air Smart Keybaord Folio タブレットスタイル
Smart Keyboard Folioならタブレットスタイルでも使用できる

Smart Keybaordの特徴としては、キーボードスタイルとタブレットスタイルを切り替えられることが挙げられます。ときにはキーボードスタイル、ときにはタブレットスタイルというように、利用シーンに応じてスタイルを切り替えられることが、Smart Keyboard Folioの特徴であり選ぶ理由になります。

iPad Air Smart Keyboardのキーボード
浅めのキーストロークで軽快に打ち込んでいける

キーストロークは浅く、「トントントン」と軽快に打ち込んでいけます。キーを強く押し込みたい人だと物足りなさを感じてしまう可能性がありますが、力を抜いてリズミカルに、素早く打ち込んでいける浅めのキーストロークが個人的には好み。

Smart Keyboard Folioは、Apple純正品ということもあり価格こそ高いですが、iPad Airユーザーが選べるキーボードのなかで、もっとも多くの人にハマる製品だと思っています。

JIS(日本語)配列を含む多くのキーボード配列から選べますし、ペアリング & 充電が不要でラク。使用スタイルを切り替えられどんな環境でも対応できます。iPad Airで使うキーボードを検討されている方に、まっさきにチェックして欲しいのが、このSmart Keyboard Folioです。

【Apple】Magic Keyboard

【Apple】Magic Keyboard(iPad Airキーボード)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • iPad Airの前面と背面を保護できる手帳型キーボードケース
  • トラックパッド、バックライト、パススルー充電が可能なUSB-Cポートを搭載
  • 充電不要、ペアリング設定不要のSmart Connector接続
  • 角度調節可能(無段階)
  • オートスリープ/ウェイク対応
  • 選べるキーボード配列

Magic Keyboardを選ぶいちばんの理由になるのは、「トラックパッドを搭載すること」でしょう。

iPad Air Magic Keyboardのトラックパッド
キーボードに加えトラックパッドを搭載するMagic Keyboard

操作のためにiPadのディスプレイに指を伸ばすよりも、手元のトラックパッドで操作したほうが楽チンです。Magic Keyboardのトラックパッドはマルチタッチでのジェスチャー操作にも対応、タッチ操作と同じようにトラックパッドで直感的な操作が可能です。

iPad Air Magic Keyboard、USB-Cポート
特徴的なフローティングデザイン、パススルー充電が可能なUSB-Cポートを搭載

角度調節は、フローティングカンチレバーデム段階に調節できます。調節可能範囲はあまり大きくないのですが、Smart Keyboard Folioでできない微調節が可能です。

ただ、Magic Keyboardは人を選ぶと思っています。

  • Smart Keybaord Folioのように、タブレットスタイルで使用できない。
  • ノートPC並の重さがある。
  • 価格が高い。

Magic Keyboardは、「パソコンライクな使い方がメイン」という方に向いていますが、「キーボードスタイルとタブレットスタイルを頻繁に切り替えたい」という方には向いていません。

人を選ぶのは確かですが、ハマる人にはハマるアイテム!パソコンライクな使い方がメインという方は、Magic Keyboardはチェック必須です!

【Logicool】Folio Touch Keyboard Case with Trackpad

【Logicool】Folio Touch Keyboard Case with Trackpad(iPad Airキーボード)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • iPad Airの前面と背面を保護できる手帳型キーボードケース
  • トラックパッド、バックライト、パススルー充電が可能なUSB-Cポートを搭載
  • 充電不要、ペアリング設定不要のSmart Connector接続
  • 角度調節可能(キックスタンド)
  • オートスリープ/ウェイク対応
  • JIS(日本語)配列

トラックパッド搭載のキーボードは、Magic Keyboardだけが選択肢ではありません。Logicool(ロジクール)の「Folio Touch」は、iPad Airに対応するトラックパッド搭載キーボードケース。Smart Connector接続対応で、ペアリング設定 & 充電不要です。

Magic Keyboardとは違い、Folio Touchはキックスタンドで角度調節します。Smart Keyboard Folioのようにタブレットスタイルでも使用できるので、サードパーティ性とはいえ使い使い勝手の良さはMagic Keyboardに負けていません。

Magic Keyboardの価格が34,980円(税込)に対し、Folio Touchの価格は17,550円(Amazon/記事執筆時点)。決して安い価格ではありませんが、Magic Keyboardと比べると買いやすくなっているかと思います。

【Ewin】トラックパッド搭載キーボードケース

【Ewin】トラックパッド搭載キーボードケース(iPad Airキーボードケース)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • iPad Air(第5世代/第4世代)対応キーボードケース
  • タッチパッド搭載
  • 1回のフル充電で約30日間の使用が可能
  • US(英語)配列

ワイヤレスキーボードと一体となった、EwinのiPad Air専用キーボードケースです。タッチパッドを搭載し、出先にマウスを持ち出さなくてもポインタ操作が可能です。

魅力はやはりコストパフォーマンス。iPad Airケース・キーボード・タッチパッドがついて4,000円台で購入できます(記事執筆時点)。AppleのMagic Keyboardはかなり高額でなかなか手が出にくい価格帯。「買いやすい価格帯でタッチパッド搭載のものを」ということなら、こちらのEwinのキーボードをチェックしてみてください。

【Apple】Magic Keyboard(Mac向け)

【Apple】Magic Keyboard(Mac向け)(iPad Airキーボード)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • Apple純正ワイヤレスキーボード
  • 1回のフル充電で1か月異常の使用が可能
  • 軽量(約231g)でコンパクト(27.9 × 11.49 cm)で持ち運びもできる
  • iPad Airをパソコンライクに使いたい人に
  • 選べるキーボード配列

上でご紹介したMagic Keyboardと同じ名前ですが、こちらはMac向けのMagic Keyboard。「Mac向け」と便宜上そう書いているだけで、一般的なワイヤレスキーボードと同じようにiPadに接続できます。

Magic KeyboardとiPad Air(第4世代)
持ち運ぼうと思えば難なく持ち運べる

Magic Keybaordはコンパクトで軽量。持ち運ぼうと思えばかんたん持ち運べます。「出先でがっつり使いたい」というときのお供として、Magic Keyboardを持っていくのもありです。その際にはiPadスタンドもあれば便利。iPadスタンドを使い、iPadを縦おきするとキーボードでのテキスト入力が捗ります。

【Logicool】KEYS-TO-GO

【Logicool】KEYS-TO-GO(iPad Airキーボード)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • コンパクトなサイズ(242 × 137 × 6 mm)で軽量(180 g)
  • 1回のフル充電で最大3か月の使用可能
  • 耐水性・静音性あり
  • US(英語)配列
  • クラシックブルー/ブラック/ブラッシュピンク
  • スマホ/タブレットスタンド付属

続いてご紹介するのは、Logicoolの「KEYS-TO-GO」です。MX KEYS MINIもコンパクトなキーボードですが、KEYS-TO-GOはさらにコンパクト。サイズは242 × 137 × 6 mmで、重量は約180gとなっています。

iPhone 13の重量が173gですので、約スマホ1台分くらいの重さですね。これくらいの重さなら、カバンのなかに常時入れておいてもそれほど気になりません。耐水性・静音性があり、出先での使用にぴったり。iPadのお供として持ち出すやすく、かつ出先でも使いやすいかと思います。

【Logicool】Multi-Device Bluetooth Keyboard(K380)

【Logicool】Multi-Device Bluetooth Keyboard(K380)(iPad Airキーボード)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • Easy-Switchボタンで最大3台のデバイスにかんたん切り替え
  • アルカリ単4電池2本で最長2年駆動(電池付属)
  • サイズ:279 × 124 × 16 mm
  • 重量:423 g
  • オフホワイト/ブラック/ブルー/レッド/ローズ
  • JIS(日本語)配列

Logicoolの「K380」には、最大3台のデバイスへの接続をかんたんに切り替えられる「Easy-Switchボタン」が搭載されています。K380はiPadだけでなくWindowsやMac、Androidといったデバイスにも対応し、接続されたデバイスのOSを自動的に認識して適切なキーマップに変更してくれるため、複数のデバイス・OSを跨ぎながら快適に操作できます。

サイズ・重量がそこそこあるので持ち運びには向きませんが、自宅や職場で接続先を切り替えながら使いたい、という方におすすめです。どちらかというと、固定の場所でがっちり作業したいというシーンに向いています。

【Logicool】MX Keys Mini

【Logicool】MX KEYS MINI(iPad Airキーボード)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • Easy-Switchボタンで最大3台のデバイスにかんたん切り替え
  • 手を感知するセンサーでバックライトを自動的にオン
  • 1回のフル充電で最大5か月使用可能(バックライトオフの状態で)
  • サイズ:295.99 × 131.95 × 20.97 mm
  • 重量:506.4 g
  • オフホワイト/ブラック/ブルー/レッド/ローズ
  • JIS(日本語)配列

Logicoolの「MX Keys Mini」もiPadでの使用に向いています。ボタンひとつで接続先を切り替えらえれるEasy-Switchに、キーボードに手を乗せると自動的にオンになるバックライト。さまざまなシーンに対応できる高機能なワイヤレスキーボードです。

iPad AirオンリーのためにMX Key Miniを用意する、というのは贅沢かもしれません。ただiPad Airとパソコンを並べて、接続先を切り替えながら使いたいという方にはぜひ検討してほしいアイテム。

なお、Amazonレビュー内で「JIS配列として機能してくれない」とのコメントを見かけましたが、問題なくJIS配列として機能してくれていますのでご安心を。

【Anker】ウルトラスリム Bluetoothキーボード

【Anker】ウルトラスリム Bluetoothキーボード(iPad Airキーボード)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • Ankerの人気Bluetoothキーボード
  • 軽量(約200g)でコンパクト(約285 × 120 mm)
  • 乾電池式(単4電池2本)で3か月以上の使用が可能
  • US(英語)配列

「お手頃な価格で購入できるワイヤレスキーボード」ということなら、Ankerの「ウルトラスリムBluetoothキーボード」がおすすめです。価格は約2,000円(税込/記事執筆時点)とコストパフォーマンスは抜群です。

バッテリー充電式ではなく乾電池式(別売)です。単4電池2本で3か月以上の使用が可能なので、定期的に充電が必要にバッテリー充電式よりもある部分ではラクだったりします。

AppleのMagic Keyboardとほぼ同じサイズ・重量なので、持ち運び用としてもいいでしょう。身軽なiPad Airと相性バッチリです。

【iClever】V字型 折りたたみ式キーボード

【iClever】V字型 折りたたみ式キーボード(iPad Airキーボード)
出典:amazon.co.jp
ここがポイント!
  • コンパクトでもゆったりタイピングできるV字型キーボード
  • 1階のフル充電で最大60時間の連続使用が可能
  • コンパクト(約163 × 101 mm、折りたたみ時)で軽量(約176 g)
  • US(英語)配列

ちょっと変わり種のキーボードではあるのですが、実際に使ってみるとこれがなかなか快適だったでご紹介します。

ゆったりタイプできるV字型キーボード
ゆったりタイピングできるV字型キーボード

折りたたみ式のキーボードは珍しくありませんが、このキーボードは特徴的なV字型のフォルム。V字型になっていることで窮屈にならずに済み、コンパクトなキーボードに関わらずゆったりとした姿勢でタイピングできます。

折りたためば持ち運びも楽ラク

折りたたみ時のサイズは約163 × 101 mmと超コンパクトで、重量も約176 gs超軽量。iPad Airに重ねてかんたんに持ち運べます。

iPad Air(第5世代)で使いたいおすすめキーボードまとめ

記事内でご紹介した製品のなかで、おすすめを一つ挙げるとすれば、それはAppleの「Smart Keyboard Folio」です。

Smart Keyboard Folioを推す理由は、上でも書きましたが「守備範囲が広く、さまざまな使い方に対応できるから」です。キーボードスタイルとタブレットスタイルから切り替えられますし、マグネット装着式でかんたんに取り外せます。

iPadは完全なパソコンの代わりにはなりませんが、iPadOSの進化で、よりパソコンライクに使えるようになりました。特にiPad Air(第5世代)はMacBook Proにも搭載されているM1チップを搭載、パソコン並みのパフォーマンスを見せてくれるモデルです。ソフトとハードの両面で、これまで以上にiPadでできることが広がってきていることは確かです。

そんなiPad Airの性能・機能を最大限に引き出すには、便利なiPadアクセサリーが必須。なかでも本記事でご紹介したキーボードは、超重要アクセサリーです。ぜひ本記事を参考にしていただき、iPad Airをさらにご活用いただければと思います!

iPad Airユーザーのあなたには、こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 予備知識もなにもない状態だったので、こちらのまとめを読ませていただきました。
    気をつけるべき点や、エンターキーは大きい方がいい、など意識していないと気に留めない利便ポイントも挙げており、とても参考になりました。
    ありがとうございました

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる