iPad Air (第3世代/2019) おすすめ保護フィルム 厳選して紹介

【MS factory】Apple Pencilユーザーに!ペーパーライクフィルムiPad/Pro保護フィルム
出典:Amazon.co.jp

今回は2019年3月発売の新モデル、「iPad Air(第3世代/2019」におすすめの保護フィルムをご紹介します。

iPad Airは「A12 Bionic」搭載により、さらにパワフルに。そしてApple PencilやSmart Keyboardなど新しく使えるアクセサリーも増えました。ネット閲覧や動画視聴といったコンテンツ消費からビジネスシーンまで幅広く活躍してくれるiPad Air。カバンの中に入れて、持ち出したくなるタブレットですが、そんな時に対策しておきたいのがディスプレイの保護です。

ディスプレイはiPad Airの機能に関わってくる部分です。iPadの背面に傷がついても使うぶんには支障はありません。しかし万が一ディスプレイに傷が付いてしまうと使用に支障をきたしますし、ディスプレイを見るたびに傷が気になっていれば気分もよくありません。

「フィルムを貼っておけばよかった…」と後悔してしまう前に、iPad Airのディスプレイを守る保護フィルムを用意しておきましょう!

iPad Air(第3世代/2019)の保護フィルム選びのポイント

まずはiPad Airの保護フィルムを選ぶにあたっての、チェックしておきたいポイントを解説しておきます。iPad Airと一緒に選ぶ人が多いであろうApple Pencilを使いたい際の注意点にも触れていますので、さらっとでも目を通しておいてください!

iPad Airには「ガラスフィルム」がおすすめ

保護フィルムには、大きく分けて以下の2種類あります。

iPad Airで使用する保護フィルムということを考えると、「ガラスフィルム」がおすすめです。

その理由はふたつあって、ひとつは「貼りやすい」から。ガラスフィルムは硬く折れ曲がらないので、ディスプレイが大きいiPadでも比較的かんたんに貼り付けられます。従来のやわらかいペラペラのフィルムだと、貼り付けは至難の技でしたが、ガラスフィルムであればホコリの侵入さえ気をつけていれば大丈夫です。

もうひとつの理由は「硬度が高く安心」だからです。ガラス素材でできているので硬度が高いのは当然ですが、落下させてしまったときのダメージがスマホより大きいiPadだからこそ丈夫なガラスフィルムを選ぶに越したことはありません。

Apple Pencilを使用する際の注意点

従来のタッチペンと比較して、ペン先と描写のラグが少ないApple Pencilは、iPad Air(第3世代/2019)でも使えるようになりました。

「メモ・ノートとして使いたい」「イラストを描きたい」とApple Pencilを選ぶ人は多いかと思いますが、「保護フィルムを貼ってのApple Penciolの使用は大丈夫なの?」というところ。

結論から書くと、保護フィルムを貼った状態でもApple Pencilは普通に使用できます。貼ったからと言って反応しにくくなったり、使用に支障が出てくることはありません。

ただ気をつけておきたいのは、保護フィルムを貼ることでペン先とディスプレイに距離が生まれてしまうことです。Apple Pencilでメモやノートを取るぶんにはあまり気になりませんが、イラストを描いたり画像を編集するなかで繊細なペン先の操作が求められる場合、この距離が違和感となる可能性があります。

これは個人的な感覚の部分でもあるので、全く違和感なく使えるという人から、ちょっと気になるかも、という人もいるかもしれません。実際に試してみて、ということになりますが、保護フィルムを貼ることでApple Pencilの使用感が変化してしまう可能性があることは頭に入れておきましょう。

【比較レビュー】iPad/iPad ProでApple Pencilユーザー御用達の「ペーパーライクフィルム」を書き比べ

ちなみにApple Pencilユーザーのあなたには、書き味が紙のようになる「ペーパーライクフィルム」もおすすめです。上の記事で実際にレビューしていますが、個人的に気にっています。興味がある方はどうぞ!

iPad Airにおすすめの保護フィルム

それではここからおすすめの保護フィルムを紹介していきます。

【Nimaso】人気の定番ガラスフィルム

・人気のNimasoの定番ガラスフィルム
・硬度9Hのガラスフィルム
・厚さ0.26mmと薄型
・ラウンドエッジ加工

まずおすすめしたい保護フィルムがNimasoのガラスフィルム。iPadだけでなくスマホのフィルムメーカーとしても人気があるので、聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

硬度9Hや指の引っかかりがないウランドエッジ加工と、ガラスフィルムに求められる機能はひととおりカバー。必要十分といったところでしょう。フィルムの厚さは0.26mmなので、他のガラスフィルムと比べると薄型(他は0.3mm前後が多い)です。

iPad Airに装着するガラスフィルムで迷ったらまずおすすめしたい製品。価格もショップや家電量販店で購入するようり格段に安いので、ぜひチェックしてみてください。

こちらのNimaso公式動画で貼り付け方を予習しておきましょう!

NIMASO N03 一発綺麗に貼り付け!!ipad用のガラスフィルム

【ESR】貼り付けかんたん!ガイド枠付きガラスフィルム

・硬度9Hのガラスフィルム
・位置決めをサポートするガイド枠付き
・2枚セットでコスパがいい
・ラウンドエッジ加工

スマホと比べてもディスプレイが大きいiPadにフィルムを貼り付ける場合、気を付けたいのは「慎重に位置決めをする」ということです。ディスプレイが大きいぶんズレも大きくなってしまいがちですから、特に位置決めは慎重に行う必要があります。

このガラスフィルムはその位置決めを楽にしてくれる「ガイド枠」が付属。iPad Airにガイド枠をセットしたのち、そこにガラスフィルムを落とすようなイメージで貼り付けます。あとはフィルムが吸着してくだけ。かんたんです。

またこちらのガラスフィルムは経済的な2枚セット。ガラスフィルムは長く使っていると傷んできますし、ぶつければ割れてしまうこともあります。そう考えるとフィルムは消耗品。ストックとしてもっておけば安心です。

【Klearlook】滑らかな指すべりが魅力!アンチグレアガラスフィルム

・硬度9Hのガラスフィルム
・アンチグレア(反射防止)タイプ
・さらさらした指すべり
・クリアさに欠ける
・ラウンドエッジ加工

室内の蛍光灯、屋外での太陽光の反射が苦手だ、という人はアンチグレア(反射防止)タイプのフィルムがおすすめです。そういった強い光がiPadのディスプレイに反射すると視認性も悪くなってしまいます。

さらにアンチグレアタイプは表面の特殊加工で指すべりもさらさら。好みの部分にもなりますが、このさらさらが心地よかったりします。

そのかわりアンチグレアタイプは若干クリアさに欠けてしまうことが弱点。目には優しいですが、その点は理解しておく必要があります。

【Nimaso】ブルーライトカット対応ガラスフィルム

・ブルーライトを92%カット
・硬度9Hのガラスフィルム
・厚さ0.26mmと薄型
・ラウンドエッジ加工

ブルーライトは目の疲れや就寝時の寝付けに悪影響を及ぼすと言われています。僕自身もそうですが、パソコンやスマホを見る時間が長い人で、睡眠に悩んでいる人は少なくないかと思います。

iPadにはブルーライトを軽減してくれる「Night Shift」という機能が搭載されていますが、日頃からブルーライトが気になるのであればブルーライトカット対応のフィルムを貼ってしまったほうが手っ取り早かったりします。

ブルーライトカット独特の色味があるものの、慣れてしまえば違和感は消えるので、そう心配しなくても問題ないでしょう。

【MS factory】Apple Pencilユーザーに!ペーパーライクフィルム

・書き味が紙のように!ペーパーライクフィルム
・アンチグレア(反射防止)効果
・クリアさが犠牲になるというデメリット

Apple Pencilユーザーにぜひ検討してほしいフィルムが「ペーパーライクフィルム」。表面に特殊な加工が施されていて、本当に紙に書いているかのように書き味が変化します。Apple Pencilの使用頻度が高いのであれば、ぜひ検討したいフィルム。

ただアンチグレアタイプと同じようにクリアさが犠牲になるのと、Apple Pencilのペン先(チップ)の消耗が早くなるというデメリットがあります。消耗が早くなると言っても、すぐにチップの交換が必要になるわけではありませんが、ストックとして替えのチップを用意しておけば安心でしょう。

最新のiPad Air(第3世代/2019)対応の保護フィルムは以下からどうぞ!

最新の「iPad Air(第3世代/2019)向け保護フィルム」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

コメント